精神病、叫ぶ。麻薬の向精神薬が原因。

 

皆さんは精神病だと叫ぶものと思いますか?
精神薬の成分は麻薬。
精神病ではなく、向精神薬で正気を失い叫ぶのです。

 

皆さんは「向精神薬」というのが

何かいいものだと思っていますか?
うつ病、統合失調症などを治す治療薬ではなく
うつ病、統合失調症、不安症、不安障害、パニック障害、
精神病というのが発症する原因なのです。

 

最初に何かサイトで見てチェックリストをして
会社や知り合いに言われたから
そして精神科・心療内科の受診、治療で依存症になります。

 

覚せい剤・麻薬をして
気分が上がる。
気分が落ち着く。

でもその後にヤクがきれて耐性ができて
まったく逆のことになります。

 

気分の落ち込みがひどい、うつ病の発症。
気分が上がりすぎるハイだ、躁病。
両方だ、躁うつ病、双極性障害の発症。
不安症、不安障害の併発。

 

精神病だから?叫ぶ、暴れる
病気だから治療で治る改善する?
その治療が原因です。
治すといっては人の弱みに付け込んで
だましてお金儲けをしている詐欺なのです。

 

皆さんは「向精神薬」という名前を聞いたことがありますか?
精神科にかかり、精神病だと診断されると処方される薬です。

「気分が落ち込むから、精神科の病院にでも行ってみるか…」
気軽に精神科にかかろうとしているあなた。
よく考えた方がいいですよ。
精神科では、実に簡単に「向精神薬」が処方されます。

「向精神薬」は強烈な後遺症を伴う、恐ろしい薬です。
突然大声で叫ぶ、叫ぶだけではとどまらず暴れる、
自殺したい気持ちになるなどの、
かなり激しい副作用があるのです。

 

精神科医に精神病と診断されて「向精神薬」が処方されたら、
大変なことになりますよ。
それでもあなたは、精神科に通おうと思いますか?

 

また心理カウンセラーのカウンセリングも害そのものです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

精神病、叫ぶ。突然!大声で叫ぶ

 

精神科医で精神病と診断されて、

多量の向精神薬を処方される。
その結果、これまではなかったような、

突然大声で叫ぶ、突然暴れる、
などの異常行動を起こすようになる。
あなたは知り合いの人から、

このような話を聞いたことがありませんか?

 

人は誰でもストレスを抱えると、

激しく落ち込んだり、

憂鬱な気持ちになったりします。
その気持ちを何とかしようと、

精神科医に行ってみる人も多いと思います。

しかしそれは本当に正しい行動なのでしょうか?

 

精神科医の受診をしてしまうと、悲惨な末路を迎えることになります。

 

心理カウンセラーのカウンセリングで治療というものの
客観的にわかるのは、
ただの愚痴をいっているだけにすぎないこと。
そして心理カウンセラーも問題に対して何もできない。
それもそのはずです。

 

仕事の悩みだったら転職をすれば
悪い人間関係が直る、治るのですから。
景気がよくなると転職もすぐにできて、
いい仕事、会社を選べます。

 

ところが心理カウンセラーが景気を

改善することはできませんよね?

お金の無駄遣いですよね?

 

「ああそうですかお困りですね。」

「それではおクスリをお出しします。」

 

これはラりって頭がおかしくなるだけで忘れるだけです。

精神科医も心理カウンセラーもクズなのです。

心理カウンセラーは精神科医の治療へ誘導。

 

向精神薬を飲み続けていると

体調の悪化を続けるだけです。
向精神薬漬けになる誘導しているだけです。

高いカウンセリング代金の支払いまでして。

 

まず、少し話しただけで

「ああ、あなたは精神病 (うつ病、統合失調症など) ですね」

と診断されます。
そして、必要もないのに、

多量の向精神薬が処方されます。
なぜなのか?

多量の向精神薬を処方すれば、

精神科医は大変「儲かる」からです!
金儲け主義の医者には注意を!

 

向精神薬の副作用には、突然大声で叫ぶ、突然暴れるなど、
さまざまなものがあります。

 

以下で、精神科医に処方された向精神薬の副作用で、
ひどい目にあったという例をご紹介します。

 

Aさんは、婦人科で眠れないことを話すと

精神科・心療内科の受診をすすめられました。

精神科では「眠れない、不眠なら、精神科の問題だ」と言われました。
精神科医に抗不安薬「デパス」を処方されました。
最初だけはデパスを飲んだら眠れたのですが
そのままデパスを飲み続け、精神病患者として、
精神科に通い続けることとなりました。

 

ここには大きな問題があります。
まずAさんは、不眠に悩んでいただけだったので、
婦人科の医者は、眠れないことはよくあることなので
夜は横になって休んでいれば疲れはとれることを言うべきでした。

 

ここで精神科・心療内科をすすめたことが間違いでした。

 

精神科医の処方する睡眠薬の効き目は一時的で
その後は頭がおかしくなるので睡眠薬を飲むべきではありませんでした。

 

それなのに、抗不安薬「デパス」を処方。
「デパス」は、不眠や肩こりにも効くからと、

結構安易に処方される薬ですが、
本来は危ない薬であり、効き目が鋭く、

作用が短時間で切れるので、
薬物依存を引き起こしやすい、

とても危険な薬です。

 

婦人科から精神科に移ったAさんは、

ずっと「デパス」を飲み続けました。
この過程で、単なる不眠症だったAさんは
「あなたは精神病だ」と騙されてしまったのです。

 

Aさんは、デパスの副作用で
「1日中寝ているような状態が3日も続き、

その後は、1日中忙しく動き回り、
突然大声で叫ぶ、突然暴れるなどして人に迷惑をかける」
という異常行動をするようになってしまいます。

 

Aさんはこの精神科医を信じて、13年通い続けました。
その結果、睡眠薬5種類、抗不安薬3種類、抗うつ薬4種類、

抗精神病薬1種類、胃薬2種類もの
多剤大量処方をされるようになってしまいました。

副作用として「よだれ、顔面まひ、歩けない、脳卒中のような症状」。

 

Aさんは、まさに「金儲けのための」

向精神薬の多剤処方の犠牲者だと言えます。

本当はただ眠りが浅いだけの正常な人間だったのに。
精神科の医者にかかったせいで、向精神薬のせいで、

人格が破壊されてしまったのです。

あなたは、それでも、精神科・心療内科に通おうと思いますか?

 

 

精神病、叫ぶ。突然!暴れる。事件を起こし警察に逮捕される

 

向精神薬の副作用による、大声で叫ぶ、突然暴れる、
などの異常行動がエスカレートした結果、

何が起こるのでしょうか?

場合によっては警察沙汰になる可能性も!?

 

過去に発生した凶悪犯罪の中に、

精神病と診断されて向精神薬を服用していたがために、
残虐な犯行に及んでしまったと

疑われるケースが多く見受けられます。

 

これは何を意味しているのでしょうか?

 

人は「あの犯人は、精神病だから恐ろしい事件を起こしたんだね」

と言います。
しかし、これは間違っています。

犯人は「向精神薬を多く飲み過ぎたので、

恐ろしい事件を起こした」のです。

 

凶悪犯罪を起こした犯人は、
もちろん責めを負うべきで、

罪を償わなければなりません。

しかし犯人と同様、

「金儲けのために多量の向精神薬を処方した精神科医」も、
犯人の思考・行動に悪影響を与えたことについて、
罪を償うべきです。

 

以下で、向精神薬摂取後に発生した凶悪犯罪を紹介します。

 

2001年に発生した「附属池田小事件」。
2001年6月8日に大阪府池田市の大阪教育大学附属池田小学校で、
宅間守が、小学生および教師を無差別に殺傷した事件です。

その残虐さが人々を震撼させた凶悪犯罪です。

 

10時20分頃、小学校に出刃包丁を持った宅間が侵入し、

次々と同校の児童を襲撃しました。
動機は本人の供述によると

「エリートでインテリの子をたくさん殺せば、

確実に死刑になると思った」と。

 

宅間は事件当時、精神科の病院に通院しており、
抗精神病薬「セロクエル」、抗うつ剤(抗うつ薬)「パキシル」、

睡眠薬(睡眠剤)「エバミール」を処方されていました。

 

宅間の服用していた向精神薬の中で、専門家が特に注目したのは、
抗うつ薬「パキシル」です。

 

2001年の「附属池田小事件」の数年前に、
第三世代抗うつ薬 (パキシル、ジェイゾロフト) が発売され、
その後、数年にわたって、怨恨や金銭目的ではない、突然暴れる、
その後に不可解で残虐な殺戮を引き起こす、
といった事件が多発しているのです。
そして犯人たちには、パキシルやジェイゾロフトの服用歴があったのです。

 

以上のことから、「パキシル」などの向精神薬を服用すると、
人格が変わってしまい、凶悪犯罪を引き起こし、
警察に逮捕されるという悲惨な末路を迎える可能性がある、
ということがわかります。

 

 

まとめ 精神病、叫ぶ。

 

気分の落ち込みや、あぁ、大声で叫びたい、暴れたいといった
暴力的な衝動を感じたとき、
精神科医に相談してみたくなる人は多いと思います。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

しかし、ここまでで説明してきたとおり、
精神科ではいいかげんな診断で「精神病である」と

診断されてしまうことになります。

 

次には向精神薬で頭がおかしくなる。
叫ぶ、暴れる、暴力をふるうなど。

 

それは、精神病患者に「向精神薬」を処方すると、
医者は大変「儲かる」からです。
多量の向精神薬を処方すれば、さらに「儲かり」ます。

 

こうして精神科医の餌食になってしまいます。
患者が医者の「金儲けの道具」とされてしまうことは、
疑いようのない事実です。

精神科医に騙されないよう、十分注意しましょう。