パニック障害の症状に適切な療法は?病院?クリニック?薬?どう接するのが良い?

ある日突然、動悸・めまい・便意・首がつる・呼吸困難に襲われ、

立っていられなくなり、

その場に座り込んでしまったら…

あなたはどうしますか?周りの人に助けを求めますよね。

「心臓病なのか?もう死んでしまうのか?」

 

このような症状で病院に運ばれ、

医師の診察を受けた結果「異常なし」と診断され、

「精神的なものですね。パニック障害ですね」

と診断される人の割合が、最近増えてきています。

 

一時的にではありますが、

明らかに身体の具合は悪くなっている。

それなのに「精神的なものですね」と言われてしまう病気、パニック障害。

 

実際、内科的な疾患とパニック障害の違いを見極めるのは非常に難しいこと。

医師が内科的な疾患を見落としてしまう可能性もありますからね。

 

十分に診察して、

それでもなお「やっぱりパニック障害だったね」と診断されたとき、

次にどうすればいいのか、

患者の悩みは深まります。

精神疾患に関する情報サイトが増え続けている今日このごろ。

それでもパニック障害に関する情報は、

とても少ないのです。

 

自分にパニック障害の疑いがあるとき、

どのように行動すればいいのか?

精神科の病院やメンタルクリニックに行って、

薬を処方してもらうのがいい?それとも薬は飲まないほうがいい?

自分自身、次に発作が起きないようにするために、

どのようなことをすればいい?

 

パニック障害に向き合うために、

知っておくべき情報を、

以下でくわしくご紹介していきます。

 

 

パニック障害の原因やきっかけは?パニック障害はどんな病気?

 

パニック障害というと障害と言葉にあるので

何かクスリによる対応が必要だと思いがちです。

 

精神的なストレスと

身体の不調、例えば肩こり。

 

脳に問題があると思いがちですが

身体には脳以外にもさまざまにあります。

 

例えば

運動をする。

健康的な生活を送る。

お風呂に入り血行を良くする。

 

パニック障害のほかにうつ病や統合失調症もですが

仕事の増加で発症するとは限りません。

それだけだったらもっと多くの人たちが精神病になっています。

たしかにあわない仕事はストレスになるので

原因と成り得ます。

しかしやりたい仕事をしている人にとっては

やりがいがあるのでストレスにはなりません。

 

パニック障害になるのは

人によって原因は違います。

 

不健康な生活。

ストレス、あわない環境。

体の機能の低下。

ジャンクフードを食べている。

添加物を摂りすぎている。

 

人によって原因は違います。

 

 

パニック障害 (PD:Panic Disorder) とは、

「前触れもなく突然、強い不安感に襲われる」

「胸がドキドキして張り裂けそうになる」

「原因不明のめまいがして座り込んでしまう」

「動悸が激しく、呼吸困難になる」などの症状・発作が現れたり、

それらの症状の後に「またあの症状が起きてしまったらどうしよう」

という不安を感じたり、

それらの症状が起こった場所や

状況を恐れたりする病気のことをいいます。

 

自分にとって不快なことを見聞きしたときに、

不安や恐怖を感じることは、誰にでもあり得ることです。

そのようなことに遭遇したことが

「パニック障害」発症のきっかけになるかというと、

人によって異なるとしか言えません。

 

では、パニック障害の真の原因は、

解明されているのでしょうか?

 

よくある説明では

現在のところ、パニック障害の原因は、

はっきりと解明されているわけではありません。

ストレス、過労、睡眠不足、風邪などが発症の誘因に

なるとも言われていますが、

このことは科学的に立証されてはいません。

 

これまでの研究から、パニック障害という病気は、

脳内の不安に関する神経系の機能異常に関連している

病気なのではないか、

という説があります。

 

 

こんな症状が出たらパニック障害の前兆。パニック障害は予期出来る?

 

パニック障害の前兆と思われる症状は、

どのような症状なのでしょうか?

以下に挙げる3つの症状が主な症状です。

 

  1. パニック発作

パニック発作とは、何の前触れもなく、動悸・呼吸困難・めまい・胸の痛み・発汗・手足の震え・吐き気などの身体症状が、強い不安・恐怖とともにあらわれることです。突然起こって10分以内に頂点に達することが多いものです。20分~1時間程度でおさまります。

  1. 予期不安

予期不安とは、パニック発作を経験した後に「またあの発作が起こったらどうしよう」と強い不安を持つことです。さらに、予期不安がパニック発作を誘発することがあります。

  1. 広場恐怖

広場恐怖とは、パニック発作が起こった場所や状況に対して不安を抱き、そのような場所や状況を避けるようになることです。対象となる場所や状況は人によってそれぞれ異なります。一般的には、電車、バス、車、飛行機、エレベーター、歯医者、美容室、映画館、会議室などです。

 

次に、パニック障害の代表的な症状である「パニック発作」、

これを予期することはできるのか?

このことについて考えていきます。

 

パニック発作を繰り返す患者の場合、

「ある決まった状況だけに条件反射的に生じる」

ケースがあるようです。予期できる状況は、

乗り物に乗っているときとか会議中といった、

物理的または心理的に束縛された場所が多いです。

 

 

パニック障害の症状が出た時の適切な対処法は?

 

パニック障害の代表的な症状である「パニック発作」。

パニック発作のときにあらわれる症状のほとんどが身体症状です。

そして、重大な病気のときの症状と良く似ています。

もし1回目の発作であれば、

やはり重大な病気を疑って、

タクシーで病院に連れていくか、救急車を呼ぶ必要があるでしょう。

病院に行くことにより、安心することができ、

発作がおさまる可能性もあります。

 

病院の内科での診察の結果

「まったく異常がない」となった場合は、

「パニック障害」の可能性がありとなります。

 

その場合は、次にパニック障害が起きないように、

極力刺激を減らして、あまり多忙にならないようスケジュールを調整して、

心を休める時間がとれるよう、工夫してみてください。

 

 

病院やクリニックに通ってもパニック障害は良くならない?

 

自分の「パニック発作」について、

「これは、精神的な病気なのかな?」

と疑い、精神科の病院やメンタルクリニックを訪れる人がいます。

これはとても危険なことです。

 

なぜか?

それは、精神科の病院やメンタルクリニックでは、

パニック障害の治療法の第一選択肢として「薬物療法」を用いているからです。

 

しかし例えば体の不調で首に問題があるのが理由の場合もあります。

クスリをするのはとても危険なことです。

 

向精神薬の成分は

ニュースになる芸能人が使い逮捕される粉。

 

この対応はアルコールを飲み続けて

感じなくさせているのと同じです。

 

アルコールにしても飲み続けているのは

危ないことです。

 

 

薬物療法で使われる薬は、「抗うつ薬」と「抗不安薬 (デパスなど)」です。

類似のクスリはさまざまにありますが

どれをしても同じことです。

 

かえってクスリで暴力を振るうようになることもあります。

軽度だったのがかえって重度になります。

 

パニック障害「パニック発作=身体が悲鳴をあげる」を体験するということは、

自らの心が壊れることを防ぐための正常な防衛反応だという見方があります。

つまり、極度のストレスを抱えた心を癒すことも、

すぐにやるべきことだということになります。

しかしここでするのは他にも見直すことがあります。

たとえばヨガや少しランニングをするのもいいでしょう。

ペットがいる人はペットとの関係を見直すのもいいでしょう。

 

「抗うつ薬」と「抗不安薬」?

何のために薬を飲む?

一覧をみると種類が多くあります。

どちらの薬も、脳内の神経伝達物質に作用して、

人間の精神状態をコントロールする薬です。

パニック障害などの精神疾患の治療にかかわる人たちは、

「どちらの薬も、きちんと認可が下りて、

パニック障害に効くと言われている薬なのだ」

と主張するでしょう。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

「パニック障害」患者の「脳内の神経伝達物質に問題がある」などということは、

科学的に立証されていません。

 

脳内にはまったく問題がないだろうというのは

危ない考えです。

 

正常な人間に

粉を使用すればどうなるのでしょうか?

 

ふらふらしている。

ふらつきがある。

めまいがある。

暴れる。

叫ぶ。

ろれつが回らない。

思考能力の低下。

わがままになる。

頭がおかしくなる。

記憶力の低下。

ボケる。

疲れやすい。

顔色が悪い。

筋力の低下。

 

これらが粉の使用者の状態です。

 

かえって深刻な状態になります。

 

これまで正常だった精神のバランスが大きく崩れ、

うつ状態に陥ったり、

反対に躁状態になってしまったり、

自殺願望が強まり自殺を試みたりという、

恐ろしい結末が待っています。

 

正常な精神を壊してしまう

「抗うつ薬」「抗不安薬」を飲んではいけません。

「抗うつ薬」「抗不安薬」を処方する

精神科の病院、

メンタルクリニックに行ってはいけません。

 

 

パニック障害を克服して、本来の自分を取り戻すために

 

「パニック障害を克服したい!」

パニック障害に悩む人が常に願っていること。

10代、20代、30代、40代、50代…さまざまな年代の

パニック障害患者。年齢は違っても、

出てくる症状はほぼ同じ。

パニック発作を恐れて、

外出する気が失せ、

学校、仕事、バイトに行きたくなくなってしまいます。

 

「いつパニック障害、パニック発作が起きるかわからないから、

仕事にもバイトにも行けない。困る!手っ取り早く、

この症状を治す対処法は?くわしく知りたい」

そう考えて、パニック障害関連の情報サイトを検索。

ヒットするのは、精神科の病院、メンタルクリニックのサイトです。

「病院かメンタルクリニックに行けば、治るようだ!」

「先生やスクールカウンセラーの声かけがあってすすめられたから。」

 

精神科の病院やメンタルクリニックに行けば、

「抗うつ薬」「抗不安薬」を処方されてしまいます。

これらの薬がいかに危険なものであるかは、

ここまででくわしく説明してきました。

決して飲んではいけません。

病院やクリニックに行くと思うのが

ポジティブな雰囲気があってよさそうと思ってしまうこと。

これも誘い出すためのものです。

 

クスリもですがマスクをして顔を隠してごまかしたとしても

こういったのはその場しのぎにしかなりません。

 

「パニック障害、パニック発作を、薬の力で無理矢理抑え込む」

ことが、どんなに無意味なことなのか。

少し頭を使えば、簡単にわかるはずです。

 

「パニック障害、パニック発作」が起きるのは、

何か自分にとって嫌なこと・不快なことが待ち受けていて、

そこから逃避するため、というのが原因です。

その「嫌なこと・不快なこと」を突き止めて、

それを排除する、または、

自分自身がその場に行かないようにするのが、解決法です。

 

「パニック障害、パニック発作」を「薬で抑え込んでも」、

「嫌なこと・不快なこと」が存在すれば、

結局、また発作が起きてしまいます。

精神科やメンタルクリニックの医師は、

そのことをまったく理解していないのです。

 

労災申請をしても間違った治し方をしていると

治らないです。

 

 

パニック障害、パニック発作が起きる原因について。

ある40代男性の場合です。

毎朝、出勤に使う地元の駅に到着するたびに、

動悸・呼吸困難などの発作に襲われていました。

発作が起きる時間は「出勤時の朝だけ」。

場所は「出勤に使う地元の駅だけ」。

原因はもちろん会社にあります。

仕事上で大きなストレスを抱えており、

会社に行きたくないのです。

この場合は、転職も対処法だと言えるでしょう。

ただし他にも原因がないのか?を客観的にみることです。

 

このように「パニック障害」の原因は

 

特定の環境への不安・恐怖。退職、転職、転校、離婚、引っ越しなど、

思い切って環境を変えることもありです。

 

症状の根本的な解決につながる可能性があります。

 

他にも生活習慣が乱れていないのか?

身体に悪い食べ物をたべていないのか?

自己中心的でないか?

まわりに誰か話せる人がいるのか?

 

うつ病も統合失調症も治る。