心の病気から仕事をできるには。精神科が原因の魔の手。

心の病気で仕事をしたい。
仕事ができない原因は精神科の治療が原因です。
精神科医の薬というのは「白い粉」と成分が同じです。
心の病気は精神科医がつくりだしているのです。

診断の前と治療の開始した後。
治療が進むにつれて体調が悪くなりますよね?

これは最初は一時的に薬で気分がよくなりましても
その後は体に耐性ができるので
クスリがきかなくなるからです。

 

そしてさらに脳のほうで最初のときよりも

元々が落ち込んでいたのを
クスリであげていたら
最初よりも下がります。

元々が落ち着かないのを
薬でおちつけるダウンしていたら
最初よりも上がります。

 

うつ病や躁病、躁うつ病、双極性障害、不安症、不安障害などの
原因となります。

適応障害とは環境が自分とあわないことです。

 

心の病気から仕事をできるには。精神科が定期的に儲けるためだけ。

適応障害とは心の病気ではないのです。
環境が自分とあわないことです。

自分が悪い場合もあるので
自分にもある悪い面を改善する、
それでもよくならない場合は環境の問題なので
環境を変えるのが治す方法です。

 

心の病気で仕事を休むのは大事なのですが
治ると思っていた治療で仕事ができないのです。

一時的に症状がおさまり
仕事に復帰、学校に行く、社会復帰をすると
やはりまた症状がでてきます。

仕事中でも心の病気でうまくいかずに。

再就職をしても
心の病気で仕事を辞めることにもなってしまい。

自分も大変だったのでわかります。

 

今はまったくの健康です。
完治をして。

 

しかし精神科・心療内科は治す考えがないのです。

毎週毎週、定期的に患者がくるのをつくりだしているのです。

そして高い支払いをして。

お金の無駄遣いなのですが。

 

気づかないと
詐欺だと気づかずに
自分もだったのですが泥沼にはまってしまいます。

 

心の病気から仕事をできるには。甘い話は最初だけ

心の病気で仕事ができないのは精神科医の薬が原因です。
「白い粉」と同じ成分の抗うつ薬など向精神薬を飲むと
それで仕事にいけないのです。
ストレスが原因のひとつです。
しかし疲れたのを
精神科医は治療で治るといっては
抗うつ薬など向精神薬の処方をします。

心の病気と仕事。
自作自演です。
残念ながら騙されているのです。

最初だけはいい場合もありますが
その後は必ずきかなくなります。

 

必ず体には耐性ができます。
クスリがきかなくなります。
逆に次には気分が一時的によかったのが
落ち込むことになります。
これがうつ病です。
うつ病というのは薬を売るだけのためです。

こうした精神科・心療内科の治るという治療で
なるさまざまな被害の症状は
薬害です。
精神障害者というのもつくられたものです。

治すという治療の被害で被害は、

・心の病気で仕事を休む。

・心の病気で仕事できない。

・仕事中も薬物依存症の症状があって辛い。

・心の病気になったらもう治らないらしい。

・心の病気で仕事を辞める。

 

会社側にも誤解があります。

うつ病は薬害です。

本人も被害者で辛いのです。

 

 

心の病気と仕事。治療が原因。間違い。

なにも好きでうつ病になったわけではないです。

詐欺師に騙されてしまったから

うつ病になり仕事にも悪い影響があるのです。

心の病気で仕事休むと会社の職場、上司からは
もう嫌がられる。
辞めさせたい。
辞職、退職にしたい。

そう思うのが本音です。

いつまでもうつ病が治らないで仕事ができない。

仕事に復帰をしても
まともに働けない。

会社側にしてみれば

うつ病で仕事しながら克服するのは信じられない。
こう思うものです。

しかし話に違いがあるのです。

まずうつ病で仕事ができない被害者の本人は

精神科医や臨床心理士を
信じないことです。

精神科・心療内科の治療では治らないのです。

かえってうつ病の発病をして
体調が悪くなるだけです。

 

心の病気と仕事。どうすれば?

うつ病を完治して仕事できる状態は可能です。

うつ病の診断はあてずっぽうで
ただのいいがかりです。
病気をつくっては故意に患者を増やす。

 

例えば適応障害、

適応障害は
病気ではないです。
環境が合わないからです。

環境がよくなるか
他の環境に移るか
自分に問題がある性格を直す、治すか。

薬を飲むのと関係がありません。

 

うつ病など心の病気を仕事しながら克服するのは可能です。
仕事の量を抑えて有給も使い
あなたも本当の治る方法をしましょう。

 

うつ病が治ると。
仕事できる。
それまでの何だったのか?
あなたもわかるときがきます。