睡眠薬で睡眠の改善にはならない事実。マイスリー、ドリエルの効果・副作用で寝起きが悪い、だるい。

睡眠薬で睡眠の改善はしません。

例えばマイスリー、市販の睡眠改善薬例えばドリエルも

使用すると効果・副作用で翌日の寝起きがだるい状態になります。
わかりやすいのは朝起きると体がだるいこと。

翌日の朝に寝起きが悪い状態になります。

 

Flower Rhododendron Bourdon Nature

 

睡眠薬を使うのはやめましょう。

睡眠の改善や不眠は睡眠薬(睡眠導入剤)で治ると思いがちです。
睡眠薬が不眠の原因です。

 

睡眠薬(マイスリーなど)の効果・副作用で寝起きがだるい。睡眠の改善の逆へ。

睡眠薬(マイスリーなど)の効果・副作用で

翌日の朝の寝起きがだるい状態になります。

睡眠の改善と思っていたのが

睡眠薬で不眠、眠れなくなります。

 

ならないという説明もありますが事実ではありません。

睡眠薬でを続けていると不眠です。
睡眠薬を使用していると耐性ができます。

最初に不眠が治ると思っていたのが睡眠薬で眠れなくなります。

睡眠薬の効き目は最初だけです。

私たちは最初だけは睡眠が改善したと錯覚をしてしまいます。

 

うつ病
統合失調症
不安症
パニック障害
不眠症
精神病が発病する原因とはどういったことなのか?

 

最初に精神科や心療内科で
精神科医の診察を受診する
前の状態を思い出していただきたい。

 

Spruce Tree Green Forests Nature

 

最初の状態は、
落ち込んでいる。
疲れている。
ちょっとした不安。
軽い混乱。
少し寝つきが悪い。
眠っても夜中に起きてしまう。

こういった状態ではないだろうか?

 

こうしたことになるのは
まず体調がよくないことがある。

 

そこへストレス。

 

会社がブラック企業だったり
学校の同級生が犯罪行為を行ってきて被害にあっている。
両親が酒浸りでロクに働かずに家庭内が壊れている。
親が離婚をして家庭の状況が悪い。

 

こういったストレスが原因となる。

 

この二つが組み合わさると
私たちの脳や体が感情として知らせてくる。

 

これが精神科医や心理カウンセラーにいくと不眠症が治る?

睡眠の改善がする?

診断では症状の原因がよくわからない

どこが悪いのかわからない。

それでおそらくは~でしょう。

となんとなくで睡眠薬や向精神薬、抗うつ剤(抗うつ薬)、安定剤の処方。

 

Anemone Yellow Nature Spring

 

これで精神科医にいってしまうと

向精神薬で精神病というのになります。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

そのまま悪くなっていきます。

そのまま年月だけが過ぎていく。

睡眠の改善に不眠症。

治ると最初は言われていたのが

次第に疑問を持つようになる。

 

精神科医や心理カウンセラーのバカでクズどもがいうのは、

クスリは一生飲み続けるもの。

クスリを飲んで安定していればいい。

説明が途中で変わる。

 

あの中に入るとなかなか気づきにくいのです。

しかし冷静に客観的に考えるとわかります。

おかしいことに。

精神科医の言う通りに
抗うつ薬
精神安定剤
抗不安薬
睡眠薬
睡眠導入剤
向精神薬の服用をする。

最初は勘違いをしてしまう。

 

そのまま
こうした向精神薬を飲み続けていると
耐性ができるのでひどくなりうつ病にもなる。

睡眠薬も同様に眠れなくなる。

 

精神科医の処方する
抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤。
向精神薬が増えていく。

 

上限に達すると
別の向精神薬にかえる。

 

この繰り返しをしていくことになる。

 

「耐性」がある。

 

睡眠の改善と思っていたのが

睡眠薬で不眠症、眠れなくなります。

 

これが意味していることは。

向精神薬は必ず効かなくなる。
そしてかえって大変なことになることを示している。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

睡眠の改善と思っていたのが。市販の睡眠改善薬ドリエルの効果・副作用でだるい。

市販の睡眠改善薬には例えばドリエルがあります。

精神科医の睡眠薬よりは強さが弱いのです。

睡眠の改善と期待をして飲むと大変なことになります。

 

飲み続けていると同じ状態、

効果・副作用で朝の寝起きに体がだるい状態になります。

市販の睡眠改善薬で眠れなくなるまでの期間は睡眠薬よりかは長いです。

 

睡眠薬でだるいのはわかりやすい例です。
睡眠薬でかえって眠れないことになってしまいます。
飲み続けているとさらに大変なことになります。

物忘れ、認知症、廃人。

他にも
癌。

肝臓病
腎臓病

 

人によってどのように
悪影響があるのかは変わってきます。
人それぞれ体質が違うからです。

 

これで治る?のでしょうか?

 

Flower Yellow Buttercup Nature

 

精神科医のしている悪事には協力者がいます。

心理カウンセラーです。

悩み相談と甘いことをいっては何もせずに
悪事を詐欺を働いているのです。

 

精神科医、心理カウンセラーからは
こういった説明一切ないです。

 

安全。
問題ありません。
おクスリは一生飲み続けるものです。

 

こうして
私たちは騙されてしまっているのです。

睡眠薬、向精神薬で脳が麻痺して
うまく考えられない状態なので
問題への対処方法も考えつかなくなります。

心理カウンセラーがそういった弱みに付け込んで
カウセリングをしましょうと騙す。

 

まとめ

こういった精神科医、心理カウンセラーが原因を作り出しています。

治ると私たちは言われます。

その後はいつまでも治らないで向精神薬を飲み続けることになります。
詐欺師たちにいくのをやめることが必要です。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。