うつ病と嘘をついて障害年金と生活保護を受給をする方法とは? 生活保護の審査を通して詐欺で生活保護を不正受給する方法とは? 精神科医や心理療法士は人間のクズ。


 
うつ病であると嘘をついたうえで
診断書の偽造をする。
そして、
障害年金の受給をする方法。
生活保護の審査を通して
詐欺行為によって生活保護の不正受給をする方法。

その前にまず一言であるが。
精神科医や心理療法士は
本当に人間のクズである。
今回の情報は不正受給をすすめるための
情報ではない。
精神科や心療内科に通院をしていて 騙されてしまっている人たちで 何が何でも
「人生をやり直したい人たち」
に向けてである。
事実関係を理解するための情報である。 ここでは、「治す」こと、
「完治」することが目的である。 薬物中毒者のままで治さないのは、 ここの主旨ではないので。
いかに精神科医の診察が間違っているのか でたらめなのか。 精神科医の誤診といったのがあるのは 当たり前で日常茶飯事であること。 そして、こうした 精神科や心療内科、 精神科医、心理療法士といった
詐欺師たちと無縁の人たちには 被害者を助け出すための情報として。 親族の方で家族共々 こういった詐欺師たちに騙されてしまった人たち。 そういったご家族や親せきを 救い出すための情報としてお伝えする。

精神科医は病気をいくらでもつくることができる。
健康な人が書類上では病人になり、診断書の偽造も可能。

 
うつ病、統合失調症、不眠、幻覚、幻聴・・・・・・
こうした精神病を
精神科医はいくらでもつくることができる。

そして、
健康な人が書類上では病人ということに
しておくことは可能である。 仮病はいくらでもできる。 診断書の作成をする前にすることは。 精神科医の診察を受診することである。 ではここでは仮の話として 精神科医の診察を受けるとしよう。 精神科医の診察を受診するときには。 元気がないフリをする。 疲れているフリをする。 体調が悪いフリをする。 これで、病人になれる。 もうちょっと芝居を加えるとすると、 幽霊が見えます。 ストーカーが今ここにいます。 耳鳴りがします。 知らない人の声が聞こえます。 これで、幻覚や幻聴の病名がつく。 精神科医の言うことと逆のことを言う。 例えば、 精神科医が 〇〇はとてもいいことですね。 と言ったら 〇〇はひどいことです。 と返答をする。 これで、支離滅裂で攻撃的で
情緒不安定なので不安症の病名がつく。 落ち着きがないということで、 自閉症、発達障害、ADHD、
アスペルガー症候群の病気・障害にもなれる。 精神科の診察時、 待合室での待ち方、 心理療法士のカウンセラー、 デイケア内での過ごし方。 でこうして芝居を続けていれば 病気があり、
病人であり続けることが可能である。
精神病というのは いくらでも作り出すことができる。

嘘で詐欺行為でうつ病や統合失調症などの精神病で障害年金や生活保護を受給する方法。

 
こうした嘘の話で
詐欺行為をすることにより
うつ病や統合失調症などの精神病の偽造して
障害年金もだが生活保護の受給をする方法であるが。

この芝居を続けることによって
精神科医が診断書の記入のときにも
芝居をすれば診断書の偽造はできるのである。

「科学的な根拠」が何もないので
いくらでも病気をつくることも
診断書の偽造をすることも
できるのである。

精神科や心療内科や精神科医や心理療法士。

診察と勝手に詐欺師たちが自称していることの内容。

何か機械があって測定することがない。

つまり、
精神科医はなんとなくで
いくらでも病名をつけるのである。
また悪徳心理療法士も
診察をして病名を付けることがある 医師免許がないのにも関わらずに。
あらかじめ用意された質問集がある。 そこに書かれている質問を 精神科医や心理療法士はそのまま読みあげる。 患者がその質問に 「はい」 か 「いいえ」 で 回答をする。 精神科医や心理療法士は その用紙にある選択肢から回答を選ぶ。 そして一定の点数になると 病気や障害であると名付けることができる。 それに加えて診断書の偽造も可能である。 精神障害者保健福祉手帳、
障害年金を受給するためには 診断書の提出が必要である。 また医療費の窓口負担を
大幅に減らすための 自立支援医療制度の申請にも 診断書の提出が必要である。 診断書の記入には ・病名 ・服用している精神薬 ・選択肢の中から一番ひどいのを選ぶ。 ・精神科医が追加で この患者さんはもう重症で治る見込みがない。 頭がおかしいです。 といった内容のこと記入する。 生活保護を受けるには 診断書は必要ない。 収入がない。 病気で働けない。 体調が悪い。 貯金もない。 通院をしている。 アパートの部屋を借りている。 これで申請をすることになる。 受け付けるかは窓口の担当者次第である。

うつ病、統合失調症、不眠。
精神科医の誤診をもとにしての間違った治し方では精神病は治らない。
鬱の地獄から抜け出すには。人生のやり直しをするには。

 
こういうわけなので
うつ病、統合失調症、不眠、
パニック障害、幻覚、幻聴。 精神科医の受診を続けていると 診断はすべて誤診で 治し方が間違っているので 精神病は治らないのである。 そして鬱の地獄から
抜け出すにもだが 人生のやり直しをするには こうした詐欺師たちには
関わらないことである。
精神科医の診察が いかにいいかげんで 非科学的なのか。 でたらめなのか。 彼らの根拠である セロトニン「仮説」も
存在しないことが 明らかになっている。
適切な治し方ではなくて、
軽度だったのが 精神科医の受診をして 投薬治療を始める。 精神薬の服用をする。 効果というか、副作用というか 体調が悪化する。 覚醒剤・麻薬なので よい効果はない。 悪化をすることの原因になる。 また、他の病気も
発病することにもなる。
鬱の地獄というのは 精神科医が作り出しているものである。

精神科医も心理カウンセラーのカウンセリングもお金の無駄。

 
精神科医や心理カウンセラーのカウンセリング
というのは結局は詐欺師です。 詐欺師に行ってもお金の無駄です。 盗まれるだけですから。 精神科医、心理カウンセラーが
やっかいなのは 向精神薬を使用していることです。 向精神薬というのを使用すると 体にも異変が起こります。 危ないですから。 いくのをやめるだけでは済まないのです。 脳にダメージを受けています。 脳が損傷しています。 よく悪い場所から離れると
嫌なことがなくなるので それで解決するのですが。 それに加えて脳にダメージがあります。 断薬をしただけでは 脳にダメージは残ったままです。 ここで体調が思わしくないから
精神科に行ってしまう 心理カウンセラーのカウンセリングに
行ってしまう人たちもいます。 自分に甘いといえば甘いのです。 ここで楽にしたいと考えていると やっぱりと思ってしまいます。 この弱みを利用されて
精神科医や心理カウンセラーに
うまく騙されます。 向精神薬に再度また
手を出してしまいます。 断薬をした後は 精神科医にも
心理カウンセラーのカウンセリングにも
行かないでください。