危ないレクサプロ(エスシタロプラム)の危険な効果と副作用。特徴とは?

レクサプロ(エスシタロプラム)はこれもお金儲けのために

発売された抗うつ剤です。
分類はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。

精神科医などの説明では、不安や落ち込みにということで売りつけています。

実際ににはどうなのでしょうか?

 

精神症状の改善にはならないです。

 

うつ状態というあいまいな名称がついています。
こういった存在しないのに
レッテル貼りをしてはうつ状態、不安と

病気をでっちあげています。

 

他にもSSRIの抗うつ剤には

 

ルボックス、デプロメール、フルボキサミン
パキシル、パロキセチン
ジェイゾロフト、セルトラリン
レクサプロ、エスシタロプラム

 

があります。

 

 

ジェネリックが発売されると?

 

特許が切れ儲けが減るので
こうして定期的に新しい名前にして新商品として
発売をすることで儲けが減るのを防いでいます。

 

精神科医は製薬会社の営業から売るように言われます。
また精神科医は賄賂も受け取っています。

あとは精神科医が抗うつ剤を出すのです。

精神科医などはわたしたちのためにしているのではないのです。

 

わたしたちは
あなたももうすでわかっているはずです。
実際には悪くなるだけなのを。

 

レクサプロの適応での効果と副作用の実感は?いつまで?

レクサプロの効果といわれていますのが。

落ち込みや不安に効果とあります。

 

まず
セロトニン「仮説」というものがあります。
セロトニン「仮説」は存在しないことが明らかになっています。

 

だから
「仮説」なのです。

 

効果の実感がないのでいつまでも続きます。

 

うつ病、うつ状態
不安障害、社会不安障害
強迫性障害
外傷後ストレス障害(PTSD)
月経前不快気分障害(PMDD)

 

こうして様々な名前がありますが。

これらは抗うつ剤もですが、向精神薬を売るための理由を
あとからつくった作り話です。

 

 

気分の落ち込み、不安。
これらは感情です。

 

感情とレクサプロなどの抗うつ剤、向精神薬。
関係がありません。

 

副作用はあるのでかえって重くなっていきます。

 

パニック障害や社交不安障害、不安障害。
強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)

 

これらも向精神薬を売るためだけの
ただのレッテル張りです。

 

女性の生理前の不安定、イライラ。
こうした感情、気持ちに

月経前気分不快障害(PMDD)という名前もあります。

 

こうして売る口実を作っているのです。

 

不安定、イライラしたのもクスリですることではないです。

気を付けましょう。詐欺です。

 

精神科、デイケアで知り合った女性。
彼女は夫婦関係がうまくいかなくなって
ストレスがたまり精神科、デイケアに来ました。

 

その後は抗うつ剤や向精神薬、睡眠薬などで
太っていきました。

 

もともとはかわいらしいやせていたのですが。
腕もものすごく太くなって
以前の見る影もなくなりました。

 

これは旦那が反省をして謝罪をして心を入れ替える。
どうしようもない旦那だったら離婚をするか。

 

クスリで解決するわけがありません。

 

精神医療で今まで治った人は一人もいません。

 

レクサプロの効果

レクサプロの効果というのであるのが

 

大うつ病性障害
パニック障害
社会不安障害
全般性不安障害
強迫性障害
月経前気分不快症
外傷後ストレス障害(PTSD)

 

こういった名前があります。

 

ではこれらをもっとわかりやすくしましょう。

 

落ち込んでいる、うつっぽい
不安になる。
物事へのこだわり。
生理の不安定さ。

 

これらは感情や気持ち、性格、癖です。

 

これらは日常のする行動。
日々の習慣を変えることです。

 

それに変えなくてもいいこともあります。

 

 

精神科医や心理カウンセラーには
ひとつの理想形があり
そこから少しでも違うのに名前を付けているのです。

 

ストレスを減らすことは抗うつ剤や向精神薬ではできません。

ストレスになることを減らしていく、なくすこと。

 

何か嫌な人がいて
その人に抗うつ剤や向精神薬を投げつけても
その人はいなくなりません。

そこで自分で抗うつ剤や向精神薬を飲んでも
その人はいなくなりません。

 

下痢や便秘、腹痛はレクサプロもですが
向精神薬、抗うつ剤、抗不安薬、精神安定剤、

睡眠薬、睡眠導入剤
でなります。

 

三環系抗うつ薬でもSSRIでも
結局は何も関係ないことなのです。

よくできた作り話です。

 

 

レクサプロの特徴

レクサプロの実際の特徴としては

 

・効果は副作用。
・最初だけと思っていたのが1日1回だけの服用だったのが

効果がでるまでといわれて飲み続けることに。
・こうして有効な用量までと言われてクスリが増量していく。
・離脱症状がある。

 

胃腸障害、心電図異常の問題にもなります。

 

実際にある効果は

 

精神科医が儲かる。
心理カウンセラーが儲かる。
精神科・心療内科・デイケアの職員が儲かる。
作業所。
支援センター。
就労支援センター。

 

亡くなる人たちが次から次へと増えていく。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

レクサプロの効果

レクサプロでもですが抗うつ剤に向精神薬も
セロトニン「仮説」が関係があるからとなっています。

 

このために結局は効果と副作用で大変なことになります。

 

・落ち込み
・不安

 

これらはそもそも感情です。

 

ここで精神科医に騙されてしまうと

レクサプロ、抗うつ剤、向精神薬などの効果と副作用で
精神病になります。

 

SSRI
三環系
四環系

感情。

関係がまったくありません。

 

 

レクサプロ、抗うつ剤、向精神薬などの効果と副作用で
他にも体に不調がでてきます。

 

そのたびに他の薬も追加されていきます。
相互作用の問題もあります。

 

こうしたマイナスの感情は悪いことではないのです。

解決しないといけない問題があることを知らせているのです。

 

レクサプロの副作用

レクサプロには副作用しかありません。
抗うつ剤、向精神薬、睡眠薬も副作用しかないのです。

 

副作用が少ないとか多いとか強さが強い・・・
どうでもいいことなのです。

 

レクサプロなどの抗うつ剤にある副作用

 

嘔吐、下痢、胃腸障害
睡眠の質が悪くなる
不眠
性機能障害
頭痛
めまい
口渇

 

こういった症状が実に多いです。

 

心電図異常もあります。

 

 

していることはまったく関係がありません。

 

離脱症状もあります。

 

離脱症状とはあのことです。

 

レクサプロの効果に半減期?

レクサプロの効果は一時的で半減期があります。

半減期があるのは
そのまま一生飲み続けることを前提にしています。

 

レクサプロを1日1回の服用で始めるとしましょう。

このまま服用を続けることになります。

 

効果の実感がないので
レクサプロなど抗うつ剤を飲み続けることになります。

 

最初に一時的に効果が実感できることがあります。
しかし一時的にごまかしているだけです。

 

耐性ができるので
効果が薄くなっていきます。

増量をしていくことになります。

 

他の抗うつ剤、向精神薬への変更、追加。
抗不安薬、精神安定剤の追加。
睡眠薬の追加。

こうして大変な状況になっていきます。

 

レクサプロの効果と副作用で不眠

レクサプロの効果と副作用は危険です。
飲み始めは少なかったのが増えていきます。

 

気分が高揚して
躁転してしまう。
不安や焦りが高まる。
自殺をしてしまう。

 

こうした身体の不調も
レクサプロなどの抗うつ剤、向精神薬の効果と副作用でなるのです。

 

 

下痢
吐き気
胃腸障害

 

が多いことですが。

その程度のうちに断薬をしましょう。

 

離脱症状はあります。
成分がアレですから。

 

死んでからではできません。

 

自分も多数の死んでいった人たちを
見送りました。

 

本当に多くの人たちが亡くなっていきました。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

レクサプロの効果と副作用への対処

レクサプロの効果と副作用がでてくると対処をする必要があります。

よくある被害では

 

眠気
頭痛
太る
胃腸障害
性機能障害

 

といったのがあります。

 

ところが精神科医にいくと。

 

「様子を見ましょう。」

 

なにもできません。

 

 

対処方法は結局は精神科医にいくだけ無駄なのです。

 

そもそもの原因は精神科医の抗うつ剤、向精神薬。

 

断薬です。

 

 

レクサプロなどでの眠気や不眠

レクサプロなどの効果と副作用は睡眠にも悪い影響があります。
眠気に不眠、睡眠障害。

夜間の睡眠の質が落ちます。

日中の眠気が強まることになります。

 

こういったのも被害のひとつです。

 

これは最初は
レクサプロなどの抗うつ剤を使いますと。

次には耐性ができます。

 

抗うつ剤で最初は気分を上げていたのが
かえって耐性ができてより下がっていきます。

 

これでうつ病にもなります。

うつ病で気分が優れない。

 

元気もなくなり不眠になります。

 

 

 

ここで

睡眠薬の追加をしても。
他の抗うつ剤に変えても。
服用の回数をわけても。
薬の量を減らしても。
我慢して慣れるのを待つのも。

 

悪循環にしかなりません。

 

睡眠の質の改善をするには
まずは断薬が必要です。

 

 

レクサプロで太る、痩せる。体重にも悪影響。

レクサプロなど効果と副作用の問題には太るのや痩せる問題もあります。

体重の増減もしてしまいます。

レクサプロなど抗うつ剤で食欲が増える、減ることにもなります。

このために太ることも痩せることもあるのです。
出方はそれぞれの体質があるので変わります。

 

これは症状が原因ではないです。

症状というのは存在しないです。

 

レクサプロなど抗うつ剤でなります。

 

精神科医や心理カウンセラー、職員たちの説明に
騙されないように気を付けてください。

 

セロトニン「仮説」~
シナプスが~
SSRI~
強い~
弱い~

 

こういった話は精神科医が向精神薬を売るためにしているのです。
そこには心理カウンセラーも共犯でしています。

さらに製薬会社の存在もあります。
製薬会社はテレビや新聞の大きなスポンサーでもあります。

 

自分もあのときは
えらい太りました。

 

精神科とデイケアでまわりをみると・・・
太っている人か痩せている人。

 

あきらかに異常な光景でした。

 

 

レクサプロで胃腸障害も

レクサプロの効果と副作用であるのが胃腸障害

吐き気、下痢、便秘。

 

こうした症状も
レクサプロなどの効果と副作用です。

 

このときにするのは断薬です。

いつまでも飲み続けるのではなくて断薬です。

 

早ければ早いほうが断薬をするのはよいです。

 

 

 

ここで精神科医などがいう説明は

慣れるまで様子を見ましょう。
おクスリを増やしましょう。
他のクスリをお出しします。
服用の回数をわけましょう。
他の抗うつ剤に変えましょう。

 

こういった説明はごまかしです。
時間稼ぎでしかありません。

 

このままわたしたちに来るように誘導をしているのです。

精神科医のしていることは
お金儲けです。
詐欺です。

 

レクサプロで頭痛

レクサプロには頭痛の効果と副作用もあります。

精神科医は実はわかっていないのです。

実にでたらめです。

 

「~かもしれないです。」
「ですから~のおクスリをお出しします。」

「これで様子を見ましょう。」

 

よくこんな話を精神科医はしています。

 

レクサプロの成分はアレです。

 

抗うつ剤と思うから話がわからなくなりがちです。

 

 

まずは断薬からです。

慣れるまで待つというのは
全身の血液にアレがまわること。

 

とんでもないことです。

 

レクサプロの効果と副作用で性機能障害(生理不順・性欲低下・勃起不全)

レクサプロの効果と副作用では性機能障害もあります。
生理不順。
性欲低下に勃起不全。

これらも精神科医の詐欺が原因です。

もちろん心理カウンセラーも共犯でしています。

 

SSRIだから~
三環系だから~
四環系だから~

 

違いはないです。

どれでもなります。

 

 

オーガニズム低下
射精障害

 

大変な深刻な問題です。
子孫を残すのにも悪影響です。

 

精神科医も心理カウンセラーもお金の無駄です。
クズです。

 

レクサプロの離脱症状はいつまで続く?精神科医には断薬、減薬方法がない。

レクサプロなどの効果と副作用をやめるにしても
離脱症状があります。

 

減薬に断薬。

精神科医にはできません。

 

離脱症状の期間は一週間は最低でもかかります。

 

精神科医は抗うつ剤に向精神薬、睡眠薬を
出すだけ出しては減量や断薬についてはしません。

 

減量はするにはしますが
途中で止まります。
断薬まではしません。

 

考えてみてください。
売れなくなったら精神科医は儲からなくなります。

抗不安薬、精神安定剤もですが
こうした向精神薬を飲み続けている状態にしておくと
定期的な購入者がいます。

それに面倒だからです。

 

お金を儲け続けるためだけです。

もちろん心理カウンセラーもやめましょう。

 

 

レクサプロを飲んでの車の運転の危険な影響とは?

レクサプロなどを飲んで車の運転はとても危険です。
影響があります。
実際には軽視して運転をしている人たちが多いです。

 

レクサプロなど抗うつ剤、向精神薬のことを薬と思うのはやめましょう。

 

成分はアレです。

薬ではないです。
あっちのクスリです。

 

抗うつ剤や向精神薬の服用で
眠気、めまいがする。ふらつきがある。

 

要は寝不足です。

 

不眠なので寝ていないのです。

寝ていないので疲れています。

体調不良です。

 

身体能力が下がります。
思考能力が下がります。

 

これで車の運転をしたら事故を起こす危険が高いです。

 

 

もしこれで交通事故を起こしたら
巻き込まれて亡くなってしまう人たちがでてしまいます。

事故を起こせば逮捕もされます。
前科者になります。

 

自分も精神科やデイケアにいました。

 

そこでは全員が車の運転にバイクの運転についても
危険性を認識していなかったです。

 

精神科医の説明もあやふやです。

 

「運転は控えましょう」

 

違いますね?

 

「運転はしてはいけません。
交通事故を起こすことにもなり、死者もでることにもなります。」

 

 

レクサプロを飲み続けて妊娠・授乳への作用

レクサプロなどの効果と副作用には妊娠や授乳にも深刻な作用があります。
安全ではないです。

 

成分はあのクスリです。

 

警視庁の説明では

アレをしながらの妊娠で
子供の発達に障害、奇形児なる危険があります。

母乳の授乳も同様に危ないとあります。

 

 

精神科医や心理カウンセラーに
治療と騙され続けて飲み続けるのはやめましょう。
取り返しのつかない大変なことになってしまいます。

 

 

ジェネリック医薬品

レクサプロもですが
ジェネリック医薬品のことがあります。

 

しかしジェネリック医薬品を使っても
効果と副作用は同じです。

 

 

どれを使っても効果と副作用で大変なことになります。

 

早めに断薬をしましょう。

精神科医や心理カウンセラー、職員たちなど
精神科、心療内科、デイケア、作業所、支援センター・・・

 

すべては詐欺です。

 

まとめ

レクサプロもですが
抗うつ剤を使用しての効果と副作用は
大変なことになるだけです。
しかもまったく関係のないことをしているのです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。