精神科に行くべきか?精神科医は麻薬の売人。殺されます!やめましょう。

精神科に行くべきか?
結論から申し上げますとやめましょう。
今現在精神科・心療内科に通院をしてしまっている場合も
麻薬が成分の向精神薬で忘れるだけです。
やめましょう。
次には麻薬で恐ろしいことになります。
禁断障害がでます。
薬物の過剰摂取で死亡をします。

早死にします。

 

精神科に行くべきか?麻薬を売るだけ。

会社が嫌?
だったら退職、転職すればいいのです。

 

学校が嫌?いじめがある?
いじめは犯罪です。
警察が逮捕することです。

 

環境が嫌だ。
引っ越しをしましょう。

 

家族関係が嫌だ。
そしたら家を出ましょう。

近くにいるのをやめましょう。

 

クスリをしてこれらのことができますか?
できませんよね?

精神科医も臨床心理士も犯罪者を
逮捕することはできません。

仕事をあなたのかわりに見つけることはできません。

何もできないのです。

 

悩みの解決ができるから相談を受け付けているものの
何もできないのです。

そして精神病、うつ病、統合失調症、精神病
という話にして麻薬を売るだけです。

 

精神科に行くべきか?魔の手が子供たちにも。

精神科に行くべきか?診断を受けようか?
そう思ってしまうのは
そういった誤った情報があふれているからです。
精神科・心療内科のサイトにあるチェックリスト。
テレビや新聞の広告、記事。
世間がうつ病は治療で治ると誤っている人たちから
治すのに精神科医の治療をすすめられる。

悩み相談で臨床心理士に話したら
先生というクズから誘導をされて向精神薬漬け。

高いカウンセリングの代金を支払って騙されてしまい。

子供、学生の被害も大変多いです。
大学生、高校生、中学生、
そして小学生にまで幼稚園児にまで
麻薬が成分の向精神薬を売る精神科医の犯罪行為。
共犯者の臨床心理士。

悪質極まりないです。

 

動けないから学校に行けない。
仕事を休職、退職、働けない、就職、転職もできない。

 

まとめ 精神科に行くべきか?

精神科に行くべきかわからないから

相談をすると
周囲はそういうものだと

わからないままにすすめる。

精神科に行くべきかと思ったらやめましょう。