うつ病に倦怠感。薬害で。そして命を失うことに。

うつ病で倦怠感のあるのは抗うつ薬などの向精神薬が原因です。
抗うつ薬など向精神薬は覚せい剤・麻薬と同じ成分です。
精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤も同じです。
気分がよくないからと受診をした精神科・心療内科によるものです。
何かあってストレスがある、辛い、逃げたい、気分が優れないなど

ここで精神科医にだまされてしまい
治ると自称をする治療で体調が大変なことになります。
うつ病に倦怠感があるのは軽いほうです。

最初はたしかに抗うつ薬など向精神薬を飲むと
らりって気分がよくなります。

しかしこれで嫌な感情を解消をしても
その後はヤクがきれます。

うつ病というから病気だと思い込むのです。
ネガティブな感情です。
精神疾患はこうしてつくられています。

 

うつ病に倦怠感。辛い?でもまだ軽い症状の被害です。

うつ病も倦怠感も薬が原因です。
そしてそうした詐欺行為を平気でしている
精神科医です。
そしてクズ仲間には臨床心理士もいます。
危ないので気を付けてください。

こうして精神疾患といいがかりをつけられてしまい。
薬物の依存症になります。

 

薬物の禁断症状がでて

うつ病にさせられてしまい
倦怠感がある。
朝に起きてもだるい。
辛い。
体が重い。

 

うつ病で倦怠感があるのは

わりと初期のほうの症状の被害です。

食欲が増える。
または食欲が減る。

太る、痩せる。

 

うつ病に倦怠感。症状が進行する。

クズたちの治るというクズ治療というので
らりってしまい、
体調が悪くなる日々。

うつ病に倦怠感どころか。

物忘れがひどい。

そしてうまく考えられない。
ろれつがまわらない。

指が震える。
体が震える。

ふらふらする。
疲れた。

鬱病も倦怠感もやらせです。

精神科医などが作り
そしてそれを治るという。
改善するにはといっては薬を売るだけです。
精神科医も臨床心理士もあなたの経験は未経験者。

会社勤務をしたことがない、
あなたの仕事もわからない。
学校に学生でいるわけでもない。
知らないので役に立たないのです。

高い診察費、予約料、初診料、デイケアの代金、

カウンセリングの代金の支払い。
お金の無駄遣いで
デイケアまでいって。

 

保険を使うと窓口負担が減るので
わからなくなりがちですが
税金からの支払いです。
社会保障費です。

税金泥棒に知らずに協力をしていることになります。

 

うつ病に倦怠感。周囲にも嫌がれるようになる・孤独。

こうした一連の詐欺師たちの治療で
治った人がいないです。
うつ病に倦怠感があるのは楽なほうです。

対処法はまずは

精神科医や臨床心理士をを殴るまではいかなくても。
詐欺師でクズたちときちんと自覚をすることです。

 

鬱病で倦怠感もありだるい。
そのままだと命を落とすことになります。

 

うつ病といわれて
体の痛みもでてきます。

身体能力の低下、

筋力の低下、

治療が原因です。

 

うつ病に倦怠感。
うつ病でだるいし動けない。

そして動けない。
体が動かない。

うつ病でひたすら寝る日々。
寝たきり状態。

 

もうやる気もなくなる。

うつ病でずっと寝てることにも。

雨が降れば辛い
寝逃げをする。

不安感も強くなる。

不安症、不安障害、パニック障害の併発。

 

吐き気もする、頭痛もする。

躁病、躁うつ病、双極性障害にもなる危険があります。

 

顔つきもおかしい。
顔の色も悪い。
目つきもらりっておかしい。

周囲からもおかしいと思われる。
異常者だと思われる。

友人も離れていく。
恋人や妻、夫にも別れる、離婚したいと言われる。
家族もあきらめたと縁を切る。
孤独になる。

 

まとめ うつ病に倦怠感。

詐欺の被害で
人生が台無しになります。

うつ病に倦怠感はまだ軽い被害です。

うつ病の診断を受け治療が始まり
そして被害が様々な症状がでる。

ここでどうするのかです。

死亡をするのか?

間違いを認めて
うつ病を治す。
抱えている問題も直る、治るためにする。
人生をやり直すのか。