非定型うつ病は診断で作られる。依存症の罠。

非定型うつ病とは診断があり精神病と名付けられて。
病気を治すのには治療で治るとだまされてしまい
麻薬の向精神薬で依存症の発症をします。

非定型うつ病というと難しそうな名称ですが
忘れてください。

診断テストというのも
あてにはならないのです。

 

非定型うつ病は診断で作られる。忘れること。

精神科医の主観で決まるもので。
なぜなのか?原因は?
はっきりとしないままに病気にされてしまいます。

非定型うつ病の診断基準というのは忘れることです。

 

精神病とは
あてはめようと思えば
誰でもに当てはめることができます。

 

そして
薬物依存症で働けない。

いつまでも治らない非定型うつ病。
窓口での支払いの負担を減らすのに
診断書の提出。
これもお金の無駄遣いですが。

こうしてクズの詐欺話を信じていると。

非定型うつ病だから休職が必要。
診断書の提出。

非定型うつ病ということで診断方法もすすみ。

診断されるのも診断されないのもあいまいで。

 

非定型うつ病は診断で作られる。薬害だと知ること。

あいまいな診断名。

非定型うつ病といったのはないものです。

 

一例をあげれば

周囲の環境が悪い。
家族もひどい。
会社もひどい職場。

もともと健康に問題を抱えている。
不健康な生活。

性格が自己中心的。
だらしがない。

など。

 

まずは非定型うつ病ということを忘れる。

精神科・心療内科の診断テストも気にしない。

非定型うつ病の診断基準もない。

 

非定型うつ病の克服をするには

非定型うつ病の原因は薬害だと知ること。

そして自分にある弱みを
詐欺師たちに利用されていることを自覚する。

もちろん周囲に原因があれば
親も間違いを認めて直す、治す。

 

非定型うつ病は診断で作られる。寛解?らりってわからなくなっているだけ。

誰でもが失敗はします。
しかしそこからどうするのかが分かれ道です。

病院、医療の治療ですることではありません。
精神科・心療内科の治る方法という治療で
治った人はいません。

寛解?らりってわからなくなっているだけです。

治らないで悩むのも薬害だからです。

そして行動をしているのか?
原因がわかっても行動がなければ改善することもないです。

 

非定型うつ病とは存在しないものです。
抗うつ薬など向精神薬漬けとなり
らりってしまい双極性障害というのにもなり。

 

精神疾患に違いはないです。

こうしてつくられているのです。

 

周囲で非定型うつ病という人がいるが
接し方をどうすればいいのか?

 

この場合は
本人に非定型うつ病はないこと。
薬物依存症だと自覚をさせることです。

そして最初から抱えている様々な問題を
直す、治す。