看護師のうつ病。症状はあの薬の罠。休職から復活をするには?

うつ病になる理由は抗うつ薬など向精神薬です。
看護師ならクスリの成分を調べるとすぐにわかります
「あの粉」と同じであることが。

 

精神科医の治療を始めてから

症状が悪化を始める。

 

そして体が動かない状態になる。

 

休職に追い込まれるのです。

 

休職になり退職に。そして続く症状。

こうした詐欺で休職にさせられ。

 

しまいには退職をせざるをえないことになり。

 

彼女も看護師で働いていたが

 

これはこれでとマニュアルを覚えてはいるが

 

しかしあれと同じとは習わない。

 

これは医師も薬剤師も同じ。

 

 

あなたもご存じのとおり。

 

 

彼女に僕が説明をすると

 

調べだした。

 

さすが看護師なだけあって

 

すぐにわかった彼女だった。

 

 

彼女は薬害で幻覚に幻聴もあった。

 

パニック障害にもなった。

 

 

精神科医や臨床心理士とも決別し

 

完治をしたので

 

まったく違った人生を送っている。

 

復職はできる!精神科・心療内科のブログは騙すため。

彼女もそうだったが復職はできる。

 

仲間たちもそうだった。

 

もちろん治る方法はあるが大変だったが。

 

うつ病とはつくられたもの。

 

 

そもそも抱えてる問題は

 

医療で治る話ではない。

 

 

精神科・心療内科・臨床心理士のブログは

 

騙すためにあるもの。

 

業者に依頼をして

 

うまく検索の上位に表示されるようにしてある。

 

説明からしてもすべてが同じことが書いてある。

 

割合という話もそう。

 

 

 

自分の悪いところは自分で治すことができる。

 

そして環境が原因の場合が多い。

 

これは自分ではできないこと。

 

逃げる。諦めることも大事。

 

 

他の人たちが理解するのを

 

期待するのは

やめること。

現実問題、

 

あなたにはどうしようもできないこと。

 

転職もあり。鬱病から復帰をするには。うつ病患者はつくられたもの。

なにかあるとそれがストレスになる。

 

たまっていき疲れた状態にもなる。

 

しかしここでするのはどういった問題が

 

このストレスを引き起こしているのか?

 

詳しいうつ病からの方法はある。

 

こうしたことを片づけるとストレスもなくなる。

 

 

ストレスに強くもなるので

 

かえって最初よりも元気になる。

 

 

 

うつ病から復帰をするのは可能。

 

転職をするのもひとつの手。

 

元々の職場に戻る必要はない。

 

鬱病という名称で

 

わかりずらい状態になっているので

 

こうした名前を忘れることをおすすめします。

 

 

 

そして精神科医や臨床心理士のことを

 

毎日「クズ」と口にする。

 

うつ病患者はつくられたものだから。

 

 

 

新人看護師も含め大変な仕事です。

 

仕事の職場で

患者の家族からも責められることもあって。

 

夜勤で生活リズムも崩れやすい。

 

男性看護師でも

 

いくら体力があっても大変な仕事です。

 

 

 

参考までに

 

 

看護師の彼女は

 

再就職をした。

 

 

他の職種もしたりもした。

 

運がよく、

よい職場があったので看護師に戻った。