躁うつ病で仕事には完治して復帰を。薬物中毒者では不可能。

躁うつ病になる理由は精神科医の治療による薬害です。
抗うつ薬など向精神薬は成分が覚せい剤・麻薬とまったく同じです。
仕事などでトラブルがあり疲れた気分がよくない状態に
こうした危険なものを使用して

気分を上げると下げるをしているだけです。
これが躁うつ病です。
仕事ができないのは治ると自称する

詐欺でなるのです。

 

仕事が続かない。仕事復帰もできない被害も。

仕事が続かないのも当たり前です。
仕事復帰もできない。
一時的に仕事復帰をしても続かない。
躁うつ病にさせられてしまい。

 

躁うつ病というと何かの病気であったり
精神疾患がないのにあると思わされるのですが
これらは薬物依存症です。

 

完治をするには
薬物依存症も含めて
あなたもですが
私たちが最初から抱えている問題の解決。

 

むしろ問題の解決をしないと

麻薬中毒者から抜け出すのも無理です。

 

自分にある弱さを利用されてしまっているのです。

逃げている自身の弱さ。

 

まずは躁うつ病というものを忘れる。

そして今から精神科医も臨床心理士もクズと

口に出すのを

日課にします。

 

仕事できる!休むには正しい方法で。

躁うつ病の解決策はあります。

完治後には仕事できる状態になります。
仲間たちも治る方法のあとで仕事復帰をしていきました。

 

精神科・心療内科・臨床心理士はクズです。
サイトやブログなどで宣伝、広告をしている。

肩書だけはまともに見えるので

信じやすいです。

 

わたしたちは間違ったことでも

繰り返し言われると正しいと思ってしまいます。

 

休むのをおすすめします。

1年と半年はできればあるほうがいいです。
このときにある失敗では

精神科医、臨床心理士、看護師、福祉士、職員などの
話を鵜呑みしないことです。

 

書類のことがあるのならば
話をてきとうにあわせておけばいいです。
彼らはわからないでしていて、

マニュアルに従っているだけです。

お金の無駄遣いですから最低限だけにしましょう。

 

保険を使うことで窓口の負担が減りますが

社会保障費、税金からの支払いです。

その税金はあなたも支払っています。

役にたたないどころか害で原因なのです。

 

それよりもあなた自身が治るために

お金は使いましょう。

 

完治後に仕事を探し。
就職、転職をするのもありです。

なにも復職だけがいいわけではないです。

ひどい職場、ブラック企業などでしたら
かえって転職をするのがいいわけです。