うつ病は麻薬の中毒者!行動できないのが常識。おかしいままで終わるかそれとも?

抗うつ薬などの向精神薬は「麻薬」と同じ成分。

うつ病とは精神科・心療内科で薬物中毒者となる。

これが鬱病と呼ばれているもの。

 

うつ病で行動できない状態に陥るのは

 

薬害。

 

 

僕もそうだった。

 

周囲からはうつ病だからおかしいと

 

言われた日々だった。

 

 

行動にも支障がでてしまい。

 

 

当然うつ病とは別に原因がある。

 

 

臨床心理士も共犯者です。

 

そしてどうしたら立ち直れるのか?

 

 

行動パターンに異常が。行動が遅い。うつ病はないもの。

 

うつ病は依存症。

行動も使用者そのもの。

 

 

僕も当時は大変だった。

 

 

仲間たちも

 

行動があきらかにらりっていた。

 

今では治ったから元気そのものだが。

 

 

 

あそこでは

 

周囲から

 

行動パターンに異常があると言われたときもあった。

 

僕は自分でも行動について

わかってはいたけど。

 

理由がわからなかった。

 

 

 

まさか精神科医の治療だったとは。

 

 

 

あきらかに行動が遅いので

 

 

おかしいと思っていた。

 

 

 

臨床心理士のカウンセリングでは

 

行動療法、認知療法というのもあったが

 

わかったのは

 

実にくだらないということだった。

 

 

やったふりをしては

 

高い請求を繰り返すだけで

 

 

実際には誰も治った人がいない

 

詐欺そのもの。

 

 

まさにクズそのもの。

 

そしてクスリをするように誘導をするだけ。

 

 

 

自分自身も行動についても

 

やはり周囲から言われ続けていました。

 

 

あきらかに行動も含めておかしいと。

 

 

自分でも認めたくなくても、

 

 

認めざるを得ない。

 

 

うつ病の行動。特徴は依存症。認知療法も詐欺。

 

臨床心理士のカウンセリングも

 

よさげなことをいってはいたが

結局は何もわかっていないクズだった。

 

認知療法というのも

 

ただの詐欺話。

 

 

精神科医もだが臨床心理士も

 

うつ病のマニュアルに沿ってしているだけ

 

 

実際のところは

 

治療でうつ病の発症をすることも

 

わかっていないことがほとんど。

 

 

 

あれをして行動を抑制する。

 

 

らりって気持ちよくなって

 

寛解する。

 

 

仕事へ復帰をする?

 

職場の同僚や上司にしてみれば

 

こうした危ない行動をしていれば

 

身の危険があるのです。

 

 

うつ病と言うことで抗うつ薬を飲み続けると。

 

 

行動に

急に暴れる、叫ぶ。

 

 

顧客を失う。

 

 

会社にしても

 

うつ病が何かわからないとしても

 

行動が危ないから

 

採用したくない。

 

辞めさせたい。

 

 

当然の行動で対応。

 

差別といった話とはまったく違い。

 

 

 

あれをすれば

 

事件を起こして

 

取り返しのつかない事態にも

 

なってしまう危険がある。

 

 

実際にうつ病の治療を信じて

 

こうして危ない行動をしてしまい。

 

 

事件を犯してしまい

 

逮捕をされてしまった彼らたちもいた。

 

 

本人たちはわからないままに

 

 

無自覚のままでしてしまった。

 

記憶にないままに。

 

 

 

ハイになって行動が活性化は一瞬。耐性ができて行動力の低下。廃人へ。

 

覚せい剤・麻薬をして

 

行動が活性化する。

 

 

これは誰でもが

 

どうなるのかわかること。

 

 

その時だけで

 

行動が変わり気分がよくなる場合もある。

 

 

その後は

 

うつ病の薬で

 

 

大変なことに陥る。

 

 

そう・・・

 

ヤクがきれるから。

 

 

行動にも当然悪い影響がある。

 

 

これがうつ病。

 

 

元々あるのは

 

まったく別に原因がある。

 

 

 

うつ病はないもの。

 

 

そして体に耐性ができる。

 

ヤクはきかなくなる。

 

 

少しでも手を出してはいけないもの。

 

警察の説明の通り。

 

 

 

行動力の低下をする。

 

しかしまだいいほう。

 

 

僕らが完治をしたあとに

 

 

彼らに説明をしたが

 

 

もう終わっていた。

 

 

廃人そのものだった。

 

 

 

後になって

彼らが逮捕された。

 

亡くなったと聞いた。

 

 

僕らもあと少しで

 

 

同様のことになっていただろう。

 

 

 

うつ病は依存症。一瞬で治すのが常識。原因は他にある!方法は?

うつ病は薬物依存症。

抗うつ薬の成分は麻薬。

 

つまり依存症を治す方法は

 

一瞬で治すものです。

 

 

いつまでも飲み続けている死亡をします。

 

 

うつ病は一瞬で治すのが常識です。

 

そしてこれは薬害。

 

 

原因は別にあります。

 

 

 

うつ病はらりっているので早く治す方法をするのが正しいこと。

 

鬱病にまつわる話は

 

治すのも含め作り話です。

 

 

薬を売るたけだけです。

 

 

病院やクリニックで治った人がいないのが事実。

 

 

僕もしまいには治らないもの?

 

といった精神科医などの話を

 

鵜呑みにしてしまっていた。

 

 

 

僕もだが

 

仲間たちも反省をした。

 

 

たしかに

 

堕落していた。

 

 

なんでも

 

一瞬で治すのを期待していた。

 

 

今思うと

 

楽をしようとしていた。

 

 

 

あそこで完治後に

 

他の患者たちに

 

説明をしたが

 

 

 

彼らの反応はどれもその後の

 

終わりを示していた。

 

 

 

「うつ病は精神科・心療内科で治る話だから。」

 

「先生に任せていればいずれはその兆候があるはず。」

 

「バカなことを言って。」

 

「うつ病なんだからここでするものだ。」

 

 

 

彼らはそう言いながらも

 

 

デイケアに来ては

 

生活保護の受給者ばかりだったので

 

 

生活保護費で

 

甘い食べ物を食べていた。

 

 

 

僕らがわかったのは

 

 

「うつ病に甘えている。」

 

「楽に誰かにしてもらえて一瞬で治すのを期待していた。」

 

 

 

「これは無理だ。」

 

 

これが出した結論であきらめた。

 

 

 

体験談から。うつ病を克服する最善の方法は自分による。一瞬で治すのは依存症。

 

体験談からわかるのは

 

うつ病を克服する最善の方法は

 

自分がどうしたいのかによる。

 

 

 

うつ病を完治をしたい。

 

 

たしかにうつ病は一瞬で治すのが正しいこと。

 

 

しかし

 

元々からあるものは

 

そんな短期間で瞬間でどうにかはならない。

 

 

 

辛いのを乗り越えるために

 

努力をするかによる。

 

 

 

うつ病はないのだが

 

一瞬で治すのを少しでも望んでいると

 

 

無理。

 

 

 

これは何事もそうである。

 

 

他の人たちからすれば

 

たしかに甘えと思うし。

 

怠けていると考えるのが

 

 

普通のこと。

 

 

 

それとも治す方法が欲しいけど

 

何もやりたくない。

 

 

一瞬で治すのをしてもらいたい。

 

 

お金も使いたくない。

 

でも精神科・心療内科・

デイケア・臨床心理士のカウンセリング

 

には高いお金を支払う。

 

 

 

これは甘えでだらしがない。

 

 

ここで

 

実際に行動をするかしないかによる。

 

 

 

うつ病から立ち直るきっかけは自分次第。

 

うつ病を一瞬で治すのはいいとして。

 

これとは別に原因がある。

 

 

仲間たちもだったが

 

むしろこっちのほうが大変だった。

 

 

 

うつ病は依存症なので一瞬で治すでいいが。

 

こっちはそうはいかない。

 

 

 

しかし

 

今思うと彼らは

 

 

だらしがない。

 

 

そして最後まで

 

うつ病を一瞬で治すような

 

魔法を期待していた。

 

 

僕らは

 

そういった甘い話は

 

 

クズたちの詐欺と説明はしたが。

 

 

やはり洗脳されていたのもあって

 

 

話が通じなかった。

 

 

結局死んでしまった。

 

 

 

うつ病は治療でなる!眠気がひどいのも!

うつ病は治療でなります。

僕も真実を知らなかったから

眠気がひどい毎日だった。

 

仲間たちも同様だった。

 

今では元気そのもの。

 

 

鬱病で眠気が・・・回復期はやめないと来なかった。

 

鬱病というのは抗うつ薬や睡眠薬でなるもの。

 

ほかにも精神病は種類があるが。

 

精神科・心療内科で処方されるのは

 

「白い粉」と同じ成分のもの。

 

 

症状はあの状態そのもの。

 

 

つまりうつ病というのは薬害。

 

 

眠気があるのも同じこと。

 

 

原因はこれとは別にある。

 

 

毒を盛られていたから

 

うつ病になり

 

昼間も眠気があった。

 

 

結局は仲間たちも

 

うつ病とは別に

 

 

回復期を手に入れるには

 

精神科医も臨床心理士も

 

ただのクズとわかり

 

決別をしてからだった。

 

 

 

あれは知らなかったとはいえ

 

使用してはいけないもの。

 

これでうつ病になる。

 

 

そしてうつ病という詐欺で

 

 

体調の悪化を続ける。

 

 

 

対策というのでうつ病の症状の進行を続ける。昼間も辛かった。

 

僕らはもう少しで

 

本当に人生が終わるところだった。

 

 

完治を手にした後に

 

ほかの被害者たちにも

 

説明はしたが。

 

 

急にキレて暴れた人たちもいた。

 

 

僕らはあきらめた。

 

 

 

うつ病だから医療で治すもの。

 

だから先生がしてくれる。

 

眠気があるから睡眠導入剤などを服用する。

 

 

この状態のままだった。

 

 

 

詐欺師たちの対策で

 

あれをしているだけ。

 

 

カウンセリングも薬への誘導。

 

 

うつ病と呼ばれている

 

例の症状は進行を続ける。

 

眠気も。

 

 

うつ病の対処で終わった彼らたち。

 

彼らたちのその後は

 

最後は過剰摂取となり

 

それぞれ全員が死亡をした。

 

 

うつ病はないのに。

 

 

手遅れになると

 

うつ病も眠気も話が通じないことになる。

 

 

 

理解力の低下もするが。

 

家族も含めて

 

 

暗示がかかっている状態。

 

 

薬害で鬱病。再就職に影響。不安が増すばかりだった。

鬱病は抗うつ薬が理由。

これを知らずにいた当時だった。

 

バカだったと反省している。

 

再就職をするにも難しいのも当たり前だった。

 

 

向精神薬や睡眠薬の成分は危険そのもの。

 

 

使ってはいけない物を使っていたから。

 

 

バレない?面接で?40代男性は健康でも大変なのにあれをしていては。

 

面接でバレないのか?

正直に話せばバレることが多い。

 

再就職に影響があるのは事実。

 

 

健康でも40代男性の再就職は難しい。

 

 

そのタイミングにあれをしている。

 

 

これではまず面接で受からない。

 

 

運がよく受かっても

 

再就職手当があっても

 

仕事が続かない。

 

 

うつ病でも就職できる会社がないか

 

ランキングを見るのも

 

誤魔化しでしかない。

 

 

 

うつ病は再就職に不利。

 

しかし完治をすれば

 

 

こういった問題のひとつはなくなる。

 

 

僕もそうだったが

 

仲間たちも治ったからいいが。

 

 

他の彼らにもあの時は説明をした。

 

 

彼らは話を聞かなかった。

 

 

うつ病だから治療が必要と思い込んでいた。

 

 

しかしあの症状は

 

例えば、

 

 

何もないのに怖いと言っていた。

 

 

これもアレを使えばなるのが常識。

 

 

支援するタイミングは行動があってから。不安は粉で。

 

周囲が支援をするにも

 

本人が自覚をすること、

 

そして実際に行動を起こす。

 

 

 

これがないとサポートはできない。

 

 

うつ病は自力で治すのが前提。

 

 

 

最後は彼らは亡くなった。

 

早死に。

 

 

 

詐欺と一度はわかっても

 

飲み続けている。

 

 

不安だからといっては

 

行っている。

 

 

よく口だけでは治したいと言っては

 

 

精神科・心療内科の受診を

 

続けている人たちがいる。

 

 

もう手遅れと言っていい。

 

 

僕らは反省した。

 

うつ病の詐欺話に

 

騙されたのは事実だが。

 

 

知らずにとはいえ

 

使ってしまったのだから。

 

 

 

たしかにあれをしていたら

 

再就職できないのが普通のこと。

 

 

誰でもが

 

あれの常用者の近くには居たくない。

 

それどころか

 

警察に通報されるのもおかしくない話。

 

 

 

働けないから失業保険があっても

 

 

一時的でしかない。

 

 

 

ランキングは見るだけ無駄。ハローワークは完治後にいくこと。

 

ハローワークに行くと

 

「精神障害のはないです。」

 

こういわれた。

 

 

当時は

臨床心理士に

 

手帳の取得をして

 

障害者枠で会社へ就職することを

 

カウンセリングで助言があった。

 

 

ところが実際には違いがあった。

 

僕はあきれて

 

手帳の申請手続きをしなかった。

 

 

職員たちもだが

 

てきとうに話しているだけ。

 

 

あそこでは年代もいろいろだった。

 

 

30代の人もいれば50代も。

 

 

中高年もだが若い人も多かった。

 

 

再就職したい気持ちをもてあそんだ詐欺。

 

 

うつ病は業界の捏造そのもの。デメリットだらけ。

うつ病になるのは精神科医の薬で。

 

このことを知らずにいたために。

 

デメリットばかりだった。

 

うつ病と思い込んでしまい

 

休職をした当時。

 

 

診断書の提出を会社にした。

 

「うつ病だから?」

 

今思うと

 

こういった頭がどうにかなったと思われるのは

 

 

あれをしていたから普通のことだった。

 

 

うつ病はデメリットしかない。

 

 

診断書。自立支援医療制度。しかし甘えがあった反省。

当時はデメリットは少なく

 

うつ病に対しての理解が

 

ある程度はあると思っていた。

 

 

例えば

 

自立支援医療制度。

 

一見窓口で保険証も使い

 

支払いの負担が減るから

 

いいように思ってしまう。

 

 

しかしだからこそデメリットだった。

 

 

「そうかほとんどただでデイケアも含めて利用できるのか。」

 

 

これでかえって

 

だらしなくなってしまった。

 

 

 

うつ病はつくられたもの。

 

診断があって治療が始まる。

 

 

デメリットも詐欺によるやらせ。

 

 

仲間たちも同じだった。

 

 

彼らも反省をして

 

治る方法で治った。

 

 

障害者手帳に障害年金に追い込まれる。

うつ病の発病をする。

 

体調が悪いのが続く。

 

 

臨床心理士も

 

いいことをカウンセリングで話すので

 

甘えがでてしまうのだ。

 

 

 

こうして一見いいように見えるのが

デメリットでしかなく

 

こうすることにより

 

 

定期的に患者が来る状態を作り

 

維持する。

 

これが詐欺。

 

 

支払いは税金からだから

 

支払っている本人は自覚がない。

 

 

 

完治をした

 

仲間の一人は

 

障害者手帳をうつ病ということで

 

取得をしていた。

 

 

スマートフォン、携帯電話の支払いも安くなる。

 

 

彼も後になって話していたが

 

「うつ病ということで次々と堕落させて」

 

「騙し続けるクズだ。」

 

「再就職をするにもデメリットになって。」

 

 

 

彼はボケてローンが支払えなくなった。傷病手当金があってもお金がない状態へ。

精神科・心療内科では

 

収入がない状態に追い込まれる。

 

 

障害年金の受給者に

 

なる人たちも多かった。

 

 

そして生活保護も。

 

 

この状況を作り出して

 

あとは病院、クリニック、デイケアに来させる。

 

 

よくできた典型的な詐欺話。

 

 

彼は

 

家のローンの支払いができなくなった。

 

ボケてしまい。

 

うつ病の詐欺。

 

 

デメリットで家庭崩壊に離婚。

 

 

一時的に傷病手当金。

 

労災。

 

 

しかしいずれは全員がお金がなくなった。

 

 

いつまでも収入がないから。

 

 

公的な支援となる。

 

 

うつ病で解雇されたあの時。あれを使ってしまっていたとは。反省をした。

うつ病になるのはあの麻薬で。
抗うつ薬などの向精神薬は同じ成分。
睡眠薬も。

 

これはうつ病ではなく薬物依存症。

 

解雇されて当然だった。

 

 

仲間たちも完治をしたが

 

 

当時はうつ病という作り話に

 

乗せられてしまっていた。

 

治るには薬害もだが

 

これとは別に原因がある。

 

 

理由はあれだった。違法なはずが。

仲間たちもこのうつ病と言う作り話に

 

やられた。

 

 

症状はあれそのもの。

 

彼らも治ったからよかった。

 

そして人生のやり直しも果たした。

 

 

 

精神科医のは覚せい剤・麻薬。

 

困った人に

 

疲れた人に

 

気分がすぐれない人たちに

 

でたらめにうつ病など診断名をつける。

 

そして

 

あれをすれば気分がよくなります。

 

これが治療というもの。

 

 

これでは解雇されるのが普通のこと。

 

 

逮捕されないだけよかった。

 

 

本来は違法な薬物。

 

 

使用してはいけないもの。

 

 

臨床心理士も

 

てきとうに理由をつくっては

 

カウンセリングで高い請求を繰り返すだけ。

 

 

いつまでも治らないので

 

治るためと思い込んで

 

 

通院を続けてしまった。

 

 

解雇したいのが常識。就業規則以前の話。

僕も知らずに使ってしまった。

 

会社側にすれば解雇したいのが常識。

 

 

もちろん知らないで

 

うつ病だから頭がおかしいと

 

間違いはあるが。

 

 

うつ病で解雇は就業規則どころの話ではない。

 

逮捕されるものだから。

 

 

解雇できるかと職場の同僚や

 

上司も思うのが普通のこと。

 

僕も当時は

 

これが差別や偏見、

 

 

精神病に対する理解がないと思った。

 

 

あそこでは試用期間や契約社員で

 

うつ病で解雇になった人たちもいた。

 

 

僕や仲間たちが

 

 

薬をやめる、

 

治し方は別にあると説明をしたが。

 

 

すっかりと

 

はまってしまっていた。

 

あきらめることにした。

 

その後は亡くなった。

 

 

社員がうつ病で相談は精神科医にはしてはいけない。

社員がうつ病で困ったから

メンタルヘルス対策で精神科医や臨床心理士に相談。

 

これは一番してはいけない

 

最悪のことです。

 

 

社員をうつ病にすることをしているのです。

 

 

そして解雇されたとなり

 

あとになって

 

面倒なことになります。

 

 

新型うつ病も作り話。

 

 

気づいたら

 

社員が精神科・心療内科の受診をしている。

 

 

この場合は

 

行くのをやめさせることが必須です。

 

 

うつ病からのやり方があっても

 

実際にするのは本人です。

 

 

詐欺と説明を何度もしても

 

うつ病だから~と繰り返す場合は

 

辞めさせるのが正しいです。

 

 

退職金を支払ってでも

 

解雇をすること。

 

 

危ない人が職場にいれば

 

周囲が危険にさらされます。

 

 

そして顧客にも何かがあれば

 

 

仕事がなくなります。

 

 

倒産の危険があります。

 

 

うつ病でバイトの前に。すべてはつくられたもの。

うつ病なる理由は薬。

これに気づいた彼らは

今では元気そのもの。

 

しかし当時はバイトでも隠すことで

 

面接を受けていたありさまだった。

 

僕もそうだった。

 

 

結局は辞める。隠すとしても体がどうしようもなかった。

僕も当時はバイトをしたことがあった。

 

今思えば

あんなのを使いながらバイトをするのは

 

あきらかに無理だった。

 

続かないので辞める。

 

うつ病といっても

 

周囲からも冷たい視線があった。

 

 

知らないといっても

 

あきらかに

 

頭がおかしいという扱いだった。

 

 

精神科医の薬の成分がわかると

 

 

それも仕方がないと思った。

 

 

仲間たちも同じだった。

 

 

ここできちんと自覚すること。

 

これがあったから今の彼らがある。

 

 

診断書など役に立たない現実。うつ病になったら。

仕事もだが診断書の提出をして

 

うつ病だから休職などをしたい。

 

僕らも使ったが

 

一度うつ病になったら

 

もうそういった目でみられる。

 

 

これは避けようがない現実。

 

 

騙されたといっても

 

 

あれを使ってしまったのだから。

 

 

 

例えば警備員のバイトをした彼だったが。

 

体がもたないといって

 

バイトが続かなかった。

 

 

大学生もいたが。

 

学校に戻れないままだった。

 

 

 

たまにお金欲しさに治験をしたくもなったが。

 

今からすれば

 

やらなくてよかった。

 

 

僕らは治ったあとに

 

彼らにも説明はしたが。

 

逆切れをして急に暴れた。

 

 

もう手遅れだった。

 

 

そして終わった。

 

 

葬式で彼らの両親と再会したが。

 

うつ病で点滴で依存。完治は精神科をやめることから。

うつ病になるのは抗うつ薬で。
成分はあれと同じ。
そしてそれを点滴する。
恐ろしいことです。
依存もするのが当たり前。
精神科の治療で精神に異常をきたす。

 

心療内科の点滴で人生が終わりへ。

ある彼女は精神科医が治すものと

 

誤解をしていた。

 

そのまま症状が重くなっていった。

 

僕も当時は知らなかったので治療で

 

精神科・心療内科で

 

うつ病になるとは思ってもいなかった。

 

 

彼女はよいものと信じて

 

点滴にまで手を出していた。

 

 

今では当時のことを彼女も忘れているが。

 

 

うつ病の点滴。

 

アナフラニール点滴といったものがある。

 

名前の種類はあっても同じもの。

 

しかしこの中身がなにかわかると

 

依存になるのが常識なのは

 

あきらか。

 

 

たしかに有名アーティストたちが

 

使用をしては

 

亡くなるものだから。

 

 

うつ病といったのはこれのこと。

 

 

病院に行く前は

ただのネガティブな感情。

 

重度のうつ病で寝たきりに。強さが変わっても。

嫌なことをアレを使って?

 

それはまさにあの状態。

 

 

彼女も危なかった。

 

 

重度のうつ病という薬害になり

 

寝たきりにもなり。

 

 

 

うつ病とはつくられたもの。

 

 

点滴をするということは

 

これはあれの使用者が

 

注射をすると強さが強くなる。

 

最初は鼻から吸っていたのが

 

それではいけなくなり

 

点滴をするのは

 

あの状態に陥り

 

注射をするのと同じこと。

 

 

かなり状態が危険である。

 

うつ病が重症に。入院で。

遮光という話があるのも

 

使っていればそうなる。

 

うつ病が重症になるのは

 

詐欺師たちの治すという話を

 

信じてしまってから。

 

 

しまいには点滴で改善すると

 

思わされてしまう。

 

 

けっこう多い被害のひとつに

 

食事の拒否がある。

 

これもそういうことだった。

 

 

しまいには入院をした彼女だった。

 

 

僕が仲間たちと面会に行き

 

幸いながら解放病棟だったから。

 

 

説明をした。

 

 

彼女は点滴の跡もなくなり。

 

完治をして

 

良かったと思う。

 

鬱病で寒さに弱い。症状は薬が理由のやらせ。

うつ病になる理由は精神科医の治療です。
薬といってもあの危ないものです。

「まさかあの人があれをやっていたとは!」
「がっかりした。」

よく私たちが思うあのことです。

そうした逮捕を

された人たちの様子を思い出すと

わかるのが

うつ病の症状といったのと同じことを。

 

 

寒さに弱いのはあくまでも

 

被害のうちのひとつです。

 

様々な被害が

 

うつ病という捏造話であります。

 

うつ病の症状はあれそのものだった。寒気も。

今回の話、うつ病だと寒さに弱い。

 

これはしてはいけないものを

 

してしまったらです。

 

僕自身も反省をしています。

 

知らずとはいってもしてしまったから。

 

刑務所に入らなければいけないもの。

 

仲間たちも同じ思いがあった。

 

彼らも治る方法で

 

今はもう人生をやり直した。

 

 

うつ病とは手を出してはいけないのを

 

知らずに使ってなることです。

 

 

寒気があるのはまだいいほうです。

 

問題なのは

 

行動をするのか?

 

 

 

しないのなら終わります。

 

 

実際に僕もそうだった。

 

仲間たちも。

 

 

他の利用者たち、患者たちに説明はしたが

 

彼らたちは完全に甘えていた。

 

 

 

誰かがしてくれる。

 

 

これだった。

 

話しても

 

うつ病だから先生が治すもの。

 

体が震えて言っていた彼らたちだった。

 

寒さに弱いのも

 

そうしたクズたちが理由なのに。

 

 

 

僕らはあきらめた。

 

治る方法をするしない以前の問題だった。

 

 

 

もう彼らは手遅れだった。

 

そして人生の終わりを迎えた。

 

鬱病で夏でも寒い。悪化を続ける。

精神科医も理解があるように見えて

 

実は自作自演が事実です。

 

 

あなたをうつ病にさせては治すという。

 

そして治る話が治らない。

 

いつまでも定期的に通院をする。

 

精神科医も臨床心理士もお金が儲かる。

 

支払いも税金から。

 

カウンセリングも害で

 

役に立たないどころではない。

 

 

 

そして症状も悪化をしていく。

 

 

 

そのひとつが

 

「寒さに弱い。」

 

 

うつ病というのはやらせです。

 

 

鬱病の状態を冷静に考えるとわかるのが

 

あれそのもの。

 

 

 

あなたもですが

 

何か人間関係などでストレスになることがある。

 

 

しかしこれは感情であって

 

病気ではないですよね?

 

 

その後にうつ病と診断されてしまい。

 

なるのがうつ病です。

 

 

こうした様々なことを解決していくのが

 

 

治るには必要。

 

 

詐欺師たちにより

 

薬害の被害が加わっただけです。

 

 

 

使っている人に

寒さに弱い人がいるのも共通した症状。

 

 

彼らは家族にも縁切りをされた。

 

恋人に逃げられる。

 

奥さんに離婚される。

 

両親からも見捨てられた。

 

鬱病が酷くなる時は精神科医の受診をした後から。

鬱病とは精神科医の薬でなります。

危険なアレと同じ成分の向精神薬を飲んでなります。
ネガティブな感情。

受診前にあるのは人間関係などがストレスになる。
そこに危険なアレと同じ成分の向精神薬を飲んでなります。

 

精神科・心療内科の受診、治療の前。
ここまでは体は健康な人です。

この後に健康な人が抗うつ薬など向精神薬を使うと
どうなるのかはお分かりの通りです。

 

僕らもうつ病になり

理由が

まさかの詐欺だとは思わなかった。

 

うつ病がひどくなると・・正しい判断を!

仲間たちもあの頃はいつも言っていた。

 

体調がひどくなると辛いし体がだるい。

 

体が動けないから働けない。

 

うつ病が酷くなる時に困って

 

相談をしても役に立たない。

 

臨床心理士に相談をしても

 

精神科医の治療を受けて治るというだけ。

 

いつまでも治らないので

改善すると話が変わる。

 

今では完治をして当時のことを

 

もうみんな忘れているが。

 

 

こうしたクズたちは

よくある詐欺師たちなのです。

 

・理解をする。
・親切。
・話を聞く。

 

いい人のふりをしているだけです。

 

・これをすれば問題がすぐに解決します。
・その代わりに高額な請求を繰り返す。

 

・うつ病の発病をする。
・ひどくなると体調が悪くなり続ける。

 

・おクスリの追加、強さがより強いのに変更。
・高額な請求。

 

 

典型的な詐欺の手口。

 

間違えると?うつ病がひどくなると終わる。

うつ病が寛解するという話も
アレを使ってすること。

 

当然後で悲惨なことになるだけ。

 

彼らはいつまでも
うつ病がひどくなるとまた
精神科医や臨床心理士に行っては
あれをするだけだった。

 

そして終わった。

 

彼らたちは家族や奥さんにも縁切りをされて

離婚されて

 

お墓がどこにあるのか、わからない。