やばいセロクエル(クエチアピン)うつの効果と副作用で気持ちが落ち込むとは?

「やばい!」と言えるセロクエル(クエチアピン)で

うつの効果と副作用で気持ちが落ち込む。

分類は抗精神病薬で統合失調症にとなっています。
また抗不安薬、精神安定剤、頓服としても使っています。

こうした向精神薬とは危険です。

 

統合失調症の治療薬
ドパミンの働きを抑える働きとあります。

 

しかしどうなのでしょうか?
誰かいましたか?実際に効果の実感をしている人が?

 

幻聴が聴こえる。
幻聴が見える。
妄想をする。
日中に眠気が残る、不眠。

 

そして
うつ病、うつ状態。
双極性障害(躁うつ病)。
統合失調症。
太る。
悪夢。

 

治療薬でなるのです。

 

糖尿病
認知症

 

そして
死亡
突然死

 

離脱症状もあります。

 

 

第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)
MARTA(多元受容体標的化抗精神病薬)と難しい名前がついています。

 

MARTAにあるのが

セロクエル、クエチアピン
ジプレキサ、オランザピン
シクレスト、アセナピン

 

セロクエルのジェネリック医薬品はクエチアピン錠です。

 

今日は向精神薬での死亡、突然死についても触れます。

 

そもそも精神的に落ち込むこと。
気分がふさぎ込むことは
感情です。

 

これは問題があるからでる感情です。

また自分自身のだらしなさからくることでもあります。

 

ただ断薬をすればいいのではないのです。

 

なぜそうなったのか?

問題を洗いざらいにして
解決をしていくことです。

 

自身に厳しくして対処をしてだらしがないのも正していく。

 

言い訳をしてはやらない人たちが実に多いです。

 

どうせ~だから
無理だと思うからしない。
面倒だからしない。
楽したい。

これでは無理です。

 

そういった堕落しているところを
精神科医や心理カウンセラーの甘い言葉に騙されてしまうのです。

 

最後は致死量になり死亡します。

効く効かないはどうでもいいことです。

 

 

精神病は治る。統合失調症・うつ病・・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

セロクエル(クエチアピン)の効果・効能でうつ。寝すぎる?

セロクエル(クエチアピン)の効果と効能。

うつです。

寝すぎることにもなります。

 

どういった発病をするのでしょうか?

 

発病する病気には例えば

幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。
妄想をする。

 

こうしたことがあげられます。

 

治療と精神科医や心理カウンセラーのクズたちはいいますが
治療で病気の発病をするのです。

クズなのです。

 

ドパミンが過剰なのを危ないアレで抑える。

アレです。使って事件を起こしてしまう粉です。

 

頭がおかしくなります。

 

幻覚、幻聴、妄想もでてきます。

 

気分の高まりを抑える。
抗うつ効果-落ち込みを改善ではなくて抑えつける。

 

抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤は
同じものです。

アレです。

どれも脳を麻痺させてダウンさせるだけです。

 

また物忘れが激しくなります。
そして認知症になります。

 

統合失調症
うつ病、うつ状態
双極性障害、躁鬱
不眠、不安
衝動のコントロールできない状態、行動障害

 

こうした病名は存在しません。

つくりものです。

 

セロクエル(クエチアピン)は抗不安薬や精神安定剤として使われたりと

つまりは使える範囲を広げるほど売れるのです。

 

病名も精神科医や心理カウンセラーが使う診断に使う
マニュアルではすべてのことに

病名をつけることができるようになっています。

 

健康な人に病名をつけることができるのです。

 

 

 

こういったのは感情です。

こうして子供にも高齢者にも健康な人にも
病名をつけては向精神薬を騙して売りつけるのが
精神科医もですが心理カウンセラーの犯罪行為です。

 

これは「殺人」です。

 

精神科医、心理カウンセラー、精神科、心療内科の職員たち。
殺人者です。

恥知らずの人殺しです。

 

 

セロクエルと統合失調症と効果と副作用の関係。初期より症状が重くなる。

セロクエル、向精神薬の特徴は毒です。
統合失調症に効果とあるのは副作用のことです。

最初の初期よりも症状が重くなることからしてもわかることです。

 

ドパミン受容体のブロックだとか難しい話をしては
なんとなくそういうものだと思わせているのです。

 

副作用が多い少ないの問題ではありません。
効果が強い、弱いの問題でもありません。

 

アレなのです。

「ラリっているのです。」

 

興奮や衝動、衝動性や過敏を鎮めるのにアレで抑えるから鎮静作用?

死にますよね?

 

 

意欲減退、感情鈍麻?
やる気がないのに?気力がわかないのに?

アレで?

 

ニュースで見ているのでどうなるのかは
わたしたちは容易にわかります。

 

認知機能障害
感情障害
に効果というのも嘘です。

 

物忘れが激しくなります。

認知症です。

 

頭がおかしくなります。

 

感情で済んでいたのが
とんでもないことになります。

 

これで事件を起こすことにもなります。

 

セロクエルとうつ病、双極性障害、躁鬱と効果と副作用の関係とは?治らないのでイライラしてしまう。

セロクエルで気分をコントロールするとはアレのことです。
効果と副作用はアレです。

魔法ではないのです。

いつまでも治らないのでイライラしてしまうのはわかります。

自身もありましたから。

 

落ち込んでいる、疲れている、気分がよくない。
これらは感情です。

 

うつ病、うつ状態と名前をつけては向精神薬。
セロクエルを精神科医は売るだけ。

双極性障害といってはセロクエルを売るだけの精神科医。

躁うつ病といっては、セロクエルを売っているだけの精神科医。

 

躁状態からうつ状態への変化といっても。

アレを使えば躁状態になります。

 

うつ病という名の落ち込んでいる状態で
アレを使うと気分が一時的にだけ上がります。

 

これで躁状態、躁病になります。

 

 

エビデンスは
ニュースを確認してください。

ニュース番組で有名人が粉で手錠をかけている映像を。

アレです。

アレになるのです。

 

廃人です。

 

セロトニンも関係がありません。
ただの「仮説」です。

 

認知機能や実行機能はアレで低下していきます。

 

効果が強い、少ない
副作用が多い、少ない

 

どうでもいいことなのです。

 

使ってはいけないものなのです。

 

 

セロクエルと他の精神安定剤、抗不安薬との併用。効果と副作用は?

セロクエルと他の精神安定剤、抗不安薬との併用することになります。
結局効果と副作用は実感するのは最初だけなので。
その後は耐性ができて頭もおかしくなりますから。

 

他の向精神薬が追加となります。併用です。

頓服の追加もされます。

 

リチウムやデパケンなど精神安定剤、抗不安薬が追加されると?

 

たしかに一時的にはなんとかなる場合もあります。

アレがきれたので
アレを追加するわけですから。

 

こうして増えていくのです。

 

セロクエルの特徴

効果と副作用で頭がおかしくなる。
改善は嘘。
認知症。
気分が落ち着かない、ソワソワする。ふわふわする。ふらふらする。

 

作用で不眠や不安症。

ジェネリックでも同じ。

 

精神が不安定。
体重の増加。太る。

糖尿病。
人工透析。

 

朝も昼間も眠気がある。
ふらつき。

 

一日に2,3回の服用する必要だったのが増えていく。

 

 

セロクエルの効果と副作用

セロクエルの効果と副作用?
効果の強い、弱い。
副作用が多い、少ない。

問題と向精神薬は関係がないです。

 

幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。
妄想をする。

躁状態になる。躁病になる。
うつ状態になる。うつ病になる。

不安症になる。
不眠症になる。

眠気がでる。

ふらつきがでる。
ふらふらする。
だるい。倦怠感がある。

便秘、下痢

コントロールができなくなる。

暴力を振るうようになる。
暴れる。

自殺をする。

肝臓病。
腎臓病。
糖尿病。
人工透析。

 

効果・副作用としては人生が終わることになります。

 

 

再発予防といったのがあるのも
アレをしているだけですから。

精神科・心療内科では何もしていないのです。

 

セロクエルとビプレッソ徐放錠の効果と副作用

セロクエルもビプレッソ徐放錠も効果・副作用は同じです。

統合失調症、双極性障害の治療薬?
うつ病、うつ状態の治療薬?

話がおかしいことになっているのです。

 

セロクエルの用法と効果・副作用。半減期。

セロクエルには用法があります。
効果は副作用のことです。
それに半減期があります。

アレです。

半減期があるという意味は。

最初の開始の用量は
一日に2、3回の服用。

 

ビプレッソ徐放錠は
一日に一回の服用から始まります。

 

様々な目的で使われるのは
精神科医や製薬会社が儲けるためです。

 

アレは少量から少しずつ使っていきます。
そして量が増えていきます。
使う頻度も増えていきます。

やめられないので飲み続けていると致死量に達して死亡、突然死。

 

症状のコントロールというのは
最初に向精神薬で症状がでます。

 

そのあとに症状をコントロール、抑える。
抑えないとおかしくなるからです。

 

効果の持続の意味とは
アレがきれないようにすることです。

 

こうして向精神薬という
抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤を飲み続けることになります。

 

そのほうが精神科医も心理カウンセラーも。
精神科、心療内科の職員たちも儲かるのです。

定期的に騙されにやってくる人がいるわけですから。

 

そこに予約料や初診料も追加で請求をする。

コストは0円。

儲かるのです。

 

 

アレが血液に流れます。
全身に回ります。
このあとはアレはきれます。

 

なのでアレを飲み続けているのです。

 

精神科医や心理カウンセラーのクズ話に

 

「おクスリは一生飲み続けるものです。」は、

そういう意味です。

 

セロクエルの効果と副作用でうつで眠い。どう対処する?

 

セロクエルの効果と副作用。

うつに加えて眠い状態。
深刻な問題です。

対処するにはやめるしかありません。

 

精神科医に相談をしても

「様子を見ましょう。」

と言われます。

つまりは

「わからないし面倒なのでやらない。」ということです。

 

 

セロクエルなど向精神薬を飲み続けるうちに
身体に溜まっていきます。

少しずつ慣れていき落ちついてくるわけではないのです。

症状の改善は精神科医にはできません。

 

症状を和らげるお薬といっては
他の向精神薬の追加、併用となるだけです。

 

このまま飲み続けていると

太る
眠気が残る
不眠

 

このあたりが最初にでる被害です。

 

セロクエルで眠気、不眠

セロクエルで日中に眠気が残る効果と副作用。
そして不眠。
睡眠薬の追加となります。

 

倦怠感がでてだるい、疲れが取れない。
ふらつく、ふらふらする。

 

これはアレをしていると耐性ができます。

最初だけなのです。

そのあとは逆に身体のほうが抵抗するのです。

 

最初にセロクエルなどの向精神薬で
気分を下げる。
落ち着ける。

 

しかし脳は気分を上げる。

 

これで不眠。

 

不眠なので日中に眠気が残る。

 

しかも睡眠ではなくて気絶なので。

疲れが取れないのです。

 

セロクエルで太る、痩せる。体重の増加、減少も。糖尿病も

セロクエルの効果と副作用では太るまたは痩せることにもなります。
体重が増加・減少するのです。

 

そして糖尿病にもなります。

糖尿病になると次には人工透析です。

 

セロクエルなどの向精神薬では食欲が増えるか減るかします。

 

・食欲が増加、食べすぎるので太る。
・食欲が低下、食べないので痩せる。

 

向精神薬自体でも太る、痩せる。

 

太るのか痩せるのかは
体質があるので人によってかわります。

 

精神科医にきいても
原因はよくわかりませんというだけです。

あとは運動をすればいいというだけです。

 

 

しかし、運動をするにも
向精神薬で体が思うように動かないのですから。

 

本当にクズなのです。

 

安全性が高いお薬ですか?

 

危ないのです。

 

セロクエルと離脱症状と減薬と断薬

セロクエルの効果と副作用はアレです。
離脱症状があります。

しかし減薬をしていき
断薬をしないといけません。

 

精神科医はわからないので断薬はしません。

 

長期の服用になればなるほど
やめるのは大変です。

 

離脱症状にあるのは、

 

幻聴が聴こえる。
幻覚が見える。
妄想をする。
不安になる。
イライラする。
不眠。
頭痛。
吐き気。
下痢。
便秘。
発汗。

 

これはアレと同じなのがわかりますよね?

 

ここで注意が必要なのは
断薬をすればいいわけではないです。

 

自分の間違いや欠点を直していくことが必要です。

 

とても大変です。

しかしやらないと死亡することになります。

 

 

セロクエルなど向精神薬と突然死

セロクエルもですが向精神薬であるのが
突然死です。

効果・副作用。
向精神薬は副作用だけです。

 

精神病は治る。統合失調症・うつ病・・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

自分はたくさんの亡くなった人たちを見てきました。

 

毎回葬式や告別式にいっては
遺体と対面をして。

見送り。
火葬場で火葬をして。

納骨。

 

例えば彼のことです。

彼といつもどおり話していたのですが
ある日いきなり亡くなりました。突然死でした。

 

精神科医や心理カウンセラーの説明では
心臓が突然とまった、心臓突然死。

 

彼の死因は書類上は
原因不明の心臓突然死。

 

しかしこの心臓が止まる心臓突然死になったのは
向精神薬の効果・副作用でした。

 

実態は相当数の同じ被害があるのが予想されます。

なんともいえないものです。

 

若かった彼もですが。

こうして次々と犠牲になり亡くなり。
毎回見送っていたのは。

つらいとか悲しいとか。

そういった言葉では言い表せないです。

 

セロクエルの服用と運転への影響

セロクエルの服用をしながらの運転は危険です。
悪い影響があります。

 

効果と副作用では
アレをしている状態なので

眠気、ふらつき。
注意力の低下。
集中力の低下。
反射運動能力等の低下。

 

運転中に失神をして事故を起こすことにもなります。

 

捕まってしまいます。

 

うつ病に統合失調症に双極性障害。
つくられた症状なのです。

 

セロクエルの服用と妊娠・授乳への影響は?

 

セロクエルなど向精神薬の服用を続けていると
妊娠や授乳へも悪い影響があります。

 

精神科医の治療。
大変な被害です。

 

アレが妊娠中に胎児にいくのです。

授乳をすればアレが赤ちゃんにいくのです。

 

そうなると危険性があるのがわかりますよね?

 

警視庁の注意にもありますが。

発達に障害を負う危険性がある。
奇形児になる危険性もあります。

 

とてつもない犯罪行為です。

 

「安全なおクスリです。」

「非常に良い影響があります。」

 

嘘なのがわかります。

 

セロクエル錠(クエチアピン)のジェネリックは?

セロクエル錠(クエチアピン)のジェネリックをしても同じことです。

ジェネリック医薬品は
向精神薬にもありますがどれをしても同じ成分です。

 

効果と副作用も同じです。

 

アレです。

 

 

まとめ

 

セロクエル錠(クエチアピン)をしてもいいことはないです。
そもそも自分のだらしなさ。
自分の抱えている問題。

 

精神病は治る。統合失調症・うつ病・・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

だからといってアレをしても
頭がおかしくなるだけです。

 

断薬もですが自分のだらしなさ。
することは様々にあります。

やるのか死ぬかです。