彼は躁うつ病で仕事に復帰しても続かない現実だった。あれに手を染めていては。

躁うつ病の理由は薬で。

これに気づかないままでいた彼だった。

彼は仕事に復帰をして続かないで

退職をしていた。

今思えば「白い粉」の向精神薬を使えば

躁うつ病というのになるのが当たり前。

 

たまにこうした詐欺にあわなかった人たちと

このことを話すと

 

「抗うつ薬や睡眠薬はアレと成分が同じです。」

 

こう話すと

 

言われるのが

 

「そういうことか。それだと必ず頭がおかしくなるね。」

 

「仕事に復帰はそんなのはやめて体調を整えてからだね。」

 

 

これが共通の感想。

 

 

仕事できるわけがない!仕事探しは完治後。

僕も事実を知らなかったので

悪くなっていた。

 

彼は躁うつ病でも仕事ができると言う

精神科医を信じていた。

 

僕は事実がわかり

 

完治後に仲間たちにも

方法を伝え

それぞれが努力をして治った。

 

躁うつ病もだが

 

精神疾患の名称自体どうでもいいこと。

 

 

アレを使えばどうになってしまう。

 

それだけだ。

 

 

 

その間は仕事できるわけがない。

 

アレをしている体では

 

仕事はしてはいけないこと。

 

周囲に迷惑がかかるだけ。

 

 

仕事探しをするのは完治後に

 

するのが正しいこと。

 

 

僕らは反省をした。

 

 

あの危険なのを使えば

 

急に暴れだすことがあってもおかしくはないこと。

 

 

仕事に復帰をして職場で叫ぶのもだが

 

暴力をふるうことをしてしまったら

 

 

取引先がいなくなり

 

 

会社がそれこそ倒産する危険もある。

 

 

復帰をしてよかった。大変だったが。

仕事に復帰をして

 

今では仲間たちも元気そのもの。

 

かえって若返った。

 

僕もそうなのだが。

 

とてもエネルギーに満ちている。

 

 

 

「躁うつ病は詐欺師たちの

 

騙すための作り話。」

 

 

彼は躁うつ病というので

 

そういった診断名は関係ないこと。

 

薬害だと説明をしたが。

 

 

それでもいってしまった彼だった。

 

 

「躁うつ病だから先生が治すものだから・・・」

 

 

そう話していたが。

 

結局は仕事ができないままで。

 

 

命を落とすことになった。