麻薬で。うつ病は病院でつくられる薬害!行ったら終わりに。脱出する方法は?

うつ病とは麻薬と同じ成分の抗うつ薬でなる。

病院に行ったら。人生が終わりとなる。

彼らもうつ病の話を信じていたために

結局は終わりになった。

僕は脱出してわかるのは

誰も治った人がいない。

 

そしてうつ病は薬害。

 

 

元々からあるのは

 

別に原因がある。

 

よって治す方法もまったく違う。

 

 

 

うつ病の詐欺にあい人生が終わり。

 

仲間たちにもうつ病はないと説明をした。

 

僕の完治をしたのを見て

 

あまりの変化の違いに自覚した。

 

そして治す方法をして

 

今ではすっかり健康そのもの。

 

 

精神病の病院やクリニックに行く前よりも

 

元気にしている。

 

 

一方で彼らたちにも

 

僕らは説明はしたが。

 

終わりだった。

 

 

彼らは精神科医や

 

臨床心理士のカウンセリング

 

精神科・心療内科の

 

看護士や福祉士、

 

職員たちに

依存をしていた。

 

 

そして口からでた言葉は

 

 

「うつ病を治すためにここにきている。」

 

「だから抗うつ薬(抗うつ剤)を飲んでいる。」

 

「この治療をやめろってバカじゃないの?」

 

彼らにはっきりといえるのは

 

甘え。

 

だらしがない。

やる気がない。

 

 

そして

 

うつ病の利権を満喫していた。

 

 

 

うつ病で薬を売るだけ。依存症で終わり。

 

たしかに彼らはうつ病と言う診断書で

 

休職の手当があったり

 

生活保護の受給者であったり

精神障害者手帳、

 

障害年金の受給者であった。

 

たしかに

 

この状態になってしまっても

がんばって脱出をした人たちもいるが

 

彼らは終わりだった。

 

 

 

うつ病はないもの。

 

精神科医は薬を売るだけ。

 

 

つまりは

 

 

「覚せい剤・麻薬でらりって嫌なことを忘れましょう。」

 

 

これだけ。

 

臨床心理士のカウンセリングも

 

薬へ誘導するだけ。

 

 

私たちは辛い時もある。

 

しかしそうした弱みをついた詐欺そのもの。

 

 

そもそも彼らは調子がいいことは言うが

 

実績がない。

 

 

うつ病という作り話で

 

長年の間にわたって詐欺をしているだけ。

 

 

 

うつ病はない。終活で終わりか?それとも?

 

うつ病と思っていた

 

彼らのその後は終わりだった。

 

 

安定剤や睡眠薬も

 

向精神薬は麻薬。

 

うつ病はやらせ。

 

 

この話が通じない状態だった。

 

 

最後は

 

過剰摂取で

 

死亡をした。

 

 

 

早死にだった。

 

終わりだった。

 

 

終活をすることもなく。

 

 

例えば当時の一例をあげると

 

あれは悲惨な終わりだった。

 

 

アパートの部屋に入ると

 

異臭がした。

 

部屋はごみだらけで。

 

彼からのあの匂い。

 

腐敗していた。

 

 

あとでわかったのは

 

亡くなってから

 

誰も気づかないで

 

しばらくの間そのままだった。

 

 

あなたはどうするのか?

 

するのはあなた自身にしかできない。

 

 

うつ病のままで

 

終わりにするのか?

 

必死にして

 

脱出をするのか?

 

 

 

覚せい剤の抗うつ薬でうつ病に。ヤクがきれて無気力に。どうしたらいいのか?

うつ病になる原因は覚せい剤・麻薬と

同じ成分の抗うつ薬で。

つまりは元もとあったのをらりって忘れているだけ。

 

精神科・心療内科とは薬物依存症にするだけ。

 

そしてヤクがきれる。

 

うつ病になり

 

無気力になる。

 

 

つまりは元々あることを

 

感じなくなるだけ。

 

 

そしてヤクは必ずきれるから

 

無気力にもなる。

 

 

どうしたらいいのか?

 

うつ病は薬害なので

 

断薬が必須。

 

 

そして違いがある。

 

 

元々からあるものは

 

これとはまったく別の治す方法が必要。

 

 

 

精神科・心療内科の対処でうつ病に。仕事ができないことに。

 

精神科・心療内科の対処でなるのは

あの状態。

 

うつ病とは依存症。

 

 

そして無気力になる。

 

本当に仕事ができないことになる。

 

 

今思えば

 

あんなのをしていれば

 

うつ病になるのが普通のことだった。

 

 

辛い日々だった。

 

 

あそこでは

 

躁うつ病の被害者たちも多くいた。

 

産後うつ病にしてもだが

 

 

きっかけは何であれ。

 

アレでなるもの。

 

 

そして必ずきれるので

 

無気力になる。

 

 

無表情にもなった。

 

 

うつ病とはないもの。

 

 

そして薬を飲み続けていると

 

どうなるのかはニュースになる

 

芸能人や有名人が

 

逮捕されるのを思い出すとわかりますよね?

 

 

 

うつ病の改善どころか悪化を続ける。無表情にもなって辛い日々だった。

 

仲間たちも今ではうつ病を忘れて

 

完治をして元気そのものだが。

 

当時は辛い日々だった。

 

 

治療でうつ病になった。

 

そして眠気もひどい日々だった。

 

 

 

改善どころか悪化を続ける。

 

無気力にもなった。

 

 

まさに詐欺。

 

 

うつ病はあれをしている状態。

 

 

そしてこれと最初からあること。

 

違いがある。

 

 

 

だから薬を断薬すれば治るわけではない。

 

 

 

あそこでは

 

彼らは

 

終わりとなった。

 

 

 

こうして詐欺にあい

 

うつ病になり

 

無気力になります。

 

 

 

うつ病になり

 

自分もだったのですが

 

他の仲間たちも

 

同じ症状に辛い日々を過ごしていました。

 

 

うつ病に無気力、治ったものの。

 

あのままだったら

 

取り返しのつかないことなっていたのは

 

確かです。

 

 

 

治し方は?まずはうつ病はないと理解をすることから。無気力なのも。

 

仲間たちも無気力を訴えていた。

 

治す方法を使い

 

必死の努力をして

 

治った。

 

 

彼らも

 

うつ病はないと自覚したのもだが

 

やはり実行に移したからだ。

 

 

うつ病からの

 

方法はあっても

 

 

するのは自分にしかできないから。

 

 

精神科・心療内科の対応は

 

うつ病を作り出している。

 

 

そして動けない人たちに

 

一人暮らしをするように話をもっていく。

 

 

そのときになると

 

無気力感もあり

 

生活保護の受給者のままでいいかと

 

無関心になり

 

あきらめた彼らたちだった。

 

 

 

彼らの中には

 

自傷行為をしていた人たちもいた。

 

たしかにあの粉をしていれば

 

してしまう。

 

 

彼らがうつ病ということで

 

定期的に購入しに受診をする。

 

 

そして高い請求をする。

 

支払いは税金から。

 

 

 

実態は?麻薬の安定剤を飲みながらだと死亡をします。

安定剤を飲みながらだと死亡をします。

安定剤は麻薬と同じ成分。

自分もですが当時は知らずにいた。

 

安定剤を飲みながらどうなるのか?

だいじょうぶなのか?

問題ないのか?


安定剤を飲みながらでいれば終わります。

 

今日は実例を紹介します。

 

 

 

精神安定剤を飲みながら仕事してる人の特徴も依存症。

 

精神安定剤を飲みながら仕事してる人の最後


どうなるのかをお伝えします。

 

例によって最後は悲惨ですが。

 

 

最初に精神科医にいき精神安定剤や

 

他の向精神薬と飲み続けていきます。

 

 

それで病院やクリニックにある

 

デイケアにもいくことにもなります。

 


もともとは疲れていて。

 

原因は別にあるのに。

 

 

精神科医はわからないのです。

 


治療というのは

 

麻薬でらりってわからなくさせるだけ。

 

 


安定剤を飲みながら脳が麻痺して

 

らりってダウンしているだけ。

 

 

 

頭のほうではこれを異常と察知して

 


頭のほうで逆のことをするようにします。

 

これが耐性です。

 


こうして効かなくなります。

 

 


安定剤を飲みながら

 

さまざまな問題がおこります。

 

 

 

肝臓や腎臓が悪くなる

 

それにあわせて顔色が悪くなる。

 

例がわかりやすいでしょう。

 

 


僕らが完治をしたあとに

 

 

彼らには説明をしたが

 

バカにしてきた。

 

 


彼らにしてみれば

 

うつ病がないと言われても

 

それまでの間違いを否定したくないのもあった。

 

しかしそれよりも問題なのは

 

生き方だった。

 

 

誰かが魔法を使って治すのを期待していた。

 

 

甘えといえばそういうことだった。

 


結局は彼らは死亡をした。

 

 

かえって安定剤を飲みながらでおかしくなります。

 


もともとあったのとは

 

別に薬物依存症になるのです。

 

これを精神病というのです。

 

 

ここで二通りにわかれます。

 

 

 

抗うつ剤に安定剤も飲みながらで出産。子供がらりっていた。普通の人が飲むとなるものだった。

 

安定剤を飲みながらでは

 

寛解する?

 

たまたま運が良いから頭が飛ばないで

 

一時的に安定しているか

 

 

それか

 

 

頭が飛んでしまうか。

 

 

 

このふたつです。

 

これで前者のケースはたまにいるのですが

 


安定剤を飲みながら仕事に復帰をしていきます。

 

 

 

一時的にはたしかに

 

安定剤を飲みながら仕事に復帰をするのですが

 

結局は働けないことになるだけ。

 

 

 

また戻ってきます。

 


例えば

 

肝臓病になります。

 

 

そして亡くなっていきます。

 

 

彼らはあのときは喜んでいました。

 

 

これで仕事に復帰できると。

 

 

でもしばらくしてからみんな


戻ってきました。

 

 

顔をみただけでわかりました。


もう終わりなのを。

 

 

あそこでは

 

抗うつ剤(抗うつ薬)の処方もあるが

 

同じもの。

 

 

当然ながら安定剤もだが

 

飲みながらでいれば

 

後で大変なことになってしまう。

 

 

警察の説明にある

 

少しでも使用したらいけないものだから。

 

 


「心も体もボロボロになる。」

 

 


当時のことだった。

 

安定剤を飲みながらで出産をしていた方たちがいた。

 


僕は知らなかったので

 

めでたいことと勘違いをしていた。

 

 


しばらくしてからだった。


子供の様子がおかしいとなった。

 

 


今思うと安定剤を飲みながらであるから

 

薬物が妊娠中に胎児に流れて。

 

そして出産をした。

 

 

精子にも異常がでるので

 

男性もしてはいけないもの。

 

 


生まれたと同時に依存症。

 

 


子供も精神科・心療内科に通院をするようになった。

 

 

治療と言ってもすることは

 

 

安定剤を飲みながらの生活。

 


荒れていった。

 


つまりはこれは普通の人が飲むと

 

 

それでなってしまうもの。

 

 

 

安定剤を飲みながら育児。離婚、家庭崩壊へ。

 

もともとは

 

健康な人が抗うつ剤を飲んだらこうなるのです。

 

 

僕も反省をした。

 

 

知らずとはいえ

 

使ってはいけないもの。

 

 

芸能人があれで逮捕されるのがニュースになるが。

 


あの状態だった。

 

 


安定剤を飲みながら育児をしていった彼らたち。

 

 


親子で安定剤を飲みながら。

 

働けないので

 

動けないので生活保護の受給者が多かった。

 

 


彼らの住んでいた場所に

 

当時行くと。

 

荒れていた。

 

 


家の中は壁に穴が開いていた。

 

 

汚い部屋だった。

 


あとで離婚をしていったが。

 


たしかに

 

麻薬の安定剤を飲みながらでは

 

 

家庭崩壊をしてしまう。

 

 

 

 

方法は?安定剤を飲みながらの生活に終止符を!それとも終わるか。

 

 

当時は安定剤を飲みながらでいたから

 

頭痛がひどかった。

 

 

それで市販の薬も飲んでいた。

 


しかし仲間たちもだったが


安定剤を飲みながらでいれば大変なことになる。

 

 

 

 

私たちはここでどうするのかによる。

 


原因は別にあるので


治す方法をするのか


しないで終わるか。

 

 

ほっとく?依存症がうつ病!接し方の分かれ目とは?

うつ病とは薬害。

精神科・心療内科の処方するのは「白い粉」。

 

つまりは気分が落ち込んでいる

わたしたちに

 

これで気分をよくするだけ。

 

これでうつ病になる。

 

 

当然最初からあることの原因は別にあります。

 

 

あなたも鬱病の詐欺にあい

 

そして

 

うつ病がなにかわからないために

 

恋人や親も接し方に困っています。

 

 

僕も仲間たちも同じだった。

 

心配する必要はないです。

 

解決方法があります。

 

 

 

家族・夫婦の関係の悪化も。友人にもめんどくさいと思われてしまい。

 

うつ病は依存症。

 

精神科医や臨床心理士のカウンセリングは

 

関係ないことをしているだけ。

 

 

こうしたクズたちにより

 

思考能力の低下をして

 

頭が混乱する。

 

 

これで夫婦の関係も悪化をします。

 

実際にあそこではありました。

 

 

僕も友人にめんどくさいと思われ

 

彼が縁を切ることになってしまった

 

ことがありました。

 

 

だから

 

「うつ病に連絡しない方が良いのではないか?」

 

 

この考えは

 

 

たしかに正しいことです。

 

 

職場でも迷惑になった。顔つきも変わり。

 

結局僕もだったが

職場に居られなくなった。

 

迷惑をかけていた。

 

 

あの状態でヘロヘロでは

 

 

もう仕方がないこと。

 

顔つきも変わりはてて。

 

 

メールをするにもできないで。

 

 

事件を起こさなかったから

 

まだよかったと思う。

 

 

 

職場にうつ病の人がいれば誰でもが

 

嫌がるのが常識。

 

 

 

精神科医の治療で

 

悪いほうに引っ張られる。

 

 

そしてお金は高い請求をされる。

 

 

 

うつ病の人にやってはいけないことは

 

精神科・心療内科をすすめること。

 

 

 

鬱病で恋人に逃げられたわがままな彼。うつ病に言ってほしい言葉。

 

僕らは完治後に

あそこで

 

彼に鬱病はないものと説明をしたが。

 

 

恋人に逃げられた。

 

 

彼は一度はわかっても

 

 

何もしないで

 

いいわけをしていただけだった。

 

 

僕らがわかったのは

 

 

わがまま。

 

甘え。

 

 

彼女が接し方にとまどい

 

別れることにした。

 

 

 

禁句というのがあったり

 

面倒くさいと思うのが当たり前。

 

 

 

うつ病に言ってほしい言葉は

 

依存症と説明をする。

 

 

そして本人が

 

治す方法に取り組みのを見てから

 

判断です。

 

 

 

接し方での分かれ目は

 

ここで

 

行動をする。

 

そしたら支援する。

 

 

言い訳をしてはやらない。

 

そしたらあきらめた選択をする。

 

 

 

依存症のうつ病をほっとくとどうなる?廃人になり死亡。

うつ病とは抗うつ薬でなるもの。

ほっとくと当然悲惨なことになる。

つまりは薬物依存症がうつ病。

 

僕も知らずにいたので

 

治療でなるとは思わなかった。

 

 

仲間たちも

 

うつ病はないのに信じてしまっていた。

 

 

みんな、今では元気でいるが

 

当時はうつ病という

 

詐欺に苦しい思いをしていた。

 

 

周囲もだが

 

うつ病という人がいたら

 

ほっとくのは大変危険なことです。

 

 

ほっとくとどうなるのか?

 

廃人になり。

 

早死に、死亡をします。

 

 

 

うつ病をほっとくと。行動がおかしい。顔つきも。

 

うつ病というよりも正しくは

 

依存症です。

 

 

ここでは利便上うつ病といいます。

 

 

うつ病をほっとくと

 

当然ラりっているので

 

行動がおかしいことになる。

 

 

 

あなたもそうだがほっとくと

 

顔つきも変わる。

 

 

仲間たちも

 

女性はとくに気の毒だった。

 

 

元々からあるのは

 

別に原因がある。

 

 

精神科医がするのは依存症にするだけ。

 

薬を売るだけでほっとく。

 

 

 

うつ病の特徴は粉の使用者。ほっとくと重度になり終わる。自分で気づくのか?それとも?

 

あなたはどうしたいだろうか?

 

このままうつ病というのを

 

ほっとく選択をして

 

 

死亡したいのか?

 

 

うつ病の特徴は

 

結局はあの粉の使用者そのもの。

 

 

残念だがわたしたちは騙されている。

 

 

 

ほっとくと症状が進行していき

 

 

初期症状から重度になる。

 

 

そしてそのまま

 

精神科・心療内科のクズたち受診を

 

続けているとほっとくと

 

 

廃人になる。

 

人生も終わる。

 

 

まずは自分で気づくのが必須。

 

うつ病はないものと。

 

 

そして詐欺だと。

 

 

 

うつ病はない!ほっとくのもやめた!そしたら立ち直るきっかけを。

 

もしあなたがここで

 

うつ病はないと自覚をする。

 

真剣に甘えもなしで取り組む。

 

そしたら

 

治す方法はある。

 

 

方法があっても

 

結局は

 

彼らみたいにほっとくと

 

治らないし

 

終わる。

 

 

彼らはほっとくのがよくて

 

 

精神科医や臨床心理士がしてくれると

 

言ってばかりで。

 

 

彼らは目がおかしい状態であった。

 

うつろで。

 

よくある

うつ病の行動パターン

 

つまりはあれの使用者そのものだった。

 

 

精神的に不安定で

 

泣くのもあれば元気なときもある。

 

意味不明なことをいっている。

 

 

 

ニュースでわかるのは

 

 

一度できっぱりとやめるひともいる。

 

 

一方で

 

しかし再犯を繰り返すひともいる。

 

彼らはこの再犯をする。

 

見るとやりたくなる。

 

この状態だった。

 

 

 

僕らはあきらめた。

 

 

 

薬でうつ病に。音に敏感になる!診断から始まる症状!

うつ病の薬は危ないあれと同じ成分。

あの捕まってしまう。

うつ病の症状はあの状態。

 

これで音に敏感になる。

 

 

人によって出方が変わるので

 

音に敏感になるのは

 

出る人もいれば

 

別のが出る人もいる。

 

 

しかしうつ病とはあれそのもの。

 

 

音に敏感になる。イライラする。治療でひどくなっていく。

うつ病は診断を受けてから

発症をする症状。

 

その後は

 

音に敏感になるのもそうで

 

治療で悪くなるのみ。

 

 

 

イライラするのもそのひとつ。

 

 

周りにあたってしまったり

 

今では反省をしている。

 

 

仲間たちも完治をしたが

 

彼らも本当によくがんばった。

 

 

うつ病はないもの。

 

音に敏感なのが

 

ないからいいのではなくて

 

何かしらなってしまっている。

 

 

 

あそこでは彼は

 

周囲のデイケアの利用者を

 

バカにしていた。

 

 

「あいつら気持ち悪いよ。」

 

「幻覚だとか、幻聴だとか。」

 

「音に敏感になるとかさ。」

 

 

僕らはそうした彼に

 

 

「あなたも同じものを使用しているから同じ状態。」

 

「だいぶボケているから、もうじき認知症になる。」

 

 

 

しかし彼は相変わらずだった。

 

 

 

そして終わった。

 

 

うつ病のチェックで始まる罠。聴覚過敏、光が眩しい 音がうるさい。

うつ病はチェックをしてしまうと

精神科・心療内科の受診をしてしまう。

 

これは罠。

 

 

抗うつ薬がうつ病の原因。

 

うつ病は精神の病院、クリニックでつくられるもの。

 

 

聴覚過敏も。

 

 

彼らも話していたのが

 

 

光が眩しい

 

音がうるさい。

 

 

僕も当時はバカで知らなかったので

 

 

うつ病だからと誤解をしていた。

 

 

 

精神科医も臨床心理士も

 

 

すべてをうつ病や精神病、

 

 

精神疾患と説明をしては

 

治るためと

 

改善することもない

 

 

ひどくなることをしている。

 

 

 

あの彼は

 

うつ病と信じ切っていた。

 

 

 

そしてほかの音に敏感になるから

 

困った人たち。

 

などをバカにしていたが

 

 

 

彼も認知症になった。

 

 

家族がどこかの施設に入れたそうだ。

 

 

もう出てこられない。

 

 

HSPと違いがある。うつ病で大きい音が苦手なのはあれ。

HSPとうつ病は違います。

 

HSPは感受性が高い人で

一定数います。

 

スマートフォン、携帯電話の電磁波がいい例です。

 

 

うつ病はあれです。

 

大きい音が苦手なのも

 

音に敏感になるのも

 

 

あれのひとつです。

 

 

当時は

 

鏡を見ると

 

顔つきがおかしい・・・

 

 

辛い日々だった。

 

 

薬でうつ病になる!頭痛も吐き気も!詐欺!

うつ病も頭痛も薬害です。
「白い粉」と同じ成分の抗うつ薬。

しているから治らないのです。

原因は別にあります。

 

そこへあれを処方して気分を上げる。

 

そしてなるのはあの状態。

 

 

こうして治し方と自称しては

 

被害者を作り続けている。

 

 

実際に自分が見たのは事件を起こして

 

 

逮捕された人たちもいました。

 

 

 

ニュースにも彼らは容疑者と報道され

 

 

警察に逮捕をされて

 

前科がついて。

 

 

もう社会復帰はできません。

 

 

 

うつ病に頭痛がひどい。治療で。

 

今思いだすと

 

あのままほっといたら

 

自分も命を落としていただろう。

 

 

 

薬害によってうつ病になる。

 

被害の一つが頭痛がひどい。

 

吐き気もあります。

 

 

大がかりな詐欺。

 

 

うつ病にもさせられて頭痛がする。

 

 

ロキソニンを飲んでしまう。

 

うつ病に頭痛

 

めまいもして。

 

 

 

みんな被害を訴えていた。

 

「うつ病だ頭痛がひどい。めまいもしてわけがわからない。」

 

「うつ病も頭痛も治らない。」

 

 

みんな知らずに精神科医に相談すると

 

「おクスリをお出しします。」

 

毎日向精神薬漬け。

 

 

 

臨床心理士のカウンセリングで

 

うつ病や頭痛のことの相談をしても

 

助言は

 

「先生に相談してください。」

 

 

それをいうだけで

 

高いお金の請求をしていた

 

 

クズ。

 

お金の無駄遣いとしかいいようがない。

 

 

うつ病で頭痛がしても対処法は

 

精神科医は

 

「おクスリをお出しします。」

 

 

 

自分もバカだった。

 

冷静になるとわかるのが

 

 

セロトニン仮説も存在しない作り話。

 

 

「うつ病だ。」

 

「頭痛がする。」

 

「疲れた。」

 

 

みんなふらふらしていた。

 

 

頭痛への対策は

 

こうしたのが詐欺と自覚することが

 

最初の第一歩。

 

 

この薬害と別に

 

 

元もとあるのは

 

 

治す方法は別にある。

 

 

 

治療で発症。治らないままで。めまいもあり。前頭部もつらかった。

 

しかし治療法で間違えてしまうのは

 

クスリをやめるだけで治ると間違えること。

 

 

これとは別なのです。

 

 

 

これはものすごく地道な作業になります。

 

 

努力が必要で

 

自身の嫌な面もみて。

 

 

うつ病も頭痛も原因は向精神薬。

 

 

 

飲み続けるのは危険です。

 

 

こうした精神医療

 

薬を売るだけです。

 

 

うつ病にもなり

 

 

それに加えて頭痛も。

 

 

 

鬱病の原因は薬害。甘えを捨ててすれば完治できる。

 

鬱病はあれの状態。

 

人の弱みにつけこんだ詐欺。

 

前頭部の痛みもひどかった。

 

 

 

そして

 

当然治し方は別にある。

 

 

 

当時は僕もだったが

 

仲間たちには甘えがあった。

 

しかしここで考えを改めた。

 

 

 

例としては、

 

景気が悪くて仕事がない場合。

 

仕事がなくて物事がうまくいかないので

 

落ち込んでいる人がいます。

 

 

そういった人たちの

 

問題を解決するには

 

景気の回復がすることです。

 

 

こういった詐欺師たちが

 

景気をよくすることはできないです。

 

 

 

できないことをできると

 

ホラを吹いているのです。

 

 

 

そして困っている人たちを

 

らりった状態にするだけ。

 

 

 

そしてうつ病になる。

 

頭痛もして。

 

 

思考能力が低下して

 

考えられないから

 

うまく考えられない。

 

 

カウンセラーが悩みを聞きますとだます。

 

 

 

そして

 

薬で体調が悪いのを

 

症状が進行しているから

 

治療で改善する。

 

と話をすり替える。

 

 

 

詐欺行為です。

 

国民の血税である社会福祉を食い物にして

 

裕福な生活をして

 

弱者や貧困者を助けるフリをして

 

利用をしている。

 

 

弱者ビジネス、貧困ビジネスです。

 

 

うつ病から人生のやり直しには逆効果で詐欺。

 

 

治し方を間違えるとどうなる?あの特徴は廃人。

 

彼らたちはうつ病があると思い込み

 

精神科医の対処法を信じていました。

 

 

しかし彼らのように

 

間違えると死亡をします。

 

 

 

例えば一例をあげると

 

僕が完治後にあった

 

彼は

 

 

もう廃人そのものだった。

 

 

いくら話しても

 

「うつ病は詐欺だったのか。」

 

「みんなおかしくなって死んだよね。」

 

 

しかし次には

 

 

うつ病だから

 

先生の診察を受けると言っていた。

 

 

 

もはやここまでくると無理としか言えないです。

 

 

 

この状態まできてしまうと

 

 

他の人たちにできることはもはやないです。

 

 

あきらめたほうがよいでしょう。

 

 

 

危害を加えられる可能性があります。

 

 

周囲の人たちが

 

事件に巻き込まれてしまって

 

命を落とすこともあり得ます。

 

 

 

残念ながら

 

あきらめるのが賢明な選択です。

 

 

 

手遅れになる前に

 

うつ病で頭痛がする状態で済んでいるうちに。

 

 

依存症がうつ病の特徴。見た目もらりっているから。

抗うつ薬は覚せい剤・麻薬と同じ成分。

鬱病は治療で発症する。

 

その後も同じ成分の

 

睡眠薬・睡眠導入剤もあわせて

 

飲み続けている。

 

 

うつ病の特徴はラりっている。

 

 

これが真相。

 

 

見た目からしても依存症そのもの。

 

 

僕も当時は知らずにいた。

 

あの被害の症状は深刻だった。

 

 

目つきも。うつ病という詐欺の特徴はあれだった。

 

 

あそこでは男性も女性もいたが

 

結局は鬱病はないもの。

 

 

薬害のうつ病の特徴があり、

 

それとは別に原因がある。

 

 

治す方法は別にある。

 

 

うつ病にある特徴的な症状はあの状態。

 

 

これでは仕事ができないのが常識。

 

 

職場にうつ病の人が同僚や上司でいれば

 

その人は薬物依存症に陥っている。

 

 

 

精神科・心療内科の詐欺に

ひっかかってしまった

 

あなたたちもそうだが。

 

 

 

あそこでは学生も多い。

 

 

子供のうつ病というものの特徴も

 

しているから。

 

 

しかも深刻なのは向精神薬で

 

脳にダメージを負うので

 

 

知的障害の併発をした人たちもいた。

 

 

 

女性もだった。躁うつ病の特徴もあれ。

 

躁うつ病というと

わかりにくいが。

 

この特徴を分かりやすく言えば

 

頭がいってしまっている状態。

 

 

 

僕もだったが仲間たちも

 

完治をした後に

 

説得をしたが無理だった。

 

 

うつ病など精神疾患にある

 

 

特徴的な妄想

 

 

これも治療でなること。

 

 

 

彼はあの男性も終わった。双極性うつ病はないもの。

 

あの男性もまた向精神薬漬けでいた。

 

双極性うつ病と当時彼は話していた。

 

 

しかしあれはあきらかに

 

様子がおかしい特徴と思った。

 

 

 

よだれを垂らしていた。

 

目つきにも異常があった。

 

目がうつろで。

 

落ち込みがあり

 

涙を流していたら

 

次には気分が上がる。

 

 

 

「違うのでは?」

 

疑問を持った。

 

 

 

名称でいえば

 

次々と増えている。

 

 

・新型うつ病

 

・微笑みうつ病

 

・仮面うつ病

 

 

こうしたのも

 

薬を売るためにつくられたもの。

 

彼も人生が終わった。

 

 

 

元うつ病という彼らも

 

結局はあれで

 

感じなくなっているだけ。

 

 

そして寛解したからと話していたが

 

 

終わった。

 

 

性格もある。うつ病になる特徴は。

 

うつ病になるのは薬害。

 

それではなぜ発病したのか?

 

 

問題が起こるのは誰でもあること。

 

ここで精神科医や臨床心理士のカウンセリングで

 

誘惑にのってしまう。

 

そしてしまったから。

 

粉の特徴がでる。

 

うつ病になる。

 

 

 

これは自分にある問題だった。

 

仲間たちも。

 

しかしここで詐欺と自覚すること。

 

そして完治をした。

 

 

深刻なのは

 

ここで甘えの性格があること。

 

 

彼らも

 

薬にすがっている状態だった。

 

 

そして詐欺師たちに

 

やられたのにも関わらずに

 

続けている状態だった。

 

 

説明をしても文句を言うだけだった。

 

 

・高齢者のうつ病。

 

・老年期うつ病

 

 

これもそう。

 

 

あれを使えばどうなるのかは

 

 

誰でもがわかること。

 

 

ラりっているからうつ病の行動パターンがおかしい事実。

うつ病とは薬害で精神科・心療内科で発病する。

抗うつ薬、睡眠薬などは麻薬と同じ成分。

 

これで治ると言われて

 

そう思う人は誰もいない。

 

 

あなたもそう思ったでしょうが

 

 

僕や仲間たちが

 

彼らに説明をしてわかったのは

 

行動パターンに違いがあることだった。

 

 

まさに闇。

 

うつ病詐欺は。

 

 

行動がおかしい。顔つきの特徴が薬物中毒者。

 

あなたがうつ病であれば

 

まずは考え直すことです。

 

 

他の周囲から行動パターンがどう見えるのか?

 

 

現実をお伝えします。

 

 

僕も今から振り返ると

 

あきらかに行動がおかしい状態だった。

 

 

 

反省をした。

 

 

仲間たちも同じでした。

 

 

あなたもここで変わることです。

 

 

周囲が

 

うつ病という人たちを見ると

 

 

あきらかに行動パターンに顔つきの特徴が変。

 

 

そう見えるのです。

 

 

 

薬物中毒者なのです。

 

 

精神科医がするのは

 

麻薬で麻薬中毒者にするだけ。

 

 

 

原因は別にあります。

 

 

治し方も別にあります。

 

 

うつ病の人がとる行動は異常で危険。診断からうつ病ははじまる。

 

使ってはいけない物。

 

学校の授業で習うもの。

 

使用すれば

 

心も体もボロボロになる。

 

これがうつ病。

 

 

行動パターンも当然ながらしている症状がでる。

 

 

うつ病の人がとる行動が異常に見える。

 

危険だと思うのは正しいこと。

 

 

あそこで彼らに説明をしても

 

文句ばかりいっていた。

 

 

もうこれは性格がどうしようもない。

 

 

 

まわりは

 

これでは支援するのは不可能。

 

 

かえって危ないことに

 

巻き込まれる場合もある。

 

 

 

臨床心理士のカウンセリングもクズそのもの。

 

 

なにやらバカなことをやらされるが

 

 

例えば

うつ病の人が好む色という話も

 

 

くだらない。

 

 

これで高い支払いをするだけ。

 

 

立ち直るきっかけが欲しければ・・治るのか終わるのか。

 

かれらは結局は

 

終わった。

 

 

うつ病の人で多い行動パターンは

 

 

いつまでもうつ病が治るためといっては

 

診断を受診する。

 

悪化を続けて終わる。

 

 

 

あなたはどうするのか?

 

 

立ち直るきっかけが本当に欲しいのか?

 

実は言い訳をしては

 

 

逃げていたいだけなのか?

 

 

 

彼らは死亡をした。

 

 

同じようになりたいのか?

 

それとも?

 

 

 

もしも真剣にするのなら

 

事前にひとつ言っておく。

 

自宅での過ごし方を特に気を付けること。

 

 

ドリエルも耐性ができる。寝起きがだるいことになる。

ドリエルに限らず薬には耐性ができます。

最初は薬で眠れるのが

人工的にしているため

脳では異常なことと、とらえます。

そしてドリエルで気分を沈めていたので

脳は気分を上げることにします。

そして眠れないことになります。

 

睡眠の質の低下を招きます。

 

しかしこれでは済みません。

 

 

死ぬことになります。

 

 

ドリエルで寝起きが悪い。

 

最初だけはよくても

 

これは誤魔化しでその場しのぎ。

 

 

そして飲み続けていると

 

 

かえって眠れないことになります。

 

不眠症になります。

 

 

睡眠がとれずに

 

ずっと眠い状態が続き

 

疲れが取れない。

 

 

翌日に起きると毎朝

 

だるい状態になります。

 

 

これは精神科・心療内科の睡眠薬も同様です。

 

 

ただし、

 

精神科医の睡眠薬はさらに危険です。

 

 

ここで寝起きが悪く

 

だるいからと受診を

 

してしまう人たちが多いです。

 

 

 

薬に頼るのをやめる。

 

 

別の方法が必要です。

 

 

ドリエルでだるい。一錠だけのつもりが

 

あそこでは彼らは

 

最初はドリエルで眠っていたけど

 

 

寝起きがだるい。

 

眠れないからと

 

精神科医の睡眠薬の処方に

 

切り替えた人たちもいた。

 

 

最初はたしかに彼らも

 

寝起きがだるいのが

 

おさまったと言っていたが

 

 

また同じことになった。

 

 

ドリエルでダメだから

 

 

さらに強さが強い睡眠薬にしたところで

 

またなるだけだった。

 

 

 

ドリエルを一錠だけのつもりが

 

大変なことになってしまった。

 

 

 

ドリエルEXもだが

 

睡眠薬も

 

 

効果と副作用に違いはない。

 

 

 

それから

 

ドリエルとピルの併用はやめること。

 

 

ドリエルと睡眠薬。寝起きがだるいのが致死量で死ぬことに。

 

ドリエルを使う危険を考えていただきたい。

 

彼らはドリエルも再び使い始めた。

 

 

寝起きがだるいから辛いと言っていた。

 

 

しまいには頭を壁に打ち付けていた。

 

 

わめいていた。

 

 

頭がおかしくなるだけだった。

 

 

こうなる前に彼らには

 

副作用で悪夢を見ると言っていたので

 

経験上、今のうちだと説明はした。

 

 

 

彼らは最後には致死量に達して

 

死ぬことになった。