躁鬱病(そううつびょう)とうつ病は違うもの!治療法も全く違う?躁鬱病とうつ病の説明から病気への接し方を解説

「躁鬱病 (双極性障害)」と「うつ病」

どちらの精神病も抗うつ薬(抗うつ剤)の効果・副作用が

原因で発病するものです。

 

クスリを飲む前にあるのは

精神病ではないです。

ストレス。

環境が悪い。

疲れている。

もともと体調に問題がある。

ジャンクフードを食べている。

お酒、アルコールを飲みすぎている。

 

精神病という言い方は間違いです。

こうした呼称を使うのはやめましょう。

 

治すには

ストレス、環境、疲れ、

体調の改善、

性格、自己中心的でないか?

すべてを他の責任にしていないか?

だらしがない生活をやめる。

依存症を治す。

 

 

原因は様々にありますが

ここで精神科・心療内科の受診をして

投薬治療でなるのが精神病です。

 

「躁鬱病 (双極性障害)」と「うつ病」

他にも統合失調症、不安症、不安障害、適応障害

といったのも

精神病は抗うつ薬(抗うつ剤)の作用が原因で発病します。

 

成分は「白い粉」

逮捕されてしまう粉そのものです。

 

寿命が短いのも実は

精神科・心療内科・心理カウンセラーのカウンセリングに

いくからなるのです。

 

被害者の増加が続いている背景は

精神病、病気が完治と宣伝をしている

悪徳業者がつくりだしているものだからです。

被害者の人数の割合が増えているのは

患者に仕立てられてしまい

お薬です。と処方されて

毒を飲み続けているからです。

 

頭痛に動機。

怒ることが増えた。

辛いので死にたい。

気分が安定しない。

妄想をする。

幻覚が見える。

幻聴が聴こえる。

こういったのも

「白い粉」を飲み続けているからです。

 

自殺をしてしまうのも

「白い粉」が原因。

 

父親、母親から遺伝はしない。

両親が粉をしていると

精子に異常。生理に異常。

胎児に粉が。

授乳で赤ちゃんに。

子どもも依存症になってしまいます。

これを遺伝としています。

 

「躁鬱病 (双極性障害)」と「うつ病」

統合失調症・・・精神病。

読み方が難しい言葉ですが

こうしておけば

なにかそれっぽくきこえるからです。

 

精神病は依存症です。

「躁鬱病 (双極性障害)」も。

うつ病も。

統合失調症も。

パニック障害も。

不安症、不安障害も。

 

「躁鬱病(そううつびょう)」と「うつ病」。

どちらにも「うつ」という言葉が使われていますが、

 

どのような点で違いがある病気なのでしょうか?

こんな疑問があっても気にする必要がありません。

病名、診断名は捏造されたものです。

 

中でも、「躁鬱病」という名前を聞いたことがない、

という人が多いと思います。

 

ここでは、「躁鬱病」に焦点を当てて、

「うつ病」との違いや、

病気への対応方法・治らない治療法などについて、

くわしく説明していきます。

 

 

躁鬱病とうつ病の違いとは?その原因や症状の違い

 

皆さんは「躁鬱病 (双極性障害)」と「うつ病」という

病名を聞いたことがありますか?

「うつ病は、最近よく聞くよね。

ずっと気分が落ち込んでいるようなことでしょ?

躁鬱病?神経?セロトニン?鬱はまあ、

なんとなくわかるけれど、躁って、何?」

このような認識の人が多いと思います。

 

最近、うつ病については、TVのCMや健康番組などで、

知識を得る人が増えてきています。

それに対して「躁鬱病 (双極性障害)」は、

まだまだ知られていない病気です。

しかし「躁鬱病」と「うつ病」は、

症状の出方がとても良く似ているので、

「いったいどちらの病気なのか」誤診されやすい病気なのです。

 

ここでは、特に「躁鬱病 (双極性障害)」に焦点を当てて、

ふたつの病気の違いについて、解説していきます。

 

粉を飲んでいます。

 

粉を使えばハイにもなる。

 

頭もおかしくなる。

 

躁鬱病 (双極性障害) では、ハイテンションで活動的な躁状態と、

憂鬱で無気力なうつ状態を繰り返します。

躁鬱病 (双極性障害) は、躁状態とうつ状態を繰り返す病気なのです。

両極端な状態である躁状態とうつ状態。

その極端な状態を行ったり来たりするのが、

躁鬱病 (双極性障害)ということになっています。

 

ただし、躁状態でもないうつ病でもない、

状態の時期もあります。

これも躁鬱病 (双極性障害) の特徴とされています。

 

あれの服用。

 

 

躁鬱病 (双極性障害) とうつ病は、

その症状から、

いったいどちらの病気なのか判別しにくい病気といわれていますが

 

「依存症」が原因です。

 

躁鬱病は、「躁状態」と「うつ状態」を繰り返すこと

「うつ状態」のときに表面に現れてくる症状は、

「うつ病」の症状とまったく同じです。

このことが2つの病気の判別をわかりにくくしているといっても。

 

クスリを飲み続けていると

やっかいな点があります。

躁鬱病の「躁状態」と「うつ状態」は、

数カ月単位で継続するのです。

となると、

患者は「うつ状態のときには、自分はうつ病の可能性あり」と

思ってしまうのです。

そして「躁状態のときには、

自分のうつ状態はすっかり治っていて、もう病気ではない」

と思ってしまうのです。

 

そしてギャンブル依存症になってしまう

被害も多くあります。

パチンコ依存症にもなります。

頭が混乱してごまかしたいから電話を手当たり次第にかけまくる。

勉強ができない。考えられない。英語の単語が覚えられない。

記憶力の低下。

認知症。

ボケる。

物忘れ。

腎臓病。肝臓病。糖尿病。人工透析。

 

精神科の医師もですが

心理カウンセラーのカウンセリングも危ないです。

心理カウンセラーがするのは精神科・心療内科への誘導です。

何か治療をしたふりをしては、

高額請求をするだけで。

 

 

病院の診断がうつ病から躁鬱病に変わるそのわけは?

 

うつ状態を心配して精神科の病院に行くと

「うつ病」であると診断される患者がとても多いです。

 

「躁鬱病 (双極性障害)」と診断されるケース

お薬による「うつ病」の治療を長年続けていて

「どうも治りが悪い、逆に悪化している」と医師が感じ、

診断名が「躁鬱病 (双極性障害)」に変わることが多いです。

 

これはうつ病ということで「白い粉」

を飲み続けていると

気分がハイになります。

そして気分があがり

「躁鬱病 (双極性障害)」になります。

 

これは最初から誤診だったわけです。

「躁鬱病 (双極性障害)」と「うつ病」

存在しないのです。

 

まず、人が「これはまずい!自分は精神的に異常があるのではないか?」

と思うとき、

その人はうつ病ではないです。

そのときにあるのは

「気分が落ち込んでいる。」

「気分が優れない。」

「軽いうつ状態。」

 

憂鬱な気分に悩まされ、やる気が起きないとき、

人は「これって正常ではないな…」と感じやすいのです。

 

「うつ状態」と「躁状態」は、

本人にとっては気分が良い状態ではないのですが

精神科の病院に行こうなどと思わないことが大事です。

 

「うつ病」と「躁鬱病 (双極性障害)」「統合失調症」

これは薬物の過剰摂取。

 

細かいことを言うと、

気分が上がると「ハイ」状態では

浪費癖があったり、

ギャンブルにはまったり、

恋愛にのめり込み過ぎたり、

体力を過信して動きすぎて倒れてしまったりと、

周囲から見るとおかしいぞ、という点があるのですが、

本人にはわからないものです。

 

病院の診断が「うつ病」から「躁鬱病 (双極性障害)」に変わるきっかけ。

実は粉。

 

患者の年単位の長いスパンでの

「気分の波」の出方が

「あれ、うつ病っぽくないな?」というとき、

診断が変わることが多いです。

 

「うつ病」患者は「気分の波」があまりなく、

常に「うつ状態」のままです。

 

「躁鬱病 (双極性障害)」患者の場合は、

「うつ病」のときと「鬱病」のときがあります。

 

仕事をしたいけどできない。

こうした事情があるからです。

 

これが誰も治った人がいない原因です。

 

 

躁鬱病になったら仕事はどうする?在宅ワークをするしかない?

 

「躁鬱病 (双極性障害) になったら、

もう仕事はできないの?人と接することが難しいから、

在宅ワークをするしかないの?」

躁鬱病に悩む社会人のほとんどが、

この点を心配していることでしょう。

 

そもそも完治をすれば

こういった問題もなくなります。

原因をクリアすれば社会復帰もできます。

 

楽には行きませんが。

 

「躁鬱病 (双極性障害)」は完治することがない病気。

「うつ状態」と「躁状態」という「気分の波」と

うまくつきあっていく必要がある。

 

「躁鬱病 (双極性障害)」を抱えたままでも、

社会人として支障なく働いていくための方法。

 

こういった情報があるのも

治らない方法だから・・そして

「うつ病」「躁鬱病 (双極性障害)」の

原因をつくりだしているからです。

 

入院をしても

看護があれば・・・期待したくもなってしまいますが

やめましょう。

 

向精神薬漬けです。

 

まずはよくある話は忘れましょう。

 

脳に問題がある。前頭葉に問題がある。

神経に問題がある。

セロトニン仮説。

シナプス。

など。

 

こういったのは忘れましょう。

 

 

あの人は躁鬱病?躁鬱病の特徴と躁鬱病の方への接し方のポイント

 

本人たちは

「やる気がない。楽なのがいい。なにか特効薬が欲しい。すぐに楽によくなりたい。」

周囲の人たちは

「頭がおかしいから手が付けられない。」

 

そうした人たちを

グループホームに入居させる。

病院、クリニックの精神科・心療内科は

こうしたのをうまく利用をしているのです。

生活保護の受給者になって治療をしましょう。

となります。

 

 

あの人は躁鬱病?周囲に躁鬱病 (双極性障害) の患者や、

躁鬱病らしき特徴を持った人がいる場合、

どのように接したらいいのでしょうか?

 

本人たちに

「依存症だと伝えることです。」

 

ここで本人たちが理解をして

捨て身で自力で治る決意をした場合は

周囲の人たち、家族の人たちも支援、サポートができます。

具体的な治し方は私がニュースレターでお伝えします。

 

あきらめる必要はありません。

 

 

躁鬱病 (双極性障害) の患者は、

周りの人から見ると、

「気分の波」がある人という印象だと思います。

「躁状態」と「うつ状態」を繰り返すことが特徴です。

 

「躁状態」にある患者は、

周りの人から見ると「ちょっと問題あり」という行動が多く、

つい注意したくなってしまうというケースが多いもの。

「声が大きすぎて迷惑」

「月の収入以上の買い物をしてしまう、浪費癖がひどい」

「ギャンブルにはまって、家事・育児を放棄」などです。

 

患者本人にはあまり罪悪感がないので、

厳しく叱責されると、

カチンときてしまいます。

 

こうしたのは人格に問題があります。

 

自己中心的。

 

話が通じる相手の場合はいいのですが

 

あなたのことを相手にしないで

依存症のままで

治したいと言っては

精神科・心療内科にいっている人たち。

 

こうしたのは

基本的には放置です。

ヤクをしているので危険です。

距離を開けることも必要です。

依存症に巻き込まれてしまっては

大変なことになってしまうからです。

 

この場合はあきらめたほうがいいでしょう。

 

 

躁鬱病を克服して本来の安定した自分を取り戻すために

 

「躁鬱病 (双極性障害) を克服したい!どうすればいい?

精神科の病院やメンタルクリニックに行けば、克服できる?」

 

 

うつ病、躁鬱病、統合失調症、精神病が治る方法は?

 

こちらがニュースレターを通じてお伝えします。

あなたに必要なのは強い決意、意志。

途中で投げ出さない。

楽をしようとは思わないこと。

短期間ですぐにと思わないこと。

 

 

精神的に不安定なとき、

精神科の病院やメンタルクリニックに行けば、

医師が何とかしてくれる、

この病気は完治するのだ、と思ってしまいますよね。

しかし、精神科の病院やメンタルクリニックの医師は、

この病気を治してくれません。

なぜなのか?

 

躁鬱病 (双極性障害) は、完治は自力でできますが

 

こうした精神科・心療内科・心理カウンセラーのカウンセリングでは

治療のゴールは「寛解」。

 

詐欺なのです。

 

本人たちの中には

ほんとうにこれがいいのだと信じ込んでいることもあります。

 

 

病院やクリニックにおける躁鬱病 (双極性障害) の治療は

「薬物療法」が中心となりますが、

これは「対症療法」でしかありません。

 

「躁状態」の改善のために「抗精神病薬」が処方されます。

 

しかし、この薬には「うつ病」を引き起こす作用があるため、

あまり多く服用すると、

次にやってくる「うつ状態」がとても重いものになってしまいます。

 

「うつ病」の改善のために

「躁鬱病 (双極性障害)」の改善のために

「気分安定薬 (炭酸リチウム)」?

やめましょう。

 

 

こうして

あなたの問題をなんでも解決します。

対処法はこのお薬です。

これですぐに楽になります。

 

それが・・・「白い粉」

 

 

楽に

すぐに

自分では何も努力しないで。

 

 

しかし

そんな甘い話はありません。

 

そしてその代わりにあるのが

高額請求。

 

保険があるので窓口での支払額が少なくなりますが

しかし

他は社会保障費、税金からです。

合計の金額をよく考えてください。

 

詐欺の典型的な手口です。

 

 

薬に頼ることの恐ろしさをおわかりいただけたでしょうか?

 

 

一生つきあう必要がある病気というのは嘘です。

おクスリは一生飲み続けてるものです。も嘘です。

 

ラりっているので

ラりっている状態のままにしておく。

そしてお金儲けをする。

多くを税金から。

 

 

躁鬱病 (双極性障害)、うつ病、統合失調症、精神病は作られた病気。

 

しかし、決して絶望しないでください。