向精神薬、睡眠薬。グランダキシンの治療で自律神経失調症の発病。 うつ病、統合失調症、不安症、パニック障害、不眠などの精神病に効かないどころか、効果・副作用で治るどころではなくて薬物依存症へ。 併用は?違いはない。デパス、パキシル、ソラナックス、リーゼ、コンスタン、メイラックスも。

 
向精神薬、睡眠薬の使用。
グランダキシンの投薬治療で
自律神経失調症の改善どころか
発病や悪化をすることになる。

うつ病、統合失調症、不安症、パニック障害、不眠
などの精神病には効かないのである。

そして、効果、副作用がある。
治るどころではなくて、
薬物依存症になってしまうことになる。

よくある疑問に
こうした抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬
などの精神薬の併用をしたときの違いだが、
違いはない。

デパス、パキシル、ソラナックス、リーゼ、
コンスタン、メイラックスもだが
同じである。

抗うつ薬・精神安定剤・抗不安薬、睡眠薬などの精神薬は
覚醒剤・麻薬そのものである。

色々な製品名、形、色があるが成分は同じ劇薬である。
 
 

向精神薬、睡眠薬。グランダキシンが効き始めると?効果がでるまで待つと?
長期服用の効果・副作用で薬物依存症、薬物中毒者。
断薬の治療が加わるだけ。

 
こうした向精神薬、睡眠薬は
グランダキシンもそうであるが
服用を続けて効き始めるまで待ち効果がでるまで待つと

長期服用による効果・副作用で
薬物依存症、薬物中毒者になることになる。
させられる。

かえって、余計にすることが治療や療養生活に増えることになる。
断薬の治療が加わるだけである。

長期服用とはどのぐらいなのか?
どのぐらいの期間で
こうした薬物依存症になるのか?

一週間もすれば薬物依存症、薬物中毒者になる。

つまり、最初に精神科医の診察を受診して
投薬治療となるので
覚醒剤・麻薬が処方される。

一週間、二週間は処方されることになる。

そのまま気づかないで服用をすると。

薬物依存症、薬物中毒者になってしまう。

知らずに。
 
 

向精神薬、睡眠薬。グランダキシンをネット通販で購入?
抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬などの精神薬が効かないから。
それは、薬物依存症、薬物中毒者の症状。
薬が欲しい、購入したいは。

 
向精神薬、睡眠薬全般もだがグランダキシンを
ネットの通販で購入したくなることがある。
理由は、精神科医の処方する
抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬などの
精神薬が効かない、効かなくなるからである。

これは、薬物依存症、薬物中毒者の症状である。

 「薬が欲しい」 「購入したい」

こういった状態は覚醒剤・麻薬に対する耐性がついて
効かなくなったからである。

つまり、薬物所持で逮捕される人たちと同じ状態である。
残念ながら。
これが事実である。

よい面もある。
事実がわかると対策をどうするのかが見えてくる。
こうして解決策が見えるのだから。
 
 

向精神薬、睡眠薬。グランダキシン、抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬の服用をやめよう!
精神科医や心理カウンセラーと決別を。
お酒もアルコールも飲めるようになる。

 
向精神薬
睡眠薬
グランダキシン
抗うつ薬
精神安定剤
抗不安薬

こうした覚醒剤・麻薬である精神薬の
服用をやめるとよいことがある。

その一つに
お酒、アルコールが飲めるようになる。
飲酒である。

こうしたクスリを服用していると場合は
お酒、アルコールの飲酒は禁止されている。
車の運転も禁止されている。

しかしすべての断薬をした後は
関係がなくなる。

療養生活を送り体調を整えて
健康になると。

これは自分のことで
ひとつの参考にしていただきたい。

薬物中毒状態だったときは

ビールを350mlの缶ビールを飲むのも
全部飲めなかったような状態に陥った。

瀕死状態だったから。

その後
断薬をして
治療をして
療養生活を送る。

そして
お酒に強くなった。

ビールを飲んでも酔わない。
物足りない感じがある。

日本酒も楽々。

ウイスキーも
薄めないでそのまま飲んでいる。

ワインは瓶のボトル一本を飲んでも酔わないときすらある。
 
 

向精神薬、睡眠薬。グランダキシンと市販薬の頭痛薬、風邪薬との併用?
頭痛、風邪の原因はグランダキシンなどの精神薬。

 
向精神薬に睡眠薬。グランダキシン。
市販薬である頭痛薬、風邪薬との併用をすることがよくある。

これは、そもそもの原因は
頭痛、風邪をひく原因は
グランダキシンなどの向精神薬、睡眠薬の服用をすることで
免疫力の低下があるからである。

体の力が弱くなるので
風邪をひきやすくなるし
頭痛にもなりやすくなる。

併用をすると危険は当然ある。

しかし、断薬をして、
治療、療養生活を送ると
頭痛にも風邪にもなりにくくなる。
もし頭痛薬や風邪薬が必要だったとしても
併用ではないので、危険性も下がる。
 
 

まとめ 向精神薬、睡眠薬で終わる?人生やり直す?精神科医と心理カウンセラーはペテン師で殺人者。向精神薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤を騙して売りつけて廃人にして。

 
私たちは向精神薬、睡眠薬をそれでも使い続けるのか?
それで終わるのか?それとも人生をやり直すのか?

精神科医と心理カウンセラーの正体は
ありもしないことを作り話で騙すペテン師であり
殺人者です。
向精神薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤
こうした毒物を安全と騙してやさしい親切な人を演じては騙しているのです。
こうして私たちを騙しては向精神薬を売りつけて廃人にしているのです。

あなたはこう思っただろうか?

 「精神科医に心理カウンセラーのやろうめ!殴ってやる!」
 「ひっぱたいてやる!」

正しい!
これは感情ですよね?
病気ではないです。
この感情を使ってやる気をだして
あなたもまずは断薬からです。

ここで気づいて人生をやり直すのか?

それとも
このまま騙されたままで人生が終わるのか?

あなたはどうだろうか
私たちはここで終わるわけにはいかない。
そう思わないだろうか?

正直にいうともちろん楽ではない。
たしかに楽してすぐにお手軽でいい結果が欲しい。
そういった自己中心的な考えではいつまでもやらないので
結局は何もしないので結果も出ないです。

厳しいことをいいますが。
そうして他人のせいにしては愚痴を言うだけ。
これは断薬をするのもですが何をするにしても何もできません。

人としての考え、生き方の問題です。

こうしてクスリに逃げている人たちが多いです。
精神科医や心理カウンセラー、職員のことを
先生と呼んでは。
文句を言うだけで。

精神科医、心理カウンセラー、職員。
こうした詐欺師たちはなぐされてくれるし
やさしい言葉をかけてもくれるでしょう。

しかしこれが詐欺の手口なのです。

自分はかわいそう。
他よりもかわいそう。
自分はかわいそうな被害者で不幸。
だから他がすべてをしてくれるのは当然と思っていませんか?
かわいそう比べをしても何も状況はかわりません。

人は努力をしないで
ただ愚痴を言っているだけで自分はかわいそうで不幸。

こう言っている人には興味を持てません。

興味がないので手助けや協力をしようとは思いません。

いい人を演じているだけでたしかに協力を得られることもありますが
しかしこの場合は一時的なことでしかありません。

それに協力してくれた人たちは、協力したのではなくて利用しただけです。
自己中で努力をしない人やらない人のまわりには
やっぱり同じ人しか集まらないのです。

人が協力をしようと思える人になりませんか?
そのためには私たちがするのは
まずは自分が行動をすることです。