精神科でおかしくなる。麻薬で薬物依存症にさせられる罠。

精神科にいくとおかしくなることしかありません。
精神科・心療内科でするのは
「覚せい剤・麻薬」を向精神薬といって処方。
抗うつ薬(抗うつ剤)、精神安定剤、抗不安薬
睡眠薬(睡眠導入剤)

すべてが麻薬。

頭がおかしくなるだけ。

 

うつ病、統合失調症
パニック障害、不安症、不安障害
幻覚、幻聴、妄想、眠れない、不眠症

精神科の薬でなります。おかしくなるのです。

 

心理カウンセラーはそういった精神科医へ誘導しています。

 

頭がおかしくなるのです。

そして

 

「おクスリは一生飲み続けるものです。」

 

これは薬物依存症

 

 

精神科でおかしくなる。薬で誰でもが精神病になってしまう。罠。

何かあると私たちは不安になったり。
やる気の低下をしたり
気分が悪くなります。

この段階では精神科にはいっておらず
薬でおかしくなる前です。

嫌なことがあるから
あるネガティブな感情。

 

そこで自分の抱えている問題を解決すれば

問題がなくなり

こうしたネガティブな感情もなくなります。

 

ところがここで

サイトなどで精神科・心療内科をみてしまう。

 

検索結果にのるように業者に依頼して作られた数々のサイト。

見てしまうと

チェックリストがあり

このチェックリストは誰でもがあてはまる可能性があります。

そしてあいまい。

 

そして

「私はうつ病なのか。」

 

精神科医の薬の処方があり

頭がおかしくなる。

薬に体が蝕まれる。

 

 

精神科でおかしくなる。反省。薬が何か知らなかったとはいえ。

精神科に行くと薬でおかしくなるのです。

よくある間違いに
精神病だから頭がおかしくなる。

これは誰もが

 

薬物依存症の人たちが近くにいたらどうでしょうか?

 

警察に通報しますか?

正しいと言えます。

 

同じ成分で

非常に危ないですから。

 

なぜなら

このことがわからないために

誤って理解をしています。

正しくは精神科の薬でおかしくなるのです。

 

かつての自分もわかりませんでした。

ですのでニュース番組で

薬物依存症で逮捕された人たちの報道があると

 

「薬物依存症は怖いな。」

「もう廃人なんだな。」

 

そうバカだったので知らずに思っていました。

 

その後に事実を調べてわかり

反省をしました。

知らなかったとはいえ

精神科に騙されてしまい
薬を使ってしまいおかしくなる状態でいたのだから。

 

デマに、危ない人がいくところとありますが
その理由は精神科・心療内科の患者、通院者
そのものにあるのではなくて

向精神薬、
睡眠薬、抗不安薬、精神安定剤、抗うつ薬、抗うつ剤。

こうした精神科医のクスリが原因で頭がおかしくなるのです。

 

精神科医もですが
心理カウンセラーのカウンセリングもです。

心理カウンセラーに相談しても
愚痴を言うだけで
具体的に解決をすることは
心理カウンセラーにはできません。

 

また助言といいますが

経験をしたことがない知らない人に
わからない人が肩書を名乗っているだけです。

 

何も知らない人に聞いても
まともな助言は得られません。

間違ったことを助言されてしまい

かえって大変なことになってしまいます。

そして精神科医へ薬へ誘導もします。

高額な請求もして。

 

また自分も悪かった。

誰かにしてもらおう。

これがいけなかった。

楽してサボって

何もしない考えがあったから。

 

まとめ 精神科でおかしくなる。薬で。

精神科の薬が原因でおかしくなると次にあるのは

「症状が進行しました。」

「お薬の追加をします。」

「お薬の強さを強いのに変更します。」

 

このまま薬物依存症がひどくなっていくと

しまいには

症状が重くなったので
精神病院への入院を勧められます。

 

ここで精神病棟に入ってしまうと

人生が終わります。

 

危ない人で頭がおかしくなるから
精神科やカウンセラーのカウンセリングにいくわけではないです。

精神科やカウンセラーのカウンセリングに行くと頭がおかしくなる。

 

危ない危険になる。

これが事実です。

 

自分も精神科にいってしまい

精神科医、心理カウンセラーが原因で大変なことになりました。

精神科医に行く前は落ち込んでいて
気分があまりよくない。
そういった状態でした。

これは感情です。

 

でもここでいってしまったから

精神病と診断があり

薬でおかしくなる日々でした。

精神病とは
精神科医の向精神薬、
睡眠薬、抗不安薬、安定剤、抗うつ薬、抗うつ剤

で発症する依存症。

 

心理カウンセラーも精神科医と共犯者で。

心理カウンセラーも精神科医もお金のためです。

 

病院、クリニックからはノルマが課せられています。

困った人を助けるといいつつ
結局は何もできないしない。

向精神薬を売りつけて精神病というのに故意にして

動けなくして。

 

動けなくされるので

働けないので収入が得られない。

 

金銭面で困るように故意にして

相談をしても

「公的な支援を受けてください。」

 

完全に自作自演の詐欺行為をしているのが
精神科医と、心理カウンセラー、
精神病院、クリニック、精神医療の業界。

 

やられた!
いかなけれよかった!とつくづく後悔。

 

精神病は治る。うつ病・統合失調症・睡眠の改善。根本からの生還する方法。