うつ病で顔の表情に異変が。麻薬・向精神薬の依存症のサイン。

うつ病で顔の表情、顔つきが変わります。

自分である日鏡や写真の画像をみると気づくことです。

これは麻薬を向精神薬といわれて飲み続けているのが原因です。

 

うつ病で顔つきの特徴がかわってしまいます。

顔が変わる症状には

顔にむくみがでる、

被害の多さは知恵袋を見るだけでも
よくわかりますよね。

うつ病とだまされて。

 

そもそも最初にあるのはネガティブな感情です。

そこに嫌な気分をよくするのに麻薬と同じ成分の
向精神薬の処方がありを飲むと

気分がハイになる。

でも次には落ちます。

うつ病の発症。

 

治るには

元からある問題の数々をなくす。

そして依存症の治療も必要です。

 

そしてしばらく向精神薬漬けでいると

顔のこわばりに顔の痙攣。

うつ病だからではなくクスリで顔貌が。

こうして顔の変化があります。

 

皮膚科に相談をしても

向精神薬によるものなので治せないですと

あきらめるようにいわれます。

 

しかしそれだったら薬をやめるのが解決策ですよね?

 

うつ病とだまされてしまう。

顔色が悪い、顔腫れ、顔のむくみ、顔が痛い

顔のほてり

はまだいい体調です。

茶色や黒い、黄色い、赤い、肌色、顔色。

 

体がふらふらして

顔が洗えない。

 

顔つきがうつ病とだまされてしまい

薬害の特徴で見た目がひどく変化します。

そしてうつ病は薬害と知らずに恥ずかしいから顔を隠す。

自信を失う。

顔に汗が伝って暑い日は特に大変。

 

顔つきが変わるのは向精神薬漬けで。

うつ病に顔貌が。詐欺で。

顔腫れ、顔のむくみがあるのはまだいいほうです。

 

 

うつ病で顔の表情に異変が。治療で。

うつ病の発病をする原因は精神科医に心理カウンセラー。

精神科・心療内科の職員たち。

顔の表情、顔つきに変化がありますよね。

その特徴と見た目にある症状があらわれます。

うつ病で顔が変わると周囲も思いがちですが。

薬物依存症です。

 

代表的なのは特徴として

顔色がどす黒い顔色に変化します。

顔色が黄色い色に変化します。

これは精神科医の治療を受けて

信じる、

 

しばらくすると発症する症状です。

それではこれはなぜなのでしょうか?

 

うつ病の発病をすると顔色がどす黒い顔色になりますよね?
どういった悪いサインなのでしょうか?

これは体調が悪くなっていることを
知らせるサインです。

肝臓病や腎臓病になりかかっているのです。

ここで気づいて薬をやめればよいのです。

 

しかし多くの方たちは自分も含めて気づきません。

わからないまま薬を飲み続けることになります。

あのときはてっきり他に原因があるのだとばかり
思っていたのですが

あきらかに精神科医のクスリが原因でした。

 

精神病は治る。うつ病・統合失調症・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

太るのもですが、顔がどす黒くなり

当時は落ち込みました。

顔はしみもできてしわもできて。

「おかしい、おかしい!」
と悩んでいました。

 

しかし精神科医やカウンセラー、職員には

病気が治る、改善するにはには向精神薬が必要。

と言われ続けていたので

そういうものだとばかり思っていました。

 

 

うつ病で顔の表情に異変が。さらに大変なことに

「仕方がないのであきらめて飲むしかなかったのです。」

他にこうしたうつ病の詐称で
薬害の症状の出方では
顔の表情が変わる。

顔の一部が黒くなることもあります。

 

例えば口の横だけが黒くなる。

最初は何かの皮膚病と考えて皮膚科の診察をします。

皮膚科の医師はこう言うでしょう。

「精神科医のクスリの副作用です。」
「治りません」

こうしてショックを受けて落ち込みます。

 

女性の場合だったら
このショックは相当大きいはずであります。

お化粧でごまかしても
お化粧を厚く塗っても隠せません。

精神科医の詐欺行為で更に落ち込むことになります。

 

女性の人たちは
前はきれいだった人たちが

次々と顔がどす黒い顔色に変わっていき。
太り。
みんな落ち込んでいました。

そんなみんなを見ていて、

気を使い顔色の話題には触れないようにして

何かがおかしいと思っていました。

うつ病では様々な病気が併発しますよね?

肝臓病に腎臓病も発病することになります。

 

しかしこれだけでは済みません。

太るのはおなじみの症状です。

もともとはスタイルがよかったのに
精神科医の受診をしたあとに、太りだした。

体が重くなって動けない。

他にも体がだるくてつらい。

やる気が起こらない。

診察の待合室やデイケア。
入院をしたなら病室。

 

そこで一緒になった人たちをみてもわかりますよね。

 

・よだれを垂らしている人いませんでしたか?
・発狂している人いませんでしたか?
・手が震えている人いませんでしたか?
・体全身が震えている人いませんでしたか?

 

精神科医やカウンセラー、職員からは
症状が進行して重くなっているからと説明されますよね?

この説明がそもそも間違いです。

このような症状は

精神科医のクスリが原因で発症したものです。

精神病は存在しない病気です。

 

うつ病で顔の表情に異変が。死亡も。

うつ病で顔の表情が変わる。

軽いほうです。

物忘れがひどい、

認知症も併発することになります。

 

原因はなぜなのでしょうか?
精神科医ですよね?
心理カウンセラーのカウンセリングですよね?

 

こうした精神科医の処方するクスリ、向精神薬は
毒そのものです。

 

かえってこうした向精神薬によって

認知症にもなります。

 

最初は物忘れがひどい、激しいことに気づきます。

自分も物忘れがひどくなりました。

昨日したことを忘れてしまうのもだったのですが

これからしようと思ったことも忘れてしまうことがありました。

しばらくしてから思い出したのですが

そのたびにおかしいなぁ?どうしてだ?
この年齢でボケてきたのかな?

認知症!?

当時は相当悩みました。

うつ病詐欺。

そして
顔の表情が変わる。

この程度の症状で済んでいるうちに

詐欺にあっていると認識をすることを
おすすめします。

現在は
記憶力は戻りました。

 

いまでも精神科医のクスリを飲んでいる人たちと
会うときがあるのですが
もうすっかりダメになっています。

ボケかかっています。
他にも話のつじつまがあわなくなっており、
コミュニケーションがとれなくなっています。

ろれつがまわらない。
よだれを垂らしている。
ふらふらしている、ふらつきがある。
目がうつろ。

残念ながら向精神薬の過剰摂取で
あと少しで認知症になるのです。

それか腎臓病、肝臓病、糖尿病、癌など

なにかしらの病気になり死亡をします。

 

 

まとめ うつ病で顔の表情に異変が。

実際に認知症になった人たちも多くいました。

こういうことは
まずは自覚をしないといけません。

依存症に陥っていると。

最初は軽いうつ病だったのが症状が重くなるのですが。
これは精神科医に診断された後ですよね?

最初を思い出してください。

少し落ち込んでいる。

軽いうつっぽい状態だったでしょう?

それがうつ病や統合失調症などの精神病が重くなっていく。

それに加えて別の症状、病気にもなっていくのです。

 

精神科医やカウンセラーというのは
実はただの詐欺師なのです。良い人演じて騙しているのです。

 

私たちはここで考え直してはいかがでしょうか?

 

精神病は治る。うつ病・統合失調症・睡眠の改善。根本からの生還する方法。