睡眠薬、睡眠導入剤の副作用でつらい!やめたいけどやめられない!?

睡眠薬、睡眠導入剤の副作用でつらい。
精神科医のバカに安全と騙されてしまい飲んでしまうと
やめたいけどやめられない状態に陥ってしまう。
睡眠薬、睡眠導入剤、抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬
向精神薬で頭が混乱してまともに考えられなくなります。

睡眠薬、睡眠導入剤をやめたいけどやめられない。
こうした睡眠薬、睡眠導入剤に
とても危ないのである。
しばらくすると効かなくなるので

そこで考えつくのが、
代わるのはないのか?
しかしながら
かわりとなる睡眠薬はない。
睡眠薬、睡眠導入剤は色々とあるが、
睡眠薬、睡眠導入剤を服用しても効かないのである。

それに耐性ができてかえって眠れなくなります。
普通私たちが何か薬の服用をしても。
後ですぐにやめることができる。
睡眠薬、睡眠薬はやめられない。
やめるのは大変。
このことからしてもおかしいのがわかる。
 

睡眠薬、睡眠導入剤の副作用でつらい!やめたいけどやめられない。起きれない、効かない、眠くならない。

睡眠薬、睡眠導入剤の副作用。やめたいけどやめられない。
起きれない、効かない、眠くならない。 睡眠薬、睡眠導入剤の服用で
やめたいけどやめられない状態になります。 朝に起きれない 効かない 眠くならない 太る ふらつき こうした症状の発病をすることがよくある、 というか 例外なく発病すると言い切れる。 そして精神科医によってうつ病、統合失調症、
パニック障害、眠れなくなる、不眠症・・・・・・ かえって症状が悪化するのが共通している。 「よくなった人すら誰もいない。」 このことからしても 精神科医、カウンセラーの説明が間違っていることがよくわかる。 向精神薬の服用をすると。 一時的に症状がおさまる人が たまにはいる。 しかし一時的である。 向精神薬 睡眠薬、睡眠導入剤、抗うつ薬、抗うつ剤、精神安定剤、抗不安薬 向精神薬で脳が麻痺する。 ここでたまたまうまく麻痺した人だけは よくなったと思う。 そして仕事を見つけるなり学校に行くなりして 社会復帰をする。 仕事の量を以前よりも減らす。 学校で勉強を減らす。 こうして私たちは勘違いをすることになる。 また私たちはそうした社会復帰をした人たちを見て うらやましく思う。 妬みもある。 これでいいものだと勘違いをしてしまう。 後々こうした人たちがどうなったのかを話しておくと 一時的にそうやって社会復帰をしても また戻ってくる。 その時には体調が更に悪化した状態になっている。 しかも他にも臓器に異常が発病したりとしている。 もう終わりである。 結局はよい人生は送れなくなるのである。  

まとめ 睡眠薬、睡眠導入剤の副作用。やめたいけどやめられない。作用はボケ、痴呆症、認知症。自殺。犯罪。人生終わり。

睡眠薬、睡眠導入剤の副作用。やめたいけどやめられない状態に逃げていつまでも続けていると
作用でボケる。痴呆症、認知症にもなります。

睡眠薬、睡眠導入剤の作用で
ボケる。
痴呆症の発病。
認知症の発病。

精神病で自殺をするのは
実際は向精神薬が原因である。
脳がおかしくなる。
脳が誤作動を起こす。
自殺。精神科医、カウンセラーによる殺人である。

精神科医、カウンセラーによって頭がおかしくなる。
犯罪を犯す。無自覚に。

車を運転中に他の車に追突させる。
空が飛べると思い、自宅の窓から飛び降りる。
ビルから転落して死亡。
意識不明。
すべては精神科医、カウンセラーによるものである。

残念ながら
これが事実である。
現在起こっている薬害である。

たしかに自分も調べてわかったことがある。
同じ精神科医にいっている人で
飛び降りた人がいた。
その方は命はとりとめたが
病院のほうはまったく別の理由を作っていた。
「脳に病気があるので手術をしました。」

そして患者たちに、被害者たちへの説明は
この嘘の話をしていた。
その方は命はとりとめたものの
すっかり廃人となってしまった。
もう助からないだろう。
 
うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。