劇薬!メイラックスの効果・副作用とは? 毎日服用、頓服で効果が出るまで飲み続けると依存性、耐性で鬱、眠気、太る、ふらつき、耳鳴り、認知症になる。 妊娠中の服用で子供の発達に障害。一生飲んでも大丈夫、はお金儲けのため。メイラックスをやめたい?離脱症状のピークは?


劇薬のメイラックスとは?
毎日服用、頓服で効果が出るまで飲み続けると
依存性があり耐性ができます。

鬱、眠気、太る、ふらつき、耳鳴り、認知症などになります。

妊娠中の服用で子供の発達に障害がでる危険性もあります。

一生飲んでも大丈夫という説明は嘘です。
この依存性は「薬物依存症」のことです。

 

メイラックスをやめたいと思うのは正常なことです。
劇薬ですから。

 

離脱症状のピークですが
三日目、四日目、五日目です。
この三日間は断薬をするには本当に大変です。

 

劇薬のメイラックスとは?依存性に耐性。離脱症状ピークは?

劇薬のメイラックスには依存性があります。
理由は劇薬そのものだからです。
耐性があるので頓服だろうと毎日、効果が出るまで飲み続けると
かえってうつ病もですが統合失調症、不安症などの精神病になります。

 

離脱症状ピークは
三日目、四日目、五日目です。
この三日間は断薬をするにしても本当に大変です。

もちろんこの三日間以外も大変です。

気を抜かずにすることです。

 

やめずに飲み続けることによる影響、効能としては、
うつ病、統合失調症、不安症などもですが
幻覚がみえる、幻聴がきこえるようにもなります。

 

肝臓病に腎臓病にもなります。
認知症にもなります。

 

メイラックスもですが抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤
こうした向精神薬で体調悪化をすることしかないです。

 

うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

劇薬のメイラックスとは?効果が出るまで飲み続けると依存性に耐性。一生飲んでも大丈夫は詐欺。メイラックスをやめたい?

劇薬のメイラックス。
劇薬を効果が出るまで飲み続けると依存性があり耐性がでてきます。

一生飲んでも大丈夫、一生飲み続けるもの。
この種の説明は向精神薬を売るためです。

メイラックスをやめたいと考えるのが正しい考えです。

 

精神科医や心理カウンセラー、職員たち、
社会福祉士たち、精神保健福祉士たち、受付の人たち。
精神科、心療内科では向精神薬を毎日飲み続けるように
言われます。

 

しかし冷静に考えるとわかりますよね?

劇薬です。

非常に危険です。

 

劇薬を使用してどうなるのかは
逮捕をされて刑務所に入っている人たちの
状態を考えればわかることです。

 

こういった精神科医や心理カウンセラーなどにいってしまうと
うまく騙されてしまいます。

 

メイラックスなど向精神薬をやめたいなら
まずは精神科、心療内科、デイケアなどに行くのをやめることです。

そうしないと再度騙されてしまいます。

 

劇薬のメイラックスとは?毎日服用、頓服で効果が出るまで飲み続けると依存性、耐性で鬱、眠気、太る、ふらつき、耳鳴り、認知症に。

劇薬のメイラックス。
毎日服用、頓服で騙されてしまい効果が出るまで飲み続けると
依存性、耐性がありますので鬱、眠気、太る、ふらつき、耳鳴り、認知症などになります。

 

最初に不調を感じますが。
これは精神病ではないです。

 

私たちは何か問題があると嫌な感情がでてきます。

これは感情です。

 

感情が問題があるから解決をするように伝えてきているのです。

私たちはここで問題を解決すればいいのです。

そうすればこういった嫌な感情もなくなります。

 

ところがここで精神科や心療内科にいってしまうと。
精神科医や心理カウンセラー、職員たちに騙されてしまいます。

 

ここで向精神薬をすることによって精神病になります。

 

効果が出るまで飲み続けるという意味は

向精神薬を薬物依存症になるまで飲み続けることです。

 

脳にダメージを与えて麻痺をさせて感じなくさせている状態です。

 

しかし耐性があります。

またでてきます。

そこで向精神薬を増やしていく。

 

この繰り返しです。

 

精神病とは向精神薬でなるものです。

 

精神科医、心理カウンセラーなどが原因をつくっているのです。

それで悪くなったところで
人助けと称して次々とだましてくるのです。

 

何かの案内、広告を見かけて
精神科・心療内科にいってしまいがちです。
またはだれかすすめられて。
そのすすめた人もよくしらずにそういった広告で騙されているのです。

 

そして感情だったのが
向精神薬を毎日飲み続けているのが事実です。

 

そして長期服用にもなります。

こうして深刻な状態に陥ることになります。

 

精神科医や心理カウンセラーというのは
こうしたからくりを使用して詐欺行為をしている

「人間のクズ。」

 

劇薬のメイラックスとは?一生飲んでも大丈夫、はお金儲けのため。

劇薬のメイラックス、向精神薬。睡眠薬、安定剤など
私たちが精神科医や心理カウンセラーからうける説明に

一生飲んでも大丈夫だから。
一生飲み続けるものだから。

これらの説明はお金儲けのためなのです。

 

精神科医に心理カウンセラー
被害にあうと大変なことになってしまいます。

人生が台無しになります。

 

今すぐに事実に気づいて
精神科医や心理カウンセラーとの決別をする。
断薬をまずはするのが必要なことです。

 

あれは彼のことです。

彼とは精神科で出会いました。
年上の方で紳士でした。

きちんとした身なりをしていました。

しかし彼は問題を抱えていました。


糖尿病。

 

彼は他の病院にもいき
糖尿病なので薬の処方を受けていました。

食事制限で見る見るうちに痩せていきました。


もともと肥満ではなかったのに。

ガリガリになっていきました。

最後はやせ細ってしまって。

フラフラしていました。

 

そして彼とは会うことがなくなりました。

 

劇薬のメイラックスとは?妊娠中の服用で子供の発達に障害。

劇薬のメイラックスに向精神薬。睡眠薬。
妊娠中の服用をするのも当然ながら危ないです。

子供の発達に障害がでる危険性があります。

 

これは警視庁の情報がわかりやすいです。

向精神薬は劇薬です。

劇薬を使用するとどうなるのかが警視庁に説明があります。

 

子供の発達に障害もあります。
奇形児になるという説明もあります。

 

精神科医や心理カウンセラーの説明とは
まったく説明違いますよね?

 

ここで精神科医がいうのは

「おくすりの調整をします。」

 

ここで減らしても
劇薬をしているのには変わりはないです。

 

そして劇薬が子供へといきます。

そして子供はおかしい状態で生まれます。

 

自分も精神科、心療内科、デイケアでおかしいと思っていたのが
親子で来ている人たちが非常に多いことでした。

 

これは子供も向精神薬でおかしくなってしまったからです。

 

事実関係を知らずに
両親が子供を精神科医や心理カウンセラーに連れて行ってしまうのです。

 

そこで向精神薬を子供は飲み続けることになります。
毎日飲み続けることになります。

 

「一生飲んでも大丈夫だから。」

 

この説明を子供も受けます。

こうして被害者が増え続けているのです。

 

まとめ

精神病とは劇薬の向精神薬でなるものです。

薬物中毒、薬物依存症のことです。

 

「薬を欲しい」
「買いたい。」
「クスリをやめられない。」

 

こうしたのは
薬物中毒、薬物依存症になっているからです。

 

精神病というのは捏造された作り話です。
こうして精神科医と心理カウンセラーが故意にだましては
つくっているのが精神病といわれているものです。

 

うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。