抗うつ薬のやめるタイミング。詐欺の精神医療との決別を。

抗うつ薬をやめるのが完治には必須です。
うつ病が治ると精神科医に抗うつ薬を
騙されて飲んでいると
抗うつ薬で頭痛の症状が出てきます。

自分もそうだったのですが

抗うつ薬をやめることをしらずに
抗うつ薬(抗うつ剤)など向精神薬で
薬物依存症にさせられてしまい
他にもめまいに動機、だるいなどもあります。
うつ病は抗うつ薬をやめるのが必須です。

覚せい剤・麻薬を飲んでよくなることはありません。
廃人になるのです。

精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤
麻薬です。

抗うつ薬をやめるのは必要ですが
多いのが
説明をすると文句をいってきたり怒鳴りだす
今までのが間違いと認めたくない。
抗うつ薬をやめるといいのですが飲み続けている。
そして早死にする人たちが多いです。

 

抗うつ薬のやめるタイミング。うつ病はつくられた病気。

抗うつ薬をやめることをせずに

抗うつ薬としていると様々な症状がでてきます。

他の薬との併用もするようになります。

胃痛が起きるようもなりました。

うつ病は抗うつ薬で作られているのです。
治る詐欺です。

 

そもそも疲れた、ストレスがたまった。
トラブルがある。
こういったときにでる辛いのは感情です。

問題をなくすとなくなるのです。

 

しかしここで精神科医のクズに騙されると

抗うつ薬の処方があります。

らりって忘れる。

そして最初はよくても
禁断症状がでてきます。

 

抗うつ薬をやめる考えがあっても

臨床心理士に騙されてしまう危険もあります。

臨床心理士はあなたと同じことを経験をしていません。
わからないのです。

そして症状が~だから精神病だからといっては
精神科医の治療が必要だと無責任に言うだけです。
そして高いカウンセリング代金の支払いもあります。
お金の無駄遣いです。

 

こうしてクズたちに騙され続けていると
頭がおかしくなるのです。

精神科・心療内科で一緒になった人たちもです。
様々声がありました。

 

向精神薬を飲み続けているのは大変危険な行動です。

抗うつ薬のやめることではなく。

全員がうつ病が治るのに治療でと信じていました。

そのまま死亡していきました。

 

抗うつ薬、睡眠薬、睡眠導入剤
抗不安薬、精神安定剤
向精神薬で肝臓病、腎臓病にもなります。

 

抗うつ薬のやめるタイミング。辛いのは禁断症状。

抗うつ薬は効かないのです。

体調が悪くなるとクスリの追加、
強さがより強いのに変える。

ヤクがきれては禁断症状。

抗うつ薬を飲まないとどうなるのか?

一時的には辛いです。
寝たきりになることもあります。

精神科医などに
薬を勝手にやめるのはよくないと止められるでしょう。

 

抗うつ薬をやめるのは正しいですが
精神科医などにかかわっている限りは
断薬はできません。

 

それでも精神科医や臨床心理士を信じるのですか?

 

理解があるから?
話を聞いてくれるから?
甘えです。
そうした甘えを利用され騙されているのです。

ランキングというのも参考にはなりません。

 

離脱症状、禁断症状で辛いから
薬の追加。強いのに変える。

 

もともと健常者なのです。
薬害です。
健康な人が抗うつ剤を飲んだらこうなります。

みんなもこうして不安感がひどくなりました。

不安症、不安障害の併発です。

精神科・心療内科で不安感がひどくなりました。

こうして知らず知らずにクスリに依存していました。

 

クスリに種類が色々とありますが

症状も名称がありますが

こういったのはつくられているのです。

そして
かえって薬害で不安感もですが
眠れない、不眠症もです。

太る人もいれば
痩せる人もいます。

 

他の人たちには

幻覚が見える人。
幻聴が聴こえる人。
妄想をしている人。
妄想癖がある、妄想症。

 

今思うととても恐ろしいことでした。

命を落としていてもおかしくはなかったです。

 

まとめ うつ薬のやめるタイミング。

精神科・心療内科でうつ病が治るのではなく
発症する原因です。

ひどいことにしかなりません。
一時的に抗うつ薬でハイにする。

臨床心理士もそういった堕落していた自分たちに

甘い言葉をかけては高いカウンセリング代金の請求を
するだけのクズです。

お金の無駄遣いです。

 

抗うつ薬のやめるタイミングについては
本人次第です。

本人が本気で治すと決めたときです。