リタリン、コンサータ、ストラテラの成分の違いとは? 効果は?副作用は?服用をすると?

 
「リタリン、コンサータ、ストラテラの成分に違いはない。」
効果も副作用も同じである。

リタリンは、メチルフェニデート塩酸塩。
コンサータは、メチルフェニデート塩酸塩。
ストラテラは、アトモキセチン塩酸塩。

メチルフェニデート塩酸塩は、覚醒剤。
アトモキセチン塩酸塩は、覚醒剤。

劇薬である。
服用をする効果、副作用は劇薬と同じである。
 
 

リタリン、コンサータ、ストラテラの効果、副作用は?

 
・リタリン
・コンサータ
・ストラテラ

の効果、副作用を見ていくと。

口の渇き
食欲不振
吐き気
便秘
不眠
頭痛
体重減少
いらいら
不眠
眠気
ふるえ
けいれん
混乱
幻覚
発汗
頻脈
ふるえ
精神変調
意識障害
重い皮膚
粘膜障害
発疹
発赤
水ぶくれ
うみ
皮がむける
皮膚の熱感や痛み
かゆみ
唇や口内のただれ
のどの痛み
目の充血
発熱
全身けん怠感
狭心症
脳卒中
注意集中困難
神経過敏
動悸
頻脈
不整脈
血圧変動
興奮
幻覚
妄想
発汗
ふるえ
チック
尿がでにくい
性欲減退
かすみ目
体重減少
子供の体重増加抑制
成長遅延
長期連用で効き目が悪くなる



不眠
眠気

薬物使用者が目の下にクマを作っていることがよくある。
覚醒剤の使用で眠れていないからである。


興奮
幻覚
妄想
発汗
ふるえ
けいれん
混乱
発汗
精神変調

薬物使用者が
わけのわからないこと言っていることがよくある。
幻覚が見えているからである。
また、興奮をしてふるえているのも
覚醒剤の効果、副作用である。


体重減少
子供の体重増加抑制
成長遅延
長期連用で効き目が悪くなる

薬物使用者で、ガリガリにやせている人たちがよくいる。
これも覚醒剤の効果、副作用である。


皮がむける
皮膚の熱感や痛み
かゆみ
唇や口内のただれ
重い皮膚

薬物使用者の
肌の色が悪い、どす黒いのも
覚醒剤の効果、副作用である。


長期連用で効き目が悪くなる。

覚醒剤なので耐性がついて効かなくなる。
効かないので覚醒剤の量が増えていく。
これも、薬物中毒者に起こることである。
 
 

リタリン、コンサータ、ストラテラが欲しい、購入したい?
それは薬物依存症。薬物乱用の問題。

 
リタリン、コンサータ、ストラテラでよくあることが
こうした劇薬を
欲しい、購入したい。
という意見がある。

欲しがるのは、薬物依存症になっているからである。

こうした薬物乱用の問題は深刻である。

色々と言い訳をしては薬物をやり続けるのは
薬物中毒に陥っているからである。

よく薬物乱用で逮捕者がでるが。
薬物中毒者が、その後きっぱりと薬をやめて
立ち直ることは大変である。

またやりたくなり
やって捕まる

出所しては
また捕まる。

刑務所に入ったままになってしまう。


これを、病院やクリニック、
精神科、心療内科、心理療法士は悪用をして

病院
クリニック
デイケア
精神科
心療内科
心理療法士
カウンセリング

から出られなくして縛り続けている。

こうなると、出所するのは大変なことである。

毒であると自覚を持つこと。
強い意志を持つこと。
が求められる。

また、こうした薬物をやめれば治るわけではない。

脳にダメージを負っているので
治すのは別途
治療、療養生活が必要になる。

ここで間違うと
治らないで
また、薬物中毒者に戻ってしまう危険がある。


あれは
今思い返すと気の毒であった。
彼とはデイケアで出会った。

当時の彼はデイケアに来たものの
精神科医の治療といったのは受けてはいなかった。

彼はデイケアにいる心理療法士のカウンセラーを受けていた。
その心理療法士にもだが他のスタッフにもだが
精神科医の診察を受けるように誘導されていた。

彼は騙されてしまった。
よくなる、治る。
そう思った彼は
精神科医の診察を受けることにした。

最初は、彼と自分は会話が成立していた。

しかし、日に日に彼はおかしくなっていった。

会話も成立しなくなっていった。
彼は周囲の人たちとももめるようになった。
デイケアの他の人たちもだが
家族とも。

彼は仕事をしていたが
仕事場でもうまくいかなくなった。
そして、仕事を失った。

彼が処方箋を
一度見せてくれたときがあった。
そこには、精神科医が処方した薬の名前が書いてあった。

彼はその後に
生活保護の受給者になった。
もうほとんどあきらめていた。

しかし、この後に
彼は事件を起こして
警察に逮捕されることになった。
 
  

薬物乱用で人格が変わる。死亡する。
リタリン、コンサータ、ストラテラの効果、副作用。
事件を起こすリスクも増大。

 
薬物乱用をすると
薬の効果、副作用で人格が変わる。

使用を続けていけば死亡することにもなる。

もちろん何かしらの事件を起こすリスクも増大する。

リタリン、コンサータ、ストラテラの効果、副作用は
薬物中毒者の症状そのものである。

精神科医には、
治療に必要と騙され続ける。

1.安全と言われて服用。
2.次には、よくなるには、治るには時間がかかるもの。
3.その次には、副作用はあるが、治療に必要である。

この順番で騙され続けてしまうのである。

また
薬物中毒者が事件を起こすことはよくある。
犯罪を犯し逮捕されることはよくある。
理由は、薬物乱用で頭がおかしくなったからである。

リタリン、コンサータ、ストラテラの効果、副作用は
頭がおかしくなり犯罪を犯す効果がある。
 
 

“リタリン、コンサータ、ストラテラの成分の違いとは? 効果は?副作用は?服用をすると?” への2件の返信

  1. 哲也 より:

    精神科でほんとひどいめにあった!
    これからやります!
    もう二度と行くものか!

    カタカタふるえているひとたちがけっこういたけど
    なかには全身ふるえているひともいて
    いみがわからなかったです。
    精神科医にきいても臨床心理士にきいても
    症状が進行したからです。としかいわないで。

    あれがようはラリっていたとは。こわい!
    なにかの事件に巻き込まれていたか
    僕がじけんをおこしてもおかしくはなかったのか。
    あそこはほんとうにこわい所ですね。
    検索してここにたどり着いて
    気づいてよかったですが。

    1. Mr.再出発 より:

      哲也様

      自覚をして覚悟も決めて。
      あとはもうやりましょう。
      麻薬をしてよくなったり治ることはありませんから。

      事実は残酷ですが。
      薬物中毒者です。
      私も精神科、デイケアでよく震えている人たちを見かけました。
      あの時は、わからないので
      病気が原因で震えているものだと間違って理解してしまいました。
      精神科医や臨床心理士も聞くと
      あれは普通の人ではなくて頭がおかしい人だから。
      といった説明で
      うまくごまかされたことがありました。

コメントは受け付けていません。