双極性障害とは?双極性障害の特徴と治療方法について

 

「うつ病」はさかんに宣伝がありますが

他にも「双極性障害」が被害にあります。

 

発病する原因はわかりやすく

「白い粉」である「抗うつ薬などの向精神薬」です。

睡眠薬や精神安定剤、抗不安薬も「白い粉」です。

 

精神科・心療内科で処方される薬はクスリでも

「白い粉」のほうのクスリです。

 

手口としては

テレビ、新聞、インターネットの広告、

精神科・心療内科・心理カウンセラーの

ホームページ、ブログがあります。

被害者が続出していますが

被害者が増加の一途をたどっています。

 

うつ病に統合失調症、

「双極性障害」「双極二型」についての

被害状況も大変なことです。

 

「双極性障害」とは

「躁状態」と「うつ状態」を繰り返す病気です。

 

どんな人にも「気分の波」というものがあります。

 

そこで精神科・心療内科の受診、治療でなるのが

「双極性障害」です。

心理カウンセラーの役割はこうした

劇薬の向精神薬の服用へ誘導する、

精神科・心療内科にいくように誘導をすることです。

 

スクールカウンセラーも同じ役割です。

学校にいるスクールカウンセラーは

子供たちを「依存症」にすることをしているのです。

子供たちも「薬物依存症」

 

大変深刻な問題です。

 

子供が勉強ができなくなった。

英語の英単語が覚えられない。

この場合はクスリで記憶力の低下が起こっています。

 

仕事ができない。

就職、就労ができない。

こうしたのもクスリをしているからです。

 

この状態にさせておいて

看護や支援をすると言われるのです。

 

実態は公的な援助を受けるように言うだけです。

障害・障碍年金に生活保護、精神障碍者手帳。

診断書の請求があります。

お金の無駄遣いです。

就労支援センターに作業所もです。

 

 

逮捕された有名人をニュースでみるとわかるのですが

もう頭がおかしい状態になっており

正常な判断ができない状態に陥っています。

 

この場合は警察の方が逮捕をして

刑務所で更生をするのでまだいいのですが

抗うつ薬や向精神薬の場合は

逮捕がないので

いつまでも「依存症」のままです。

 

病気が治る、治らないという話ではないのです。

 

「気分の波」が激しすぎることになってしまう

正常な日常生活を送れない場合は

「双極性障害」が原因ではありません。

 

「双極性障害」の発症をしているのではなく

療法といわれて支援をするといわれて

信じた結果

薬物の過剰摂取によるものです。

 

いったいどんな病気なのか?

その実態がつかみにくい

「双極性障害」。

 

ここでは、その特徴、治療方法、実態から

学ぶ病気の治し方をご紹介していきます。

 

 

双極性障害とは?双極性障害の特徴から解説

 

「うつ状態が長く続いているから、自分はうつ病かもしれないな…」

そのように思って悩んでいると。

そこで精神科・心療内科を受診すると

なるのが「双極性障害」。

 

憂鬱な気分に悩まされて部屋から出られない時期と、

極端に調子が良くなって活発になる時期がある場合。

こうした症状は

「双極性障害 (躁うつ病)かもしれません。」

と診断されますが

 

それ以前に

うつ病、統合失調症、不眠症なので睡眠の改善に、不安症など

こうしたので精神科・心療内科の治療があります。

そうするとなってしまうのが「双極性障害」

 

うつ病や統合失調症、双極性障害、精神病と言われた場合に

なるのがうつ病、統合失調症、双極性障害、精神病。

 

双極性障害 (躁うつ病) では、ハイテンションで活動的な躁状態と、

憂鬱で無気力なうつ状態を繰り返します。

双極性障害は、躁状態とうつ状態を繰り返す病気なのです。

 

両極端な状態である躁状態とうつ状態。

その極端な状態を行ったり来たりするのが、

双極性障害なのです。

 

こうした双極性障害の特徴。

これは薬物の使用者そのものです。

 

仕事や勉強にならないです。

社会復帰も絶望的です。

 

抗うつ薬、安定剤、向精神薬、睡眠薬とお酒。

お酒を飲むと血の巡りがよくなります。

薬物が体に回るのが早くなります。

とても危ないことです。

 

もちろん、どんな人にも「気分の波」があります。

幸せな気分の時もあれば、悲しい気分の時もあります。

 

「気分の波」があるから双極性障害というわけではありません。

 

「うつ状態」は「落ち込み」

 

うつ状態、または軽いうつ病はあるといってもいいでしょう。

これは落ち込んでいる感情です。

 

自ら「うつ病などの精神病なのかな?」と疑う人が多いもの。

そこには数々の広告があります。

または知り合いからすすめられたから

精神科・心療内科にいってしまう。

 

そして「双極性障害」

 

しかし「躁状態」については、

本人は気分が良いので、

異常を感じないことがあります。

 

誰でも気分がよくなるのは

いいことがあれば

なりやすいです。

 

これとは別に

 

周りの人が「躁状態」に対して

「その行動はおかしいのでは?」

「社会的信用を失うような変な行動をしている」

と言うようになったら、

 

危険信号です。

それは「気分がウキウキしている」のではなく

「激しい躁状態」にあることを意味しているのです。

 

周りの人からの指摘があったら

「自分は薬物依存症。」

 

双極性障害 (躁うつ病)はない病気と

気づく必要があります。

 

 

双極性障害の原因とは?双極性障害になりやすい性格は?

 

双極性障害の原因は、

「薬物依存症」

 

脳内の神経伝達物質ドーパミン (快楽に関わる) の量が

多すぎたり少なすぎたりすることが原因?

躁状態とうつ状態が繰り返されるのではないか?

と言われています。

 

躁状態というのは、

ドーパミンが異常に放出されてしまっている状態だと考えられます。

一方、うつ状態の場合は、

ドーパミンが減ってしまい、

まったく快楽を感じることができない状態に

なっているといわれています。

 

この

「そう言われている」

「そうらしいです。」

 

こういわれて

「はいそうですか。」

 

普通はこうはならないのですが。

弱っているところでこういわれると

なにかよさげに思ってしまいがちです。

 

最初にクスリをしたら

落ち込んでいた人が元気になった。

ただこれだと「薬物依存症」にしてハイにしただけなので

治ったわけではないので

 

その後付けで作られた話が

様々にあります。

「セロトニン仮説」もそうです。

 

向精神薬で治療というのは原因を作り出すのです

 

「麻薬」を

「躁状態」のときに。

 

「覚醒剤」を

落ち込んでいる、元気がない、軽いうつ病のときに。

 

当然ながらこの生き方は「廃人」です。

 

クスリの過剰摂取になり死亡。

つまり早死にはうつ病ではなくて

クスリでなる「薬害」です。

 

うつ病、統合失調症、精神病で多いのが自殺。

これは抗うつ薬や向精神薬で死にたくなるのです。

他にも突然死をすることもあります。

危ないことです。

 

「躁状態」には、ドーパミン神経伝達を止める薬である

「向精神薬」というものの

実際には治療で治った人がいません。

 

躁転を躁状態引き起こすというのは

こうした抗うつ薬や向精神薬でなります。

 

「精神安定薬」が頓服で追加、処方される場合は

既存では足りない状態です。

 

逮捕者の使用量が増えていくのを

思い出すとわかります。

注射に点滴をするのもです。

 

「躁状態」

 

双極性障害 (躁うつ病) になりやすい性格があるのか?

 

ないです。

 

騙されてしまうからです。

 

 

うつ病と双極性障害の違いは?わかりにくい2つの病気の違い

 

双極性障害 (躁うつ病) とうつ病は、

その症状から、

いったいどちらの病気なのか

判別しにくい病気です。

 

双極性障害は、

「躁状態」と「うつ状態」を繰り返すことが特徴の病気です。

 

精神医療では

気分が落ち込んでいる人に「覚醒剤」

気分を落ち着けるのに「麻薬」

 

これで

ちょうど中間点の安定する状態に

持っていく?

 

しかしそんなうまくはいかないのです。

 

うつ病は存在しない病気です。

 

「うつ状態」「軽いうつ病」は

気分の落ち込み。

 

双極性障害になることは「白い粉」

 

 

症状の出方が

使用者とまったく同じです。

 

しかしやっかいな点がひとつあります。

 

双極性障害の「躁状態」と「うつ状態」は

作られたものです。

 

患者だと信じている人には

話が通じないことが多いです。

 

家族の方は

どうしても話が通じないで

クスリをやめない場合は

もうあきらめたほうがいいでしょう。

少なくても距離を開ける。

 

あの粉を飲み続けているのですから

何をするのかわかりませんから。

 

それこそ事件に巻き込まれる危険性もあります。

 

 

双極性障害でも就労できる?双極性障害の症状がある中で上手に仕事をする方法

 

双極性障害は、

「躁状態」と「うつ状態」の波が激しく、

 

双極性障害患者の多くが社会復帰をしたいと

最初は思います。

実態は社会復帰は無理です。

双極性障害では就労はできないです。

 

双極性障害の症状がある限り

「依存症」でいる限り無理です。

 

薬物を使用しての仕事はできません。

 

クスリで記憶障害になるので

仕事にならないのもですが

 

会社にしても

ろれつが回らない。

ふらふらしている。

ふらつきがある。

目つきがおかしい。

肌色が悪い。

わめいている。

暴れる。

発狂、叫ぶ。

よだれを垂らしている。

 

こうした人が会社にいたらどうでしょうか?

 

危ないので雇えません。

 

ここで精神障害者の差別があるので

差別をなくそうというのですが

 

こうしたのが利権になっています。

 

就労移行支援事業所、就労支援センター。

本来は存在してはいけないのです。

 

 

双極性障害は治る?治らない?双極性障害への適切な治療法とは?

 

双極性障害 (躁うつ病) は治るの?

それとも治らないの?

実はそういうものではありません。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る。

 

 

双極性障害もですが

治療のゴールは「寛解」と言われるのは。

「依存症」の状態でいることです。

 

ここまでで説明してきた通り、

向精神薬で頭がおかしくなる。

 

そして親がすれば

夫だったら精子に異常が。

妻だったら生理に。

 

そして妊娠をすれば

胎児に栄養としていきます。

授乳をすれば母乳が赤ちゃんにいきます。

 

子供の発達に障害が残る危険性があります。

奇形児もです。

遺伝ではありません。

子供も依存症。

 

様々チェックリストがありますが

どれも無意味なのです。

 

こうしたチェックリストも

広告、宣伝です。

 

クスリで食欲が増えるので太る。

ダイエットをしたいけど。

 

クスリで運動能力の低下がある。

筋力の低下も。

 

運動ができない身体にさせられて

太る被害もあり

ダイエット?

 

 

双極性障害では就労するのは不可能です。

うつ病も統合失調症もです。

 

結婚・出産も説明してきました通りで

かなりのリスクがあります。

 

「安全なおクスリです。」

「おクスリの調整をします。」

「大丈夫です。」

 

このような間違った説明がありますが。

 

 

まずは

こうした事実を自覚することが第一歩です。