危険な抗不安薬・精神安定剤の危ない効果と副作用。

抗不安薬、精神安定剤も危ないのにもかかわらず大変よく売れています。
これも精神科医や心理カウンセラーがお金儲けのためにしている悪事です。

抗不安薬、精神安定剤などで不安症、精神病、不眠症にもなります。

精神科医や心理カウンセラーの説明では
抗不安薬、精神安定剤は即効性があり
リラックスをするためとよく使われています。
頓服でもよく使われています。

これは実際にはありません。

 

効き目は依存性があり離脱症状の問題もあります。

セロトニン「仮説」も存在しないことが明らかになっています。

 

抗不安薬、精神安定剤の種類には下記のがあります。

 

ソラナックス、コンスタン、アルプラゾラム
ワイパックス
レキソタン、ブロマゼパム
リーゼ、クロチアゼパム
グランダキシン、トフィソパム
デパス、エチゾラム
セパゾン、クロキサゾラム
セルシン、ホリゾン、ジアゼパム
リボトリール、ランドセン、クロナゼパム
メイラックス、ロフラゼプ酸エチル
セディール、タンドスピロン
レスタス、フルトプラゼパム

 

ここで抗不安薬、精神安定剤の危険性を理解して
精神科医や心理カウンセラーの悪事の実態も理解して
行くのをやめること。

抗不安薬、精神安定剤、向精神薬、睡眠薬、睡眠導入剤

だと理解をすること。

 

私たちがすることは事実の理解。

精神科医や心理カウンセラーなどが治療と騙しています。

私たちは詐欺行為に騙されていることを
自覚することからです。

 

例えば
楽しめないのは「感情」です。
これは異常ではないです。
普通のことです。

 

自分も最初
楽しくない状態だったのをなんとかしないといけないと思いました。
ここで問題の解決をすればよかったのですが
精神科医や心理カウンセラーなどに騙されてしまいました。

 

抗不安薬、精神安定剤で精神病、病気になる。

抗不安薬、精神安定剤を使っていると精神病になります。
特徴はそれだけではないです。
他の病気にもなります。

 

よくある即効性というのは危ないことです。

抗不安薬、精神安定剤はアレです。
ですので即効性があるという意味は
頭が飛ぶことを意味しています。

 

抗不安薬、精神安定剤で脳が動かなくなり
感じなくなるのです。

 

一時的にこれで苦しいのがごまかせたとしても
この後は抗不安薬、精神安定剤などをやめられなくなります。
依存性がありますから。

 

苦しい、落ち込み、気分がすっきりとしない、楽しくない。
これらは感情です。

 

 

マイナスの感情は問題があることを示しています。
問題の解決をするとなくなります。

 

抗不安薬、精神安定剤、向精神薬、睡眠薬、抗うつ薬などで
こうした問題を解決することは絶対にできません。

 

話がおかしいことになっているのです。

 

この話が違うことに気づかないでいる被害者たちが多いです。

また説明を受けてわかっても
そのままクスリを飲み続ける
精神科医や心理カウンセラーに行き続ける被害者たちもいます。
この場合は、もう精神科からはほぼ抜け出せません。

 

抗不安薬、精神安定剤の違い、強さ、効果時間があるのはなぜ?

抗不安薬、精神安定剤には種類がさまざまなのがあります。
どれも違いはないです。
強さが強くなればそれだけ悪い影響が強くなるだけです。

効果時間があるのもおかしな話です。

本当に精神科医、心理カウンセラーなどの嘘のとおりならば
一度使えばかわり、一日使えばそれで問題がなくなるはずです。

 

不安症、けいれん、ふらつき、眠気があるのは
抗不安薬、精神安定剤によるものです。

 

抗不安薬、精神安定剤を使う前にあるのではなくて
抗不安薬、精神安定剤を使い出してからなるのです。

 

一時的に使うつもりがこのまま飲み続けることになります。

 

精神科医、心理カウンセラーなどは

お金儲けのためだけにしているのです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

たとえば
市販のクスリを頭痛で飲んだとします。
頭痛薬で痛みを抑えます。
その間に体のほうが頭痛に対して対応をします。

 

しかし抗不安薬、精神安定剤などにはそうしたことはないです。

作用時間があるというのはこういう意味です。

何も意味がないのです。

やめましょう。

 

抗不安薬、精神安定剤を頓服で使うと?

抗不安薬、精神安定剤で不安になります。
そうすると精神科医が次にするのは

「症状が進行しました。おクスリをお出しします。」

これで頓服が追加されます。

 

効果で耐性ができるのでこうなります。

 

例えば精神科医がだすのに

 

レキソタン
デパス
ソラナックス
コンスタン
ワイパックス
リーゼ

などがあります。

どれを使っても重くなっていきます。

 

精神科医はこれで症状をなんかと一時的にごまかそうとします。
一時的におさまっても
また耐性ができます。

また同じことになります。

 

こうしていくと強さが強いのにしていくことにもなります。

 

作用時間があること自体がおかしい話です。

 

自分も最初はこれでよくなるといわれました。

今思うと精神科医も心理カウンセラーもただの悪人だということです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

抗不安薬、精神安定剤は副作用だけ。眠気、ふらつき、手や体の震え、けいれん、物忘れ、離脱症状

抗不安薬、精神安定剤は副作用だけです。
副作用でよくある被害には

 

眠気
ふらつき
手や体の震え
けいれん
物忘れ
離脱症状

 

精神科医はこうした被害のことはわかったうえでしています。
詐欺ですから。

 

眠気があるのは
夜の睡眠に悪い影響がでているため。

抗不安薬、精神安定剤は睡眠薬と同じもののため。

つまり日中に抗不安薬、精神安定剤を使うことは
日中に睡眠薬を使うことなのです。

 

眠気がでます。

 

それに加えて
抗不安薬、精神安定剤で夜の睡眠の質も悪くなります。

夜に眠れないようにもなります。

 

こうなると精神科医は睡眠薬の追加もします。

 

症状をやわらげるとかそういう話にもすり替わります。

最初は精神科医は向精神薬を飲めばすべてが大丈夫ということをいいます。

しかしこうして説明の内容が変わっていきます。

 

慣れるまで様子を見る、減らす
飲む時間を変える、ほかのに変える。

などいろいろと精神科医は言いますが。
結局は詐欺です。

 

まずは抗不安薬、精神安定剤が原因ですから
断薬からがすることです。

 

抗不安薬、精神安定剤を使い続けていると
物忘れもでてきます。
いずれは認知症になります。

 

離脱症状があるのも深刻な被害です。

 

離脱症状があるということは
成分が何かもわかりますよね?

 

 

抗不安薬、精神安定剤に依存性。やめられなくなる。毒がおすすめ?

抗不安薬、精神安定剤には依存性があります。
離脱症状がある意味はそういうことです。

 

抗不安薬、精神安定剤などをやめられなくなる
被害が続出しているのは、そのほうが精神科医が儲かるからです。

そこには心理カウンセラーも一緒になって悪事を働いています。

 

精神科医や心理カウンセラー、精神科・心療内科の職員など
しているのは危ない毒をおすすめしてきては
抗不安薬、精神安定剤などには依存性があるので

やめられない状態にすることです。

 

これがこの詐欺のビジネスモデルです。

 

抗不安薬、精神安定剤の減薬や断薬は?

事実は詐欺です。
抗不安薬、精神安定剤などを減薬していって
断薬をしないといけないことがわかります。

 

事実
向精神薬の成分はアレです。

 

しかし精神科医は抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、抗うつ薬など
向精神薬を売るだけはするのですが
実際に減薬や断薬についてはやりません。

 

理由は

依存症のままにしておき

定期的に患者が来る状況を維持しておき

儲かるからです。

 

他には精神科医は知らないのです。
勉強をしていません。
わかりません。

面倒です。

それにそのままいつも定期的に来てくれたほうが
精神科医もお金が儲かるからです。
もちろん心理カウンセラーも共犯者です。お金儲けのためだけです。

 

儲からないので断薬も減薬もしません。

 

それに減薬や断薬をすると

途中で頭がおかしくなる危険があります。

リスクがあるのでやりたくないのもあります。

 

するとしてもある程度の減薬です。

 

詐欺師たちです。

その詐欺師たちが
詐欺の被害からあなたを救うのはするわけがありません。

 

 

抗不安薬、精神安定剤の妊娠や授乳で発達に障害の影響も

抗不安薬、精神安定剤は断薬をしましょう。
妊娠をする前に断薬をしたほうがいいです。
おなかの中の胎児に

こうした向精神薬の毒がまわってしまうからです。

 

そのまま抗不安薬、精神安定剤などの向精神薬を使い続けながら
出産をして授乳をしていると
授乳でも赤ちゃんに子供に毒がまわります。

 

抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬など
向精神薬で子供の発達に障害がでてしまう危険性もあります。

 

まとめ

抗不安薬、精神安定剤などには悪い影響しかないのです。
精神科医や心理カウンセラーが感情に名前をつけては
クスリを売りつけてお金儲けのためだけにしている詐欺です。

 

精神病とは存在しません。
つくられたものです。
依存症が精神病というものです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。