危ないデパス(エチゾラム)とは?デパス(エチゾラム)の危険な効果と副作用

デパス(エチゾラム)の問題は、うつ病にもですが抗不安薬・睡眠薬として
お金儲けだけのために精神科、心療内科で使われています。

効果とは精神科医や心理カウンセラーが使う嘘の説明では
「気持ちを落ち着けるのや睡眠の作用があるので睡眠薬としても使われています。」
ということになっています。肩こりなどにも使われるときがあります。

どれも危ないことです。
脳をおかしくさせることによって感じなくさせるだけです。

 

効果とは言えないのです。副作用はあります。
使っていると体調が重くなっていくので

早めに飲んでいる人は断薬をしましょう。

 

私たちは精神科医や心理カウンセラーなどに
関連性がないことを関連があると騙されているのです。

 

もともとは健康だったのが
こうした向精神薬で精神病になります。

 

・体の緊張が強い
・不安や不眠がある
・他の向精神薬にも耐性ができた。

 

これらはデパスなどの向精神薬でなるのです。

 

悪い考え方や悪い癖、苦手としていることは向精神薬で改善することは
物理的にないことです。

 

離脱症状に禁断症状があります。
精神科医が原因で向精神薬をやめられなくなってしまうことになります。

 

そこに悩みの解決をすると騙しているのが心理カウンセラーです。
心理カウンセラーも共犯で詐欺をしているのです。
脳が機能していないのでう思考能力が奪われている状態です。

 

向精神薬をやめて思考能力を回復することです。
思考能力が戻るとこうした心理カウンセラーも詐欺師なのがわかります。

 

 

Blossom Krentenstruik Sprig Spring

 

作用時間があるということは?
一時的だということです。

 

こうしたのは例えば緊張しやすいのは
慣れの問題です。

あがり症も慣れの問題です。

回数を重ねていくことです。

こうして前へと進みます。

 

デパスもですが向精神薬は
「効果が期待できる。」
精神科医はこう説明をします。

 

期待「できる」

 

おかしい日本語ですよね?

あいまいな表現でごまかしています。

 

精神科医や心理カウンセラーも
精神科、心療内科はとてもいいことをいいますが

結局は自分がわかりましたのは誰も助かっていないことです。
全員が重くなっていくだけでした。
亡くなった人たちも多く見送りました。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

デパス(エチゾラム)の特徴とは?効果と副作用?デパス依存

デパス(エチゾラム)の特徴であるのがデパス依存。

デパス(エチゾラム)に期待できる効果と副作用と精神科医がいうことは

抗不安症
肩こりに
睡眠の作用

結論から言えばこうしたことはないです。
気を付けましょう。

 

眠れないからとデパス?
不安だからデパス?

他の向精神薬のかわりや追加でデパス?
肩こりにデパス?

パニック障害だからデパス?

 

脳をおかしくして一時的に感じなくなっても
向精神薬とこうしたものは関係がありません。

 

 

 

そしてデパスなど向精神薬を使いますと
耐性ができます。

よけい眠れなくなります。
不安が強くなります。
肩こりそのものとも関係がありません。

 

これにさらに
依存性があります。

依存性とは刑務所にはいった人たちと同じ状態のことです。

 

精神科医に心理カウンセラーは詐欺師です。
こうして話がすり替わっているのです。

 

自分も被害にあったのでわかります。
実際には誰もまともになった人はいません。

 

デパス(エチゾラム)を睡眠薬として?特徴は?眠くなる。向精神薬が増えるので飲み合わせ。飲みすぎになる。

デパス(エチゾラム)を睡眠薬として使う場合の特徴?
こうして精神科医に騙されてしまうとデパスなどで眠くなるのです。

耐性ができるので他の向精神薬が追加で増えることになります。
これで飲み合わせといった話もでてきます。

 

ただデパスなど向精神薬は毒です。
そのまま飲み続けていると飲みすぎになるのです。
脳や体、血液にデパスなど向精神薬が溜まっていきます。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

 

最初に一時的によくなったと思ってしまうのは
毒が全身にまわり
依存性とあるとおり。依存症になるからです。

感じなくなるからです。
しかしこのあとには、耐性ができるのでまたなるのです。
またなるとデパスなど向精神薬が追加されていきます。

 

デパス(エチゾラム)の半減期・効果時間とは?デパスを飲むと元気になるのは気のせい。そもそも効かない。

デパス(エチゾラム)の効き方は頭がおかしくなることです。
一時的にはこれで感じなくなるのです。
半減期・効果時間というのがあること自体がおかしいことですよね?
中の成分はアレですので
デパスを飲むと元気になるといえばなりますが
これは依存症になっているからです。

 

 

精神科医の説明にあることはないです
関係がないので効かないのです。

こうして向精神薬をやめられなくなります。

みんな知らないで依存症になっているのです。
精神病とは依存症のことです

 

 

デパス(エチゾラム)の服用とアルコール(お酒)で死ぬ。デパスを飲むと元気になる?

デパス(エチゾラム)などの向精神薬の服用をするのとアルコール(お酒)は
すると死ぬことにもなります。

デパスを飲むと元気になるのはないです。

一時的にアレで気分が変わるだけです。

精神科医にはお酒を飲まないように言われます。
添付文書にも記載があります。

 

 

これはお酒を飲むと血液の流れが速くなります。
血液の流れが早くなるのでデパスなどの向精神薬が血液にのって
全身に流れるのが早くなります。

つまりそれだけ一気に向精神薬の毒が体全身に回るのです。

 

 

デパス(エチゾラム)を精神安定剤・抗不安薬として?頓服?認知症にも

デパス(エチゾラム)を精神安定剤、抗不安薬として使うこともあります。
また頓服としても使われています。

デパスも向精神薬も飲み続けていると認知症になります。

精神安定剤として使うといって
頭がおかしくなるだけです。

デパスはボケるのです。

デパスを飲むと認知症になるのです。

 

することは精神安定剤ではなくて、
問題が何かを自覚して解決をすることです。

 

作用時間があります。
耐性があります。
これで量が増えていきます。
頓服があるのはこのためです。

 

 

もともとデパスなどの向精神薬が原因で
精神病になり、さらに頓服などもですが追加されていきます。

これは耐性、依存性があるからです。

 

デパスなどの向精神薬で思考能力が奪われます。

つまりデパスなど向精神薬の使用で問題の自覚をするのも
解決するのに必要な解決策を考えることもできなくなります。

 

ここで心理カウンセラーです。
心理カウンセラーは親身になって相談にのるふりをしては何もしません。

精神科医も心理カウンセラーも肩書だけでバカなのです。

 

そもそも何もできないことをできるといっているのです。

 

できるふりをしてはやっているふりをしては高額の請求をしているだけです。
心理カウンセラーのカウンセリングもお金の無駄です。

 

 

デパスの副作用。心臓が止まり突然死。眠気にふらつきへの対処法

デパスの副作用には

心臓が突然止まり突然死をする

心臓突然死もあります。
よくある被害が眠気、ふらつきです。

こうしたのはデパスなどの向精神薬が原因です。

 

精神科医や心理カウンセラーに騙されてしまう。

デパスなどの向精神薬で精神病になります。

眠れなくなります。

 

 

デパスなどには依存性があるのでやめられなくなります。

眠れないので疲れがとれないです。
眠気もですがふらつきもでるようになります。

 

デパスもですが向精神薬をやめない限りは続くことになります。

 

 

デパス(エチゾラム)などの依存性と後遺症。致死量。デパスの代わりはない。

デパス(エチゾラム)などの向精神薬を使うと依存性があります。
毒物なので後遺症もでることになります。
致死量もあるので死ぬことにもなります。

 

デパスの代わりとなる向精神薬はありません。

向精神薬はデパスも含めてすべて危険な粉のアレです。

マイスリーやソラナックスも同じ成分です。

レンドルミンとデパスの併用をしても同じです。

 

後遺症であるのが
寝たきりになることです。

 

これはデパスなどの向精神薬を精神科医などに
騙されて使ってしまったからです。

 

最初の段階で精神科医には行かない。
向精神薬も使わない。

これが大事です。

 

しかしデパスなどの向精神薬を使ってしまうと
脳の機能が低下していきます。
限度を超えてしまうと動けなくもなります。
体は脳からの命令で動いています。
脳がおかしくなれば、体もおかしくなるのです。

 

 

最初に気づかないでいると耐性ができるので
向精神薬の量が増えていきます。
向精神薬には依存性があるのでがやめられなくなります。

 

成分はあの粉なのです。

こうして向精神薬に依存してしまいます。

その向精神薬を売るのが精神科医。

 

またデパスなどの向精神薬を飲み続けていると
致死量を超えることになります。

 

これで亡くなっていった人たちが多くいます。

この前までは話していた彼や彼女。
亡くなっていきました。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

デパス(エチゾラム)などの離脱症状?減薬方法?精神安定剤を飲んでる芸能人とは?デパスが欲しいは?

デパス(エチゾラム)などの向精神薬は断薬をしないといけないのです。
それしか助かる道はありません。

 

しかし精神科医は離脱症状や減薬方法についても
何も知りません。

ですから聞いても無駄です。

 

精神安定剤を飲んでる状態とは
芸能人があの粉を使用してニュースになるのとまったく同じことです。

デパスなどで気持ちいいのはそういうことです。

 

向精神薬、デパスなどが欲しいと思うようになるのは

アレなので危ない依存性があるからです。

デパスやクスリが効かないというよりも

関係がないのです。

精神科医は向精神薬を売りつけてお金を儲けているだけです。
詐欺師なのです。
そこに心理カウンセラーも一緒になって詐欺をしているのです。

こういった詐欺師たちには近づかないことです。

 

市販でもしも買えるのだとしても使うべきではありません。

 

離脱症状があるのは
成分があの粉ですからあるのが当然です。

減薬方法も詐欺師に聞くことではありません。

また騙されるだけです。

 

 

減薬や断薬は自分でしましょう。

精神科医や心理カウンセラーをあてにしてはいけません。
詐欺師に詐欺の被害にあったから精神病になったのです。

その詐欺師にそもそも頼むほうがおかしいことですよね。

やめましょう。

 

 

デパス(エチゾラム)を飲んでる人の運転への影響は?デパスを飲みながら仕事で?デパスのやめ方?

デパス(エチゾラム)などの向精神薬を飲んでる人は運転への影響もあります。

よく同じものを使用して作用で車の運転をして事故を起こすことが起こります。

 

デパスを飲みながら仕事をするのも危険なことです。

人の列に車が突っ込む事件があります。

これと同じものです。

だから運転の禁止となっているのです。

 

デパスのやめ方は精神科医は知りません。

デパスを急にやめると危ないです。

 

 

当然ながら非常に危険です。
巻き込まれてしまった人たちのこと。
そしてまだでもこれから同様の事故、事件を起こす危険があります。

 

運転をするにしてもまずはデパスなどの向精神薬の断薬からです。

少しでもしていたらしていることに変わりはありません。

 

デパス(エチゾラム)などの妊娠・授乳への影響とは?デパスと一緒に飲んではいけない薬?

デパス(エチゾラム)などの向精神薬を使っている状態での妊娠や授乳は
悪い影響があります。
デパスに他の向精神薬。一緒に飲んではいけない薬です。

毒物です。

 

妊娠中に毒が子供へいくと子供の発達に障害がでる恐れがあります。
奇形児になる恐れもあります。
口唇口蓋裂になる恐れもあります。

 

 

精神科医は

心配しなくていい。
おクスリの調整をするから。

こうしたことを言いますが
これは実はかなり危険なことなのです。

 

母乳にも影響があります。
母乳からも子供へ毒が流れていきます。

精神科医のいうことはただの対処療法です。

対処療法=痛み止め。

 

精神科医が原因で精神病になります。

 

 

デパス錠のジェネリック医薬品、エチゾラム錠との違いは?

デパス錠にはジェネリック医薬品があります。
エチゾラム錠というものです。

 

コーティングが変わったぐらいです。

毒性に違いはないです。

 

デパスもですが向精神薬にはジェネリック医薬品があります。

しかしどれを使っても同じことです。

 

まとめ

デパス(エチゾラム)などにあるといわれている特徴はそもそも存在しません。
実際の特徴はデパスなどの向精神薬で精神病になります。
精神科医に心理カウンセラーなどは
実際には何もしませんし何もできません。

 

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。