ドリエルも耐性ができる。寝起きがだるいことになる。

ドリエルに限らず薬には耐性ができます。

最初は薬で眠れるのが

人工的にしているため

脳では異常なことと、とらえます。

そしてドリエルで気分を沈めていたので

脳は気分を上げることにします。

そして眠れないことになります。

 

睡眠の質の低下を招きます。

 

しかしこれでは済みません。

 

 

死ぬことになります。

 

 

ドリエルで寝起きが悪い。

 

最初だけはよくても

 

これは誤魔化しでその場しのぎ。

 

 

そして飲み続けていると

 

 

かえって眠れないことになります。

 

不眠症になります。

 

 

睡眠がとれずに

 

ずっと眠い状態が続き

 

疲れが取れない。

 

 

翌日に起きると毎朝

 

だるい状態になります。

 

 

これは精神科・心療内科の睡眠薬も同様です。

 

 

ただし、

 

精神科医の睡眠薬はさらに危険です。

 

 

ここで寝起きが悪く

 

だるいからと受診を

 

してしまう人たちが多いです。

 

 

 

薬に頼るのをやめる。

 

 

別の方法が必要です。

 

 

ドリエルでだるい。一錠だけのつもりが

 

あそこでは彼らは

 

最初はドリエルで眠っていたけど

 

 

寝起きがだるい。

 

眠れないからと

 

精神科医の睡眠薬の処方に

 

切り替えた人たちもいた。

 

 

最初はたしかに彼らも

 

寝起きがだるいのが

 

おさまったと言っていたが

 

 

また同じことになった。

 

 

ドリエルでダメだから

 

 

さらに強さが強い睡眠薬にしたところで

 

またなるだけだった。

 

 

 

ドリエルを一錠だけのつもりが

 

大変なことになってしまった。

 

 

 

ドリエルEXもだが

 

睡眠薬も

 

 

効果と副作用に違いはない。

 

 

 

それから

 

ドリエルとピルの併用はやめること。

 

 

ドリエルと睡眠薬。寝起きがだるいのが致死量で死ぬことに。

 

ドリエルを使う危険を考えていただきたい。

 

彼らはドリエルも再び使い始めた。

 

 

寝起きがだるいから辛いと言っていた。

 

 

しまいには頭を壁に打ち付けていた。

 

 

わめいていた。

 

 

頭がおかしくなるだけだった。

 

 

こうなる前に彼らには

 

副作用で悪夢を見ると言っていたので

 

経験上、今のうちだと説明はした。

 

 

 

彼らは最後には致死量に達して

 

死ぬことになった。