うつ病の初期。治療でなるのが精神病の罠!

うつ病の初期症状の治し方である

抗うつ薬などの向精神薬は逆効果であるという事実。

あなたは知っていましたか?

初期にうつ病を疑って精神科医に行くと、
覚せい剤・麻薬を処方されてしまいます。

安全な薬ではなく大変危険です。

抗うつ薬や向精神薬漬けといわれますが。
薬物依存症に陥ります。

精神科・心療内科に行ってはいけません。

 

中学生や高校生、大学生、
そして小学生、幼稚園児など子供たちや児童たちも
詐欺の餌食になってしまっています。

 

うつ病の初期症状で泣くのは涙がでるのは感情です。
何もおかしくはないのです。

しかしここでうつ病の初期症状かもと思い
精神科医の診断をし治療で受けてしまうと

仕事ができなくなります。

 

一時的に覚せい剤でハイにして元気にしても

次にあるのはヤクがきれる。

初期対応で初期治療でおかしくなるのです。

 

うつ病の初期。定期的に騙されて支払いをするだけ。

うつ病の初期症状はそうでもなかった軽い、軽症だったのに・・・
家族もおかしいと思うことがあると思います。

「症状が進行しました。」

これですっかりとごまかされてしまいます。

うつ病の初期症状の治し方とはいうけれど

治った人がいない。

症状が重くなっていくだけで。

 

頭痛にイライラ、微熱。
これらもクスリが原因です。

 

診察費、予約料、初診料、初期費用。
儲かるのです。
あなたを治すためではなくて
あなたを依存症にして定期的にくるようにする。
定期的にお金が入ってくる。

これが精神科・心療内科の治療です。

 

あなたが精神科医に行ったときの医師の対応…
まずは、鬱の初期症状のチェックの診断です。
実に簡単で雑なチェックリストで

うつ病の診断が行われます。

その結果、処方される「抗うつ薬」。
治療のために飲んだ薬により仕事ができなくなります。

恐ろしい「抗うつ薬」。
そんな「抗うつ薬」を処方する「精神科・心療内科」に
行ってはいけません。

 

うつ病の初期。なかったのがつくられてしまって。

うつ病の治し方。病院に頼った場合、サイトやブログを読んでしまい。
抗うつ薬など向精神薬が第一選択となります。
精神科・心療内科では治らないのです。

重度のうつ病
双極性障害にもなってしまいます。

統合失調症といったのもクスリを売るだけのための
つくられた名称です。

妊娠の初期でのうつ?マタニティブルー。
流産。

鬱病の初期症状とはないといっていいでしょう。

「うつ病の初期症状」として挙げられるのは、
気分の落ち込み、寝つきが悪いなどです。

 

次の段階で
ここでうつ病に人の過ごし方というのをすることでの症状

 

睡眠の質の低下、眠い、眠れない、不眠症、
イライラする、
物忘れがひどい、
頭痛がする、
怒りっぽい、
吐き気、
無気力、
昏迷するなど

 

うつ病の特徴とはこうして治療後になるのです。

不安感が強い、不安症・不安障害の併発もよくあります。

 

うつ病の初期。増え続けるうつ病患者。

金儲け主義の精神科医は診断を
様々な種類のちょっとした違いや癖も病気として
患者にしたてて危ない抗うつ薬など向精神薬を処方します。
コミュニケーション障害、コミュ障害、
ADHD、発達障害、自閉症などです。

騙されないよう、十分注意しましょう。

 

うつ病ということで病院でなるのが
高齢者もですが
痴呆、認知症、
若くても若年性認知症。

 

治療期間は伸びていきます。
改善もしないで。

 

うつ病患者が増え続けるのは自作自演です。

 

周囲の対応は

うつ病の行動パターン、顔つきが何かおかしい。
旦那に話しが通じない。
理解力が低下している。

 

精神病?精神障碍者だから?

 

いいえ。

依存症です。

 

らりって症状がおさまったから社会復帰をして
再発の予防のためにクスリを飲み続ける。

これは禁断症状をおさえているのです。

 

そのときだけはいいのですが
ヤクはきれます。
次には禁断症状で大変なことになります。
これが再発です。

 

うつ病の初期。気を付けることは。

うつ病?で対応は

初期の兆候はまだいいほうですが
おそらく気づかないでしょう。

そして鬱病が初期症状の治し方というのででてきます。
接し方で気を付けることは
精神科医や臨床心理士をすすめないことです。

 

鬱病は初期のうちの早期に対応すれば改善する?

自己改善でならです。

 

急に治るといったものではありません。

問題があって

それで気分に影響があります。

そのときにすぐに問題が解決できないから
辛いのです。

 

そのときにクスリですぐによくなる、治る。
こうした甘い話で誘ってくるのが精神科・心療内科です。

 

らりっても状況は変わりません。

 

時間がかかるので休職をしてもいいでしょう。
診断書はそれっぽく演じて
精神科医に書かせて提出するのもありです。

そして診察をうけては薬はすべて捨てる。
会社、学校を休む。

 

回復するにはある程度の時間が必要です。

 

うつ病の初期の過ごし方では

知恵袋でも多数の被害者いるのがわかります。

 

友達にあまり頼りすぎないこと。
自分に甘えがでてしまうことにもなります。

自分にいかに厳しくするのか?

そして抱えている問題を片づけていく。
お掃除です。

その過程では辛いこともあります。
自分の嫌な面も見ることになります。

 

まとめ うつ病の初期。

うつ病は治るものです。

自力でするものです。

うつ病は病気ではありません。

医療がすることではありません。

病院にある精神科・心療内科は
病気をつくりだしているのです。

努力をせず、精神科医に頼ると、どうなってしまうのでしょうか?

精神科医は「抗うつ薬などの向精神薬の処方」です。

臨床心理士もなだめては甘えの助長をして
クスリへ誘導をするだけです。

 

「抗うつ薬」を服用すると、

「沈み込みがちな性格」が「怒りっぽい性格」にも変わるのです。

躁病、双極性障害、躁うつ病。

 

怒りっぽく攻撃的な性格のせいで、

家族に迷惑をかけることさえあります。

 

怒りっぽく攻撃的な性格になる。

激しい頭痛に悩まされる。

 

自殺したい気持ちになり、実際に自殺を図る。

そんな恐ろしい「抗うつ薬」、飲んではいけません。