パキシルにも離脱症状。廃人に。どうする?

パキシル(パロキセチン)とは
精神科医がお金欲しさに、人々を精神病にして苦しめているものです。

パキシルにも離脱症状があります。

パキシルなどのやばい効果・副作用でうつ病、統合失調症など精神病になります。

うつ病や統合失調症になる本当の原因は精神科医の向精神薬です。

 

そして

パキシルにもあるのが離脱症状。

 

あとになってから

廃人になっていることに気づくのですが。

でもパキシルで廃人になっているのに

気づくのか

気づかないのか?

 

まずは気づかないと

パキシルに離脱症状があることも

なんとかなるでごまかしてしまいます。

 

だるい太るしいいことがないもない。

眠い、眠れない、眠気がある、不眠。頭痛。イライラ。

寝汗、悪夢。

躁転、パニック障害、強迫性障害にもなる。

効果が出るまでといわれたら

依存症。

 

パキシルをやめたら痩せるという話があるのは

パキシルが食欲に影響します。

パキシルで太るので痩せる方法は断薬だけではなくて

だらしがない生活をやめるのも。

 

ダイエットもそうですし

パキシルの断薬もです。

離脱症状が怖いからやりたくない。

楽に。誰かにかわりにしてもらいたい。

特効薬が欲しい。

 

こうして寝ぼけたこといっている限りは無理です。

 

減薬は当然で

断薬をすることをおすすめします。

ただし断薬だけでは治りません。

パキシルを急にやめるのはよくありません。

一定の期間をかけてのパキシルの断薬が

離脱症状の緩和にもなります。

 

治るには

他にも最初になぜ

こうなってしまったのか?

この原因が大事です。

 

パキシルにもある離脱症状。

やばいです。

パキシルで感情がなくなる被害。

 

でも逮捕者を思い出すとわかります。

 

きっぱりとやめる人。

何回も捕まる人。

 

もちろんきっぱりとやめるのがいいのですが。

 

でもよくわからないままにしても

 

結局はまた楽になりたいから

 

使用してしまい逮捕です。

 

パキシルのやめ方が知りたい。

楽にやりたい。

 

無理です。

ヤクに手を出したのです。

こうして楽に特効薬でなんとかしたいと思うから

ついつい飲んでしまうのです。

これが依存症。

 

パキシルの離脱症状をという前に

 

することがこうしてあります。

 

断薬の後遺症。シャンビリ。

 

少しでもパキシルを飲んで良かったと思っていたら

無理です。

 

体験談といったのが

あります。

 

パキシルでよくなったなど。

こうしたのは宣伝です。

製薬会社も絡んでいます。

 

パキシルの断薬を成功するには

本人あなたがどうしたいのか?

 

本当にパキシルを断薬したいのか?

 

逃げをどこかでつくっていないか?

 

セロトニン症候群という言葉がまだ頭に残っていないか?

 

パキシルの離脱症状の期間は大変です。

 

パキシルで攻撃性がでて

事件を起こす。

逮捕される。

こうなってしまったら

前科者になるので

もう話が変わってきます。

 

その前にパキシルには離脱症状がある。

やばいと認識をする。

パキシルの離脱症状を緩和したいと思わないこと。

そしてなんとしてもする覚悟。

 

言い訳をしないで。

 

パキシルとパキシルcrの違いはないです。

パキシルとメイラックスの追加、併用なら?

ワイパックスは?

パキシルからレクサプロに変えたら?

イフェクサーとパキシルなら?

ジェイゾロフトなら?

リフレックスなら?

 

成分は「白い粉」

 

精神科医、医師の処方だから

なにかいいものだとまだ思っていないか?

 

長期服用。

パキシルを大量に摂取する被害。

パキシルを飲み忘れることができない状態。

いつまでも続く依存症。
パキシルの致死量。

そして死亡。

急に

いきなり頭がおかしくなるので

自殺をしてしまうやばい危険性もあります。

添付文書に記載があるものの説明はない。

パキシルのやばい離脱症状についても。

 

クスリでラりっているのです。

これは

お酒を飲んで大量に飲んでアルコール中毒になり

感じなくなった状態。

頭がおかしくなる、何もわからなくなる。

これと同じです。

 

妊娠中のパキシル服用。

 

パキシル服用をして出産すると

赤ちゃんは依存症。

発達の障害の恐れがあり

奇形児にもなる危険性があります。

警視庁の警告の通りです。

 

パキシルの増量。

頓服の追加は

効かないのでさらに

粉を追加することです。

 

粉が効かないから粉の追加。

 

パキシルの血中濃度。

これはヤクの血中濃度。

 

うつ病や統合失調症は治るものです。

 

分類ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されています。
抗うつ剤ということになっていますが
作用で命を落とすことにもなります。

 

うつ病などの精神病は、抗うつ剤や向精神薬を飲むとなるものです。

うつ病や統合失調症は治らないと思わされているのです。

 

統合失調症や不安症、眠気、不眠、幻覚、幻聴、パニック障害などもそうです。

性機能障害、吐き気、頭痛、離脱症状・・・

 

他にも眠気抗不安薬や精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤とあります。
どれを服用しても精神病になります。

 

不安や落ち込みなどに名前をつけてはパキシルなどを売ります。

 

減薬もですが断薬が必要です。

そして薬をやめるだけではなくて

自身の問題点を改めることです。

 

うつ病や統合失調症の再発をするのも

実は向精神薬では関係がないことをしているからです。

 

ここで精神科医の親切そうな演技に騙されてしまう
被害が大変多い深刻な社会問題です。

 

効果といわれています
精神症状の改善。

 

これについては実際に抗うつ剤を使用したことがあるのならわかることです。

ないことが。

 

うつ状態というとうつ病と思いがちです。
うつ状態というのよりもわかりやすくしますと

 

「落ち込んでいる、元気がない。」

 

他にも「不安になる。」

 

これらは病気ではないです。

感情です。

 

 

こうしてパキシルもですが抗うつ剤、向精神薬を使うと
離脱症状があります。

 

SSRIには

 

ルボックス、デプロメール
パキシル、パロキセチン
ジェイゾロフト、セルトラリン
レクサプロ、エスシタロプラム

 

どれをしても自殺をする作用があります。

 

ジェネリック医薬品にパロキセチン錠がありますが
同じです。

 

他にもパキシルCR錠というのがあります。
副作用や離脱症状の軽減です。

つまり効果と副作用の問題点
離脱症状がの問題点が隠せなくなってきたからです。

 

こうして幅広く売られているのは
それだけ儲けるためです。

実際に精神科や心療内科
心理カウンセラー、デイケアの数。

日本全国にものすごい数があります。

 

それだけ儲かるのです。
なにしろ経費がかかりませんから。

 

「うつは心の風邪」のキャッチコピー

これが出回り始めてから

うつ病や統合失調症、不安症、適応障害
パニック障害、幻覚、幻聴、発達障害、ADHD・・・

急激に精神病、精神障害が急増しています。

 

「うつは心の風邪」のキャッチコピーは製薬会社が始めたことです。
製薬会社にしてみれば向精神薬や抗うつ剤が売れれば売れるほど
儲かるからです。

 

その向精神薬や抗うつ剤を精神科医が実際に販売しています。

パキシルもですが向精神薬の効果というものは副作用です。

 

パキシルの効果と副作用でなる病気。うつ病や統合失調症の本当の原因は向精神薬。

ではパキシルの効果と副作用でどういう病気になるのか?
パキシルでうつ病や統合失調症になります。

うつ病や統合失調症の本当の原因は向精神薬。

セロトニンの増加が~抑える~ということになっています。
こうしたことは精神病とは関係がないことです。

セロトニン「仮説」は抗うつ剤、向精神薬などを売るために作られた
ただの作り話です。

 

落ち込みや不安にパキシルでということになっています。

 

 

うつ病、うつ状態
不安障害
強迫性障害
外傷後ストレス障害(PTSD)
月経前気分不快症(PMDD)

 

こうしたのに効果があるとされています。

 

実際には
パキシルなどの抗うつ剤や向精神薬を使うと
眠気、不眠、頭痛、吐き気、性機能障害、

うつ病、不安症、不安障害などになります。

 

やばいので自殺をする危険性もあります。

いきなり衝動に駆られて自殺をしてしまう被害もあります。

 

生理前の不安定さにと使ってしまうと
やめられなくなってしまいます。
大変なことになってしまい。

うつ病、うつ状態
不安障害
強迫性障害
外傷後ストレス障害(PTSD)
月経前気分不快症(PMDD)

 

こうしたのに効果があるとされています。

 

実際には
パキシルなどの抗うつ剤や向精神薬を使うと
眠気、不眠、頭痛、吐き気、性機能障害、

うつ病、不安症、不安障害などになります。

 

やばいので自殺をする危険性もあります。

いきなり衝動に駆られて自殺をしてしまう被害もあります。

 

生理前の不安定さにと使ってしまうと
やめられなくなってしまいます。
大変なことになってしまい。

パキシルを売るための病気。離脱症状、頭痛も。

パキシルを売る口実に使われている病気には

 

うつ病、うつ状態
パニック障害
強迫性障害
社会不安障害
外傷後ストレス障害

 

こういったのがあります。

 

向精神薬の服用をすると離脱症状があります。

頭痛もあります。

 

パキシルは幅広く売られている
大変売り上げが大きい抗うつ剤です。

 

精神科医がお金儲けをするためにしていることです。

 

脳にダメージを負います。

 

パキシルCR錠の効果は副作用。効いた実感?

パキシルCR錠の効果とは副作用そのものです。

 

うつ病
パニック障害
社会不安障害
全般性不安障害
強迫性障害
外傷後ストレス障害
月経前気分不快症

 

こういったのに効果となっています。

本当に効いた実感がある人はいないです。

 

 

吸収をゆっくりにしたもので

 

月経前気分不快症(PMDD)

うつ
不安
強迫
トラウマ
生理の不安定さ

 

に効果となっていますが、

実際にはこうしたことはありません。

 

パキシルの特徴とは?眠気、不眠、離脱症状

パキシルの特徴は

効果でうつ病や精神病になる。

日中に眠気が残る、不眠、離脱症状もあります。

 

様々な不安障害になる効果がある。

 

頭痛、吐き気、性機能障害・・・

 

ジェネリックもある。

 

胃腸障害
性機能障害
他のSSRI同様に眠気がでる。太る。

離脱症状がある。

 

躁転になる。

 

パキシルの効果

パキシルもですが耐性ができるので

 

落ち込み
不安

になります。

うつ病
不安障害

 

になります。

 

パキシルなどのSSRIの効果は

なにかよさげなイメージがありますが
作られたイメージです。

 

三環系や四環系よりもいいかといえば
SSRIもかわりはありません。

 

 

気持ちを落ち着けるのや不安をおさえるということですが。

他のSSRIもですが
気持ちが乱れます。
不安症にもなります。

うつ病は抗うつ剤でなります。

 

パキシルの副作用

パキシルも他のSSRIの抗うつ剤もですが効果が副作用です。

副作用が少ないおクスリと言われていますが
実態は危険です。

 

吐き気、下痢、便秘、胃腸障害
睡眠に悪い影響がある、不眠
性機能障害

 

こうした症状の被害が目立ちます。

 

さらに

 

太る
眠気がある

 

こうした特徴も被害にあります。

 

そしてやばいのが
自殺をいきなりしてしまう。

衝動に駆られていきなりしてしまうことにもなります。

 

 

このときには自分ではどうしようもできません。
わからないままでしますので。

 

ですからパキシルもですが使用をしないのがいいのです。

 

傾眠
悪心
めまい
頭痛
肝機能異常
便秘

 

こうしたことにもなります。

 

またパキシルもですが抗うつ剤も向精神薬も
離脱症状があります。

 

離脱症状があるということは
成分が何かもこれでわかることですね?

 

パキシルCR錠の効果と副作用

パキシルCR錠はパキシルの効果と副作用で問題になっています
離脱症状を軽減するためとなっています。

 

作用時間に違いがあるのはパキシルよりもゆるやかしているためで
離脱症状があるのに違いはないです。

 

うつ病、うつ状態となっていますが
かえってうつ病になってしまいます。

 

パキシルの用法、効果のあらわれ方。離脱症状。吐き気。

パキシルの服用をしますと

最初は一日一回の服用となっても
効果の実感ができないので増量していきます。

 

しかし離脱症状があります。

吐き気があるのもあります。

服用開始からしばらくすると
パキシルが全身の血液にまわります。

この段階では効果の実感をすることがあります。

 

ただし成分がアレです。

 

このあとは耐性ができますので。
かわってきます。

 

かわっていきますのでパキシルの増量となります。

こうしてパキシルなど抗うつ剤は増えていきます。

 

そうしていくと上限に達します。

 

この段階になると

 

他の抗うつ剤を追加
他に向精神薬、抗不安薬、精神安定剤の追加
他の抗うつ剤に変更

 

こうなります。

 

そもそも

パニック障害
強迫性障害

 

にするものとなっているのも。

 

取り乱す。
こだわる。

 

これは病気ではないです。

 

こうしたのは
日常の習慣が悪いから起こることです。

 

また必ずしも悪いわけではないです。
こだわりがあるのはいいことでもあります。

 

パキシルに半減期とは?

パキシルなどに半減期があります。

半減期があること自体がおかしいです。

 

抗うつ剤とは考えるのをやめましょう。
アレです。

 

アレなので当然ながら半減期があります。

そしてきれるのでまた使う。

こうして使い続けることになります。

 

離脱症状があります。

 

 

精神科医の言い訳には
いろいろとありますが
結局はわたしたちにパキシルもですが
抗うつ剤など向精神薬を売るためです。

 

こうして定期的に来させる
定期的に騙す。

 

パキシルと服用時期と効果と副作用。眠いのは?

パキシルを飲み始め。
やめられなくなります。

眠いのもですがうつ病にも精神病にもなります。

離脱症状があります。

 

服用時期が存在しているのは
成分がアレだからです。

効果と副作用もアレなので離脱症状もですが
心身の不安定にもなります。

 

飲み始めはまだ自覚がないのです。
しばらくするとおかしくなっていきます。

 

こうしていると

不安症というのにもなります。
他のSSRIの抗うつ剤もです。

 

躁鬱に躁転する。
不安に焦りが高まる。

自殺をしてしまうことにもなります。

 

他にも

 

下痢
吐き気
胃腸障害

 

様々な効果と副作用があります。

 

 

脳にダメージを負うことになります。

 

断薬だけをすればいいわけではありません。
断薬だけでは不十分です。

 

断薬に脳にあるダメージの回復。
もともとの精神的な問題。

自身の問題点。
など。

 

することはさまざまにあります。

 

パキシルの効果と副作用への対処。離脱症状。

パキシルの効果と副作用にはどう対処すればよいのか?

 

精神科医にいっても

 

「様子を見ましょう。」

 

離脱症状にも何もできません。

 

そのまま飲み続けて効果と副作用で

 

眠気がある
太る
胃腸症状
頭痛
性機能障害

自殺となります。

 

強さを強くし続けていきごまかして廃人になるのか

断薬をするしかないです。

 

パキシルでなる眠気と不眠

パキシルの被害では眠気がある、不眠があります。
睡眠の質が悪くなる。
睡眠が浅くなる。

 

不眠で
日中に眠気がでるようになります。

 

昼夜逆転の生活
早朝覚醒
中途覚醒

 

にもなります。

 

 

ここで他の抗うつ剤にかえるとしても
服用の時期をかえるのも
量を減らすのも

 

こうして結局は

精神科医は

 

「よくわかりませんが。」
「おそらく。」

 

と言い出します。

 

パキシルで太る、痩せる。体重は?

パキシルの使用で太るか、痩せるかします。
これは人それぞれのその時に体質によって変わります。

 

食欲が増える。
食欲が減る。

 

よく精神科医や心理カウンセラーが使う説明に
症状が原因といいます。

 

症状。
うつ病、統合失調症、不眠・・・精神病

こうした症状はパキシルなどの抗うつ剤や睡眠薬、向精神薬でなります。

 

そして太るのや痩せるのは
パキシルもですが抗うつ剤、睡眠薬など向精神薬で食欲が増えるか減るためです。

 

また不眠になると起きている間に食べてしまうので
さらに太ります

 

また抗うつ剤や睡眠薬、向精神薬自体の効果と副作用で
太ること、痩せることにもなります。

 

 

ここで困った自分。
あなたもでしょう。

精神科医や心理カウンセラー、職員たちに相談しますよね?

自分もしたことがあります。

 

「運動不足だからかも?」

 

パキシルなどで運動ができない身体にさせられて
これをいわれるのです。

 

今思えば腹立たしいことでした。

 

パキシルで吐き気、嘔吐、下痢、便秘。胃腸症状

パキシルの効果と副作用で

吐き気、嘔吐
下痢
便秘

胃腸症状もでます。

 

こういうときも
精神科医にできることはないです。

 

 

我慢する。
パキシルの増量。
他の胃腸の症状を和らげるクスリの追加。
服用を分ける。
他の抗うつ剤に変更。

 

なにもできないのです。

 

こうしてわたしもだったのですが
わたしたちは時間が過ぎていきます。

 

パキシルで頭痛も

パキシルの効果と副作用で頭痛にもなります。

ここでまた精神科医に相談するのですが

 

「よくわかりません。」

「頭痛薬をお出しします。」

 

精神科医は何もわからないでしているのです。

クズといえばクズです。

 

パキシルで生理不順、性欲低下、勃起不全。性機能障害

パキシルの効果と副作用では生理不順、性欲低下、勃起不全。
性機能障害があります。

性欲低下
勃起機能不全
オーガニズム低下
射精障害

 

精神科医が少子化を招いている要因にもなっています。

 

 

精神科医というのは
ほんとうに悪質です。

そこには心理カウンセラーもいます。

心理カウンセラーも悪質です。

 

見た目はいいのですが
実はこうした詐欺行為をしているのです。

詐欺行為なので体調も重くなっていくのです。

 

パキシルには離脱症状がある。断薬、減薬方法はない?

パキシルの効果と副作用でおかしなことになります。
結局は断薬をしないといけません。

 

しかしここで精神科医に減薬の方法を委ねることがあります。

精神科医は途中までは減らします。

しかし断薬まではしません。

それは離脱症状があるからです。

 

精神科医は抗うつ剤など向精神薬を売るだけです。

 

離脱症状がある。

 

断薬まですると

アレがきれる状態になるのです。

 

しびれる、耳鳴り、めまい、頭痛、吐き気、だるさ
イライラ、ソワソワ、不安、不眠

 

こういったのは
アレをやめるとでるものです。

 

パキシルもですが
抗うつ剤、SSRI、三環系、四環系。

いろいろと種類はありますが
するものではありません。

 

長期間服用になって苦しむことになるだけです。

 

 

精神科医に心理カウンセラー、職員たちが原因です。

 

やめましょう。
悪質な詐欺です。

一見親切にみえて

よさげな見た目に騙されないようにしましょう。

 

パキシルでの運転で危険な影響

パキシルなど抗うつ剤を使用しての車やバイク、自転車の運転は
非常に危険です。

 

影響でいえば
交通事故です。

 

効果と副作用で眠気にふらつき、めまい。
意識を突然失います。

 

車の運転中に意識を失うと
人々に突っ込むことにもなります。

 

交通事故死を起こしてしまいます。

逮捕されて前科者にもなってしまいます。

 

 

加害者となってしまい被害者が多数出る危険性もあります。

 

パキシルと妊娠・授乳。影響は

パキシルを飲みながらの妊娠、出産にも悪影響を及ぼします。

成分であるアレが胎児にもいきます。

 

これである危険性は
発達に障害を負うことです。

 

授乳をすれば
母乳からアレが赤ちゃんにいきます。

とても危険なのです。

奇形児にもなる危険性があります。

 

そもそも治療と呼べるものではないのです。
精神科医や心理カウンセラーがしている行為は。

 

正しくは詐欺行為です。

 

パキシル錠のジェネリック、パロキセチン錠

パキシル錠にはジェネリックであるパロキセチン錠があります。
成分は同じなので

同様の効果と副作用となります。

 

ジェネリック医薬品を使っても
変わらずにおかしくなるだけなのです。

 

まとめ

パキシルなど抗うつ剤でうつ病、精神病になります。

 

精神科医や心理カウンセラーがしているのは
多大な利益のためです。

 

お金の無駄遣いです。
そしてそれだけではなくて
死亡。

 

私たちのためにしているわけではないです。

 

 

・クスリに頼るのをやめるのか
・クスリにおぼれたままでいるのか

 

私たちの分かれ目です。これが。