セロトニン「仮説」とうつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病が治る。は関連性がない。 精神科医の治療、抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬などの向精神薬では治らない。

 

 

後述の研究結果にはとても大事な事実がある。

 

私たちは、
うつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病が治ると
精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)、精神科・心療内科でいわれます。

 

でもいつまでたっても10年,20年,30年と飲み続けていると?

結局治らない。

セロトニン「仮説」
と
うつ病
統合失調症
不眠
幻覚
幻聴
発達障害
ADHD(注意欠陥・多動性障害)
自閉症
アスペルガー
などの精神病

関係があると言われている。
精神科医も
セロトニン「仮説」を基にしている。

しかし実は、
セロトニン「仮説」とこうした精神病には関係性がない。

精神科医が処方する、
抗うつ薬
精神安定剤
抗不安薬
睡眠薬(睡眠導入剤) といった 向精神薬での投薬治療では治らないし、 症状が重くはなるがよくもならないのである。

アメリカ、ワシントン大学医学部の研究者たちによる研究。
セロトニンとうつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病が治る捏造話。ストレスとの関連。

 

うつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病が治る

私たちの気持ちを利用している詐欺師たちなのが

精神科・心療内科、精神科医、心理カウンセラー(臨床心理士)

 

事実です。
クズです。


このウェブサイトに最新の研究結果が示されている。 アメリカ ワシントン大学医学部の研究者たちによる研究で セロトニンとうつ病などの精神病と ストレスとの関連についての研究結果である。 セロトニンとうつ病とストレスには関連性がない。 医学および生物統計学の助教授 Robert C. Culverhouse, Ph.D. “We all ran exactly the same statistical analyses, and after combining all the results, we found no evidence that this gene alters the impact stress has on depression.” 私たち皆は、まったく同じ統計分析を実行しました。 そして、すべての結果を結合した後、 この遺伝子によって、 ストレスがうつ病に与える影響に変化をさせるといった証拠は 見つかりませんでした。 主任研究員 Laura Jean Bierut, M.D. “The idea that differences in the serotonin gene could make people more prone to depression when stressed was a very reasonable hypothesis,” セロトニン遺伝子の違いによって、 ストレスを受けたときに 人々がうつ病になりやすいという考えは 非常に便利で都合のよい仮説でした。 We’re convinced the evidence finally has given us an answer: This serotonin gene does not have a substantial impact on depression, either directly or by modifying the relationship between stress and depression.” 私たちが確信できる証拠が答えとして最終的に見つかりました。 このセロトニン遺伝子はうつ病に対する 実在する影響力はありません、 直接または、 ストレスとうつ病との間の関係に変化を加えること。 両方ともに。 両者 医学および生物統計学の助教授 Robert C. Culverhouse, Ph.D. 主任研究員 Laura Jean Bierut, M.D. Culverhouse and Bierut said researchers now can focus on other gene-environment interactions that could influence the onset of depression. 研究者たちは、 これからはうつ病の発症に影響を与える可能性のある 他の遺伝子環境の相互作用に焦点をあてることをするべきです。    

精神科医の効果のない治療という名の詐欺に騙されているから、
うつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病は治る。詐欺行為で精神病がいつまでも治らないのが事実。

 
精神科医の治療が原因。
うつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病は治るものなのが
精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)の詐欺行為が原因で
精神病がいつまでも治らないのが事実です。

こうして事実は 効果はないわけである。
うつ病 統合失調症 不眠 幻覚 幻聴 発達障害 ADHD(注意欠陥・多動性障害) 自閉症 アスペルガー こうした精神病と言われているのが 治るはずの精神病がいつまでも治らない原因の事実である。 しかし、添付文書にもある 副作用だけはあるのである。 体調が悪化し続けて 一生、精神科医の詐欺の治療に騙され続けることになる。 その原因は、 精神医学が詐欺医学そのものであるからである。 詐欺治療。 選択的セロトニン再取り込み阻害薬と いった言葉もあるが。 結局は、 成分は覚醒剤・麻薬である。 薬物中毒の状態になると どうなるのか? 精神病の人たちは頭がおかしいというのは間違いである。 精神科医に騙されて 知らず知らずのうちに 覚醒剤・麻薬の服用をさせられて 薬物中毒になる。 薬物中毒だから、おかしくなるのである。 幻覚や幻聴といったのは 最初にそういった症状になるのではなくて 薬物中毒になったことによって見えるようになる。 きちんとした治療、療養生活をすれば やり直しはできるので あきらめないでいただきたい。    うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

“セロトニン「仮説」とうつ病、統合失調症、睡眠の改善、精神病が治る。は関連性がない。 精神科医の治療、抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬などの向精神薬では治らない。” への2件の返信

  1. ぴくるす より:

    よく見ると「仮説」ですものね。
    なんのこっちゃない。
    これだったらいくらでも作り話なんてできちゃいますし。
    ほんとみごとにだまされた!

    1. Mr.再出発 より:

      ぴくるす様

      おっしゃる通りで
      セロトニンといっても

      「仮説」

      ですからね・・・

      実際に実在しているのかどうかは
      ないのが発覚していて。

      いずれ薬害エイズ事件のようになるのは明らかですね。

コメントは受け付けていません。