傷病手当金とうつ病の闇。精神疾患は薬を売るだけのために作られた病気。

傷病手当金をうつ病ということで申請するのは大事なことです。
抗うつ薬など向精神薬は麻薬ですから治ることはないです。
禁断症状があり改善することもないです。
現実問題で収入の問題があるからです。
精神科医の話にあわせておいて。
診断方法、検査自体もでたらめなので逆手にとりうまく使いましょう。
書き方は検索をしてサイトなど記入例を参考にし。
診断書の提出、傷病手当金の審査。

傷病手当金を受給しながらうつ病を治すには
麻薬の抗うつ薬などでは再発します。
ヤクがきれるから。

 

傷病手当金とうつ病の闇。クズの素人が薬を売るだけ。

傷病手当金をうつ病で2回目となるのも。

治すには別の方法が必要となります。

 

会社の職場があわない、悪い職場などでは
会社に復帰をしても仕方がないです。
現実問題ではまたストレスがでてしまうだけです。

会社の退職をするのを前提にしておく。
転職活動を始めること。
転職エージェントと相談をする。

 

精神科医も臨床心理士も信じないことです。
薬を売るだけです。
こうしたクズの診察も最低限にして
お金の無駄遣いをできるだけ減らします。
臨床心理士も薬へ誘導するだけで
高い請求をするだけです。
クズたちはあなたの経験をしていないです。
わからないのです。

 

この期間
傷病手当金の受給をうつ病で。
そして退職後に転職をする。

 

傷病手当金とうつ病の闇。クズで税金泥棒。

精神科・心療内科ではうつ病の治療というので
いくら支払っていますか?
国民健康保険を使用していれば
窓口での負担が減るだけで
税金からの支払いです。
その税金を納めているのは私たちです。

精神科・心療内科は税金泥棒です。

 

傷病手当金をうつ病ということで審査をする。

診断書の支払いはするが審査が通るのか保証はないです。

 

これで条件があわずに審査が通らなかった。

うつ病だけど傷病手当がもらえない。

しかし診断書の支払いは精神科・心療内科でしています。

支払った金額も返金されない。

 

普通、何か買う場合は

わたしたちは壊れていて使えない場合は

返品、返金をします。

詐欺なのです。

 

傷病手当金とうつ病の闇。精神科医も臨床心理士も夢の妄想話をしてはお金儲け。

あなたが転職をしたい
就職をしたい

客観的に考えましょう。

 

精神科医も臨床心理士も仕事を
あなたのかわりに見つけて
面接を受けて
仕事を見つけて

それをあなたにそのままその仕事をあげる。

 

できないことですよね?

 

できないことをできる
不可能な問題を助言をして解決をすると

嘘をついているのです。

人としてクズなのです。

社会経験が乏しいのです。

常識がないのです。

 

実際問題

傷病手当金がうつ病で審査がとおらなかった場合は

アルバイトや派遣をして
完治を手にするのが現実的な方法です。

 

精神科医も臨床心理士も
妄想話をしては

夢みたいなことをいうだけです。
こうしたクズたちと決別をしましょう。

 

傷病手当金とうつ病の闇。現実的にはどうした方法が?

今は辛い、
しかし新たな新しい場所をあなたの手でつかむのです。

傷病手当金でうつ病。
理由はかまいません。

できるだけ悪いことにしておきましょう。

 

そして
精神科医のクズ話にあわせておく。
臨床心理士のカウンセリングも受けない。
精神科・心療内科・デイケアの職員たちや受付
看護師、福祉士、精神保健福祉士など
てきとうに話をあわせておいて
クズたちは相手にしないことです。

 

あなたが改善することもない。
体調が悪くなるだけ。
治らない。
辛い。
仕事ができない。
学校にいけない。
体が重い。ふらふらする。
疲れた。

周囲からは精神疾患だから
頭がおかしくなるからあの人は危ない人。
危険な人物とみられる。

 

こうしたのから治るには
生還をするには
こうしたクズたちとかかわらないことです。

書類のことがあれば最低限にする。
収入を得られるようになったら行くのをやめる。

 

たしかに依存症にうつ病といわれてさせられた。

デメリットもあります。
事実を知らない人が大多数です。

説明をしたところで信じてはもらえないでしょう。

会社の業務上で
もしも精神疾患の人が職場で働いていると
急に暴れる、叫ぶなど暴力をふるうなど
されたら?と考えるのもあるでしょう。

 

まとめ 傷病手当金とうつ病の闇。

傷病手当金、有給消化、休職を使い
鬱病で審査を通し
受給をして治す。

転職をしても鬱病だったことは言わない。
完治をすればいう必要がありません。

 

弱者を利用しては詐欺を繰り返す
精神科医や臨床心理士たちが廃業をして
逮捕されるのが正しいことです。

 

しかし現実を見ることも必要です。