うつ病で涙もろくなるのも涙が出てくるのも止まらないのも、涙が出ないのも普通の行動。涙もろいのも涙が出るのも!

 

うつ病に関連したことで、「涙もろくなるのが」最近話題にされていることがあります。
ほかにも色々といわれていることがあり
涙が出てくるのだったり、涙が止まらないのもです。
逆に涙が出ないといった話もあったりします。

 

これらは自分も含めて当たり前にあることです。
涙もろいのもですが涙が出るのもです。
誰だって涙がでるときはあります。

 

涙をだすのは感情のひとつで
そうして外に出すことによってストレスを出すことにもなります。

 

しかし新たな問題があります。

 

インターネットには無数の精神科や心療内科が
そういったことが異常だから
そうしたところに来るように誘導をしております。

 

新たなこうした詐欺が始まっています。

 

うつ病だから涙もろくなる?

 

こういったうたい文句で
つまりうつ病だから涙もろくなるのですといった説明をしています。

 

果たしてこれは本当なのでしょうか?

 

気を付けてください。
涙もろくなるのは誰だってあります。
人によって違うものです。

 

同じ人はいません。
何かあるのは、みんなあるものですよね?
何か異常があるわけではないのです。

 

精神科医はこうやって何か少しでも
違いを利用しては名前をつけます。

 

そしてクスリを売りつけるのが目的です。

 

カウンセラーもそういった精神科医と一緒になって
助けるふりをしては高額請求をしているだけで何もできません。

 

鬱病だから治し方が必要?涙が止まらないのは?

 

精神科医やカウンセラーはこうして鬱病だからといっては
レッテルを張って、だから治し方が必要と言います。
涙が止まらないのは身体に異常があるわけではないです。
ごくごく当たり前のことです。

 

ここで泣いてすっきりとすればいいのです。

 

問題なのは、
ここで精神科医やカウンセラーに行ってしまうことです。

 

精神科医やカウンセラーの常套手段です。

こうして名前がつけられそうなことに
次々と名前をつけていきます。

 

涙が止まらないからクスリですか?
関係がまったくありません。

 

カウンセラーにも気を付けてください。
カウンセラーは医師免許がありません。

 

カウンセラーは医師免許がないので医療行為をしてはいけません。
しかし診断をして名前をつけるカウンセラーがいます。

 

そしてレッテル張りをして
精神科医にいくように誘導をしています。

 

スクールカウンセラーについても同様です。

 

全国の学校にいるスクールカウンセラーも
同じことをしています。

 

危険ですので近づかないようにしましょう!

 

うつ病?涙が出てくるのは涙活でストレスの解消の効果

 

これもうつ病ではありません。
涙が出てくるのはごくごく普通のことです。
涙活をしてストレスの解消をすると効果があります。

 

それでその原因となっていることがありますので
その問題となっている原因をなくすことです。

 

クスリで問題はなくなりませんよね?
関係がまったくありませんから。

 

精神科医やカウンセラーには騙されないようにきをつけましょう。

 

うつ病?涙が出ないのは?

 

では次は逆ですが、うつ病と言われているのに涙が出ないのがあります。
涙がでないときだってありますよね?
ショックが強すぎて泣けないほどのことだってあります。

それに同じことでも
涙がでないか涙出てくるのか、
そしてそのまま涙が止まらないのもですが。

 

反応が分かれます。

 

こうして人によって違うのは
人はみんな違うからです。

 

何も特別なことではないのです。

 

うつ病?涙もろいのは?

 

そうなるとうつ病とは言えませんよね?
涙もろいのも人によって違いがあるのが当たり前です。
反応が人によって違うのは当たり前のことです。
何か身体に異常があるわけではないです。

 

こういったのはひとつの
個性です。

 

うつ病の症状?涙が出るのは?

 

精神科医やカウンセラーはうつ病の症状と、
ほんとうにでたらめに名前を付けていきます。
涙が出るといっても
何か具体的な診断はないです。

 

例えば、
骨折をしたときにレントゲンの検査をします。
しかし精神科医やカウンセラーのしていることには
こういった検査はありません。

 

何もありません。

 

こんなでたらめなのは当然ながら話になりません。

 

うつ病?涙が止まらないのは?

 

涙が出るのはうつ病ではありません。
また涙が止まらないのも同じで身体に異常があるわけではないです。

 

涙が止まらないのは
それだけ必要だからです。

 

それだけ外に出す必要があるからです。

 

悪いことではありません。
普通のことです。

 

人間何かあるとそれに対してどうにかしようと働きます。
怪我をすればもとにもどります。
骨折をすればくっつきます。

 

涙が止まらないで出るのも
そうやって嫌なことをだしているのです。
嫌なことをため込まないためです。

 

鬱病で涙?

 

鬱病だからではないのです涙は。

 

ここでもしも
精神科医にいってしまうと
クスリです。

 

この精神科医のクスリはとても危ないです。

 

精神科医もカウンセラーも安全と最初はいいます。

 

これは完全に嘘です。

 

クスリで頭がおかしくなります。
頭や脳だけではなくて身体にも全身に異常がでることになります。

 

落ち込んでいる状態で
クスリをすると。

 

最初だけは気分があがります。
それを脳は異常と認識します。
脳は異常なので気分をさげます。
このときに強めにさげます。

 

かえって落ち込みがひどくなります。

 

ここで精神科医にいくとクスリがふえます。

 

こうしていると
うつ病になってしまいます。

 

うつ病に統合失調症、精神分裂症、幻覚、幻聴、パニック障害、
コミュニケーション障害、コミュ障害、自閉症、ADHD、アスペルガー症候群・・・

 

こうした精神病は
こうやって精神科医やカウンセラーによってつくられているのです。

 

さらにやっかいなのが
このことを知らないでいる精神科医やカウンセラーが多くいます。
これでよいことをしていると勘違いをしていることもあります。

 

精神科医やカウンセラーはクズでバカです。
肩書だけです。

 

うつ病で涙目?

 

さらにこのうつ病というのには問題があります。
涙目でも名前をつけることが精神科医やカウンセラーにはできます。

 

これは精神医療の業界が使用しているマニュアルが
そうできているのです。

 

故意にそうやって様々なことに
すべてのことに
名前をつけられるようになっております。

 

人助けをしているわけではありません。

 

気を付けましょう!

 

まとめ 涙が出るのはうつ病とは違う。

 

涙が出るからうつ病という仮説は
ただの作り話です。
精神科医やカウンセラーがお金をだまし取るためにしていることです。

 

クスリ漬けになってしまうと
ほんとうに恐ろしいことになります。
人生を棒に振ることになります。

 

それだけではないです。
ほかの人たちも巻き込んでしまうこともあります。