抗精神病薬(向精神薬)でうつ病の克服?効果と副作用で便秘やイレウス。

抗精神病薬(向精神薬)でうつ病の克服をしようとしている方々が多いです。

効果と副作用でなるのに便秘やイレウスがあります。

精神科や心療内科の患者たち、通院をしている人たちには
便秘やイレウスになる危険があります。

みんなよく消化器内科に行き消化器入院をしていました。

サブイレウス、イレウスを繰り返していて入院している方たちがいました

 

抗精神病薬(向精神薬)を飲んでいても意味はないどころか。
体調はこうして悪化をし続けてしまいます。

 

こうした精神症状については抗精神病薬(向精神薬)と関係はありません。

 

私たちはいろいろとあります。
これにはそもそも問題があるから、こういう精神症状、感情が出るのです。

 

抗精神病薬(向精神薬)の内服では、身体合併症を起こすことになります。

精神症状にばかり目がいきがちですが。
精神症状のほかに身体合併症の観察も必要です。

 

イレウスを繰り返している状態にもなります。

 

抗精神病薬(向精神薬)による便秘もです。
そして下剤の服用があります。

 

下剤のコントロールをするのではなくて
そもそもが抗精神病薬(向精神薬)によるものです。

 

私たちの日常生活に良い変化を出すには
まずはすべてを見直してみることが大事になります。

 

 

抗精神病薬(向精神薬)の効果と副作用で苦しむ家族いませんか?便秘。下剤のコントロールではなくて。

抗精神病薬(向精神薬)の内服をしている家族の方たちも苦しんでいます。

なぜ便秘になるのか?

抗精神病薬(向精神薬)には強い、弱い、といった強弱があります。
それに飲んでいる量も人によって違いがあります。

 

抗精神病薬(向精神薬)は抗コリン作用が強い薬剤です。
腸の蠕動運動を抑えるのです。

 

消化機能の低下。
便秘です。

便秘が続き。
腸の蠕動運動がなくなります。
イレウスを起こします。

 

そして状態が大変なことになります。

 

危険なのです。

 

下剤を服用してコントロールをする。

しかし精神科医に騙されてしまうと
抗精神病薬(向精神薬)長期の服用をしています。

 

下剤を定期的に飲み続けていると
腸の蠕動運動のコントロールが不良になる話があります。

 

消化器内科に行っては
毎日の多い量の下剤飲んでいることなります。

 

たしかに多かったです。

 

精神症状をについては自分自身の日々の習慣、行動を見直すことです。

また話しているときに使用している言葉がどうなのか?

 

精神科医との信頼関係を見直すこと。うつは治る。症状の訴えを正確にわかるのは自分自身

精神科医にいっていても何も変わりません。
信頼関係といっても精神科医は私たちをうまく利用しているだけです。

うつは治るのです。

精神科医は抗精神病薬(向精神薬)を売るだけです。

 

下剤のコントロールに便秘。

そもそもの原因は精神科医です。

 

そして私たちには弱いところがあります。
そこを突かれているのです。

精神的に参っている状態のときにやさしくされると
騙されやすいです。

 

心理カウンセラーにも気を付けてください。

 

日常生活に良い変化を。

便秘やイレウスの解消。
そして精神病、精神症状。

 

間違いを繰り返さないようにするには
まずは精神科・心療内科にいくのをやめることです。

精神科医や心理カウンセラーにも会わないことです。

 

抗精神病薬(向精神薬)を内服していると、
脳が麻痺して動かなくなります。

精神症状が抑えられるというのは
麻痺をしているだけなのです。

 

抗精神病薬(向精神薬)で活動量が低下してしまうのです。

やる気がでない。気力がない。意欲の低下。
精神科でかえってこうなってしまうのです。

 

心理カウンセラーが弱っている私たちの話を聞いてくれる?
やさしくしてくれる?

気を付けてください。

たしかに私たちは弱っている精神の状態では
だれかに聞いてもらいたい、助けてもらいたいと思いがちです。

 

しかしこうしていても何もなりません。

かえって心理カウンセラーが聞いてくれるからと
自分の問題点を見ないで逃げる行動が強くなります。

 

心理カウンセラーは精神科医と連携をしています。

心理カウンセラーが抗精神病薬(向精神薬)の服用をするように誘導をします。

 

精神科医の抗精神病薬(向精神薬)で動けない。

心理カウンセラーのカウンセリングも定期的にいつまでも受け続ける。

 

お金の無駄遣いです。

 

まずは自分のだらしないのを正すのが必要です。
自分もそうだったのですが
断薬は必要です。

しかし断薬をしただけではいけません。

自分の欠点や問題点、環境など。
様々なことを見直すことです。
もちろん自分の嫌な面、見たくないことを見ることにもなります。