仮面うつ病とは?薬害。典型的な詐欺の手口です!

仮面うつ病とは精神科・心療内科の治療開始後から始まります。
精神科医の麻薬の向精神薬の似非治療の被害です。

仮面鬱病の前に精神科・心療内科の受診前の状態とは
疲労感、息苦しさ、胃もたれ
頭痛、食欲不振
この身体の症状は誰にでもある疲れからくるもの
そして自身が抱えている問題からくるものです。

仮面うつ病は薬害です。

 

仮面うつ病とは?身体の不調の症状は精神科・心療内科の治療がきっかけ。

ところがサイトやブログでうつ病チェックリストをしてしまうと
そうかもしれないうつ病かもしれないと思ってしまいます。

向精神薬で一時的に気分が楽になってもこれは依存症です。
身体の不調症状がでてきます。
倦怠感、肩こりがひどい。
頭痛、めまい、腹痛もひどい。
食欲低下に食欲増加。

これらは精神科・心療内科に行く前もあります。
しかし軽い症状です。

 

仮面うつ病の診断基準もあてにはならないです。
仮面うつ病とは精神科医がなんとなく
でたらめでつけているだけです。
仮面うつ病はないものです。

 

なんとなくたぶんうつ病だろう。
統合失調症にしておくか。
不安感が強いから不安症、不安障害の併発にしておくか。

クスリを売るノルマもあるから。
この人も欲しがっているから。
利益率の高いのにしておこう。
製薬会社からの賄賂もあるから。

そして薬害で体が動けない。

 

 

仮面うつ病とは?架空の病気で薬を売るため。

仮面うつ病で?仕事ができない状態に

追い込まれてしまいます。

仮面うつ病の症状は薬害が原因です。

他にもそして薬害にあう前にある
抱えている問題の数々もあります。

減薬、断薬をすればいいだけではありません。
むしろ断薬以外のことがとても治るには大事です。

 

仮面うつ病の症状はやらせです。

クスリを売るためにつくられた架空の病気です。

あなたももうこういったクズどもとは決別をしましょう。

そして治すのです。

仮面うつ病の治療期間を精神科医にいわれても
説明通りにならないのが現実です。
それもそのはずです。薬害ですから。

仮面うつ病ではほかにも高齢者を狙った詐欺もあります。

 

仮面うつ病とは?詐欺の典型例。

結局は人助けといっては
騙している詐欺の典型的な手口です。

治療法で仮面うつ病で正しいのはどれか?
仮面うつ病の症状を治すには?
そういった話はもう忘れましょう。
相手にするのをやめることです。

仮面うつ病とは薬害です。

 

治すといっては騙すよくある詐欺の典型例です。

 

うつ病も統合失調症も違いはないです。
騙されているのです。

向精神薬で自律神経失調症になり。
精神に異常をきたすのです。

周囲は仮面うつ病との接し方で正しいのは
まずは詐欺にあっていることを伝えることです。

信じ込んでいる被害者を説得するのは大変です。

仮面うつ病は薬でなること。
仮面うつ病の原因は精神科医と臨床心理士。

 

まとめ 仮面うつ病とは?

困っている人をだましてクスリで頭がおかしくなる。

仮面うつ病の治し方といっては薬を売るだけ。

仮面うつ病の身体症状の特徴で

めまい、しびれ、腰痛、体重の減少、体重の増加など

薬物依存症で
薬物中毒者だからです。

仮面うつ病とはつくられた
典型的な詐欺です。