老年期のうつ病と廃人。理由は睡眠薬・抗うつ薬など向精神薬で。

老年期のうつ病の症状は
睡眠薬や抗うつ薬など向精神薬が原因です。

たしかに誰でもが老年期であろうがなかろうが
心気症状があるときがあります。

こうしたのは病気ではないです。
勘違いです。
思い違いです。

しかしこうしたので心配になるからと
精神科・心療内科の受診をしてしまうと劇薬で
別の病気になります。

 

老年期のうつ病と廃人。誰でもがなる危険。

老人性うつ病、老年期のうつ病というのはないです。

身体症状である被害に廃人になる。

これは向精神薬を飲むからなることです。

成分からしても危険なので

なってもおかしいことではありません。

 

これは年齢に違いはなく
誰でもがあってしまう危険がある被害です。

治すには老年期のうつ病、
icd、国試、評価尺度が~といった話は

忘れることをおすすめします。

 

老年期うつ病とは
特徴にあるのが

攻撃的、妄想など

これらは
劇薬の抗うつ薬を使用した治療というので
なることです。

 

食べないのは私たちは年取れば
食欲が落ちます。

これはそういうものです。
寿命へ近づいているのです。

治るや治すにはという話ではないのです。
自然の摂理です。

 

老年期のうつ病と廃人。本来は使用してはいけないもの。

廃人。
思い違いで病院の精神科・心療内科で
なるのです。

 

老年期うつ病は薬害です。

認知症とは当然違います。

 

高齢者の不安神経症への対応で大事なのは

私たちは精神科・心療内科には連れて行かないことです。

老人ホームで看護をする人たちで

思い違いで高齢者に睡眠薬、睡眠導入剤
精神安定剤、抗不安薬、抗うつ薬、

こうしたのを使用してしまい
廃人にさせてしまった。

こうした被害も多いです。

 

また老人性うつに限らず
臨床心理士のカウンセリングを受ける人もいますが
臨床心理士は未経験者です。
わからないのです。
たしかに気持ちのいいことを言いますが
高いカウンセリングの代金でお金の無駄遣いになります。
それしかできないのです。

これは私たちはわからないのに
ほかの人に助言ができないのと同じことです。

 

まとめ 老年期のうつ病と廃人。

精神疾患では様々な名称、別名があります。

これらは劇薬の使用で起こる依存症です。

孤独、一人暮らしの家庭が多いのも
問題です。

これは社会の問題です。

薬で改善することではありません。