精神科のデイケアの目的は?麻薬の向精神薬を使い飼い殺し。

精神科・心療内科のデイケアの目的とは
精神科医が患者をつくりだします。
デイケアの紹介もして精神科・心療内科の併殺のデイケアが
治療に必要だとだますのです。
最初に診断をして麻薬の向精神薬で
依存症にします。
デイケアのプログラムという治療が
治るのに大事というのですが。

 

精神科デイケアのプログラムの内容は
普通に考えるとクズです。
いってもすることがないのです。

依存症の人たちを集めて
保険の適用にして
診療報酬で儲けるのです。

 

精神科のデイケアの目的は?あなたがこうだったら・・・人生をやり直せる。

精神科のデイケアではトラブルがあります。

精神科のデイケアは薬物依存症の集まりなのです。

あなたがもし
精神科・心療内科・デイケアに通院して

他の利用者をみては

 

「精神病で頭がおかしくなるのか・・・。」

そう思ったら・・・

 

これは「向精神薬で頭がおかしくなる。」

 

こうして気づいたら行動をすれば

克服をして

完治をするのも可能です。

 

精神科・心療内科・デイケアでよくあるのが

言い訳をしては薬を飲み続けている。

飲んではいけないというと

話の話題を変える。

他が悪いと文句をいっている。

自分は被害者だから。

こうはならないでください。

 

精神科のデイケアの目的は?薬物中毒者の集まり。

精神科のデイケアに来ても
向精神薬漬けで疲れて動けないで寝たきり。

またはそこまではいかなくても
体がだるい。元気がない。
気力がわかない。

 

しかし精神科のデイケアで
気分がハイテンション。
混乱している。
不安感が強い、パニック障害、躁うつ病。

 

この場合は突然暴れる、急に叫ぶ、
暴力をふるうなどがあります。

あれはとても怖いものでした。

精神科のデイケアにいったことがあれば
あることです。

 

それまではからだが震えている。
目がうつろ。
話が通じない。
おびえている。
など。

 

そういった彼らたちが
急に正気を失って
暴れだすのです。

 

精神科のデイケアの目的は?白い粉は必ずきれる。

精神科も心療内科もデイケアも行きたくない。

こう考えるのが常識です。

精神科・心療内科のサイト・ブログ。
クズ業界のチェックリストにあてはまってしまった。
学校のスクールカウンセラー。
臨床心理士。
行政や近所ですすめられた。
親に連れていかれた。
など。

 

先生も親切そうで理解がありそうだから?
臨床心理士も精神科医をすすめるから?

 

そして

こういった詐欺の話に騙されてしまいます。

精神科デイケアに行く意味はありません。

臨床心理士というのも何もお金の無駄遣いです。
高い請求をしては役に立たないのです。
私たちは他の人のことなどは見えません。
わかりません。
できると装っているだけです。

 

精神科デイケアの卒業といったのも
治ったから卒業といった例はないです。

寛解したから
その後はクスリだけで安定しているから。

 

これは薬物依存症です。

このときわからないままなので
よくても。

いずれはヤクはきれます。

禁断症状がでます。

 

精神科のデイケアの目的は?依存症にして飼い殺し。

最初は抗うつ薬といった向精神薬漬けは
らりっているので気持ちがよいです。
しかし最初だけです。

逆に最初の向精神薬でショックで寝たきりになることもあります。
そして精神科医の治療を続けると
向精神薬漬けです。

たとえ起きれるようになっても

でもヤクは必ずきれます。

 

精神科・心療内科のデイケアで恋愛を

している人たちがいました。

でも長く続かないのが共通でした。

 

薬物中毒者同士での恋愛。

 

きっちりとやめて。

治る方法をして治った後ならいいのですが。

 

精神科・心療内科・デイケアは治すわけではないのです。

依存症にして飼い殺しにするだけです。

 

精神科のデイケアの目的は?親子で依存症。生活保護の受給者。

いずれは恋愛をしても
トラブルになり
喧嘩になり
もめて別れる。

 

または結婚をして夫婦になっても

働けない。

生活保護の受給者になる。

妊娠、出産をすると

赤ちゃんも依存症。

 

その子供たちもまた精神科・心療内科の治療を受けている。

その子供たちも生活保護の受給者になり。

 

精神科デイケアはなくすべきです。

例えば
施設基準では看護師がいることがあります。

看護師の人で良心がある人がやめると

デイケアは続けられなくなります。

しかしまた次の人が来るのでしょうが。