産後最も怖い心の病気!産褥期精神病!その精神障害の原因と対策

「産褥期精神病」の原因。それは向精神薬漬け。

産後うつ病も同じです。

 

「白い粉」=「向精神薬」

 

抗うつ薬(抗うつ剤)、抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬(睡眠導入剤)

 

向精神薬でなるのがうつ病です。

 

精神疾患の患者たちは「薬物中毒者」

 

依存症にするのが精神科医、精神科・心療内科。

心理カウンセラーのカウンセリングでそこへ誘導する

スクールカウンセラーも。

 

「産褥期精神病」といった名称はまずは忘れてください。

治るためにはこういったつくられた話を忘れることです。

「産後うつ病」「統合失調症」

精神病は依存症です。

存在しないものです。

 

なぜ発病をするのか?

再発をするのか?

 

これを理解することが治るには必要なことです。

 

「産褥期精神病」も実態は作られた病気です。

 

精神疾患の疫学、icdも忘れましょう。

 

精神科・心療内科などのサイト、ブログなども

クスリを売るためにしている宣伝です。

 

お金儲けのためだけです。

無料で診察をすることはありません。

心理カウンセラーのカウンセリングも

クスリへ誘導する、あいまいに返事をしておいて

それっぽく治療をしていることにしておく、

高額請求をする。

お金の無駄遣いです。

やめましょう。

 

体験談、感想として書かれているのもですが

こうしたのは外部の業者が作成します。

実際の内容を反映してはおりません。

 

産後の母親がかかる心の病気として、

よく知られているのが「産後うつ病」ですね。

憂鬱な気分に襲われ、

育児や家事が手につかなくなってしまう病気です。

 

それと「産褥期精神病」と呼ばれる精神障害。

あなたはこの病気のことを何か大変な病気と思っていますか?

うつ病に加え、

幻覚や妄想に悩まされるという特徴があります。

 

これは「白い粉」です。

 

出産経験がない人にはあまりなじみがないことですが

 

どんな女性にも「産褥期精神病」というのにされてしまう

可能性があるのです。

 

もしそうなっても慌てないために。

もしそうなっても正しい対応をするために。

 

以下で、「産褥期精神病」の原因と対策について、

くわしく説明していきます。

 

 

産後うつ病の何倍も怖い産褥期精神病とは?

 

出産後の母親が、憂鬱な気分に襲われ、

育児や家事が手につかなかったり、

一日中泣いていたりということはよくあることです。

 

「自分はおかしいのではないか?病気なのではないか?」

と悩む必要はありません。

出産とその後の育児は、母親に

恐ろしいほどのストレスとプレッシャーを与えますから、

当然のことなのです。

それに育児は非常に大変です。

寝不足にもなりますので

眠らないとめまいや幻覚、幻聴、妄想にもなる可能性があります。

 

これは休みを取れるようにする必要があります。

 

まずうつ状態。

そして抗うつ薬、向精神薬でうつ病になります。

 

精神科医のクスリで

「うつ状態」がだったのが

非常に重く継続的な場合になります。

「産後うつ病」と診断されることがあります。

 

「うつっぽい」「軽いうつ病」「軽度のうつ病」は、

産後の母親のうち経験する人がいるのは確かです。

こういったのを病気を言うこと自体がおかしいことです。

疲れているのです。

 

このあとに

なにかの広告や宣伝などで

クスリでなるのがうつ病、統合失調症、精神病です。

 

産後の精神的ダメージがひどかった場合になるのは

こういった疲れ。

うつっぽい。

憂鬱。

 

もっと深刻な症状が出る場合は

「白い粉」

 

これを「産褥期精神病」と呼びます。

 

出産の後に、間違った判断をしてしまい

「依存症」になってしまう。

 

幻覚や妄想などの症状があらわれ、

非常に混乱した状態になってしまうことをいいます。

 

 

産褥期精神病のよくある症状とは?

 

「産褥期精神病」に特徴的な症状、「幻覚や妄想」。

 

産後の母親は、精神的に自分をコントロールできないと、

子供を育てることが不可能です。

赤ちゃんは数時間おきに授乳・おむつ替えが必要ですし、

顔色を見て無事かどうかをチェックしてあげる必要があります。

 

母親自身が自分をコントロールできない場合は、

子供は直ちに生命の危機に直面します。

 

つまり「子供が危険な状態になるほど、母親の精神状態が悪い」

これは依存症です。

 

「産褥期精神病」と難しい言葉なので

なにかそういうものだと思い込んでしまうこともありますが

私たちはこうした危険に気を付ける必要があります。

 

「産褥期精神病」「産後うつ病」

他の病気でいうと

「うつ病」統合失調症」の症状というのも

クスリの過剰摂取です。

 

以下に具体例を挙げます。

 

行動が支離滅裂で。

つじつまが合わない。

幻聴が見える。
被害妄想がある。
幻聴がある。

聴覚過敏症状がある。
極端な混乱。
多弁になったり、躁状態。
拒食症。
疑い深い。
常識外れの言動。
イライラ感。
その場にないものが聞こえたり、見えたりする。
常に動き回る。

勝手に足が動く。

叫ぶ。

暴れる。

暴力を振る。

 

こうしたのは

「白い粉」です。

 

逮捕された人たちを思い出してください。

 

 

産褥期精神病の原因やなりやすい人の特徴

 

 

産褥期精神病の原因は薬物の過剰摂取。

 

また、なりやすい人の特徴も特にありません。

 

まず、産後の母親が「幻覚や妄想」の症状を訴えたときに、

周りの人が

「精神科・心療内科の受診をしていないか?」

「白い粉を飲んでいるのか?」

「なぜそうなったんだろう?」

と想像して、負担を軽減してあげることから始めましょう。

 

「幻覚や妄想だって!?大変だ!

すぐ精神科の病院に連れていって、閉鎖病棟に入院させなければ!」

 

それは違うでしょう?

少し考えてみればわかることです。

 

「白い粉」で依存症になります。

粉はきれます。

増やしていきます。

飲む量、頻度が増えていきます。

 

するのは

精神科・心療内科にいくのをやめさせることです。

 

そして精神科・心療内科に行っていない、クスリもしていない場合は

産後は夜間授乳や子供の世話で不眠になりがちです。

ほとんど寝られていない状態が数日続くと、

幻覚や妄想が出現することがあります。

睡眠をしっかりとることが症状の改善に必要です。

 

大至急、祖父母や親戚の力を借りて、

母親の育児負担を減らしましょう。

 

「産褥期精神病」といったのは忘れることです。

つくられたものです。

 

クスリをしてしまうと

改善されない深刻なケースになります。

これが「産褥期精神病」。

 

原因不明と言われていても「産褥期精神病」が発症することに、

説明では何かの原因はあるらしいです。

しかしそこで精神科・心療内科の話がおかしいことがわかります。

 

私たちが何か物が壊れて修理に出す時には

どこが壊れているのか?

修理業者は調べて、私たちに説明があります。

原因の特定をしてから修理をしますよね。

 

原因がわからないけど「白い粉」で治る。

こういわれても普通は相手にしないです。

 

ところが私たちは困ったときに

こういった楽に治すという誘惑があると

ふらっといってしまう危険があります。

 

そして私たちの弱みを利用して騙して

お金儲けをしているのが

精神科医、心理カウンセラー、

精神科・心療内科の職員たちです。

 

わからないでそういうものだと思って

「白い粉」で治ると思っている人たちも多いです。

 

 

そして。

育児の壮絶なストレスにあります。

 

出産経験のない方は、ちょっと想像してみてください。

産後の母親の生活というものを。

数時間おきの授乳とおむつ替え。

夜はほぼ眠れない。食事を食べる暇もない。

家事はひとりでこなさなければならない。

赤ちゃんの夜泣きがひどいと夫に文句を言われる。

常に抱っこしていないと泣いてしまう赤ちゃんを

24時間抱っこし続けている

(本当に、全体の赤ちゃんのうち何割かは、

寝かせると必ず泣いてしまいます)。

自分のために過ごす時間は、ゼロ。

 

これ、男性が経験すれば、

まず間違いなく発狂してしまうだろうと思います。

 

男性は漫画を読んだりできますが

育児はマンガを読むといった余裕がないときもあります。

 

しかし、ほとんどの母親は、

発狂することなく、

これらの育児を何とかこなしているのですよね。

そのことこそ偉大で、

尊敬すべきことだと思います。

母親になぜそれが可能なのか?

 

これが母性なのでしょうね。

 

そうでないと、育児はできないですからね。

育児とは、それだけ壮絶なものなのですから。

 

「産褥期精神病」を発症した母親は、弱い人間などではない。

ごく普通の人であり、周りのサポートが必要なのだ。

 

このことをご理解いただければと思います。

 

 

産褥期精神病の治療法は?症状が出たらまず精神科で正しい?

 

産後のメンタルヘルス関連のサイトを検索すると、

「産褥期精神病と思われる症状が出たら、すぐに精神科へ」

と記載されています。

これは正しい対処法なのでしょうか?

 

まず、精神科の病院に行った場合、

どのような治療が行われるか、以下で説明していきます。

 

精神科の病院では「向精神薬」「安定薬」が処方されます。

 

「産褥期精神病」が発症する原因になります。

 

「なぜ?なぜ薬なのか?」と非常に疑問です。

 

精神医学・メンタルヘルスの分野では

 

「産褥期精神病」は病気らしい。

「双極性障害 (躁うつ病)」も病気らしい。

なのでおクスリで。

ということになっています。

精神科医はそれに従っての治療をします。

 

そこで

「双極性障害 (躁うつ病)」の治療もですが

「向精神薬」「安定剤」を処方することが、

治療になっています。

 

非常に疑問が多いこの処方。

 

「向精神薬」「安定剤」の治療で

 

落ち着かせる。

粉でダウンさせる。

 

抗うつ薬で

粉でハイにする。

 

 

なぜこの処方?恐ろしいですね。

「産褥期精神病」

「双極性障害 (躁うつ病)」

「うつ病」

「統合失調症」

 

増えている名称の数々。

 

「白い粉」でなるのは依存症。

 

治るには別の方法が大事になります。

 

そして、精神科の医師が行うのが

「母親の閉鎖病棟への強制入院」

そして「身体拘束」。

粉で依存症にしたうえで。

 

一時的に粉で抑えても

次には耐性ができますのでまた症状がでてきます。

 

これが「再発」?

 

「禁断症状」

 

 

家族や周囲の方たちは

きめ細かに母親の話を聞いて、

ストレスの軽減をはかるというのが必要になってきます。

 

粉で「幻覚と妄想」に襲われた母親は、

頭がおかしくなる。

悲鳴を上げる。

 

正常な神経を持っていたのが。

 

その状態で、子供を取り上げられ、

化け物扱いされて強制入院させられたら、

何が起こってしまうでしょうか?

 

本当に心が壊れてしまいます。

 

そうならないために。どうしたらよいのでしょうか?

以下で説明していきます。

 

 

産褥期精神病から立ち直るためには?

 

心から待ち望んだ妊娠、出産。

それなのに、産後、

とてつもないストレスとプレッシャー。

 

そして弱っている状態で

クスリをしてしまい「幻覚と妄想」という症状を発症。

「産褥期精神病」だというレッテルを貼られる。

精神病院の閉鎖病棟に入院させられる。

 

夫からは「子供を傷つける危険人物」扱いされる。

離婚を言い渡される。何かが…何かが間違っていませんか?

 

夫の間違った考えであるのは

妻のことを大事にしていないことです。

お金だけで。それでいいのでしょうか?

 

「自分が被害者だ」という意識なんですよね。

「妻が幻覚・妄想に襲われて、狂ってしまった!

なんとか精神病院の閉鎖病棟に入院させてホッとした。

子供に危害を加えられずに済んだ」

 

といったニュアンスです。

 

精神病院の閉鎖病棟に入院させて、

せいせいした、というような気持ちなんですかね…。

 

産後の母親が「産褥期精神病」らしい症状に悩まされるのは、

夫婦関係の悪さが大きな原因です。

 

「夫が今後も二人三脚で育児に取り組んでくれる」

 

と信頼している母親は、

決して「産褥期精神病」になることはありません。

「永遠に、自分ひとりで育児しなければならないのだ!!」

と思うから、クスリで発症してしまうのです。

 

夫は妻に、好きなように過ごしていい、

自由な時間を与えましょう。

妻の友人にお願いして、

アウトレットのショッピングや、

フランス料理のランチに連れ出してもらうというのはどうでしょう?

1泊程度の旅行もいいですね。

 

「お金もかかるし!ぜいたくな!」

と思うでしょうか?

妻に、生きる意味を思い出してもらうために、

するべきことなのです。

出産、育児は崇高な仕事です。

男性の仕事などははるかに及びません。

 

今後については、夫婦で良く話し合いましょう。

やはり、産後の母親というものは、今後数年にわたって、

自分を犠牲にした人生を歩まなければなりません。

 

「僕も協力するから」

 

と夫が言ってあげられれば、とてもいいですね。

 

協力といっても、夫の場合は、

友人と飲みに行くのを我慢して、

赤ちゃんのお風呂や授乳の手伝いをするなど、

掃除や料理も代わりにする。

買い物も。

 

その程度です。

どんな人にでもできることだと思います。

 

家族である妻への愛と尊重を忘れないようにすれば、

妻である、産後の母親は、

産褥期精神病といったものにならずに

立ち直ることができるでしょう。

 

ただし。精神科・心療内科の病院に行って、

薬を飲むのは駄目です。

まったく効き目のない薬であることが明らかになっていますし、

間違いなく幻覚や妄想を悪化させます。

病院に頼ることなく、

夫婦で解決する道を探ることをお勧めします。

 

産褥期精神病になってしまったのを治すには?