睡眠薬を飲むから起きれない。眠れない。

睡眠薬で起きれない。

実は睡眠薬を飲み続けると眠れないことになります。

市販の睡眠薬も同様です。

寝つきが悪い、眠れない。

これだけだったら無理に寝なくていいのです。

疲れていなければ眠くならない。

 

眠れないのを睡眠薬の服用をしてしまうと

睡眠薬で起きれない。眠れない。

最初だけはたしかに眠れると思います。

その後は体に耐性ができるので

かえって眠れないことになります。

 

また睡眠薬の使用をしても寝たことにはならないので

疲れがたまる一方です。

 

朝になって起きれない、だるいのは疲れがたまった結果です。

 

そしてうつ病。

うつ病というのは精神科医の薬が原因です。

睡眠薬を使ってしまうと朝も日中も一日中と。

眠気が残る。

起きれないことになります。

市販のでもなります。

 

他の代表的な被害の例では

うつ病と騙されてしまい抗うつ薬、向精神薬を

飲み続ける。

 

気分が落ち込んでいる人に治るといっては

白い粉で気分をハイにする。一時的に。

頭がおかしくなるので眠れない。治すどころか害。

そこに睡眠薬。

 

精神科医の犯罪。

そして
心理カウンセラーが共犯者。

クスリをするように誘導するのが心理カウンセラー。

 

精神科・心療内科の職員たちの犯罪。

殺人。

 

気を付けしょう。

詐欺師です。

 

今思い返すと
あれは本当に体がだるい。

眠れない。気分が悪い。

イライラする。

 

当時はそのたびに

 

「おくすりをおだしします。」

「先生に相談してください。」

 

精神科医、心理カウンセラーは
今から思うとクズでお金の無駄遣い。

 

 

睡眠薬を飲むから起きれない。精神科・心療内科では治らない。

精神科・心療内科の受診をすると

とても親切でいい人に見えるのですが

お金を儲けるためにしているだけです。

 

睡眠薬を使用していると朝も日中も一日中
起きれない状態になります。

また多くある被害のケースでは

うつ病、統合失調症などと騙されてしまうことです。

 

精神科医に心理カウンセラー、職員に騙されて

向精神薬、睡眠薬を飲み続けることになってしまいます。

抗うつ薬(抗うつ剤)に精神安定剤、抗不安薬も。

睡眠薬も向精神薬も使っていると耐性ができます。

 

最初は寝つきが悪い。

この状態で精神科医にいくと睡眠薬がでます。

睡眠薬を使いだすと最初はまだいいのですが。

この後で問題は

無理やり脳を人工的に意識を失うようにしているのは

私たちの体にとっては異常なことなのです。

そうすると

体のほうが異常を認識し

 

睡眠薬で気分を下げる。

そして意識を失う。

 

ここで脳は気分を上げます。

そうすると眠れなくなります。

 

ここで精神科医は

睡眠薬の強さを強くします。

 

そうするとまた脳は気分を上げます。

よけい眠れない状態になります。

 

眠れていないと疲れが取れません。

こうすると体がだるいと感じるようになります。

疲労です。

脳も体も疲れ切ってしまうので
起きれない状態になります。

不眠症。

 

眠っていないと心身ともに異常をきたすので。

かえって悪化することを治療でしています。

精神科・心療内科では治らないのです。

 

 

睡眠薬を飲むから起きれない。クスリで性格が変わる。

こうして精神科医に騙されてしまいますと

睡眠薬でだるいし起きれない状態になります。

そしてうつ病と騙されて向精神薬をするとどうなるかです。

まずうつ病というのは存在しません。

私たちは何か問題があると

嫌なことだと落ち込みます。

いいことだと喜びます。

これは感情です。

 

感情に名前をうつ病とつけて
向精神薬を売るのが精神科医です。

そこには心理カウンセラーも共犯でしています。

睡眠薬を飲むから起きれないのです。

 

気分が落ち込んでいる。
気分が下がっている状態。

ここで覚せい剤を「安全なおクスリです。」といって

飲ませて

人工的に気分を上げます。

 

そうすると
脳や体のほうでは異常と受け取ります。
脳や体は気分を下げることにします。

 

ここで睡眠薬もですが
精神科医は向精神薬を強さがより強いのにします。

脳はさらに気分を下げます。

こうしていると
本当の重度のうつ病になります。

 

睡眠薬で起きれない。不眠症。

抗うつ薬、向精神薬でうつ病。

 

こうしていると
思考の仕方も悪いほう悪いほうへと考えるようになります。

 

日々の生活も暗くなります。

こうして睡眠薬、向精神薬で性格が変わります。

 

 

睡眠薬を飲むから起きれない。甘い言葉。

精神科医と心理カウンセラーが精神病という
病気を故意につくっているのです。

そこには製薬会社があります。

 

睡眠薬には市販のものもあります。
しかし飲み続けていると起きれないことになります。

 

たしかに市販の睡眠薬は
精神科医のだす睡眠薬よりも強さが弱いです。

 

しかしそのまま続けていると当然ながら
同じ睡眠薬で起きれないことになります。

 

最初に甘い言葉に騙されてしまい。
また楽してすぐにと考えてしまうのも悪いです。

しかし市販の睡眠薬も向精神薬もとても危ないです。

やめましょう。

 

 

まとめ 睡眠薬を飲むから起きれない。

睡眠薬を使うと朝も日中も一日中

起きれない状態になります。
向精神薬を使うと重度のうつ病になります。

 

だるいのは当たり前で疲れているからです。

疲労です。

この疲労が溜まっていくと

頭がおかしくなる。

心身に異常をきたす。

 

認知症になります。

癌になります。

肝臓病に腎臓病に

糖尿病に人工透析。

 

精神科医や心理カウンセラーのカウンセリング
精神科、心療内科が
原因です。