うつ病は薬害!涙が出てくるのは感情。泣くことは誰でもあること。

うつ病になる理由は抗うつ薬。

困ったあなたに危険なアレを使うのが

治療という詐欺。

 

涙が出てくるのも泣くことも

 

誰でもがある感情。

 

 

そもそも向精神薬を飲んでも

 

嫌な人がいなくなる

 

ことはないです。

 

 

このやり口にいつの間にか

 

引っかかってしまった。

 

 

僕も仲間たちも。

 

 

鬱病の症状はあの粉の症状。泣くと楽になるのは普通のこと。

 

泣くのは普通のこと。

 

鬱病の症状は薬というアレと

 

同じ成分を使ってしまい

 

なってしまうあれだった。

 

 

よくニュースになる

 

有名人や芸能人が

 

逮捕をされているもの。

 

 

僕も仲間たちも

 

完治をして元気にしている。

 

 

 

泣くと楽になるというのも

 

これもふつうのこと。

 

 

 

あそこでは過呼吸になった人たちもいた。

 

混乱をしてしまったり。

 

 

僕も当時はわからなかったので

 

 

そういうものだと思い込んでいた。

 

 

 

うつ病の彼氏はあの状態。泣くのは男もあること。

 

付き合っている相手がうつ病。

 

これは彼氏はあの状態。

 

 

詐欺と説明をすることが求められます。

 

 

あれをしていれば

 

本人もですが

 

 

周囲も危険です。

 

そのときはよくても。

 

 

あれを飲み続けていると

 

いきなり

 

急に

 

正気を失う。

 

暴力をふるうなどします。

 

 

 

実際に精神科・心療内科はそういったことが

 

よくあります。

 

 

 

泣くことは男でもあることです。

 

 

精神科医はこうして

 

病気をつくりだしています。

 

 

臨床心理士のカウンセリングも同様です。

 

何かするかっこだけはするが

 

高い請求に

 

薬への誘導

 

役にたたない。

 

 

 

うつ病の対処は?接し方はどうする?

 

うつ病への対処は

 

まずは詐欺にあっていることを

 

自覚することです。

 

 

そして治す方法をする。

 

 

 

うつ病と呼ばれているのは

 

やらせ。

 

 

泣くのも含めて

 

次々と精神疾患ということにしては

 

 

詐欺をする。

 

 

これとは別に原因があります。

 

 

そしてあなたが

 

最初から抱えているもの。

 

たしかに体調が悪いのは

 

この段階でもあります。

 

でも薬害とは違います。

 

 

周囲のあなたが

 

うつ病詐欺にあっている人への接し方は

 

 

精神科・心療内科・デイケアへの通院、

 

行くのをやめさせることからです。

 

 

「白い粉」の使用で!新型うつ病の症状のデタラメ。

うつ病は精神科・心療内科でなります。
抗うつ薬の成分は「白い粉」と同じ。

説明にある新型うつ病の症状はデタラメ。

 

実際には

疲れたなどしたところで

 

新型うつ病とは行ってしまったから

 

知らずに飲み続けていると

 

なるあれです。

 

 

 

うつ病と新型の違いはない。ラりっているだけ。

 

元々からあるのは

原因はまったく別にある。

 

治す方法も違いがある。

 

 

 

これに加えて

 

新型うつ病と呼ばれている

 

あれになるだけ。

 

 

 

僕もだったが仲間たちも

 

えらい目にあった。

 

完治をして

 

今では元気にしているが

 

 

しかし

 

彼らはもう手遅れだった。

 

 

 

精神疾患にある名称。

 

種類はあるが

 

どれも同じ。

 

 

うつ病と新型の違いも結局は

 

診断を受診してから

 

アレをしているから。

 

 

 

ニュースになる。

 

事件を起こして逮捕される。

 

有名人や芸能人が捕まる。

 

 

 

こうしたことと同じ状態。

 

 

僕は反省した。

 

 

新型うつ病も

 

現代型の詐欺といえる。

 

 

見た目は一見よく見えて

 

話を聞いてくれそう。

 

理解があるふりをする。

 

 

困った人たちにあれを売るだけ。

 

 

 

新型うつ病とはつくられたもの。周囲の迷惑になる。治し方は別にある。

 

新型うつ病の接し方で困る。面倒。

 

職場などで正直な考えです。

 

 

 

「禁句なんかくだらない?」

 

「新型うつ病では職場の対応のマニュアルはクズ話と思う。」

 

 

 

その通りです。

 

 

新型うつ病とはつくられたもの。

 

あれをしている。

 

 

周囲に迷惑をかけるのが常識。

 

 

 

すれば思考能力の低下に混乱状態。

 

 

適応障害というのにもなります。

 

 

 

治し方もまったく違います。

 

 

 

新型うつ病などチェック、診断テストをするのは

 

無意味なことです。

 

 

どれも特徴は治療でなるあれです。

 

 

 

事実の説明を。ラりっていると。新型うつ病での接し方を見直すこと。

 

 

周囲の

 

新型うつ病での接し方も

 

当然間違っています。

 

 

 

病院に行き、

 

精神科医の薬でなるのが新型うつ病。

 

新型うつ病は存在しない。

 

つくられた病気。

 

 

 

新型うつ病の対策で

 

周囲は本人に説明をすることです。

 

 

 

ここで実際に治す方法を

 

実行するのか

 

しないのかが

 

判断材料になります。

 

 

 

するのなら周りは支援する。

 

応援をする。

 

がんばれなど。

 

 

 

一方で

 

やらないで言い訳をしている。

 

この場合は治らないです。

 

 

甘えです。

 

わたしたちが説明をしても

 

新型うつ病については治すために

 

治療が必要と言っている。

 

 

そしたら

 

仕事ができないのが当たり前。

 

 

 

あげくに休職したい、会社に行きたくないと

 

診断書の提出をしてきた。

 

 

 

何度説明してもこうだったら

 

解雇をするしかありません。

 

 

 

危ない粉を

 

している人が職場にいれば

 

 

新型うつ病の人がとる行動は

 

大変、危険です。

 

 

その時はよくても

 

 

急に暴れる、叫ぶなどする恐れがあります。

 

 

いつなのかは

 

わからないのです。

 

 

同僚や上司の命にもかかわることになります。

 

 

 

うつ病の悪化も治療方法でなる。彼女は治療費も払えないことになった。

うつ病の発症もその後の悪化を続けるのも

治療方法が原因。

 

僕もえらい被害をうけた。

 

しかしあの彼女は

 

治療費が払えない状態に追い込まれた。

 

 

そして最後は終わった。

 

 

経過とともに体調の悪化。治療期間はうつ病と騙しては高い請求だけだった。

 

うつ病が治らない。

 

そして治療費も高い。

 

 

いくら支払っても悪化を続ける。

 

 

抗うつ薬の成分はあれと同じ。

 

治療に間違いがあった。

 

 

治療でうつ病というあの状態になる。

 

 

原因は別にあった。

 

 

 

うつ病とはつくられたもの。

 

 

仲間たちも

 

治療の費用で支払いが大変だった。

 

 

 

しかし彼女はそれどころではなくなった。

 

 

入院もした。

 

 

当時

 

彼女はアレで頭がおかしくなるので

 

ほとんど強制的に入れられた。

 

 

そして出てきた彼女と

 

デイケアで再開したが。

 

 

もう終わりなのがわかった。

 

 

 

治療中で悪化を続ける。治療経過とともに終わりへ。

 

彼女もまた精神科医のことを信じていた。

 

治療の名医というのであてにしていた。

 

 

僕らはクズと話したが。

 

もう信じ切っていた。

 

 

 

精神科・心療内科は正しく言えば

 

治療しないで

 

薬で脳を動かないようにする。

 

 

飲み続けていると

 

危険なものなので

 

 

もちろん大変なことになってしまう。

 

 

 

鬱病と呼ばれているのは

 

ないもの。

 

 

平均の治療の期間の話も

 

実際にはない。

 

 

 

そして元々からあるのは

 

 

薬以外でするのが正しいこと。

 

 

 

最新の薬にしても

 

 

結局は同じこと。

 

 

治療期間が10年以上になっても

 

治らない。

 

 

 

治療の効果でうつ病。彼女は治療費が。

 

あそこでは妊娠をしても

薬を飲んでいる男性、女性がいた。

 

その子供たちも後になって

 

おかしいことになっていた。

 

そして子供たちもまた

 

治療というのに騙されていた。

 

 

 

そして

 

彼女は生活保護を受けることが

 

できなかった。

 

 

 

条件があわなかった。

 

 

仕事もできないので収入がない。

 

 

治療しながら仕事をしていた人もいたが

 

 

結局は終わった。

 

 

 

当時の彼女は治療費が払えないことになった。

 

 

僕らもお金がない当時だった。

 

 

少しは補助で彼女にお金をあげたが。

 

限界があった。

 

 

 

ある日の診察で

 

彼女が受付に行くと

 

「支払いができないのなら

 

他の医師ならもう少し安いです。

 

無理なら診察はできません。」

 

 

 

その後

 

彼女とは音信不通になった。

 

 

彼女の住んでいたところも

 

 

なくなっていた。

 

 

後日亡くなったと聞いた。

 

 

 

依存症と自覚ないうつ病の人との接し方。うつ病の人との付き合い方は?

向精神薬は麻薬を同じ成分。

うつ病とは薬物依存症。

 

うつ病の人との接し方は、

話に違いがあることがわかる。

 

当時のこと

 

僕も反省をした。

 

 

あなたも治したいのなら

 

原因は別にある。

 

 

今日のテーマ

 

うつ病の人との付き合い方を通してお伝えする。

 

 

鬱病の人にかける言葉は?本当のうつ病の人への対応。

 

うつ病の人との接し方がわからない。

 

特徴と言われている話は

 

あきらかにしっくりこない。

 

 

こう思うのが正しいです。

 

 

完治をして

 

仲間たちも反省をした。

 

 

 

うつ病の人への対応は

 

抗うつ薬などを飲んでいる本人が

 

うつ病の人は詐欺にあっていると

 

自覚するのが必要です。

 

 

 

当然ながら

 

鬱病の人にかける言葉も違います。

 

 

よくうつ病の人を励ますのがよくないこと。

 

うつ病の人にきつくあたらないことなど。

 

やさしくして理解することなど。

 

 

うつ病の人がとる行動がおかしい。

 

 

仕事の職場でも学校でも

 

周囲が思うこと。

 

 

正直あなたも面倒だなぁって思いますよね?

 

 

 

こうしたのはかえって逆効果です。

 

 

 

精神科・心療内科・デイケアにいくと

 

堕落します。

 

 

臨床心理士のカウンセリングもですが

 

職員たちも

 

薬へ誘導するだけです。

 

 

 

そして理解するふりをしているだけ。

 

 

うつ病の人にしてあげられることで

 

治療といっては

 

悪事をしているだけです。

 

 

うつ病の人との恋愛。うつ病の人と付き合うのは治った後から。

 

うつ病の人にやってはいけないことは

 

精神科医の受診をすすめること。

 

 

これは一番最悪のことです。

 

 

メディアは製薬会社などがスポンサーです。

 

 

 

うつ病の人との恋愛をするのは

 

とても危険なことです。

 

 

 

しているものを考えると。

 

 

うつ病の人と付き合うのは

 

治った後です。

 

 

 

うつ病の人と結婚はしてはいけないことです。

 

 

あなたも

 

うつ病の人の話し方がおかしいと

 

思うでしょう。

 

 

その通りです。

 

 

付き合ったり

 

うつ病の人への手紙や

 

 

うつ病の人にプレゼントを贈るのも

 

 

甘えを助長するだけです。

 

 

 

うつ病の人がとる行動は使用者。接し方を見直すこと。うつ病の人との会話内容も含め。

 

うつ病の人に気を使って疲れた。

 

うつ病の人を責めるのはよくないらしい。

 

 

やってられるか!何がうつ病だ!

 

 

うつ病の人の顔が

 

異常に見える。

 

など。

 

 

わかります。

 

 

ここでひとつ、

 

うつ病の人との接し方で大事なことがあります。

 

 

本人にうつ病の人との会話内容で

 

事実を伝える。

 

 

そして実際に自覚をして

 

治る方法をするのをはじめた。

 

 

そしたらあなたも

 

 

支援することができます。

 

 

 

しかし一方で問題なのは

 

 

何度話しても

 

うつ病はないものとわからないで

 

治療で改善すると信じては

 

いつまでも治らないままでいる場合。

 

 

 

この場合はもう手遅れです。

 

 

 

あなたも

 

うつ病の人に怒る考えがあったり

 

うつ病の人との会話のマニュアルにも

 

うんざりしたり。

 

 

あるのが普通のことです。

 

 

薬でうつ病になり休職に追い込まれ期間満了へ。完治をするには?

精神科医のクスリは白い粉と同じ成分です。

うつ病になる原因は抗うつ薬です。

 

元からのはこれとは別の理由があります。

 

詐欺ですから

 

治療の期間が長いのです。

 

いつまでも治らないのは薬害です。

 

定期的に患者が来るのを維持する

 

詐欺のビジネスモデルです。

 

これは残念ながら

 

私たちは騙されています。

 

 

本日はこうした詐欺のビジネスモデルの被害、

そこからどうしたらいいのか?

 

についてお伝えします。

 

 

鬱病の診断から始まる。期間の平均はない!

 

僕もだが仲間たちも完治を果たした。

 

正直なところ楽ではなかった。

 

本当に大変だった。

 

 

鬱病の被害は粉。

 

使用者がどうなっているのかを

 

思い出しましょう。

 

 

これで体調の悪化をし

 

休職に追い込まれる。

 

 

うつ病が治るまでの期間の平均はない。

 

実際には存在しない嘘話。

 

 

 

あの彼が・・・

 

ある日のこと

 

わめきだした。

 

 

いきなりわめきだした。

 

 

うつ病の期間がのびていき

 

もう頭がおかしくなり

 

彼の頭をあちこちにたたきつけ始めた。

 

 

 

わめきながら

 

彼は自分の頭を打ち付ける。

 

 

そして・・・

 

彼はどこかの閉鎖病棟に入院した。

 

 

 

そのまま戻ってこなかった。

 

 

おそらくもう死んだのだろう。

 

 

最初のころの彼は

 

 

もっと違っていたのに。

 

 

寛解をしたから

 

仕事に社会に学校に復帰をしていっても。

 

 

一時的なことで忘れているだけなので

 

また大変なことになります。

 

 

自分もそうだったのですが

 

あそこでは

 

 

誰も治った人がいないのです。

 

うつ病の期間は

 

実はクスリで長くなります。

 

 

これはらりっているだけ。

 

おクスリの追加になります。

 

期間延長をして

 

しまいには退職になります。

 

 

うつ病は捏造された定義。失業保険に傷病手当金は一時的。障害年金に追い込まれ。

 

精神科・心療内科を信じないこと。

 

 

診断書を毎回毎回

 

うつ病ということで提出。

 

自立支援医療などの。

 

失業保険も傷病手当金、も

 

一時的です。

 

うつ病もだが

 

精神疾患の定義そのものが

 

 

作り話。

 

 

 

そして薬害で

 

体が動かない

 

出社しても

 

クスリで頭がおかしくなるので

 

仕事ができない。

 

 

自身の喪失をしてしまい。

やる気もなくしてしまい。

 

ここで臨床心理士のカウンセリングで

相談しても

 

 

障害年金をすすめられるだけ。

 

 

何もできないのです。

 

 

彼女は・・休職届から1ヶ月。悪化が始まるうつ病。

 

彼女がすごかったのは

 

最初から疑いを持っていたこと。

 

 

休職届の提出をしてから

 

体調の悪化が始まる。

 

最初の1ヶ月はあれで

 

ラりっている状態だったが

 

当然アレはきれる。

 

 

彼女も大変な目にあったが

 

 

最初から疑っていたので

 

 

僕がうつ病はないもので詐欺と

 

事実関係を伝えると

 

 

「やっぱり!」

 

もうわかっていた彼女。

 

キッパリと詐欺師たちと決別。

 

彼女のように

 

クスリは害で

 

精神科医も臨床心理士も頭がおかしい。

 

 

精神科・心療内科の職員たちも狂っている。

 

 

このことの認識をすることから。

 

 

認識ができずに

 

 

「先生」と呼んでいる限りは

 

 

断薬も治るのも無理なことです。

 

 

麻薬の抗うつ薬でうつ病になりクビになった。使ってはいけない危ないものだった。

麻薬と抗うつ薬は成分が同じ。

これでなるのは薬物依存症。

 

これをうつ病といっているだけ。

 

 

僕も騙されたとはいえ

 

使ってしまった。

 

 

 

あれでは当時は

 

クビになったのは普通のこと。

 

反省をした。

 

 

クビになって当然だった。

 

 

仲間たちも同じだった。

 

 

幸い今はもう元気だが。

 

うつ病は薬害。

 

そして

 

最初からあることは

 

 

原因はまったく別にあった。

 

 

うつ病だからクビにしたい。正しいこと。ラりっているので。

 

そう使ってはいけない物だった。

 

 

会社にしてみれば

 

うつ病が何か知らないまでも

 

 

様子がおかしいのはわかる。

 

 

同僚や上司がクビにする考えがある。

 

 

うつ病という人たちに対して。

 

 

何かわからないが

 

危ないと思うのは

 

正しいこと。

 

 

うつ病だから

 

クビにしたいと考えるのが常識。

 

 

 

仕事に復職や就職をするには

 

 

うつ病の話を忘れて

 

完治をした後にすること。

 

 

 

そうしないとそれこそ

 

大変な迷惑をかけることになってしまう。

 

 

 

まずはうつ病は薬を売るためだけに

 

つくられた病気

 

 

と自覚をすること。

 

 

公務員の被害者も多かった。うつ病でクビにできないのを考え直すこと。

 

あそこでは

 

公務員もうつ病で

 

精神科・心療内科・デイケアの受診をしていた。

 

 

それこそ被害者たちの職種は

 

様々だった。

 

 

 

精神科医も臨床心理士も

 

結局は高い請求を繰り返すだけ。

 

 

保険や生活保護制度の悪用をして。

 

 

 

あれでは

 

 

クビになったのは

 

仕方がないことだった。

 

 

しかし

 

彼らはうつ病という作り話を信じ切っていた。

 

 

 

最後は

 

人生が台無しになった。

 

 

終わった。

 

命を失った。

 

 

 

僕もだが

 

仲間たちも治った後に説明はしたが。

 

 

彼らに話しても

 

治療で治るものとなっているので。

 

 

 

ここまできてしまったら

 

手遅れ。

 

 

ここまでなっても

 

うつ病でクビにできないほうが問題で危険。

 

 

 

そして彼らだが。

 

 

急に怒り出した。

 

薬で怒りっぽいとはいえ

 

 

やはり異常そのものだった。

 

 

 

たしかに冷静に見たら・・・

 

 

発狂をしている。

 

体が震えている。

 

暴れている。

 

幻覚に幻聴。

 

 

 

うつ病とは依存症。

 

 

原因はこれとは別にある。

 

 

治すには別の方法が必要。

 

 

うつ病は依存症。対応の仕方は別にある!救出を!

麻薬と同じ成分の抗うつ薬で依存症にする。

 

うつ病は精神科・心療内科でなります。

 

初めての受診するまでにあるのは

 

別に理由があります。

 

 

僕もこれで体調が悪くなるのが続いた。

 

 

あなたも、

 

または家族も同じ状態です。

 

 

うつ病とは詐欺です。

 

完治をするには別の方法が必要です。

 

 

家族のうつ病への対応方法

 

うつ病への対応方法は

 

精神科医も臨床心理士もクズと

 

自覚することです。

 

 

これがないと

 

うつ病を治す行動に移りません。

 

 

うつ病は自称のつくられた病気。

 

 

対応も当然変わります。

 

 

家族でいえば

 

妻や夫

 

高校生・大学生など学生の

 

子供など。

 

 

治療でうつ病の発症をすると

 

説明をすることです。

 

 

仲間たちも

 

僕が別人になったのをみて

 

 

すぐに事態の深刻さを理解して

 

治る方法をしました。

 

 

 

本人が自力で治すのが基本です。

 

 

周囲ができるのは

 

 

支えや応援するぐらいです。

 

 

僕らが彼らに説明をしても

 

 

もう手遅れでした。

 

 

鬱病への対応の仕方。会社・職場はどうする?

 

精神科医や臨床心理士の鬱病への対応の仕方は

 

あきらかに

 

騙すためです。

 

 

やっかいなのが

 

わからないままで

 

していることが多いです。

 

 

 

会社・職場で部下や同僚。

 

社員がうつ病。

 

上司がうつ病。

 

 

立場の違いはあれ

 

対応の仕方は同じです。

 

 

 

労働環境を改善するのもいいのですが。

 

 

しかし一方で

 

しても改善することがない場合があります。

 

 

おかしいと思うのが正しいです。

 

 

 

自分は長時間働いても

 

元気。

 

 

職場もいい環境で待遇もいい。

 

 

それでも

 

うつ病があるなんて。

 

 

こうした疑問は

 

薬害だからです。

 

 

元々あるのは別なのです。

 

 

 

友人・恋人への対応策も。「疲れた」はあるのが当たり前。

 

躁うつ病というのもそうで

 

精神病とは薬物依存症。

 

 

治らないのが常識です。

 

 

 

あなたの友人

 

または恋人が彼女が

 

うつ病というので途方に暮れた。

 

もう疲れた。

 

 

わかります。

 

いつまでも治らないので。

 

 

対応の仕方では

 

マニュアルを忘れてください。

 

 

それがうつ病の理由です。

 

 

 

あそこでは

 

僕らは

 

彼らに説明をしたが

 

 

うつ病と言う話を信じては

 

薬を飲み続けているだけだった。

 

 

 

臨床心理士も甘いことを言っては

 

甘えを助長させて

 

 

生活保護の受給者に故意にしていた。

 

 

 

結局は

彼らはボケて認知症になったり。

 

 

心臓が止まり

 

突然死をしたり

 

癌など病気になり。

 

 

早死にをした。

 

 

 

あなたはどうする?

 

 

 

昼夜逆転とは睡眠薬でなる。直すには?

昼夜逆転とは睡眠薬でなります。

当時の僕も含め仲間たちの被害状況をお届けします。

精神科・心療内科でうつ病の発症。

 

眠れないので

 

睡眠の改善とおもって

 

睡眠薬でさらに悪化をした。

 

仲間の一人は昼夜逆転にまでなってしまった。

 

そして昼夜逆転生活を直すつもりで

 

さらに飲み続ける。

 

さらに状態は重くなる。

 

 

この悪い循環。

 

 

昼夜逆転の生活は精神科医が作る病気。

昼夜逆転の影響で仕事ができない。

就職ができない。

うつ病の悪化。

睡眠不足。

 

昼夜逆転になる

 

 

中学生、高校生、大学生

 

高齢者も。

 

 

精神科医の治療で病気になった。

 

 

昼夜逆転もふくめ。

 

健康な人を病気といっては

 

クスリでおかしくしていく被害。

 

 

薬害。

 

 

なにか問題があるといっては、

 

治し方があるといってはクスリ。

 

罠。

 

 

 

親がすれば赤ちゃんに毒物が。

 

 

新生児が生まれたら病気。

 

 

あそこで彼が完治をしたのは

 

 

あそこで踏ん張ったからだった。

 

 

 

他の被害者たちは

 

長い間飲み続けて

 

改善することもなかった。

 

 

あきらめた。

 

昼夜逆転の解消をやめる。

 

 

そういうものか。

治らないのか。

 

とだまされて。

 

 

影響で太る。仕事ができない。デメリットばかりだった。

 

昼夜逆転にさせられて。

 

仕事ができない。

 

 

彼が言っていたのは

詐欺師たちの悪質さ。

 

 

「昼に眠って夜に仕事をすればいい。」

 

 

こうした話をしていたのが

 

臨床心理士のカウンセリング。

 

悩み相談で助言というが

 

結局は共犯なのが事実。

 

 

デメリットばかり。

 

 

昼も寝られない。

 

一日中寝られない。

 

 

収入がない。

 

 

そこへ公的な援助。

 

生活保護の受給をすすめられた。

 

 

申請をしなかった。

 

 

彼は最後は必死にがんばった。

 

 

睡眠が改善して

 

 

いつも夜になると5分もあれば

 

眠れる状態になった。

 

 

なぜか?治し方が原因の詐欺だった。

 

彼は完治をしたからよかったが。

 

僕らはほかの患者たちにも

 

治し方が原因の詐欺と説明をした。

 

 

しかしもう手遅れだった。

 

 

昼夜逆転になると

 

生理もこない。

 

昼夜逆転の悪影響で

 

女性だったら彼氏と別れる。

 

 

あそこではデイケアで

 

付き合っているカップルもいたが

 

 

長くは続かなかった。

 

 

それもそのはず。

 

あれをしていれば。

 

昼夜逆転が続くと支離滅裂になる。

 

 

 

頭がおかしくなるので

 

 

うまく考えられない。

 

 

 

周囲との関係の悪化もする。

 

 

 

昼夜逆転の彼氏だったら

 

すれ違い。

 

コミュニケーションがとれない。

 

 

そして成分はあれ。

壊れていくので

 

 

付き合いきれなくなる。

 

 

どうしようもなくなり別れるしかなくなる。

 

 

 

寝れないのを改善したい気持ちを利用されて。

学生たちは昼夜逆転で

 

不登校になってしまい。

 

 

なぜなのかわからないままに

 

寝れないままに。

 

昼夜逆転を送っていた。

 

 

 

そのまま学校の卒業、中退になって

 

そのまま睡眠薬漬け、向精神薬漬けで。

 

 

 

もうみんなふらふらとしていた。

 

 

 

ここでどうするのかが分かれ目になる。

 

改善するという

クズ話を信じるのをやめる。

 

 

 

そして別の方法があるからするか。

 

終わるか。

 

 

 

うつ病で苦しい時もお金の請求だけ。人助け詐欺。

うつ病は「白い粉」の抗うつ薬が原因

成分がまったく同じ。

 

そして発症をして

 

苦しい時が続くことになった。

 

 

あの時はあそこでは

 

 

うつ病の治療というので

 

 

終わってしまった人たち

 

ばかりだった。

 

人々の苦しいのを利用した

 

 

詐欺そのもの。

 

 

対処と騙しては薬を売るだけ。助けて欲しい気持ちを悪用するだけ。

精神科医も臨床心理士も

結局はうつ病の対処で治ると話しては

薬を売るだけ。

 

 

彼らの最後は悲惨だった。

 

 

亡くなったり、

 

認知症や癌になったりと。

 

 

 

あなたもだが

わたしたちには

 

 

様々な問題が人生にはある。

 

 

そうした大変な状況。

 

 

苦しいこともある。

 

 

そうしたのに

 

甘い誘惑をするだけ。

 

 

誰でも

 

助けて欲しいと思うときもあります。

 

 

しかしこの辛いのに

 

粉を売る。

 

 

当然

 

頭がおかしくなる。

 

 

これがうつ病。

 

 

辛い日々だった。うつ病で苦しいのは明らかに薬害。

あれは辛い日々だった。

 

僕ももう終わりかと思っていた。

 

 

仲間たちも最後のほうは

 

もうあきらめた雰囲気だった。

 

 

 

しかし僕は事実がわかり

 

うつ病は薬害。

 

それとは別に原因があるのがわかった。

 

 

 

完治をした。

 

 

あれは苦しい日々だった。

 

 

疲れた、人間関係がストレス。

 

会社がブラック企業。

 

学校でいじめを受けている。

 

 

など。

 

 

これらにでたらめに

 

診断でうつ病など

 

精神疾患とする。

 

統合失調症も。

 

 

そして

 

治すといってはあれを売る。

 

 

最初からのは原因は別にある。うつ病で苦しいのは詐病。

うつ病はつくられたもの。

 

仲間たちも

 

元気になった僕を見て

 

 

すぐに僕の説明に食いついた。

 

 

 

彼らも瀕死状態で

 

もうじき終わるところだった。

 

 

 

臨床心理士も

 

苦しいときを利用しているだけ。

 

 

困っているあなたの

 

悩みを解決する。

 

助言をするというが

 

 

カウンセリングを客観的に考えると

 

わかる。

 

 

 

心の中を見ることは誰にもできない。

 

 

他の人の思っていることはわからない。

 

 

これができるようなふりをしているだけの

 

クズたち。

 

 

共犯者。

 

 

うつ病という詐欺。

 

 

詐病である。

 

 

事態は深刻だった。

 

 

僕らは彼らにも説明をしたが

 

 

もう聞く耳を持たない状態だった。

 

 

 

詐欺師たちにすがっていた。

 

 

詐欺が理由で追い詰められて

 

その犯罪者にすがる。

 

 

これがうつ病。

 

 

彼らはもう

 

この世には戻ってこられない。

 

 

うつ病は薬害!子供の症状は依存症。大人が子供に戻る理由は?

うつ病は抗うつ薬に原因があります。

成分はあの白い粉。

症状はこれです。

今日は子供への影響。
そして大人が子供に戻る理由をお伝えします。

 

精神科医はこうした弱みに付け込む。

 

薬を売るだけのクズです。

 

臨床心理士もこうした危険物へ誘導を

 

するだけです。

 

 

 

他には

家庭環境が悪いこと。

 

子供は両親を見て学び育ちます。

 

子供の声に耳を傾けましょう。

 

 

うつ病は薬でなる。子供への接し方を見直す。

何か魔法のように薬をして解決ができる?

 

そういった考えを変えることです。

 

 

甘い話、罠です。

 

 

詐欺行為の被害とは別にあるのは。

 

家庭。

 

子供との接し方を見直すことです。

 

 

 

うつ病の治療を子供の頃から

 

受けていると

 

 

当然脳にダメージを負います。

 

 

知的障害者の併発をするのです。

 

 

子供だけではなく大人がしても。

 

 

子供に戻る。うつ病という詐欺で。子供に返り。

子供に戻る。

 

これも間に合ううちに

 

精神科・心療内科と決別をすることです。

 

 

うつ病は薬害。そして別に具体的な治し方はあります。

 

 

うつ病詐欺です。

 

頭がおかしくなるのです。

 

思考力が低下します。

 

 

使用者を思い出すとわかりますよね?

 

 

例えば彼は子供に返り。

 

奥さんが母親のようにしていました。

 

 

クズたちは

 

「親がうつ病だったかもしれません。」

 

「父親のうつ病が子供のころから影響しているのかもしれません。」

 

「子供の頃からなにかあるかもしれません。」

 

 

しかしこれでするのは

 

薬。

 

 

そしてカウンセリングでも

 

それっぽいことをするだけで

 

具体的には何もわからないでできない。

 

 

テレビなどのドラマのようなことはありません。

 

 

広告です。

 

 

特別な能力があって

 

 

魔法を使うわけありません。

 

 

 

付き添いで行っていた家族も

 

治療と言われてしまった。

 

 

両親ともになってしまった。

 

 

母親がうつ病になってしまった。

 

 

 

子供の頃のことに治療とだましてクスリ。

彼の奥さんは最後は

 

離婚をした。

 

 

僕らも当時

 

見ていて

 

 

あきらかにおかしかったのが

 

わかった。

 

 

子供に戻るのはひどかった。

 

 

子供みたいになった彼に

 

 

彼女ももう耐えられなくなった。

 

 

僕らも説明はしたが

 

 

彼はもう手遅れだった。

 

 

子供の世話ができない。イライラして子供にあたることへ。

彼の両親もうつ病の発症をし

 

症状は

 

悪化を続けた。

 

 

子供の世話ができない状態になった。

 

 

そしてイライラしては

 

寝たきりの彼に、

 

子供にあたる日々。

 

 

家庭崩壊をした。