心の病気の接し方で大事なのは薬害と自覚をすること。

心の病気との接し方では麻薬の向精神薬が原因だと自覚をすることからです。
心の病気ではうつ病がや統合失調症(精神分裂症)があります。
他にも不安症、不安障害、パニック障害。
どれも薬害でなるものです。

心の病気というのはないことを説明するのが接し方です。

たしかに私たちはショックをうける。
大変なこと、悲しみがあると気分に変化があります。
こうしたのは感情です。
こういったのを心の病気といっては
症状があるからと向精神薬を売るだけなのが精神科医なのです。
精神科医も臨床心理士もしているのは
いいがかりです。

 

人との接し方では悪い人とは関わらないことがよくいわれますが
まさにその悪人なのです。

 

心の病気の接し方。クズたちを信じ切っているのを目覚めさせることから。

心の病気の接し方では
友人や職場の同僚、家族にもいらっしゃることがあります。
それだけ被害が多いのです。

しかし最初に心の病気ということで
抗うつ薬などの向精神薬をしてしまうと
一時的には収まる場合もありますが
これはらりって気分がよくなっているためです。

 

もちろんヤクはきれます。

 

次には逮捕者と同じことになります。

 

不安症、不安障害、パニック障害の併発。
幻覚が見える。
過大妄想癖、妄想をする、妄想症。
幻聴が聴こえる。
躁うつ病、双極性障害。

 

接し方では悪人の精神科医や臨床心理士と
決別をするのが必要です。

周囲も心の病気だと信じ切ってしまっている
本人をどうにかして目覚めさせる必要があります。
人との接し方で悪人と付き合ってはいけませんと。

 

そして治療で
気分がかえっておかしくなるのです。

こうして心の病気と診断されてしまい
頭がおかしくなるのです。

 

恋人や母親がどうしたらいいのか?
接し方もよくある話は役に立たないのばかりです。
うつ病の子供、息子、娘、彼氏、彼女との接し方。

心の病気とは存在しないで
薬物中毒者に陥っていることの説明です。

 

それから禁句というものはありません。
あるとすれば

精神科医や臨床心理士を先生と呼ぶことです。

こういった考えを改めることです。

 

クズたちをいつまでも信じていても治ることはないです。

 

周囲は
例えば恋人が先生と呼ばなくなったのか?
ほっとく期間を設けて
メールで確認をしていくのもいいでしょう。

 

薬物依存症なので巻き込まれないように
ある程度の距離を取るのが望ましいです。

 

ここで下手に同情をしたり理解を示すと
調子にのってしまい
理解してくれたとかえって喜ばせてしまい
向精神薬を飲み続けるのを肯定してしまいます。

 

心の病気の接し方。本人次第。

完治をするには
本人の行動次第です。

何度も説明をした後でも
本人も一度は理解をした後でも
言い訳をしては薬に溺れたままなのか。

それとも生き方を改めて
実際に治すために行動をしているのか?