危ない!マイスリー(ゾルピデム)依存の効果と副作用の危険性とは?効かない!吐き気、せん妄に認知症も。

マイスリー(ゾルピデム)は睡眠薬として売られています。
マイスリー(ゾルピデム)への依存の問題。

効かない。

効果と副作用にある危険性。

ふらつき、吐き気。 せん妄、認知症に疲れやすくなる。
依存性とはアレのことで強くあります。

入眠障害にといわれていますが。
マイスリー(ゾルピデム)で入眠障害になります。

 

よくある話で安全といった嘘話があります。
ふらつきも少なく、依存性もなりずらいと。

 

 

私たちはこういったのは嘘ですので気を付けましょう。

 

よくわかっていないで適当にいっているだけですから。
精神科医や心理カウンセラーなどは作用の特徴が実はわかっていないのです。
本人たちは飲まないのでわかりません。

処方もでたらめです。

 

効果もいいことがあるようにいわれていますが。
最初のうちだけです。

かえって寝つきが悪くなることになります。

 

睡眠薬、睡眠導入剤には例えば

 

マイスリ―、ゾルピデム
アモバン、ゾピクロン
ルネスタ、エスゾピクロン

 

といったのがあります。

ゾルピデムはマイスリーのジェネリック医薬品として売られています。

 

自分も長年こういった睡眠薬、睡眠導入剤を
いろいろと使いましたがひどくなる一方でした。

ここにきているあなたも、

すでにおかしいことに気づいているはずです。

 

 

やめたいマイスリーの作用と作用時間。アルコールと?うつや統合失調症にも。

やめたいと思うのが正常です。

マイスリーの作用は脳の機能を低下させる睡眠薬です。

脳の機能を奪い無理やり寝つきをよくします。
最初だけはいいのですが

このあとは耐性ができます。

しばらくするとマイスリーの強さで不眠になります。

 

不眠なので
疲れやすくなります。
眠気があり日中に眠ってしまう。

 

寝ていないので脳もさらにおかしくなります。

 

抗うつ剤(抗うつ薬)睡眠薬、安定剤、向精神薬で

うつに統合失調症、不眠にもなり。

 

マイスリーもですが睡眠薬に向精神薬の服用は

アルコールを飲んでいると血液の流れが速くなります。

これによって危険度がさらに増します。

 

作用時間があることも問題です。

 

マイスリーもですが
睡眠薬、睡眠導入剤でよくいわれていることがあるのならば
一日一回だけ使えばそのあとは使わなくてよくなるものです。

 

実際はどうでしょうか?
飲み続けることになります。

 

作用時間がある意味は
マイスリーなどは一時的に脳にショックを与えてなんとかするだけです。
不眠そのものに何かをしているわけではないです。

マイスリーなどを飲み続けていると認知症にもなります。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

 

自分も物忘れ激しくなって
おかしいと思いつつも精神科にいっていました。
まわりの人たちも同じ状態でした。

完全にボケてしまった人たちもいました。

 

 

マイスリーの飲み過ぎの作用と効き目。デパスと併用で?

マイスリ―などの作用と効き目で実際にある被害は

入眠障害になる。

飲み過ぎは精神科医に言われている通りにしているとなります。
早朝や昼間、日中に眠気がある。
ふらつきがある。
強い依存性がある。
中途覚醒や早朝覚醒をするようになる。
健忘、せん妄になる。
うつ病、統合失調症など精神病になる。
不眠症。

他の睡眠薬、例えばデパスとの併用をしますと

さらに悪化をします。

 

 

 

マイスリーのジェネリック医薬品であるゾルピデムも同じことです。

耐性に作用時間のことがありますから
他の睡眠薬が追加されることもよくあります。

こうして重くなっていきます。

 

当時は自分も不眠だったので目の下にクマができていました。
原因は睡眠薬、睡眠導入剤、安定剤、抗不安薬、抗うつ薬・・・
向精神薬でした。

今は元気そのもので体も軽いです。

たまにみる当時の仲間たち。

一目見ただけで深刻な状態なのがわかります。

 

 

マイスリーなど睡眠薬とアルコール(お酒)は?

マイスリーを使用したうえでのアルコール(お酒)の飲酒は危険です。

マイスリーを使用すると運動機能が低下します。
ふらつきもでます。
寝付けない。
睡眠不足。

 

この状態で運転をすると
交通事故を起こす危険性が高くなります。

 

 

そしてアルコール(お酒)の飲酒もマイスリーとしてしまうと。

お酒で血液の流れが速くなり
マイスリーもそれだけ流れるのが早くなります。

ふらつきの作用も強くなります。
意識を失うことにつながります。

 

運転中に意識を失うと交通事故を起こします。

 

精神科医は心の病と言っては騙しているのです。
そこには心理カウンセラーも一緒に騙しているのです。

 

マイスリーの副作用、眠気、太る、健忘、飲みすぎ、効くまで飲むとなる依存性への対処は?断薬

マイスリーなどにある副作用には
眠気、太る、健忘、効くまでと思い飲みすぎで依存性。

作用時間の長い短いは関係ないです。
マイスリーなどで不眠になります。

断薬をしないといけません。

 

不眠なので眠気がでます。
寝ていないので、起きている間に食べてしまい太る。

眠っていないので疲れが溜まっていきます。
物忘れ、健忘、せん妄、認知症になります。

飲みすぎになります。強い依存性がありますからやめられなくなります。

早朝にもなっても眠気が残ることにもなります。

 

マイスリーなどの睡眠薬の効果・副作用で
眠気や倦怠感がでるようになります。

早朝覚醒に中途覚醒。

昼夜逆転の生活にもなってしまいます。

 

対処法は
マイスリーなどの睡眠薬の断薬です。

 

他の睡眠薬に変えても悪くなるだけです。
睡眠薬の量を減らすのも悪くなるだけです。

 

大変なことですが
睡眠薬の断薬が大事です。

 

 

 

精神科に付属の形であるデイケア。
利用者たちがいうのは

自分はかわいそうな被害者。
被害者だから援助でお金をもらうのは当り前。
支援を受けるのは当り前。

 

そこへ精神科医に心理カウンセラー、職員たちが
休むことが大事といってはさぼることを助長していました。

 

エアコン完備で窓口での支払いも税金から。
お金もなにもしないで入ってくる。
堕落しやすい環境でした。

 

自分も堕落しなかったといえばウソです。
やはり自分も今振り返ると
だいぶ堕落していた部分がありました。

 

 

マイスリ―の依存症で不眠。離脱症状と減薬方法とは?

マイスリ―などの睡眠薬を使うと長期の服用になってしまいます。
マイスリーなどの睡眠薬の依存症になります。
耐性ができて不眠にもなります。

いざやめようとすると離脱症状があります。
また減薬方法もよい方法がありません。

 

精神科医に断薬はできません。
わからないのです。

 

それに断薬をしたら
あなたが来なくなります。
精神科医にしてみればお金儲けができなくなるのです。

そこには心理カウンセラーも共犯者です。

 

精神科医はクスリに身体が慣れるまでといっては我慢するようにいいますが
そうして慣れると依存症になります。

耐性ができるので効果も最初だけで薄れていきます。
しかし不眠はある。

 

悪くなるのです。

 

 

 

ここで他の睡眠薬の追加で併用をしても
同じことになります。

 

睡眠薬の作用で不眠になります。
そのあとに睡眠薬の追加で併用。

最後は上限に達して精神科医は増やせなくなります。

 

 

マイスリーなどの断薬をして生活習慣を整えるのが大切

マイスリーなどの睡眠薬に手を出してはいけないのです。
しかし出してしまった騙されてしまった。
こういった被害者たちが本当に多いです。

 

まずは断薬からです。

生活習慣の見直しを次にします。

 

精神科医は実は勉強をしていません。
医者はそもそも病気になったあとのことは勉強します。
しかしそれ以外のことについては知りません。

 

精神科医や心理カウンセラーなどに聞くのはやめましょう。
詐欺師に聞いてもまともな答えはかえってきません。

 

自力ですることです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

 

デイケアに行っていたときによく見かけた光景で。

デイケアに昼近くにきては
コンビニエンスストアで買ってきた
お菓子を食べている人たち。

当然太るのです。

 

 

マイスリーなどを使用しての運転で交通事故。

マイスリーなどは最初だけです。
その後はこうしてふらつきに不眠、物忘れ、注意力・集中力の低下、認知症・・・

それに運動能力の低下もあります。

 

ふらついていて寝不足で寝ていないで物忘れする状態です。

マイスリーなどの使用で運転は
この状態で運転をしているのです。

 

 

 

いきなり意識を失うことにもなります。
運転中にもです。

交通事故の原因にもなります。

 

断薬をしましょう。

これはただの詐欺です。
治療ではないです。

 

 

マイスリーと妊娠中の服用・授乳

マイスリーなどは成分が危険です。
頭をぐったりとさせるのに使っているのはアレです。

あなたも芸能人がよく逮捕されることで知っている。

 

粉をしながら妊娠をすると
子供の発達に障害を及ぼす危険があります。
奇形になる危険もあります。

 

粉をしながら授乳をしていれば
赤ん坊に粉がいきます。

 

とても危険なことなのです。

 

 

 

精神科医や心理カウンセラー、職員などが
安全、必要、
おクスリを調整します。

 

こういう問題ではありません。

粉は少しでも使用していれば
危ないのに変わりはありません。

 

 

マイスリーのジェネリック医薬品はゾルピデムも同じ

マイスリーのジェネリック医薬品にはゾルピデム錠があります。

睡眠薬のジェネリック医薬品といっても成分は同じです。

少し違うのはコーティングに使われている成分に違いあるぐらいです。

粉であるのは変わりはありません。

 

特許が切れると
製薬会社は儲けが減ります。

そこで新薬を出すのです。

新薬といってもどれも変わりはありません。

 

まとめ

マイスリー(ゾルピデム)の効果と副作用は粉。
危険です。
使用すればおかしくなります。

 

精神科医に心理カウンセラー、詐欺師です。

 

まったく安全ではありません。
説明にあることもありません。

断薬です。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。