精神科と心療内科に違いはない!ただの詐欺!

精神科と心療内科の違いはないです。
心理カウンセラーのカウンセリングも違いはないといえます。
精神科と心療内科に違いはなく
どの治療を受けても薬物依存症になります。
精神科医の治療は
悩みを抱えた人に麻薬の向精神薬を売るだけです。
心理カウンセラーのカウンセリングは向精神薬を飲むように
誘導をします。

精神科と心療内科に違いと
メンタルクリニック、神経科という名称もありますが
違いはなく同じです。

ネガティブな感情にでたらめに病名をつけて
治るには治療が必要と抗うつ薬など
麻薬の向精神薬を売るだけです。
精神科と心療内科に違いはありません。
どこに行っても同じことです。

治す気はないです。
治らないままにしておき
定期的に患者がくるからです。

 

精神科と心療内科に違いはない!クスリをしても嫌なことは続く。

精神科と心療内科の違いはないです。

多くのなくなった被害者の方がたを見送りました。

今現在も薬害の被害は続いています。

鬱っぽい。
疲れている。
嫌なことが重なる。
気分が低下している。
やる気がない。
など。

 

こうしたのは感情です。

誰でもがマイナスな出来事はあります。

ネガティブな感情です。

疲れだったら休息をとる。

そしてそこには問題があるので

問題から離れるために行動をする。

 

しかし精神科、心療内科の行ってしまい治療を受けると

麻薬と同じ成分の向精神薬を使い

らりって忘れさせるのです。

最初だけはまだいいです
お酒を飲んで酔っ払って嫌なことを忘れるのと同じで。

しかし成分は麻薬です。

薬物依存症になります。

精神科と心療内科に違い以外にも

名称がありますが

どれも同じことです。

 

まとめ 精神科と心療内科に違いはない!

厚生労働省のほうでも向精神薬は麻薬を指定しています。

知恵袋でも多数の被害者がいるのがわかります。

 

精神科と心療内科に違いはありません。

来た人に麻薬の向精神薬を飲ませるだけです。