向精神薬で脳にダメージ!早死に!

「向精神薬で脳にダメージ」
この話は本当のことです。

精神科・心療内科では向精神薬で脳にダメージをうけてしまい
早死にをする人たちばかりです。

向精神薬で脳にダメージを受けるのは「薬害」です。

 

向精神薬には
精神科医のクスリ

抗うつ薬(抗うつ剤)
精神安定剤、抗不安薬
睡眠薬、睡眠導入剤

しかしどれも麻薬です。

麻薬から覚醒剤をつくります。

 

向精神薬=劇薬の効き目が原因で

精神に支障をきたします。

麻薬中毒者の向精神薬で脳にダメージがあり
脳が委縮しているのはかなり知られています。

 

眠れない、不眠、起きれない、だるい

うつ病、統合失調症、精神病。

こうしたのは精神科・心療内科・心理カウンセラーの

受診をして治療を開始してからなるものです。

 

精神病というのは

うつ病や統合失調症も

存在しないのです。

 

あるのは

薬物依存症です。

 

向精神薬で脳にダメージ。

「麻薬をしてらりってわからなくなる。」

 

薬物依存症です。

 

脳にダメージをおってしまい。

精神疾患の症状といわれているのは

麻薬中毒者のことです。

 

抗うつ薬(抗うつ剤)
精神安定剤、抗不安薬、
睡眠薬、睡眠導入剤、

向精神薬は麻薬。
危険で向精神薬で脳にダメージを負います。

 

劇薬を服用しているのです。

劇薬があぶないのは普通に考えるとわかることです。

頭がおかしくなるのです。

 

向精神薬で脳にダメージがあり

認知症。

最初は記憶力の低下。

物忘れがひどい。

 

 

向精神薬の脳への影響で脳が破壊される!

向精神薬で脳にダメージ。

向精神薬で脳が破壊されます。

向精神薬で脳にダメージで手遅れになると
病院から出てこられなくなります。

向精神薬で脳にダメージがあり頭がおかしくなるのです。

 

精神科医や心理カウンセラーの説明にある、

セロトニン「仮説」

 

存在しない

「仮説」

 

そして向精神薬で脳にダメージを負うことになる。

精神科医、カウンセラー(心理療法士)、福祉士、職員の説明。

精神医療の業界の説明。

しかしそもそも

こういったことは実在しません。

 

これは
よくよく考えなおすとわかりますが

 

セロトニン「仮説」

「仮説」です。

何も確証がないままなのです。

 

しかも

嘘話なのがあきらかになっています。

あるのは向精神薬で脳にダメージ。

セロトニン「仮説」というのは、
存在しないことがあきらかになっています。

まったく関係ないことをしているのです。

こうしてなにかよさげなイメージで

よくわからないままに

向精神薬で脳にダメージをおってしまう。

非常に恐ろしいことです。

認知症。

知的障害の併発もあり。

 

向精神薬の脳への影響。子供がするとどうなるのか?

向精神薬の脳への影響とは非常に深刻な問題をもたらします。

子供たちがすると知的障害者になるリスクがあります。

あそこでは精神科・心療内科・デイケアには

知的障害者の人たちもいました。

おかしいと思いました。

なぜ精神病なのに知的障害者たちもいるのかが。

 

話をきいていくうちにわかったのは

元々は健康そのもので何も悪いところがなかったのに

小さいうちに向精神薬で脳にダメージを負ってしまった。

それが原因で脳が破壊されてしまい

知的障害者になったのです。

 

彼らや彼女たちは精神科医や臨床心理士を信じて。

そういったのを騙しては向精神薬漬けにし。

お金を儲ける。

支払いのほとんどは保険、社会保障費、税金からです。

生活保護の受給者にも追い込んで。

病院・クリニック経営のグループホームに入居もして。

 

検診などもですが

何かしらのことで両親が子供を心配して

精神科医の受診をします。

子供の脳に何かあるかもしれないと心配をして。

そこで治療ということで向精神薬、麻薬の処方がされます。

自閉症、ADHD、アスペルガー症候群・・・

児童精神科というものがあります。

 

そうすると向精神薬で脳にダメージを負うことになります。

私たちは人によって成長の速度が違います。

脳の成長も違います。

同一学年で4月生まれと
翌年の3月生まれ。

一年違います。

それに人によってこれは得意。
これは不得意があります。

 

精神医療とはひとつのモデルがあります。

そこから違うのを病気、症状があるといっては

覚せい剤・麻薬の向精神薬を売るだけです。

子供は最初は覚せい剤・麻薬を服用をして

気分が一時的にはおさまるとしても

その後は薬物依存症になり

禁断症状も抱えることになります。

 

脳も頭も体も全身がおかしくなるのです。

 

中学生、高校生、大学生・・・

小学生も・・・

幼稚園児も・・・

すればどうなるのかは

誰でもがわかることです。

 

精神病は治る。統合失調症・うつ病・・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

向精神薬で脳にダメージ!放っておくと破壊されていき・・・

向精神薬で脳にダメージがあり

そのまま破壊されると

向精神薬の脳への影響で認知症になります。

 

向精神薬で脳にダメージを負うと。

向精神薬でろれつが回らない。

よだれを垂らしている。

認知症になります。

精神科・心療内科では

ほんとうに認知症になった人たちが多かったです。

物忘れがひどい状態のうちに気づけばいいのですが。

 

精神科・心療内科で不思議だったのは

 

本人たちは

「みんな早死にしている。」

「顔の色が悪くなって、
それからしばらくするとみんな亡くなっている。」

「抗うつ薬や睡眠薬、向精神薬を飲んでいるから。」

 

そういっているけど

精神科・心療内科に行き続ける。

 

そこで精神科・心療内科にいくのをやめて

精神科医や心理カウンセラーの治療を受けるのをやめる。

 

そうすればいいのですが。

そして向精神薬で脳にダメージを負い続けて

同じように終わる。

 

死亡する。

甘えといえば甘えです。

 

「誰かにやってもらえる。」

でもこの考えを利用されているのです。

 

この考えだと

治るや治らないといった話は関係がないことです。

最初からやる気がないのです。

 

少しでも何か言うと

怒りだして
怒鳴りだす人たちもいました。

自分のしていること、投薬治療やカウンセラーのカウンセリングも

間違いだと認めたくない。

 

向精神薬で脳にダメージがあるのも

わからなくなってしまう。

 

公的や支援を受けている場合は

このまま公的な支援を受けていたい。

働きたくないから。

働いたら負け。

 

自分のことを振り返ると

あの体調では働くのは無理でした。

 

あの状態で

「無理はよくないです、休みましょう。」

といわれ

 

精神科医も心理カウンセラーもクズ。

金銭面のことがあるのに。

 

でもこれは体調が悪いといったことの前に

それ以前に

性格が自己中なのです。

そしてこうしたことを指摘されると

怒り出す。

 

 

向精神薬で脳にダメージ!脳への影響で人生が台無しになるか?それとも?

 

薬物依存性。

脳にダメージ。

 

脳への影響で人生が台無しか
それとも生き返るのか?

 

精神病は治る。統合失調症・うつ病・・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

こうした、
抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、
向精神薬を飲み続けていると、

こうして薬漬けの生活をしていると、

薬物に依存しているのは、

 

薬物依存症。
薬物中毒者。
廃人。

 

しかし今でこそこうして
振り返って

当時のことを冷静にこうして説明をしているけど

 

あれは、大変であった。

 

何しろ、どんどん体調が悪化していく。

向精神薬で脳にダメージをおっていく。

記憶力も低下をした。

太った。

そういった状態であった。

そして周りを見ると。

 

ラリっている人たちの集まりであった。

 

薬物の悪影響で
向精神薬で脳にダメージをおい
頭がおかしくなった人たち。

 

ラリっていて、
何を言っているのかわからない人たち。

向精神薬で脳にダメージをおって

よだれを垂らしている人たち。

わめいている人たち。

幻覚が見えている人たち。

幻聴が聴こえている人たち。

ストーカーにつけられているという人たち。

ボケている人たち。

ふらふらしている人たち。

 

精神科医、心理カウンセラー、福祉士、職員、受付・・・

話を忘れて

冷静になって客観的に見渡すと

わかる。

 

手遅れるになる前に、

間に合ううちにすれば
人生の再出発はできる。