サインバルタ(デュロキセチン)の効果・副作用でやる気がでる理由。 うつ病にも落ち込みにも、抗がん剤の影響にも、痛みにも、関節痛、腰痛、しびれ、疼痛にも効果があり効く薬と言われる理由。 抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬といった精神薬に効果がある、効く、治るといった話の理由は?




サインバルタ(デュロキセチン)の
効果・副作用で有名でよく言われていることに

 「やる気がでる」

それ以外には

うつ病や落ち込みの時。
抗がん剤の影響による痛みの緩和。
関節痛、腰痛やしびれ、疼痛。

こうした効果があり
効く薬とされている。

また
抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬などの精神薬は
効果がある、効く、治ると言われている。

こうした説明が言われている理由はある。

結論から言えば
サインバルタ(デュロキセチン)は痛み止めにしかならない。

サインバルタ(デュロキセチン)が
よくしたり、治すわけではない。

抗うつ薬として
うつ病に効果がある、効く。
といった話が一番有名な話である。

しかし、
サインバルタ(デュロキセチン)の服用をしても
うつ病、そのものに対しての効果はないのが事実である。

サインバルタ(デュロキセチン)もだが

抗うつ薬
精神安定剤
睡眠薬

こういった精神薬は

うつ病
統合失調症
不眠
幻覚
幻聴
パニック障害
手足の震え

などの精神病、そのものに
効果はない、効かないのが事実である。
 
うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。  

ハイリスク薬である、サインバルタ(デュロキセチン)も。抗がん剤も。
危険で病気には効かない。

 
「ハイリスク薬」

危険がある薬に指定されている薬。

サインバルタ(デュロキセチン)も
このハイリスク薬に含まれている。

そして、
抗がん剤なども
この指定の中には含まれている。

危険で病気そのものには効かない。効果はない。


このハイリスク薬は、厚生労働省の指定である。

まず、抗がん剤についていえば
抗がん剤で治るといった話があるが

治った例がない。

その場は、癌が治まったように見えるが
体全体が抗がん剤の影響で
かえって体に負担をかけるので

結局は、体が弱くなる。

抗がん剤は、免疫力を低下させる。

体が弱くなると
免疫力が低下するので
病気にもなりやすくなる。

その場の一時的に症状を抑えるのに
使用しても

長い目で見ると、体には悪影響である。

サインバルタ(デュロキセチン)はどうか?

その場限りで
一時的にサインバルタ(デュロキセチン)の服用をする。

その時だけは、効果がある可能性もある。

しかし、これは痛み止めとしてである。

うつ病そのものに、効いているわけではない。

サインバルタ(デュロキセチン)も
 「劇薬指定」されている。
 
 

サインバルタ(デュロキセチン)の効果・副作用は?
理由は?うつ病に落ち込みに。抗がん剤の影響。痛み、関節痛、腰痛、しびれ、疼痛に効果があり、効く薬である。

 
サインバルタ(デュロキセチン)の効果・副作用であるが
説明にあることの理由を見ていくと

うつ病
落ち込みに
抗がん剤の影響
痛み
関節痛
腰痛
しびれ
疼痛

こういった症状に効果があり
効く薬である話。

「痛み止めとしてである。」

劇薬である
サインバルタ(デュロキセチン)を
服用することによって

感覚を鈍らせる。

感覚が鈍ったことによって
痛みを感じるのを抑える。

手術の時に
麻酔をするのと同じである。

なので、
サインバルタ(デュロキセチン)もだが
抗うつ薬には
うつ病に効果がある、治る成分は入っていない。
 
 

製薬会社によるサインバルタ(デュロキセチン)の不必要な宣伝。販促品にボールペンの配布も。

 
サインバルタ(デュロキセチン)は
うつ病の治療のためには
本来は大量に売る薬ではない。
抗がん剤による痛みに対してもだが。

どうしようもない状態のときに
医療用大麻として痛み止めとして使うものである。

しかし、製薬会社は営利会社である。

売上高を増やし
利益を増益するために
不必要な宣伝をしている。

例えば
販促品にボールペンの配布をすることもだが。

製薬会社の営業が
医者や精神科医に使うように、購入するように営業活動をする。
賄賂も渡している。
タクシー券も賄賂で渡す。

こうして、本来だったら
使わなくてよい薬を
企業、病院、クリニック、薬局といった業界の
業績をよくするために
不必要なのに
使う必要がないどころか
かえって悪化するのに
使っている。

患者には
こういった事情は話さずに
よいとしか言わない。

また、医者というのは
同意書に同意させてから治療を手術を行う。
失敗をしてもお金の請求はする。

普通は、何かよいことをしたことに対して
報酬を得る。

医者は奢っている。
責任逃れをするのも当たり前。

医療という前に
常識がない。

ましてや、
精神科医は実際には無能で
クズである。

そういった精神科医と
心理療法士が一緒になって
騙しているのが精神医療である。

そこには、
デイケアもあり
支援する所も関わる。
薬局も。
製薬会社も。

このからくりに気づいて自覚することが
大事になる。

自覚をしないと
治すために行動することはないから。
 
 うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。