抗うつ薬は麻薬。うつ病で薬は飲まないのが正しいこと。

うつ病になる理由は抗うつ薬を飲み続けているから。

成分は覚せい剤・麻薬。

わたしたちは騙されているのです。

 

当然ながら飲まないのが常識です。

 

 

うつ病にまつわる話で

多数の被害者が出続けている。

 

 

僕ももう少しで

 

うつ病というつくられた話で

 

終わるところだった。

 

 

薬は飲まないこと。

 

鬱病とは薬物依存症。

 

 

原因は別にあります。

 

 

 

うつ病とは薬物依存症。薬は誰も飲まないもの。

あれはうつ病もそうだったが

 

すべてを完治をしたあとだった。

 

 

仲間たちも一発で自覚をした。

 

 

僕の状態を見ては

 

 

「どうやったの??」

 

「治す方法があるの?」

 

 

 

彼らも薬は飲まないのが正しいとわかり

 

 

うつ病というのもだが

 

 

元々からあるのも治った。

 

 

 

劇薬のあの薬は飲まない方がいいのは当たり前。

 

 

うつ病とは薬物依存症。

 

 

一方で

彼らにも

 

僕もだが治す方法で元気になった

仲間たちも

 

 

彼らにうつ病は

 

やらせで薬は飲まないように

 

治すには別の方法があると

 

 

説明をした。

 

 

しかしわかったのが

 

 

手遅れだったこと。

 

 

もう精神科医や

 

臨床心理士のカウンセリングに

 

依存していた。

 

洗脳されていた。

 

 

 

精神科・心療内科から出られないのは

 

 

つくりだされたもの。

 

 

彼らはもう終わった。

 

 

 

うつ病で薬を飲まないとどうなる?それが常識。

 

らりっているのを治すには

 

薬を飲まないで治すのが普通のこと。

 

 

 

よくニュースになる

 

芸能人や有名人がこれで

 

逮捕をされる。

 

 

 

彼らも飲まないで

 

治すことをしている。

 

 

少しでも飲めば。

 

大変なことになってしまう。

 

 

警察にもある

 

心も体もボロボロになる。

 

そのものがうつ病。

 

 

 

依存症のうつ病は薬を飲まないで治すもの。そして別に原因がある。

 

僕らは

 

彼らについてはあきらめた。

 

 

結局はほとんどの人たちは

 

 

うつ病は

 

薬を飲まないで治すものと話しても

 

 

 

うつ病だから

 

薬を飲まないなんて論外と言っていた。

 

 

文句を言ってきたり

 

急に叫ぶことや暴れることもあった。

 

 

 

わがままで

 

甘えそのもの。

 

 

うつ病とは

 

薬物依存症の症状そのもの。

 

 

 

薬は飲まないことを

 

もう理解できない状態だった。

 

 

こうして

 

あのまま終わりとなった。

 

 

 

うつ病や精神疾患の

 

生存率は低い。

 

 

理由は

 

 

完治をする方法があっても

 

実際に行動をすることがないから。

 

 

 

そのままお金がないからなど

 

言い訳をしてはさぼる。

 

 

楽にやりたいとか

 

誰かにしてもらいたいなど。

 

 

そしてうつ病だからと言っては

 

 

精神科・心療内科

 

臨床心理士のカウンセリングには

 

高い支払いをしている。

 

 

そして薬は飲まないのが普通なのに

 

飲み続けている。

 

 

 

今では仲間たちは

 

仕事をして元気そのもの。

 

結婚もして。

 

 

ここでうつ病はないもので

 

元々あるのは

 

別に理由があるのがわかる。

 

 

そして行動をする。

 

この違いで。

 

 

 

うつ病は依存症。原因は別。薬を飲まないとどうなるのか?

抗うつ薬など向精神薬は麻薬。

 

精神科・心療内科でするのは

 

らりっている状態をつくりだすこと。

 

当然ながら治療といえるものではない。

 

 

薬を飲まないとどうなるのか?

 

むしろそれがうつ病には必要なこと。

 

 

僕も反省をした。

 

 

今思うとあきらかにあれだった。

 

 

薬を飲まないとどうなるのか?

 

依存症を治すには

 

飲まないのが正しいこと。

 

 

 

そして完治をして再び

 

他の患者たちを見ると

 

やはり薬物依存症そのものだった。

 

 

うつ病の症状は依存症。

 

原因は別にあった。

 

 

 

誤解がある話。うつ病は薬をやめたら治った説。

 

うつ病は薬じゃ治らないのは常識。

 

らりって治るわけがない。

 

薬を飲まないとどうなるのか知りたくて

 

ここで間違いをしてしまうことが多い。

 

 

 

薬を飲まないとどうなるかで相談しに

 

精神の病院やクリニックの受診をすると

 

当然ながら否定されてしまう。

 

 

 

実際のところ精神科医はわからないで

 

マニュアルに沿ってしているだけ。

 

 

症状が続くことになる。

 

 

 

しかし

 

うつ病は薬をやめたら治ったといった話

 

これも間違いがある。

 

 

薬でなるのは依存症。

 

 

たしかにうつ病は薬をやめると治る。

 

しかしうつ病の以前からあること。

 

 

これはまた別の問題。

 

この誤解がある。

 

 

 

うつ病は薬をやめるのが必須。効かないのが常識。効果は副作用。

 

うつ病は薬をやめると治る。

 

薬を飲まないとどうなるのかでいえばそうなる。

 

 

しかし。

 

それでいいと思ってしまうのは

 

大変危険なこと。

 

 

ついつい楽にしたい。

 

一瞬で治す方法が欲しいなど。

 

サボりたくなる。

 

 

 

僕もうそうだったし

 

仲間たちも

 

 

今思えば

 

だらしがなかった。

 

うつ病だからと言い訳ばかりをしていて。

 

 

 

ここでそういった甘えをすてて

 

必死に取り組む。

 

 

彼らも治った後に言っていたのは

 

 

「もう薬は飲みたくない。」

 

「もううつ病という詐欺話にはこりごりだ。」

 

 

 

うつ病の薬は効かないといえる。

 

 

効果は副作用そのもの。

 

 

 

軽いうつ病もあれ。そして抗うつ薬で症状が進行していく。

 

僕らは彼らにも説明をした。

 

治るには

 

精神科医や

 

臨床心理士のカウンセリング

 

をやめることを。

 

 

彼らはたまに

 

「うつ病の薬を飲まないとどうなるのだろうか?」

 

「でも先生が飲み続けるように言うから。」

 

「職員たちも安全なおクスリだからと言うから。」

 

 

こうしたことを言っていた時もあった。

 

 

しかしわかったのは

 

口だけだった。

 

 

 

結局は文句ばかりいってきて

 

急に叫ぶものまでいた。

 

 

僕らは自覚した。

 

 

「手遅れなのを。」

 

 

 

最初に受診をして

 

精神科医の抗うつ薬で軽いうつ病になる。

 

そのまま飲み続けていると

 

症状が進行していく。

 

 

そして共犯者が臨床心理士のカウンセリング。

 

 

薬をすすめる役割を担っている。

 

 

最初はまだ

 

うつ病はいいほうなので

 

 

薬を飲み忘れてもいいのが

 

うつ病が進み。

 

 

飲まないと我慢ができないで

 

飲まずにいられないことになる。

 

 

麻薬の常用者そのもの。

 

 

 

うつ病の薬は睡眠薬も睡眠導入剤も同じ成分で

 

健康な人が抗うつ剤を飲んだらなるあれそのもの。

 

 

ニュースになる

 

芸能人や有名人が手に染めてしまったもの。

 

 

これがうつ病。

 

 

これとは理由は別にある。

 

 

治す方法も変わる。

 

 

 

嘘だらけのうつ病の平均。休職の期間。そして寿命は早死に。

うつ病は抗うつ薬が理由。

最初からあるのは別に原因がある。

 

治療と騙しては

 

あの危ないもので

わからなくしているだけ。

 

うつ病にまつわる平均の話。

 

休職の期間にしてもまったくの嘘の話。

 

精神科・心療内科の受診をしていると

 

寿命が短いことになる。

 

早死にをする。

 

 

平均の寿命が短いのはうつ病とは関係がない。

 

 

詐欺にあっているから。

 

あそこでは彼らは手遅れになり

 

この世を去った。

 

 

そして成分からしても

 

どうなるのかはわかりきっている。

 

 

 

鬱病の平均の寿命が短いのは薬害。

 

私たちの

鬱病の平均の寿命が短いのも

薬害そのもの。

 

しかもわからずに

 

うつ病の治療をしている

 

高い請求ができるからと

 

わからないでしていることが多い。

 

精神科医はクズ。

 

 

僕も当時はうつ病はないと

 

知らなかった。

 

 

無知だったがために

 

症状の進行をしていった。

 

 

仲間たちも

 

やはりうつ病の話を鵜呑みにしていた。

 

 

平均でこの期間で治るという話にも

 

期待してしまった。

 

これは寛解することを指しているが。

 

あれをして

 

あの状態でいるだけ。

 

 

感じなくなっているだけ。

 

あそこでは年齢も若い人。

 

子供から老人まで様々。

 

うつ病の発症年齢は

 

つまりはあれをしたときから。

 

 

 

うつ病に平均の治療の期間はない。睡眠時間への悪影響も。

 

うつ病はあの粉の使用者そのもの。

 

まずはこのうつ病にまつわる話を

 

忘れることが必要。

 

 

 

平均の治療の期間の話も

 

実際には

 

完全に違いがあるのがわかる。

 

 

これは実際に体験している

 

わたしたちならわかること。

 

あなたも

いつまでも治らないでいる。

 

睡眠時間へも悪い影響がでる。

 

睡眠薬、睡眠導入剤も同じアレ。

 

 

一時的なだけ。

 

そしてかえって眠れないことになる。

 

 

いくら寝ても疲れた状態。

 

 

体がだるい。

 

うつ病の悪化。

 

結局は嘘話。

 

うつ病が治るのに

 

平均で~の期間がかかるというのも。

 

 

実際にはこういったことはない。

 

これはあなたもよくご存じのこと。

 

彼らは悪化を続けていき

 

入院をしたが。

 

 

最後は終わった。

 

 

 

うつ病の休職期間が延びていき無職に。年収が0に。

 

収入の問題。

 

うつ病という詐欺にひっかかってしまい。

 

休職の期間が続く。

 

そしてクビ。辞職となる。

 

 

そのまま無職。

 

年収も0円。

 

 

平均にまつわる話で事実は

 

僕もだったがこの手の被害が大変多い。

 

 

人生がここでダメになる。

 

そしてクズたちが吹き込む。

 

例えば休職が必要ですというのも。

 

しかしうつ病で

 

これにしても平均の話は実態とは違う。

 

 

さらに多いのが

 

生活保護の受給者に追い込む。

 

お金がない状態に。

 

甘いささやき。

 

 

本人たちはこれを人助けと思って

 

している。

 

 

そしてもう

 

経済面でも

 

病院・クリニックから出られなくする。

 

 

 

これは洗脳の手法そのもの。

 

 

 

もっとも

精神科医も

 

臨床心理士のカウンセリングでも

 

彼らは知らずにしていて

 

結果としてそうなっていることが多い。

 

 

依存症がうつ病の症状。初期は軽度なのが悪化を続け顔つきがおかしいことになる。

うつ病の症状は依存症。

抗うつ薬などの成分は麻薬。

 

つまりは詐欺。

 

 

原因はまったく別にある。

 

 

初期では軽度なのが治療というので

 

悪化を続ける。

 

 

顔つきにも変化があらわれて

 

おかしい状態になる。

 

 

当時は僕も大変なことになってしまった。

 

 

そして反省もした。

 

 

精神科医の初期の対応でうつ病の症状になる。仕事もできないことに。

 

仲間たちも完治をして今では

 

元気にしている。

 

 

うつ病の症状とは

 

精神科医と臨床心理士がつくりだしているもの。

 

 

薬害。

 

 

クズたちの初期の対応で

 

うつ病の症状というのがでてきます。

 

 

そして仕事もできない体になります。

 

 

鬱病の症状が重度になる。

 

 

併発もする。

 

腰痛もよくある被害のひとつです。

 

 

うつ病の症状では

 

顔つきに目も影響がでる。

 

周囲からすればあきらかに

 

危険だと思われます。

 

 

涙を流していたら

 

次には気分が明るくなる。

 

 

うつ病の症状では泣くことや

 

めまいやイライラもあります。

 

 

これらも向精神薬が理由です。

 

 

 

朝も眠い。吐き気もする。泣く。うつ病の症状はつくられたもの。

 

うつ病の症状であるのが

 

朝も眠い。

 

 

これもですが吐き気もするし泣くこともある。

 

 

こうした

 

うつ病はつくられたもの。

 

 

精神科・心療内科は

 

治す考えはありません。

 

 

定期的に患者が来て高い請求をする。

 

 

うつ病の症状と治療には

 

こうした誤解をわかること。

 

 

うつ病の症状については

 

躁うつ病の症状もあります。

 

 

これもあれをしていれば

 

なるのが常識。

 

 

 

こうして診断で

 

つくられるのがうつ病。

 

 

うつ病の症状では物忘れもあります。

 

これはたいていは

 

いつまでも治らないままでいるとなります。

 

 

しかしすぐになる場合もあります。

 

 

 

仮面うつ病の症状もそうで

 

詐欺のためのものです。

 

 

 

子供のうつ病の症状。知的障害者になる危険も。頭痛はまだいいほう。

 

臨床心理士のカウンセリングも

 

うつ病の症状がある

 

発達障害とでたらめにいっては

 

薬へ誘導するだけです。

 

 

子供では

 

学校や家族の環境に問題がある。

 

 

それはこうしたクズたちが

 

どうにかできることではありません。

 

 

学校であればいじめ。

 

犯罪なので

 

警察や弁護士がすることです。

 

 

 

特徴はマルチ商法でもあります。

 

 

就労支援センターなどがそれにあたります。

 

 

頭痛はうつ病の症状では軽いほうです。

 

 

睡眠への悪い影響もあります。

 

 

しまいには寝たきりになります。

 

 

 

ラりっていて頭がおかしい。

 

もう会社に行きたくない気持ちにもなってしまう。

 

 

転職もできない。

 

 

子供がすれば知的障害者になる恐れもある。

 

 

実際にあそこではいます。

 

 

 

高齢者もこうした危ないのをすれば

 

 

脳にダメージを受けます。

 

 

 

もしあなたの彼氏がうつ病の症状があれば

 

 

あなたの身にも危険が及びます。

 

 

あれをしていれば

 

何をするのはわかりません。

 

 

そのときは大丈夫でも

 

いきなり急にします。

 

 

抗うつ薬でうつ病になり行動できない。あれは辛かった。

抗うつ薬の成分はあの危険な「白い粉」

これがうつ病の理由。

 

これとは別に原因がある。

 

 

薬害で行動できない状態に陥った。

 

動作も遅い当時だった。

 

今では完治をしたが

 

 

仲間たちも辛かった日々だった。

 

 

 

うつ病にさせられ行動が遅い。特徴はあれだった。

 

うつ病になるのは

 

病院の精神科・心療内科でなるもの。

 

 

行動が遅い。

 

これも頭があれでおかしくなったから。

 

 

特徴はあれの使用者そのものだった。

 

 

 

体力の低下を続け

 

行動力が落ちる。

 

思えば詐欺だった。

 

あの中で

 

目標を見失うのも無理はなかった。

 

 

しかし彼らはもう終わった。

 

 

 

鬱病の行動パターンで異常行動も。

 

自分自身も異常行動がなかったとは言えない。

ただ運が良くて

 

目に付くような

ひどい行動パターンが

 

でなかっただけだった。

 

 

鬱病というのは結局はないもの。

 

 

僕らは運が良かったと言える。

 

 

治す方法をして療法もして。

 

 

しかし

 

彼らは

 

早期からおかしいことになっていた。

 

完治後に説明をしたが

 

もう完全に終わりだったのがわかった。

 

 

脳に障害が。うつ病はない。行動がおかしいどころか。

 

彼らの状態は脳に障害を負っていた。

 

たしかに知的障害者の併発をした

彼らたちだった。

 

 

もう考える力がなくなっていたのだ。

 

 

見た目からしても変容していた。

 

 

 

行動がおかしいのは

 

まだ間に合う状態。

 

 

 

ここで放っておくと

 

それこそ終わる。

 

 

どうしようもできないので

 

僕らは彼らが手遅れなのを理解して

 

あきらめた。

 

 

抗うつ薬でうつ病になり目がおかしい詐欺医療。

うつ病は抗うつ薬で発症する。

成分からしても

危ないのがわかる。

 

「うつ病は目がおかしい。」

 

今回のテーマは

 

うつ病で目がおかしいのは薬害。

 

 

目がぼやける。目つきも悪くなり。あれだった。

 

あなたもだが

 

最初から抱えているのは

 

別に問題がある。

 

 

そこに

 

あの危険なのをするだけ。

 

 

臨床心理士のカウンセリングも

 

高いだけで役に立たない。

 

 

クズで共犯者。

 

 

 

目が見えにくい。

 

うつ病の治療があり困ることのひとつ。

 

 

目がぼやけるのもそうだが

 

 

目がおかしいのは

 

まだいいほうだった。

 

 

 

治るにはまだ間に合う段階。

 

 

僕もそうだったが

 

仲間たちも当時は大変だった。

 

今では完治をしたが。

 

 

目がおかしいので

 

顔の特徴でも変化があり

 

目つきも悪くなることも。

 

 

今思うと

 

鬱病になるのも目がおかしいのも

 

あれと同じものを

 

飲み続けているとなる。

 

 

 

こうした症状はあるのが普通である。

 

 

うつ病は精神科医などの

 

嘘話。

 

 

僕らは他のうつ病や統合失調症、不安障害など

 

精神疾患の詐欺にあっている

 

被害者たちにも話したが

 

 

もう無理だった。

 

 

 

うつ病はやらせ。顔つきが悪い。特徴はあれそのもの。

 

うつ病はないもの。

 

精神科・心療内科の詐欺行為そのもの。

 

あそこではほかの利用者たちも

 

顔つきに異変が次々と起こった。

 

 

 

彼らも最初は

 

行動がおかしいことは多くはなかった。

 

 

しかし治療が進むにつれて

 

症状が進行する。

 

 

彼らの目がおかしいのも今思うと

 

 

なるのが普通のこと。

 

 

よだれを垂らしてる人たちも多かった。

 

 

 

うつ病の人がとる行動がおかしいという

 

話があるのも

 

 

使えばなるのが常識。

 

 

誰でもが

 

嫌うもの。

 

 

人間関係で支障がでるのも

 

使えば悪化するのが常識。

 

 

一連の詐欺話を見抜くことができても

 

 

結局は実行をしないと終わることになる。

 

 

 

彼らは説明をしても

 

おかしな行動をしては

 

文句ばかりいってきた。

 

 

 

うつ病の行動パターンには

 

たしかに薬も理由にあるが

 

 

その人の元々からある

性格や堕落などもあるのがわかる。

 

 

そして亡くなった。

 

 

うつ病は薬でなる。熱が出るのも詐欺にあい体が弱っているから。

うつ病になるのは抗うつ薬で。
そして熱が出るのも。

僕も当時は体が弱ってしまい。

困ってしまった。

わかったのは

 

鬱病は治療が原因であることだった。

 

そして熱も。

 

 

鬱病で微熱が続く。熱っぽいはまだいい方だった。

 

鬱病とは薬害。

 

元々からあるのは

 

別に理由がある。

 

治し方も別の方法がある。

 

 

そして微熱が出るようになった。

 

 

仲間たちもわからなかったので

 

辛い状態だった。

 

 

 

熱っぽいのがよくあった。

 

しかし今から思うと

 

これは軽いほうだった。

 

 

仲間の一人が当時

 

精神科医に相談をすると

 

 

「うつ病だからだと思います。」

 

「回復するのにあることです。」

 

 

しかし誰も治った人がいなかった。

 

 

彼も後でさすがに怒っていた。

 

「あいつらがうつ病にしたのに!」

 

「何が熱が出るのが治るのにだ!」

 

 

精神科・心療内科の

 

他の患者たちも

 

同じ状態になり

 

そのまま終わった。

 

 

僕もだが彼も

 

手遅れになるところだった。

 

 

うつ病に発熱。やらせだった。

 

結局彼らは亡くなった。

 

うつ病はないのに

 

うつ病があると信じ込まされていた。

 

 

 

発熱がするのは

 

クスリで体の力が低下する。

 

 

熱中症や風邪もだが

 

かかりやすくなる。

 

 

彼らも熱の被害のこともよく言っていたので

 

 

完治をした後に

 

説明はした。

 

 

しかし、

 

彼もだったが僕もあきらめた。

 

 

 

何度話しても

 

「うつ病だから治療で。」

 

 

こう言っては

僕らに文句ばかり言ってきた。

 

 

こうなってしまうと

 

もう治らない。

 

 

彼らはもう死亡した。

 

 

麻薬の抗うつ薬が原因でうつ病に。疲れやすいのも。なぜ悪事は続くのか?

覚せい剤・麻薬と同じ成分の抗うつ薬。

うつ病は抗うつ薬が原因。

 

疲れやすいのに

 

これをしたら

 

大変なことになるだけ。

 

 

これが真相。

 

僕もそうだったが

 

あなたも悩みがある

 

そして問題も抱えている。

 

 

疲れやすい状態。

 

これに治療と騙しては薬を売るだけ。

 

 

原因は他にある!精神科・心療内科の対策とは依存症になるだけ。

僕もだが

 

仲間たちも反省をしていた。

 

 

「疲れやすいから危ないあれをする。」

 

 

とんでもないことをしていたのだから。

 

 

正直、逮捕されていても

 

おかしくなかった。

 

 

 

うつ病は薬害。

 

これとは別に原因がある。

 

 

 

幸いみんな必死で治る方法で治ったからよかったが。

 

 

 

気分が優れない。

 

やる気がしない。

 

疲れやすい。

 

 

誰でもがこうしたことはある。

 

 

しかしそこで

 

精神科・心療内科の受診をしてしまうと

 

 

薬物依存症になる。

 

 

うつ病という名称は

 

つくられた病気。

 

 

精神疾患とはそういうもの。

 

 

 

当時はなぜ体調が悪くなるのが続くのか。

 

疲れやすいから体が重い。

 

 

疑問だった。

 

 

 

デイケアにいくと

 

 

他の被害者たちも

 

同じ状態だった。

 

 

彼らはもう終わったが。

 

 

 

カウンセリングやチェックリストなどもそうだが。

 

客観的なのがない。

 

 

 

こういったのは基準をごまかせばいくらでもできる。

 

 

理由は詐欺。治りかけは治療をやめることから。

結局は彼らはこれが理由で亡くなった。

 

うつ病ではなく。

 

 

たしかに飲み続けていると

 

疲れやすいのもだが

 

 

過剰摂取で心も体も壊れる。

 

 

そして死亡する。

 

 

 

僕は治りかけのときに

 

油断をしないで本当に真剣だった。

 

 

治療という詐欺ときっぱりと決別した。

 

 

 

下手に行ってしまうと

 

また手を出してしまう恐れがあった。

 

 

 

実際に仲間の一人がしている最中に

 

 

行ってしまい

 

臨床心理士に

 

騙されてしまった。

 

 

 

彼は二回の断薬をすることになった。

 

 

 

よくニュース番組で

 

使用者が手錠をしている。

 

 

彼らの状態を考えるとわかる。

 

 

疲れやすいのも

 

使えばなるのが常識。

 

 

 

そしてうつ病という話を信じていると

 

人生が台無しになる。

 

疲れやすいどころか。

 

 

 

犯罪の内容は

 

事件を起こしてしまい刑務所に入る。

 

 

車の運転中に意識を失う。

 

人の列に突っ込む。

 

無差別殺人。

 

 

家族に暴力をふるう。

 

急にキレて叫ぶ。

 

 

そして

 

幻覚が見える。

 

幻聴が聴こえる。

 

混乱している。

 

パニック障害。

 

妄想症がある。

 

 

など。

 

 

抗うつ薬でうつ病になりだるい。動けない状態だった。

うつ病でだるい、原因は抗うつ薬です。

成分はあの「白い」のと

同じです。

 

有名人や芸能人が逮捕されるのを

 

思い出しましょう。

 


同じです。

 

 

うつ病によくある症状、


これら抗うつ薬や安定剤、睡眠薬。


向精神薬漬けでなります。

 

精神科医の詐欺行為です。

 

 

うつ病にさせられてだるい。


改善するのに追加。

一時的には少しはおさまる場合のあるけど

また再発。

この繰り返し。

 

原因は薬害だった。だるい時があるのは。

僕も当時はだるい日々が続いた。

 

 

だるい時がありますよね?

他にも動けない被害もありますよね?

 

しまいにはぐったりとしてしまい


寝たきりになってしまう。


うつ病でだるいし動けない。

 

 

原因は薬害。

 

 

うつ病にさせられて

 

 

だるい理由を知らずに

 

なぜなのかわからないままに。

 

精神科医はまたおクスリの追加。

 

 

 

仲間たちも改善して

 

完治をし

 

 

今では元気にしている。

 

 

彼は躁うつ病になってだるいのに詐欺師たちを信じていた。

 

彼には僕は説明をしたが

 

あきらかに躁うつ病は

 

あれの使用者。

 

 

その彼は、

 

詐欺師たち信じ切っていた。

 


仲間たちもなんとかしようとはしたが

 

 

最後は僕らはあきらめた。

 

 

うつ病など名称は様々にある精神疾患。

 

 

しかしどれも

 

危ないのを使ってしまったから。

 

 

 

そしてだるい。

 

頭がおかしくなることになります。

 

うつ病でだるいうちに


精神科・心療内科の治療をやめれば

 


いいのだが

 

 

たいていは気づかないままで
大変なことになってしまう。

 

 


詐欺行為でしかない。


実績がない。

 

 

いかがわしいのです。

 

 

怪しいというどころではないです。

 

人の弱みに付け込んで

 

騙して毒を盛る。

 


そして体調を悪くしていく。

 

 

その悪くなったのをよくしますという。

 


ビジネスモデルである。

 

 

うつ病でだるい以外に様々ある。

 


やる気が起こらない。

 

 

疲れやすいので寝てばかり。

 

 

うつ病でだるいのもほかのも

 


こうしたのは

薬害。

 

 

元々あるのは別に原因があります。

 

 

 

彼はだるいと言っては終わってしまった。改善にはうつ病になぜなるのか認識を。

 

彼はうつ病という話を鵜呑みにして

 

そのまま終わった。

 

 

もうこの世には戻ってこれない。

 

 

 

あなたも


そもそもおかしいことに気づいているだろう。

 

 

こういった治療を受ける。

 


受け始めてよくなることは

 

 

一度もない。

 

 

 

うつ病でだるいのもですが

 


悪くなる一方。

 

 

詳しくはこちらで

うつ病にだるいのを改善する手段を用意してあります。

 

 

 

「安全です。」

 

と説明をされる。

 

 

どうだろうか?

 

 

そのまま一年、二年、三年・・・

 

十年・・・
二十年・・・
三十年・・・

 

 

死亡。

 

 

うつ病でだるいのはまだ初期の被害。

 

そして

 

うつ病でだるいときがあるだけでは済まない。

 

 

死亡する。

 

 

自分もあやうくもう少しで

 

死ぬところだった。

 


みんな次々と死んでいった。

 

 

今はこうしているが。

 

体が本当に軽い。


走るのも楽々できる。

 

当時は本当に大変だったが。

 

 

薬でうつ病になり寝れない時が増えていく理由。

薬でうつ病になる。成分はあの危ないものと同じ。

そして眠れない時も。

 

こうした理由はテレビなどの映像で

 

手錠をしている人たちと同じ状態。

 

 

僕も反省をした。

 

 

原因は騙し。うつ病で寝れない大変な状態だった。

 

うつ病になる原因は

 

詐欺そのもの。

 

 

いろいろと治療で

 

治るというが

 

 

治った人が誰もいない。

 

 

眠れないことに陥り

 

睡眠薬、睡眠導入剤

 

 

 

仲間たちも反省をしていた。

 

 

 

当時はこれでうつ病になり

 

頭がおかしいので辛いのも

 

眠れないのも

 

 

当たり前のことだった。

 

 

 

僕らは

 

彼らにも説明をしたが

 

 

うつ病はないのに、

 

話を信じ切っていた。

 

 

彼らは

 

うつ病だから精神科医の治療が必要と

 

もう話が通じない。

 

 

いまからわかるのは

 

 

脳にダメージを負っていて

 

 

思考能力が低下していた。

 

 

 

対策はどうする?うつ病はないもの。寝れないのも薬害。

薬害。

うつ病はないもの。

 

眠れないのも。

 

 

 

しかし彼らは

 

あの後にどうなったのかというと

 

 

亡くなった。

 

 

 

毎日、うつ病と思い続けて

 

 

飲み続けていると。

 

 

眠れないのはまだ間に合う状態。