危ないベルソムラ(スボレキサント)(睡眠薬 )とは?効かない。危険な効果と副作用とは?

ベルソムラ(スボレキサント)も睡眠薬ですが効かない。

効果と副作用とは?
ベルソムラ(スボレキサント)は睡眠薬で

オレキシン受容体拮抗薬に分類されています。

ベルソムラ(スボレキサント)は睡眠状態を促す睡眠薬です。

もちろん最初だけですが。

 

夜間に寝付けないのには、最初は効果と副作用で
日中の生活も最初だけはいいです。

 

ベルソムラ(スボレキサント)もいずれは耐性ができます。

 

そうすると治療と思っていたのが効果と副作用で

不眠、昼間に眠気が残る
中途覚醒
早朝覚醒
昼夜逆転の生活
熟眠障害

となります。

 

太る
妄想
幻聴
幻覚

せん妄
攻撃的になる
急に暴れだす
意味不明なことを言う

糖尿病
認知症
自殺

 

ベルソムラ(スボレキサント)でわかりやすい言い方では
やばいことになります。

 

アルコール(お酒)をベルソムラと一緒に飲むのも危ないことです。

ベルソムラの効果と副作用でなる症状、病気。悪夢にせん妄

ベルソムラには効果と副作用があります。
飲み続けると症状や病気になります。

悪夢を見る。

せん妄。

ベルソムラの効果と副作用では説明では
自然に眠気を強くする睡眠薬とあります。

たしかにベルソムラは少しは長引かせることができます。

しかしいずれは不眠です。

 

この自然というものには、

ロゼレム-メラトニン受容体作動薬
ベルソムラ-オレキシン受容体拮抗薬

 

最初だけはいいのです。

いずれは不眠です。

 

中途覚醒
早朝覚醒
昼夜逆転の生活
熟眠障害

 

 

となります。

ベルソムラもロゼレム
こうなるまでの期間が他のよりも長くはなります。

 

ベルソムラの効果と副作用

ベルソムラの効果と副作用では
最初だけは自然に眠気を強くする。

 

ベルソムラもですが睡眠薬をを飲み続けていると
耐性ができます。

睡眠の質に影響がでます。

 

日中に眠気が残ることになります。

眠気が残る
悪夢が見える

入眠障害
熟眠障害
中途覚醒
早朝覚醒
昼夜逆転の生活

不眠症。

 

寝ていないので
めまい、ふらつき、頭痛、疲労、疲れやすい。

 

せん妄で
攻撃的になる
急に暴れだす
意味不明なことを言う

 

幻聴が聴こえる。
幻覚が見える。

太る。

自殺。

 

依存性がある。

他の睡眠薬と比べると
耐性ができるのが遅いです。

体調の悪化をするまでの期間が長くなる。

 

何かいいことがあるわけではないです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

 

期待しても無駄です。

これも精神科医の詐欺です。

 

断薬です。

 

ベルソムラを用法通りに飲むと効果と副作用で?効かない場合にマイスリー?

ベルソムラにも用法があります。
そのまま精神科医に騙されて効果と副作用で。

効かない場合にはマイスリーにかえても同じことです。

 

最初は少ない量から始まります。

一日一回就寝前
成人は20mg
高齢者は15mg

からはじまります。

 

翌日に眠気が残ってしまう場合に
服用をする時間を早めるのも一時的なことです。

ベルソムラを減量で調整をしてもです。

このあとはやはり不眠。

自然な眠気は最初だけです。

就寝できる状態だったのが変わってしまいます。

 

ベルソムラの強さとは?効果と副作用の毒への対処

ベルソムラの強さもまた危ないです。

効果と副作用とは

 

眠気
不眠
悪夢

不眠がひどくなる。

睡眠薬のベルソムラも依存性があります。

体重増加もあります。

太るのです。

 

 

ベルソムラもですが睡眠薬や睡眠導入剤を
飲み続けているのは異常なことなのです。

 

 

ベルソムラと眠気

ベルソムラの効果と副作用では
翌朝に眠気が残ります。

倦怠感があり、だるい、ふらつきがある。

 

寝ていないので様々な身体の不調。

 

他の睡眠薬にベルソムラから変える?
さらに大変なことになります。

 

翌朝、日中に眠気が残るから
睡眠薬の量を減らすのも服用時間を早めるのも一時的です。

 

ベルソムラを飲んでいると運転への影響。高齢者には出やすい。

ベルソムラの効果と副作用も深刻です。
睡眠薬は飲んでいると運転への影響があります。

特に高齢者には出やすいです。

 

不眠なので

日中の眠気がでるようになります。

 

不眠で
だるい、ふらつき、疲れがとれない。

眠気があり、注意力の低下、集中力の低下

 

この状態で車やバイクの運転をすれば
交通事故を起こす危険があります。

 

ぼーっとしている状態ですから。

 

他にも物忘れもでてきます。

認知症も。

 

運転禁止ですが
運転ができないので仕事ができないこともあります。

 

社会復帰をするにしても
こうして社会復帰の妨害をしているのが精神科医です。

 

 

口ではいいことをいうのです。
口だけです。

 

実際にはとても悪質です。

そして心理カウンセラーにも注意をしてください。

心理カウンセラーは手助けをするふりだけはします。
そのまま何もしません。

お金の無駄使いです。
詐欺師です。

 

ベルソムラの半減期と依存性

ベルソムラにも半減期があります。
一時的にしかならないのです。
その場だけはいいのですが
根本的な解決にはなりません。

 

依存性もあります。

身体に耐性ができます。

 

不眠となります。

マイスリーなどに変更をしても結局は
同じことになります。

 

こうなると減薬もですが
断薬が必要になります。

 

ベルソムラの服用と妊娠・授乳。影響は?

ベルソムラの服用は他の睡眠薬より
例えばマイスリーよりかはまだマシです。
効果と副作用はやはり大変なことになります。

 

大変な状態になるのが遅くなるだけです。

ベルソムラの服用に関してはすでに悪い報告があります。

胎児への悪い影響に不妊。

 

発達に障害。

 

精神病の方のお子さんもまた精神科にいることが大変多いです。
彼らや彼女たちは知的障碍者にもなっていました。

 

 

精神科医の睡眠薬、向精神薬を両親が母親も父親も服用する。
飲み続けていると妊娠、出産となります。

出産をして赤ちゃんに授乳。

母親の身体にいるときに依存症になります。

 

父親の精子にも睡眠薬、向精神薬で異常がでます。

精子にも原因があります。

 

精神科にいて本当に親子で来ている人たちが多かったです。
これは子供たちも睡眠薬、向精神薬で頭がおかしくなるからです。

 

両親は心配になって子供を精神科や心療内科に連れていきます。

そこを精神病と精神科医に騙されてしまいます。

 

子供たちも睡眠薬、向精神薬を飲み始めます。

こうして精神科医や心理カウンセラーの詐欺の被害が拡大していっています。

 

ベルソムラ錠、睡眠薬のジェネリック医薬品

ベルソムラ錠もですが睡眠薬はどれをしても一時的です。
これはジェネリック医薬品でも同じことです。

最初だけはいいのです。

 

そして精神科医のクズに騙されて飲み続けていると

不眠。

依存性もあり。

大変なことになってしまいます。

間に合ううちにやめないと手遅れになります。

 

まとめ

睡眠薬はどれを使っても一時的です。
効果と副作用は一時的です。

飲み続けていると、耐性ができます。効果と副作用で。

そして他の睡眠薬、マイスリーなどに変えても同じです。

また耐性ができます。

どれをしても同じになります。

 

断薬です。精神科医や心理カウンセラーに行くのもやめる。
やるといってやらない詐欺です。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。