睡眠薬でだるい。飲み続けると死亡。

睡眠薬でだるいのも睡眠薬が原因です。
睡眠薬を飲んでいると次の日の翌日の寝起きが悪いのも
そもそもは不眠症、眠れないのは睡眠薬によるものです。

睡眠薬も使っていくと耐性ができるので
必ず睡眠の質の低下がおこり
眠れないことになります。
睡眠薬で眠れないのでだるいことになります。
よくある説明とは違うのです。

早めに睡眠薬もやめましょう。
だるいからおかしいと
気づいた時にやめることをおすすめします。

そうしないと睡眠薬を飲み続けていると
物忘れがひどい、認知症、死亡です。

 

睡眠薬でだるい。眠れるのは最初だけ。

睡眠薬でだるい。
最初はたしかにまだいいのです。
睡眠薬でだるいのも軽い症状で済みますから。

睡眠薬を飲んだ初日だけは眠れるので
いい感じだと思ってしまいます。

 

よくあるおなじみなのがだるいことです。

これは疲れが取れていないのでだるいのです。

ただこのあとは耐性ができますので
睡眠薬が原因でだるい、眠れないことになります。

睡眠薬を使って眠るのは、眠ってはいないのです。
意識を失っている状態です。
寝ているわけではないのです。
睡眠薬を飲んで眠っても
疲れが取れずにだるいのもでてきます。

 

睡眠をとれない眠れない状態が
このまま続くのは睡眠不足の状態です。
休んでいないのです。

休んでいないので疲れがたまっていきます。

 

不眠症、眠れない。
そして眠っていないから精神に異常をきたすようにもなります。
情緒不安定になります。

異常行動を起こすことになります。
急にキレるようになります。
自分ではわけがわからないままに。

 

睡眠薬でだるいのは
まだいいほうなのです

被害状況としては
軽いほうの症状です。

このままだと眠れない日々をすごしていきますと

うつ病、統合失調症など精神病にもなります。
幻覚、幻聴の原因にもなります。

 

人生のやり直しどころではなくなります。

 

精神科医と心理カウンセラー。
精神科と心療内科の職員たち。

いいことを言うのですが
なんでも解決しますと。

結局は何もできないのです。

クスリを飲んで辛いのをごまかしているだけです。

 

なにをしているのでしょうか?

これは
かえって大変な状況に追い込んでいっているのです。

そして定期的に患者が通院するから儲かる。

あなたは騙されています。

 

睡眠薬でだるい。精神に異常をきたすと。

睡眠薬でだるいのは治療が原因です。
そして睡眠薬でなるのが寝起きがだるい。
睡眠薬でだるい状態に加えてさらに苦しむことになります。
異常行動をするようにもなってしまいます。

 

幻覚、幻聴の原因にもなる。
向精神薬に睡眠薬の服用。
人生のやり直しするといったどころでは

なくなることになります。

 

よくある精神科医、心理カウンセラーの
安全であるといった説明は完全に嘘です。

人の弱みに付け込んでいる詐欺師なのです。

これは詐欺なのです。

 

わたしたちから、あなたから国民の税金から

盗み続けている詐欺師です。

 

ふつうは原因がわかっていて
それでどうしたらいいのかがわかっています。

 

ところが精神科医や心理カウンセラーの説明を

よく思い出すとわかります。

 

こういった詐欺師たちの説明は

「〇〇だと”期待されています。”」
「〇〇だと”考えられています。”」
「”原因はわかっておりません。”」
「こうではないかと”考えられています。”」

 

原因はなにもわかっていない。

このでたらめで睡眠薬に向精神薬。
クズとしかいいようがない。

どれだけの多数の死者が被害者がでたのか。

 

 

睡眠薬でだるい。そして死亡。人生台無しに。

睡眠薬でだるいのは精神科医の治療が原因です。
さらに危ないのが心理カウンセラーに
精神科・心療内科の職員たちです。
クスリへ誘導をするからです。

とても親切だったり理解をしてくれるように
思ってしまうので
ついついクスリに手を出して飲み続けている人たちが多いです。

 

困っているところでやさしくされると
騙されやすいのです。

そうして人の弱みに付け込んでいるのです。

 

次の日の翌日にだるいのも睡眠薬です。
こうして疲れが取れない状態のままだと
体調は悪くなっていきます。

睡眠薬が原因でかえって大変なことになってしまいます。
こうして人生が台無しになることにしかなりません。

 

だるい段階は

この辺りはまた楽なほうです。

睡眠薬の服用を続ければ
人生台無しになることの原因にもなります。

 

長期服用で飲み続けていると
更に深刻な状態に陥ることになります。

最初に精神科医や心理カウンセラーに言われて
騙されてしまう。

こうした睡眠薬などを始めてしまう。

騙されてしまって。

最初はよくなったと思いがちです。

 

しかしそのまま睡眠薬などを飲み続けていると
耐性がついて眠れなくなります。

睡眠薬などの量が増えていきます。
増えていくにも処方には限度がありますので
そのあとは別の睡眠薬に変わります。

そのあとはまた増える。

こうして
量が増えるのと
種類が変わるのを
繰り返すことになります。

 

しかも依存性があります。

成分は麻薬です。

薬物依存症にもなります。

 

あの中でみてきたのはみんな次から次へと
亡くなっていったことです。

次々と死んでいきました。

 

睡眠薬などで廃人に。

廃人になってしまう。
異常行動をするようにもなる。

頭がうまく機能しなくなるので
思考能力が低下するからです。

 

頭がおかしくなるので
脳が誤作動を起こすようになります。

 

更に
幻覚が見えたり、
幻聴が聴こえるようにもなります。

 

まとめ 睡眠薬でだるい。

睡眠薬でだるい状態になります。
疲れが取れませんから。
その後は疲れがたまっていって
頭がおかしくなるのです。

人生が終わることの原因になります。
まずは事の重大性の認識からです。