ある地獄からの生還者の話

物心ついた頃から、
この社会とはあわなかった。

自分が間違っているのか
それとも
社会のほうが間違っているのか

この葛藤が長い間続いた。

20代半ばで精神の病というのにかかり
長年の間、もがき苦しんだ。

現在は健康そのものであり
自身の経験を活かし

「地獄からの生還仲間」を
増やすことにも取り組んでいる。
 
 

信念

・自分を偽らない。

・魂は売らない。

・常識を疑う。

・理不尽なことは理不尽であると認識をする。

・状況がよくても悪くても、
 よくするための努力を惜しまない。
 
 

なぜ地獄からの生還をしようと思ったのか?

精神科・心療内科へ
長年に渡り通院をしたが
一向によくならず、
悪化していくのみであった。

そんなときに
友人からの一言がきっかけで
薬をすべてやめて、

地獄からの生還をすることにした。
 
 

地獄からの生還に至った経緯

薬の数を海外の友人に言う時があり
数を言うと
その友人はあまりの多さに驚いていた。

この会話で
これは、実は
相当まずいことなのではないか。
とわかり

地獄からの生還を果たす。
 
 

薬をやめることは、まったく考えになかった過去

薬をやり続ければ
いずれは、すべて解決して
よいことが起こると思っていた。

しかし、精神科・心療内科及びデイケア、
インターネット上で知り合った人たちが
次々と旅立っていった。

「次は、自分の番なのか。」
 
 

地獄からの生還へとつながる機会

仲間が次々と旅立っていき

「次は、自分の番なのか。」

自分もこれまでか、もう先がないのだな。
とあきらめかけていた。

そんなときに
友人からの一言がきっかけで

自身で一から調べ考え
実行し確かめて。 

試行錯誤を繰り返す。
 
 

地獄からの生還を果たして開けた先

「外の空気がおいしい!」

正にこれである。

そして、
体が軽くなり
自由に動けるようになり

これなら、
先へ行けると確信をした。
 
 

もう一度人生を歩める!

今までとはうってかわって
状況が進みだした。

仕事が決まり、
まともな収入を得るようになった。

街行く人たちの、
自分に対する視線が今までとは違う。

女性の中には、
何度も顔をこちらに向けて
視線を送ってきて
アピールをしてくる人たちもいる。

年齢に関係なく男女共に、
柔軟にごくごく自然に接するようになった。

そうすると、
相手のほうの接し方も自然であり。

今までとはまったく変わった。
 
 

何のためにこのブログを書いているのか?

「精神科・心療内科へ行くのをやめて、
 まったく別の方法をするのが
 精神の病から立ち直ることを
 可能にする最良の手段。」

だと気づいたから。

そしてこの手段ならば、
誰でもが
本人の努力次第で可能であること。

自身の失敗や経験を活かして
地獄からの生還を果たすのに
具体的なお手伝いができると考えた。


現在、うつ病、統合失調症(精神分裂症)、精神病
の完治のお手伝いをしている。

しかし、これだと
できることが限られている。


そこで、
ここで情報を伝え
各自で努力をして「完治」をして頂く。

こうすれば、より多くの人たちの
「完治」のお手伝いができることがわかった。


ここは、そのための基地。

詳細については、
無料のニュースレターを用意した。
ブログでは語れないことも含め
語っている。


あなたも
あきらめる必要はない。
地獄からの生還仲間になろう。
 
 

地獄からの生還

 
学校の卒業後は
仕事をしていた。

しかし先が見えない状況で
目標もなく
漠然と

なんとなく生きていた。

ある日なんとなく読んだ新聞に
精神科・心療内科へ行ってみたらどうか
ということが書かれていた。
そこに書いてあった大学の電話番号に電話をした。

それでいくつか質問をされて
それだったら、心療内科へ行くのを薦められた。


これが間違いであった。
 
 

状況は悪化へ。

精神科・心療内科へ行くと。
その医者は
今思えば、とてもいい加減であった。

どうですか?
と聞いてきて。

こっちはよくわからない。
わからないから来ているわけなのに。
医療にまったくなっていない。

色々とあったので、元気がない。
しかし、何か原因を見つけたいと思ってはいた。

原因がわかれば解決策を見つけ
解決できるからだ。

しかし、よくよく考えると
病名をつけるために、
こうした原因がわかりたいという気持ちを利用されて
誘導をされて病名をつけられたのだ。

検査は何もない。
科学的なものも何もない。
結局は薬を出すだけだった。

働きながら心療内科へ通院し薬を飲み続けたが。
一向によくならない。

そればかりか
ひどくなっていくばかりであった。

薬は増え続け、
増えるのが限度に達すると
別の種類のに変わり

一巡すると、最初の薬に戻り

処方される量は、
最初はすくなったのが、
とても多くなり
飲むのも大変であった。

もう体がしんどくて仕事も続けられないので
仕事を辞めた。
それと同時期に別の心療内科へ変えることにした。

そこでは、デイケアもやっていたので
デイケアへも行っていた。
しかし状況は何もよくならず悪化していくのみであった。
 
 

もう終わりか?

そして、太りだして、顔も老けて、白髪もでて、体も薬臭くなり。
悪くなる一方。

長年、心療内科へ行き続けたが
状況は更に悪化していくのみであった。

もう終わりだな。
と考えたことは何度もあった。
そしてこの時は、本当にあきらめかけていた。
 
 

転機のきっかけ。

そんな時に
海外の友人と薬の話になり
自分が飲んでいる薬の数を言うと

 「薬、〇〇錠飲んでいるのだけど。」
 「ええっ!!それって多すぎ!!」
 「ええっ!!そうなの??」

それがきっかけで一から自分で調べることにした。

調べて調べて
調べ尽くして。
ある結論に達した。

それは、薬を完全にやめることだった。
薬が返って悪化させていることがわかったからだ。
 
 

闘い。

そして、
薬を体から抜くための戦いが始まった。

最初の一回だけではうまくはいかなかった。

途中で辛くなって
あまりの辛さに薬に手を出してしまった。

体がふわふわして
空に浮いているような感じがしたり
体が自分のではないような感じがしたり
もやがかかっているような感じがしたり
体がバラバラになりそうになったり。

数回の挑戦をして
そして、体から完全に薬を抜いた。

この期間は、一週間であった。

しかしそれからが大変であった。
ただ薬をやめるだけではいけないのだ。
薬をやめたのは、まだ始まりのところまで来た段階である。

そこからは、体調を改善するために様々なことをした。

もちろん、
自分で調べては実行して自分を確認。

これを繰り返していた。

体調を整えるのに、
数か月を費やした。
 
 

失敗から学ぶ。

当時は、大変であったが
その努力の積み重ねのおかげで
その後は、健康そのものである。

そして
この失敗から学び
自己管理をすることを
意識するようになった。

おかげで
十代、二十代のときよりも
健康である。

こうして、
地獄からの生還を果たした。
 
 

失敗を次へ活かす。

人は、
間違いをする。
失敗をする。

ここで
どうするか?

これが人生において大事なことである。
 
 戦い続けるか。
 あきらめるか。


この経験は
とても大きな経験である。


そして、
この輪をより広げることにした。

あなたもこの輪に加わろうじゃないか。

そして、地獄からの生還を果たそう。

ブログでできることには、限界がある。
そのために
無料のニュースレターを用意した。


あとは、
あなたの強い意思と決意だ。

待っている。
あなたも、地獄からの生還仲間になろう!