妄想を見てしまう?病気からくる妄想症の治し方

妄想を見てしまう・・・うつ病、統合失調症と併発。

妄想症という病気はクスリが原因でなるのです。

妄想癖、誇大妄想、血統妄想、関係妄想、宗教妄想

同義語はあるけど。違いはクスリを売るため。

種類も気にしなくていいのです。

まず抗うつ薬などの向精神薬はヤクです。

 

そして「白い粉」を飲んでいる人たちはどうでしょうか?

 

妄想が見ている人がいます。

不安になったり、泣くこともあります。

情緒不安定になります。

暴力的になり喧嘩をしてしまう。

暴力を振るってしまう。

しかも無意識で。

 

妄想症の治し方は

こうしたヤクをやめることです。

そしてもともと抱えている

精神の問題にも取り組む。

 

両方が必要になります。

 

妄想症は依存症。

そして他には妄想癖があります。

これはどうしたらいいのか?と思い込まされてしまい

治し方といわれたので依存症。

 

 

妄想は病気?その原因とは?妄想癖は治した方が良いの?

 

妄想は病気なのでしょうか?

ここでいうのは

妄想症というのは依存症です。

それとは別に妄想。

妄想癖。

 

これは原因というのか

私たちは子どもの頃に

妄想しがちです。

こうしたのに何か身体に悪いといえるのでしょうか?

 

治し方がある何か悪いものだから。

 

しかしここで気づくのは

話がおかしいこと。

 

こうして治療というのをはじめて

向精神薬が効果がある改善すると思い込まされて

依存症になります。

そして妄想症。パーソナリティー障害。

 

こうしてひどくなり

入院をしてしまう。知らずに。

看護もあるから・・・

 

一時的に強いのをすればおさまる場合もありますが

次にはまた同じ症状?

さらにひどくなります。

 

こうして動けなくなる。

歩けなくなる。

 

老人の方がすれば・・・

大変なことになります。

それこそ廃人になってしまいます。

 

 

関係妄想、血統妄想など妄想の色んな種類

 

ついつい見てしまうサイト。

精神科・心療内科にあるリスト。

これこれがあったら病気かもしれませんから

治す必要があるかもしれません。

詳しくは診断を受けましょう。

 

この罠で数多くの被害があるわけですね。

 

精神科・心療内科のレビューはあてにはならないのです。

こうしたレビューやコメント、ランキングは

自作自演で書いているものも数多くあります。

例えばamazonのレビュー、コメントもやらせが大変多いです。

具体的には商品の販売をしている会社の

従業員が書いています。

 

事前にこうしておくことで

自動的に被害者がやってくる。

そして患者にしておクスリの処方。

おめでたい話です。

 

関係妄想、血統妄想など

妄想には色んな種類がありますが

実態はやらせ。

 

自分が精神病・心療内科・デイケアでわかったのは

そうしていつまでも治らないので

もうあきらめてしまった人たち。

 

精神科医も心理カウンセラーもいうことは

 

病気とうまく付き合いましょう。

寛解を目指しましょう。

 

こういわれるので治らないのか?

やる気がかえってなくなりますよね?

 

そしてだらけるので

漫画(マンガ)、コミックを読んだり

食べ物も朝から甘いのを食べたり。

ジュースを飲んだり。

コーヒーなどカフェインを取りすぎて眠れない。

そして睡眠薬で?

 

精神科医の診察も電子カルテを見ているだけで

はいはいと適当に相槌を打つだけで

すぐにおクスリの処方をするだけ。

 

心理カウンセラーのカウンセリングを受けても

治療を受けることが必要。

おクスリを飲むのが改善には必要。

心理カウンセラーもこうしてクスリへの誘導をするだけ。

 

こういった説明で

ヤクで依存症になり、さらにヤクをするので治る、改善?

 

これで治ると言われてもそう思えない?

その通りです。

 

 

妄想症とは?意図せずに妄想してしまうそのわけは?

 

妄想症とはそうなるとやらせの病気なのでしょうか?

そうです。

 

残念ながらやらせです。

 

こうして患者にしたてて

妄想症にしたてて

きっとよくなりますよ。ポジティブになりましょう。

こういってはなにかよさげな健康食品のように

おクスリを飲みましょう。

 

そしてヤクの購入をしてしまい。

妄想症。

結局はいいおもちゃに作品にされているのです。

 

そして支払いは無料ですか?

いくら支払いますか?

診察費に予約料に初診料。

デイケア利用料。

心理カウンセラーのカウンセリングの代金。

 

保険適用しないで

合計でいくらになるでしょうか?

 

お金の無駄遣いです。

 

 

統合失調症の症状としての妄想とは?

 

統合失調症と妄想症の症状の併発。

これもよくあることですよね。

統合失調症や妄想症、うつ病、鬱病、双極性障害

こうして難しい言葉を使うので

なにか大変な症状なのだろうか?

治療が必要なのだろうか?

医師も先生もそう言うし。

ごまかされてしまいがちです。

 

統合失調症にしても妄想症にしても

依存症なのです。

鬱病もです。

粉の使用をしていけば

必ず効かなくなります。

 

禁断症状。

 

最初にもともとある

精神の問題。

これとは別に

依存症になるのです。

 

つまり精神科・心療内科にいくと

もともとの精神の問題があって

それに加えて依存症にもなるので

治るにはこうしてすることが増えてしまいます。

 

 

妄想癖、妄想症から克服して本来の自分を取り戻すために

 

妄想癖はこれは誰にでもあることです。

病気ではないです。

 

まず何かの広告、

誰かにすすめられたから。

カウンセラーのカウンセリングですすめられたから。

学校でスクールカウンセラーにすすめられたから。

 

そして行ってしまい。

 

鬱病です。

統合失調症です。

おクスリをお出しします。

これで改善します。

 

そして一週間もすると

なるのは依存症です。

 

依存症になりなるのが

妄想症。

幻覚が見える。

幻聴が聴こえる。

ラりっているのです。

 

妄想癖は治さなくてもいいのです。

妄想症は依存症です。

 

克服をするには

本来の自分を取り戻すためには

こうしたのをわかることから。

 

クスリをやめれば

改善します。

しかし

クスリをやめただけでは無理です。

 

統合失調症や妄想症などが治るには

 

 

もともとあった精神の問題も治すのが

依存症を治すのとあわせて必要になります。

 

いきなりクスリをやめただけでは

治らないです。

クスリをやめるといっても

慎重にそして
準備をしてから進める必要があります。