リスパダールで意欲低下! 抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの精神薬の効果・副作用は覚醒剤・麻薬。 うつ病、統合失調症、睡眠の改善など精神病は治る。治すには?完治するには?

 

リスパダールの服用をすることで意欲低下することになる。

 

抗うつ薬や精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬(睡眠導入剤)
などの向精神薬は


覚醒剤・麻薬である。

 

うつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病は治る。

 

毒をしても治すのに、完治するのに効果はない。

あるのは副作用しかない。


薬物中毒者になり廃人になる。

リスパダールもだが
こうした
抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの精神薬
という名前で呼ばれている覚醒剤・麻薬の服用をして
治ることはない。完治することはない。


抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの精神薬の効果・副作用
によって覚醒剤・麻薬と同じ成分なので

薬物中毒者になる。

そして廃人になる。

そうなると
うつ病、統合失調症、睡眠の改善などの精神病を
治すには違う別の方法をする必要がある。

その方法はある。
 

うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

リスパダールなどの抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの精神薬の効果・副作用。
廃人。突然死。うつや統合失調症、睡眠の改善、精神病は治るもの。

リスパダールなどの抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの向精神薬を
服用をするリスクには

 

「原因不明」という理由になっているが。

 

・廃人になる。
・突然死する。

 

うつや統合失調症、睡眠の改善、精神病は治るものでも
こうして毒である向精神薬を飲み続けていると治らない事実。

 

悪化するだけである。

こうした効果・副作用があるので
精神科の受診や
抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの向精神薬の服用を
私たちは見直していかがだろうか?


たしかに私たちは安直な考えで
最初は、気軽にリスパダールの服用をしてしまう。

というのも
精神科医の説明がとても効果がある
よい薬で安全であるような説明であるから。
安心して服用を開始してしまう。


精神科医はなぜか白衣を着ている。
肩書も専門医と名乗る。

やさしい言葉もかけてくる。

あなたは、なんとかして何が原因なのかを見つけたい。

そのあなたの真剣な思いを利用して

抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの向精神薬を使えば、
問題が解決するから飲むように
誘導をしてくる。

最初は、
安心する。

これでもう大丈夫だと騙されるために。
 
 

悪化させるだけ!リスパダールも効かない。
抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの向精神薬の効果は副作用そのもの。
うつや統合失調症、睡眠の改善、精神病は治るはずが。

 
悪化させるだけでしかない。

リスパダールも効かないのが現実である。
覚醒剤・麻薬なので
抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの向精神薬の
効果というのは副作用である。

うつ、統合失調症、睡眠の改善、精神病は治るものなのだが
精神科医や心理カウンセラー、精神科・心療内科にいってしまうと
治らないのです。 最初だけは効果があると感じる。 しかし、これは効いたわけではない。 名前こそ、リスパダールとついてはいるが 成分は劇薬、覚醒剤・麻薬 そのものなので 脳や身体が麻痺して 感じるのが鈍くなるからである。 麻酔をすると 痛みを感じなくなるのと同様である。 しかし、リスパダールもだが 抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの向精神薬を 続けていると 大変な事態になってしまう。


 

廃人に。急に激太り。向精神薬で。抗うつ薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤。
うつ、統合失調症、睡眠の改善、精神病は治ると治療で言われてしまい。

 

「廃人になる。」「急に激太りする。」

 

向精神薬は様々な種類があります。
抗うつ薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤。

 

私たちはうつ、統合失調症、睡眠の改善、精神病は治るものと
精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)
精神科・心療内科の職員たちに騙されています。

 

クスリといっても成分は同じです。


どれをしても死亡するだけです。

自分があの中で体験して死にそうになったのもですが
他の被害者たちのことを考えてもわかることです。

最初は向精神薬をしてもいきなり激太りすることはあまりないです。
あまりないと書いたのは
あるからです。

実際にいきなり激太りをした人たちもいました。
自分の場合は太るまではある程度の期間がありました。

しかし彼らたちや彼女たちは急に激太りをすると。
向精神薬を初めて一か月もすると
激太りをしていました。
具体的な数字で示しますと
かつてはやせていた人が
向精神薬を始めてから一か月で
体重が50kg以上増えてしまった人たちも多くいました。

精神科医や心理カウンセラーは
太れば精神病にいいからとバカなことをいう人たちもいますが
こうしてうまくごまかされているのです。

事実関係では

向精神薬で太ります。
向精神薬で食欲が増えます。
向精神薬で多く食べ過ぎて太ります。
向精神薬で身体の機能が下がっていきます。
向精神薬で運動ができないので運動不足で太ります。
向精神薬で筋力が低下もします。

太ることひとつとっても
精神科医や心理カウンセラーが嘘をついて騙していることがわかります。

太れば健康に悪いですよね?
糖尿病にもなりますよね?
心臓にも悪いですよね?
人工透析にもなりますね?
他にも腎臓病にも肝臓病にもなりますよね?

いったいこれのどこが医療なのでしょうか?
わるくしていっているだけです。

向精神薬が原因で何か体に問題がでますと
そこでまた別のクスリの追加になります。

いいように騙されているのです。

廃人にもなります。
老人に向精神薬や睡眠薬を使うことがあります。
認知症がはいっていらっしゃるので
確かに対応する方たちは大変です。

そこでどうにかできないかということで向精神薬や睡眠薬を使うことがあります。
落ち着かせる目的で向精神薬や睡眠薬を老人の方たちに使うのです。
しかし成分はとても危険です。

向精神薬や睡眠薬を使った結果は
老人の方たちは、廃人になってしまうことが数多く起こっています。

実際に起こり続けていることです。

このことに目を背けて知らないふりをしても
向精神薬や睡眠薬を使用していれば廃人になるのです。
だから断薬をしないといけないのです。

精神病というのは向精神薬や睡眠薬で起こる薬害です。
断薬をしないでする方法はありません。
 

認知症にも!危険なリスパダール。
抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの向精神薬の効果は副作用しかない。
うつ、統合失調症、睡眠の改善、精神病は治るといわれて認知症、躁病、幻覚、幻聴、頭痛など。

 
リスパダールの服用は危険であり
続けていると
認知症にもなる。

抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの精神薬
にはよい効果はない。
副作用しかない。
効果は副作用そのものであるから。
うつ、統合失調症、睡眠の改善、精神病が治るどころか
認知症、躁病、幻覚、幻聴、頭痛などにもなる効果がある。 これは実際に 確認されていることである。 事例もある。 自身も精神科・心療内科の現場に居た時だが 実際に認知症になった人を見てきた。 リスパダールの薬の添付文書に書いてもあるが ・うつ病 ・躁病 ・不眠症 ・睡眠障害 ・幻覚 ・妄想 ・被害妄想 ・頭痛 など リスパダールの添付文書には、 こういったことになることが記載されている。 精神科医にも職員にも相談するのはおすすめはしない。 彼らは副作用としてこういったことになるのは知っている。 精神科医は、わかってしている。 職員は、業界の資料を基にして考えているので そういった副作用があるのは仕方がない。 しかしよい効果もあるから。 と勘違いをしている。 資料そのものが、捏造話だとは知らないからである。 私たちは ここで事実を基に考え直す時ではないだろうか?
うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

“リスパダールで意欲低下! 抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などの精神薬の効果・副作用は覚醒剤・麻薬。 うつ病、統合失調症、睡眠の改善など精神病は治る。治すには?完治するには?” への2件の返信

  1. みのる より:

    おかしいおかしいと
    おもっていたんですよ。
    精神科医に行き始めたときは少しらくにはなったけど
    そのあとからはわるくなるだけで。
    たしかに精神科医のしんさつをうけるまえのほうが
    体調がよかったです。
    今はニュースレターに従って自分で治していますが
    徐々によくなってきています。

    1. Mr.再出発 より:

      みのる様

      精神科に行っていると
      このことに気づかない人たちが多いです。
      冷静に考えるとわかることではあるのですが。
      一種の洗脳です。

      一緒に頑張りましょう!
      何かあればまたご連絡を!

コメントは受け付けていません。